年収800万円以上のハイスペック・エグゼクティブ求人に強い転職エージェント「キャリアカーバー」

大きな特徴のひとつである高学歴で上場企業への就職に憧れ、定年まで同じ会社に勤めるケースも実際に今でも少なくはありません。そんな中で高いスキルを擁する、あるいは外国語が堪能で国際的な視野で物事を捉えることが出来る人にとっては、チャンスが増えてきました。

そこで、注目されるのはヘッドハンターが在籍し、ハイクラス向けの求人案件を扱っている転職エージェントの存在です。工場や現地法人など外国での資産が世界一と言われる日本は、世界中が認める技術大国なので、必然的に出来る人にはそれに応じた仕事があると言っても過言ではありません。

ただ、そうは言っても個人単位で仕事を探すよりも転職エージェントに登録して、担当コンサルタントを通じて仕事を探す方が、遙かに効率的と言えるでしょう。そこで、近年ハイクラス案件を扱う転職エージェントで注目度が高い、リクルートが運営する「キャリアカーバー」を紹介致します。

キャリアカーバー公式サイト

キャリアカーバーとは?

キャリアカーバーは、リクルートキャリアが運営するハイクラス向けの転職エージェントとして、知られています。主にエグゼクティブ向けで、紹介する職種の年収相場は750~2000万円、対象年齢は一般的に35~55歳ぐらいとしているようです。日系だけでなく海外勤務の求人案件も多く抱え、次世代を担う人材の転職活動をサポートしています。

国内だけでなく海外での仕事も日本で登録して、働きながら探すことが出来るので安心です。キャリアカーバーは無料で登録出来る上に、担当コンサルタントと連絡を取って仕事をマッチングして貰えるのは、ほかの転職エージェントと同じです。30代半ばから55歳ぐらいまでのミドル世代と言われる、働き盛りの人たちが主に対象となっています。

特に製造業の会社勤務で英語が出来る人が多く求められ、採用マッチングがうまくいきやすい、キャリアカーバーならではの強みが幾つもあるようです。担当コンサルタントは外部エージェントの500~600名に加え、グループ関連会社を含めると総数800名と言われています。

キャリアカーバーの拠点エリア

拠点エリアは東京本社をはじめ、北は北海道の札幌から南は九州の鹿児島に至るまで、全国に展開しています。セグメントを道州制に分けて見ると解るように、東北に北陸や中国、四国地方にも複数以上の拠点があります。もちろん、人口が多く集まる首都圏や東海、関西エリアの主要都市にも拠点があります。

キャリアカーバーの案件について

職種は製造業からマーケティングにIT関連やクリエイティブ系、金融や営業など幅広く対応しています。求人地域は日本国内だけでなく、海外勤務もあるので、自身の希望などを担当コンサルタントに伝えてみましょう。

同じリクルート運営の「リクルートエージェント」との違いが気になるところですが、以下まとめてみました。まず、リクルートエージェントは大手企業などのグローバル案件はあるものの、国内案件向けが比較的多く、幅広いクラスに対応した総合型転職エージェントです。日本国内で特に人気のあるヘッドハンティング型転職エージェントがキャリアカーバーで、国内外の案件を紹介しマッチングさせています。

ちなみにリクルートエージェントもキャリアカーバーと同じく、リクルートキャリアが運営しています。基準として直近の年収650万円以上の方に限定されるため、敷居が高いのが特徴ですが、相談は全て無料。

キャリアカーバーの特徴

キャリアカーバーの大きな特徴に挙げられるのが、解りやすい例で言えば、二つあります。一つ目は、日本国内ではビズリーチと並ぶ人気のヘッドハンティング型転職エージェントとして、高い知名度を誇っています。二つ目はヘッドハンティング型のハイクラス案件になるため、対象年齢がミドル世代となっているところです。

公開求人案件数は14,000件に加え、登録者の職歴などを見てスカウトする非公開求人も含めると、それなりの数に上り総数35,000件以上です。リクルートが運営していることもあって安心感があり、対象年齢やハイクラス要項に達していない場合でも、リクルートエージェントのサービスを併用すると言ったことも出来ます。

ミドル世代とは上は50代半ばですが、おおよその若い年齢で言えば35歳ぐらいが該当し、既に高いスキルを持っている場合は、その場の限りではありません。もう少し努力が必要とされる場合の中長期的ビジョンに加え、高いスキルや経験を擁する場合は、短期間で仕事を探すことも可能です。

自身でヘッドハンターを指名することが可能

また、キャリアカーバーの最大の特徴で挙げられるのが、自身でヘッドハンターである担当コンサルタントを指名することが出来ることです。500~600名と言われる担当者のプロフィール、例えば経歴や実績内容と言った詳細を参照の上、相談したいコンサルタントを選べます。

なかなか人には相性の問題や業界に対して明るくない、または不慣れな担当者にあたったと言う話は、皆無ではありません。そんな中で、業界経験年数に担当職種や担当業種をキーワードで検索出来るので、すれ違いも必然的に少なくなります。事前にプロフィールを見てから指名しているので、安心できるだけでなく面談の際にも話題が尽きることもなさそうです。

各ヘッドハンターが持っているハイクラス案件は、ほとんどが指定型のケースなので、サイトでの掲載期間がとても短くなります。気になる案件があれば担当者に直ぐにでも連絡をして、話を進めて貰った方が賢明です。

キャリアカーバーの具体的なサポート内容

キャリアカーバーに登録後、担当コンサルタントになるヘッドハンターを選んで連絡を取り合い、面談の場所と日時を設定することになります。ヘッドハンターの中には、平日か休日や夜間など対応できる時間帯が人によって異なるので、互いの都合のいい時間帯を設定してみてください。

キャリアカーバーの面談について

面談の服装に関しては特に定めがなく、スーツ着用の義務もありませんが、不安な場合は担当者に確認をしてください。特に暑い季節のはじまりには昔から六月無礼と言われるように、梅雨から夏にかけては、服装が略式でもたいてい問題ないでしょう。

面談前に履歴書と職務経歴書を担当コンサルタントに送って情報をお互いに共有しておくと、当日時間を有効に使えます。転職に慣れていない場合だと、履歴書や職務経歴書の添削は同じグループ会社のリクルートエージェントを活用するのが一番です。

ヘッドハンターにはプラス面だけでなくマイナス面も伝える

キャリアカーバーでの面談では、転職状況の確認についての確認がありますが、日本では転職経験が多いとマイナスイメージに映りはしないだろうか気になるところですが、欧米もアジアも年収やスキルアップのための転職はよくある話です。

経歴はなるべくプラス面だけでなくマイナス面も含めて、具体的に担当者に伝えてください。ヘッドハンターは紹介先との相性を含めたマッチングを考えているので、職務と関係ない質問にも誠実に受け答えを行った方が、印象度が高くなります。

前もって想定した以外の質問があるかもしれませんが、いろんな良い意味で気付きもあり、転職に対しての明確な目標が見えてくる場合もあります。

面接力向上セミナーへの参加もおすすめ

面談の前後でスケジュールが合えば、リクルートエージェントが開催する面接力向上セミナーへの参加もおすすめです。東京では毎日、地方の大都市では週2日ほど開催されているので、時間も取りやすいでしょう。セミナー参加の際には、キャリアカーバー同様に、リクルートエージェントへの登録もお忘れなく。

リクルートエージェント公式サイト

キャリアカーバーのおすすめポイント

キャリアカーバーは国内でも有数の人気がある転職エージェントなので、先ずは登録してからプロの担当コンサルタントからアドバイスを受けてみるのも悪い話ではありません。また、キャリアカーバーならではの特徴もあるので、見逃せません。そこで、キャリアカーバーの特徴や利用する際のメリットについてご紹介致します。

企業との相性が良さそうな案件・アージェント案件を提案

ヘッドハンターはサジェスチョン、つまり経験の中から特有の提案をすることも珍しくありません。自身としては希望と大きく違う場合でも受け入れ側との相性に加え、本人の能力を発揮できると判断した場合に、そのようなケースも例外ではありません。

紋切り型のサービスではなくプロ意識を持ったヘッドハンターの存在もまた、多くの人たちがキャリアカーバーをおすすめに挙げる理由のひとつです。中にはアージェント案件の求人を紹介する、担当コンサルタントも全くいないわけではありません。

メールや電話でのやり取り、面談での会話など判断することになりますが、受け入れるための基準はないこともないでしょう。あまりにも押しが強いのに根拠がない場合は好意的に受け止めながらも、ちょっと冷静になって考えた方がいいと言えます。

大胆なキャリアチェンジも視野に入れる

大胆なキャリアチェンジの場合は何かと勇気や決断が必要ですが、将来性がある職種で、やり甲斐や年収に直接結び付くのであれば、前向きに考えてみてもいいかもしれません。

想定の範囲であるなしに関わらず、キャリアカーバーの大きな魅力は、リクルートが運営している点が挙げられます。リクルートや担当コンサルタントと受け入れ企業側の採用担当者とのコネクションや情報の量は、かなりのものです。

いろんな職種に対応していますが、キャリアカーバーの得意とする求人が多く見られます。特に建設不動産に製造業や科学関連に加え、総務や経理などの管理の仕事が代表的です。また、1つ1つの求人の情報量が詳しく書かれていて、内容をじっくり見ることが出来ます。

キャリアカーバーのおすすめポイントをまとめてみると、年収750万以上のハイクラス求人が豊富で、1000万円以上が8割を超えます。一般的には年収2000万円もありますが、外資系企業も少なくないので、中には3000万円以上もあります。

登録が無料で、ほかの転職エージェントと比較してみると、非公開求人のスカウト案件に出会える可能性が比較的高いことも人気の理由のひとつです。

転職初心者の方がキャリアカーバーを上手に活用する方法

リファレンスを転職エージェントに依頼する

欧米では転職の際に前職や、中にはそれよりも前の会社に推薦状を書いてもらうことが珍しくないです。ハイクラス案件を取り扱っているキャリアカーバーでは、たいてい担当コンサルタントが推薦文を書いてくれます。

約300~1000文字程度での推薦文になりますが、時には納得いかないことがあるかもしれません。履歴書や職務経歴書の文をそのまま抜粋して引用すると言った、好ましくないケースも皆無ではありません。

面接の際での間違いを避けるためと第三者的立場からみてシミュレーションをしたいなどと言って、確認をする意味でも推薦文を担当者からメールで送って貰うといいでしょう。また、中身があまりにも薄いような場合に、担当コンサルタントを変更することは、それほど失礼に当たる話ではありません。

転職エージェントを使い分ける

転職エージェントにはキャリアカーバーはだけでなく保険のためにも、もう1社以上登録することをお勧めしますが、あまり多くなると整理も難しくなります。特に転職サイトでは、複数の転職エージェントと連携していることがあります。同じ案件に別のサイトからの申込やエージェントからの問い合わせになると、担当者も企業側からの印象がよくありません。

中には手応えが合った会社だったのが、話がなくなることもありません。それ以上にオフィスワークが出来ないと、担当コンサルタントからの評価も冷めた目で見られるかもしれません。応募する会社は転職エージェント別に切り分けをしっかりつける方が、賢明です。

勤務地を限定するとチャンスが少なくなる

ハイクラス案件の転職初心者にとって、最も頭を抱える問題のひとつに挙げられるのが勤務地です。外国どころか国内の地方勤務も不可の場合は、それだけチャンスが減ります。ただ、何らかの問題がある場合は、担当コンサルタントに気兼ねなく相談してみてください。裏技として適用内に限りますが、地方自治体の助成金の活用です。

工場や研究所は地方にあることも少なくはないので、県や市の引越しに伴う助成金を上手く活用すると、経費もその分安くなります。もちろん引越しの費用以外で現地の住居の家賃補助なども担当者に尋ねてみて下さい。

注意しておきたいのが、助成金に関しては国や地方自治体の職員関連の引越しに関わる費用は対象外になります。加えて担当コンサルタントよりも助成金についての質問は、引越し先の地方自治体の移住定住促進窓口にお問い合わせください。

年収の交渉などハイスペック人材の方のアドバイス

年収交渉を転職エージェントに依頼する

紹介する職種の年収相場は750~2000万円です。そこで、キャリアカーバーは年収アップを考えている人に耳寄りの情報があります。年収交渉代行をしれくれるおすすめの転職エージェントの中に挙げられるのが、キャリアカーバーです。

ハイクラス案件に特化した会社であり、ヘッドハンターは自分の実績にそのままダイレクトにも繋がることがあるので、その分話が早いです。キャリアカーバーに登録して仕事探す人は、ある程度自分に自身がある人になると言われています。

必ずしもそうとは限りませんが、担当コンサルタントには金融や流通などたいてい得意な分野があります。ここでも自分に合った担当者指名が、大きなポイントになることは間違いなさそうです。

自分のスキルや経験にそれなりに自信がある人には、特にキャリアカーバーがお勧めと言うのも頷けます。業界の相場を確認しながら今まで培ってきたこと、今後お世話になる会社へ還元できそうな内容を加味して、年収アップを目指してみてください。

中長期的ビジョンとして転職エージェントを利用する

また、今すぐにキャリアカーバーに登録することで、転職意思がなくても中長期的ビジョンで考えるのにも適していると言われています。年収1000万円以上のスカウトが来ることもあるし、そうでなければ市場価値を知ることが出来ます。目標の年収に近付くにはどのような努力や工夫が必要かを考え、場合によっては担当コンサルタントに尋ねてみましょう。

対象年齢が一般的には35~55歳のようですが、30代前後でキャリア形成に努めた、或いは外国語の能力が高い人たちにも向いている転職エージェントです。55歳過ぎでも製造業や金融関連などで経験を擁し英語が話せる人であれば、国内外を含めてチャンスが少なくありません。

外資系企業を目指す転職者に向けてのアドバイス

ヘッドハンターの経験を聞いてみる

リクルートが運用する転職エージェントであり、優秀なヘッドハンターがいることで、外資系企業の就職マッチングでも評判なのがキャリアカーバーです。ヘッドハンターの担当コンサルタント自体が、外資系企業出身のも珍しい話ではありません。また聞きではなく実際の現場を経験してきた声を聞くことが出来るのもポイントです。

不動産開発に金融や科学関連などに加えITと言った、特にアメリカをはじめとする欧米系の外資系企業に強いのは、日本を代表する転職エージェントのリクルート系ならではです。製造業は何と言っても技術大国の日本の存在は、世界でもよく知られているので、アジアをはじめ日系企業がどうしても多くなります。

アジア系の外資系企業も視野に入れてみる

案件的には結果的に東南アジアの華人や台湾人経営者と言った外資系企業で採用が決まったと言うことも中には、あるでしょう。更に多分野で世界中にビジネスを展開する中国系企業の今後についても目が離せません。

ちなみに中国語でヘッドハンターは猎头(Lietou)と言い、現段階では中々ヒットしませんが、将来的には重要なキーワードになるかもしれません。ご存じと思いますが、中国系の会社へ就職する際には、会社の信頼性や日系企業との繋がりを確認した方が、賢明です。

製造業だけでなく営業職でも中国に限らずアジア全体で、日本人を必要としている会社があります。外資系企業での就職での確認事項で挙げられるのが、社会福利厚生です。工場長や管理職で部長クラ以上になると、外国ではコンドミニアムやアパートメントと会社まで車の貸与か運転手付き送迎を、会社が手配してくれる場合もあります。

外資系を目指すための英語力は?

外資系企業を目指す場合の英語の目安は、一般的にTOEIC700点以上と言われていますが、欧米系であれば800点は欲しいところです。ただ、TOEICは日本や韓国、東南アジア以外では、あまり知られていません。欧米系の外資系企業で働くための基準と考えた方が、いいかもしれません。

アジア方面の製造業関連で経験やスキルが高い人であれば、それほど語学力を求められません。アジアは国によっては日本以上に縦社会なので、日本人の管理職には耳をしっかり傾ける傾向のところが、少なくありません。それでも韓国や中国の人たちはイニシアティブを握りたがる傾向にあるので、勤務先によっては英語のブラッシュアップが必要となりそうです。

外資系企業の英文履歴書について

外資系企業や外国語を使った仕事に目指す場合には、英語版の履歴書が必要となりますので、事前に準備をしてみてください。英語版は日本の履歴書と言うよりむしろ職務経歴書に近いと言った感じで、気になる人は同じグループ会社のリクルートエージェントの添削サービスを活用してみてください。

初めての人には少し難しく感じるかもしれませんが、市販の英文履歴書の書き方を読んで見ると、それほど難しいと思わないでしょう。動詞やイディオムの使い方にやや気を付けながら、はじめは市販の本のサンプルを参照に作成してみてください。話し言葉同様に「習うより慣れろ」の気持ちでスタートするのが、一番です。

英語力に関しては、TOEICや英検と言った資格に該当するものがある場合は、そのまま取得スコアや合格した級を英文履歴書に記載すると良いです。TOEICの高いスコアを取得している人は、英語の面接が免除になることも中にはあります。

外国語の資格が特になくペラペラではないが、日常会話程度以上話せる場合は、Intermediate(中級)ではなく先ずはビジネスレベルと記した方がいいかもしれません。電話やメールで担当コンサルタントに、外国語能力を表現するのにどっちがいいか解らず、ビジネスレベルにしたとの内容を伝えればたいてい問題ないでしょう。

最後に

働き方改革と言った言葉が頻繁に聞かれるようになった現在の日本は、いろんな面で多様化してきています。従来の終身雇用型制度において、転職が多いのはあまり好まれないのが日本社会でしたが、時代の変化と共にそれは過去の話になろうとしています。

自分のキャリアアップを目指されている方の中には、海外や外資系企業への転職、グローバル案件がある企業への転職を希望している方も多いことでしょう。自分の希望にあった企業を紹介してくれる転職エージェントを利用して夢への一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

外資系企業、海外就職、グローバル企業に強い転職エージェント

「外資系企業」「海外勤務がある企業」へ転職したい方の中には、どのようなステップで応募すればいいのか悩まれる方も多いと思います。直接、会社のオフィシャルサイトで採用情報を記載されている企業もたくさんありますが、外資系企業や海外勤務のあるグローバル企業へ転職される方の大半は、「転職エージェント」を利用して転職される方がほとんどです。外資系企業・海外勤務のある企業へ転職する際には、それに特化した転職エージェントがあります。

20代・30代の転職・グローバル・海外就職に強いランスタッド

ランスタッドは、1960年にオランダで創業された世界最大級の総合人材サービス会社です。世界39の国と地域に4,700以上の拠点を持ち、50年以上にわたり培ったノウハウと信頼のある転職エージェントです。

日本国内に136拠点あり、20代〜30代第二新卒の転職サポートに実績があります。グローバル企業、海外勤務、外資系企業の取り扱いも多数。相談は全て無料。

ランスタッド公式サイト

非公開求人数・成功実績No.1のリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、非公開求人数は業界最大級の約10万件。求人の90%は非公開求人 · 転職成功実績No.1 · 年収1000万以上の求人、外資系企業・海外就職・グローバル企業の案件も多数。

日本最大級の求人件数を誇る転職エージェントなので、まずは登録しておきたい転職エージェントです。相談は全て無料。

リクルートエージェント公式サイト

年収800万円以上のエグゼクティブ求人に強いキャリアカーバー

キャリアカーバー は、年収800万円以上の求人、エグゼクティブ求人・グローバル企業・外資系企業のハイクラス求人が豊富に揃うリクルートが運営するハイクラスの転職エージェントです。

求人は非公開のものが多く会員登録することで、専門のヘッドハンターからスカウトを受け取ることができます。基準として直近の年収650万円以上の方に限定されるため、敷居が高いのが特徴。相談は全て無料。

キャリアカーバー公式サイト

外資系・日系グローバル企業での英語を活かした転職ならロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ は、日本では「グローバル人材」に特化した人材紹介会社。 「英語を活かせる求人」だけを紹介しており、コンサルタントは全員バイリンガルで、満足度93%を誇り、外資系ならではのスピード感をもって選考を進めることができます。

求人は公開求人だけでなく、外資系高収入非公開求人も数千件扱っており、面接アドバイスや履歴書の添削を各コンサルも行います。相談は全て無料。

ロバート・ウォルターズ公式サイト

サポートが充実の外資系企業に強いJACリクルートメント

JAC Recruitment は、リクルートエージェントに次いで、業界大手、イギリス発の外資系エージェント。非公開、独占求人の紹介, 外資系企業の豊富な情報量, 英語面接対策やレジュメチェックなどのサポートも充実。相談は全て無料。

JAC Recruitment 公式サイト

外資系アパレル・ラグジュアリーブランド求人に強いクリーデンス

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス は「DODA」が運営しているファッション専門の転職エージェント。外資アパレルブランドやラグジュアリーブランドに特化した案件も強いので、外資系のファッション業界を目指す方にはおすすめの転職エージェントです。

担当コンサルタントと企業ごとに合わせた面接サポートもあるので、外資ブランドを初めて目指す転職者にとって手厚いサポートです。相談は全て無料。

クリーデンス公式サイト



上記は外資系・海外就職・グローバル案件の転職案件に強く、サポートもしっかりあるので、今後、「外資系企業」を目指す方は、登録しておさえておきたい転職エージェントになります。できる限り、1社に限定してしまわずに、2〜3社に登録をしてセカンドオピニオンを持たれることをおすすめいたします。

関連記事

  1. 「ランスタッド」は世界第2位のシェアを誇る海外就職や外資系転職に強い転職エージェント

  2. 「リクルートエージェント」求人の90%は非公開求人 · 転職成功実績No.1

  3. ロバートウォルターズ「英語を活かした転職」で評判の転職エージェント

  4. 外資系転職・海外就職・グローバル企業に強い転職エージェント

  5. 面接対策や英文レジュメ添削などサポートの評判が高くハイクラス案件に強いJAC Recruitment…

  6. 女性向け転職案件に実績のある「type転職エージェント」の特徴や評判について

最近の記事

おすすめ記事

  1. 女性の外資系企業への転職に年齢や経験は関係ある?
  2. 恥をかかない効果的な英文メールの書き方や注意点について
  3. 転職回数が多いのは不利?外資系企業への転職を成功させるコツ
  4. 40代で外資系企業に転職できる?40代が気になる外資系転職事情
  5. LinkedInとは?ビジネスSNSを利用して外資系企業に転職成功
  6. 英語ができない場合は外資系転職や海外就職は無理?狙い目の職種について
リクルートエージェント

人気記事

PAGE TOP