面接や仕事でアピールしたい7つのソフトスキルとは?

転職活動において企業に応募する時、ほとんどの人がハードスキル (その職種が必要とするであろう特別な知識や技能)をもっていることを強調しがちです。

ハードスキルは一般的に、どのくらい知識、技能があるのかが明確にわかりやすいスキルです。あなたがなぜこの仕事に一番適した応募者であるかを伝えるためには、あなたがもっている一番重要なソフトスキルを強調することも必要です。



ソフトスキルはアピールしたいスキル

あなたが仕事を探している時、ソフトスキルはハードスキル同様、その仕事で成功していくために必要とされます。

ソフトスキルはどのくらいあるのかを定義づけたり、測ったりするのがハードスキルより難しいものです。ソフトスキルは仕事場で他の人と上手に関わっていくのに必要な対人関係や「人間」力だからです。職種を問わず、私たちは管理職、上司や後輩、また同様に顧客や製造業者、患者、生徒等と上手に関わっていかないといけません。

会社はほとんどの業種において雇用する際、両方のスキルをもっている志願者を求めます。それは、もしあなたが前向きでなかったり、他の人とうまくやっていけなかったり、コミュニケーションがとれなかったり、チームの一員として動けてなかったり、創造的かつ批判的に考えられなかったりしたら、学歴や資格があっても意味がないからです。直接人と関わる仕事だけでなく、どんな仕事においても、人と上手に関わるバランスの良い人間力が必要なのです。

求人サイトのIndeed.comが、最も価値のあるとされるソフトスキルを紹介していますのでご紹介させていただきます。

雇用者が求める7つのソフトスキル

ソフトスキルは面接の際にもアピールすることができます。面接時に必要になるソフトスキルと、仕事で役立つソフトスキルをご紹介いたします。

チームの一員として動くこと

これは、ただ単に協力的・協調性を求められているだけではなく、必要に応じて強いリーダーシップを発揮することを意味しています。メンバーの一員として評価されるべき協調性ですが、同時にリーダーシップとしての能力も実力によっては求められます。

柔軟性

仕事をする上においての柔軟性は非常に価値のあるスキルになります。どんな状況でも柔軟に、その環境や状況を受け入れられる人は、何が起きても会社にとっては重要な人物と評価されます。

物事を柔軟に受け入れる事ができない人材は、特に外資系、海外においては評価に値しないとレッテルを貼られます。

効果的なコミュニケーション能力

コミュニケーション能力は全ての仕事で最も重要とされています。コミュニケーションとは、自分をきちんと表現することと同時に、よい聞き手であることを意味します。

日本ではあまり馴染みがありませんが、自分を表現する上では、ボディーランゲージを使う事が非常に重要になります。

課題解決能力と臨機応変さ

どんな職業においても、課題を解決する能力や、臨機応変に物事を処理できる能力というのは、予想外の問題が起こった時に求められる非常に重要なスキルになります。

フィードバックを受け入れること

素直にフィードバックを受け入れるだけでなく、そのフィードバックを応用することで、専門職としての成長が助長されます。自分の能力不足や欠点を改めて見つめ直すという謙虚な気持ちも必要です。

自信を持つ事が大切

謙虚な気持ちを持ちつつ、時には自分に自信をもつ事も必要です。しかしながら、それは知識と技能を常に持ち合わせる事が重要です。根拠のない自信は信用を失いかねません。自信をもち、かつ有能であることによって、上司や同僚、また顧客はあなたが言うことを信じてくれます。

創造的に考える

独創的な解決策や代替案を思いつくことができるのは、会社にとっても仕事をする上で非常に貴重です。常に革新的なアイデアを産み出す想像力と、仕事を効率的に処理する能力は会社にとっても非常に有益なスキルです。



職種によって異なる、雇用に求められるスキル

管理職であったりマネージャーであったり、または、今まで管理職についた経験のない人でも、スキルアップをして管理職を目指そうと考えている時には、技術職に応募する時とは違う長所を強調したくなるでしょう。

有能な管理者になるために必要なソフトスキルは、メンバーを任せることができたり、建設的な批判ができることのようなものを含んでいます。

技術的なスキルが必要だとされるITの仕事にも、創造性や、個人や組織に向けて意見や解決策を示すことができる能力のようなソフトスキルが必要とされています。文書や口頭での高いコミュニケーション能力は、どの分野においても重要なスキルと言えます。

ソフトスキルのアピール方法

あなたが履歴書やカバーレターを書いている時、雇用者が求めている能力に対してアピールする事は基本的なことです。あなたが面接を受ける時も同じです。求人を見直し、あなたが持っているスキル(ソフトスキルもハードスキルも両方)で特に求められているスキルは一体どういうスキルなのか、という事を伝える事ができるようにしましょう。

面接中に採用担当者に対して、あなたのソフトスキルを表現することも忘れないでください。面接中には、あなたの積極的な姿勢とその熱意を見せる事が重要です。

会社が求めているスキルがある、とただ伝えるのでなく、「証明する」事が必要です。面接に備えて、あなたが今までにソフトスキルを使った例をいくつか用意してください。面接官とスムーズに会話を交わし、そして豊富な知識をもって意見交換ができるよう、自分が求めている仕事と役割について、会社について十分調べておく必要があるでしょう。

外資系企業や海外勤務においては、誠実さを伝えるためには、言葉より行動で示す事が重要です。



外資系企業、海外就職、グローバル企業に強い転職エージェント

「外資系企業」「海外勤務がある企業」へ転職したい方の中には、どのようなステップで応募すればいいのか悩まれる方も多いと思います。直接、会社のオフィシャルサイトで採用情報を記載されている企業もたくさんありますが、外資系企業や海外勤務のあるグローバル企業へ転職される方の大半は、「転職エージェント」を利用して転職される方がほとんどです。外資系企業・海外勤務のある企業へ転職する際には、それに特化した転職エージェントがあります。

20代・30代の転職・グローバル・海外就職に強いランスタッド

ランスタッドは、1960年にオランダで創業された世界最大級の総合人材サービス会社です。世界39の国と地域に4,700以上の拠点を持ち、50年以上にわたり培ったノウハウと信頼のある転職エージェントです。

日本国内に136拠点あり、20代〜30代第二新卒の転職サポートに実績があります。グローバル企業、海外勤務、外資系企業の取り扱いも多数。相談は全て無料。

ランスタッド公式サイト

非公開求人数・成功実績No.1のリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、非公開求人数は業界最大級の約10万件。求人の90%は非公開求人 · 転職成功実績No.1 · 年収1000万以上の求人、外資系企業・海外就職・グローバル企業の案件も多数。

日本最大級の求人件数を誇る転職エージェントなので、まずは登録しておきたい転職エージェントです。相談は全て無料。

リクルートエージェント公式サイト

年収800万円以上のエグゼクティブ求人に強いキャリアカーバー

キャリアカーバー は、年収800万円以上の求人、エグゼクティブ求人・グローバル企業・外資系企業のハイクラス求人が豊富に揃うリクルートが運営するハイクラスの転職エージェントです。

求人は非公開のものが多く会員登録することで、専門のヘッドハンターからスカウトを受け取ることができます。基準として直近の年収650万円以上の方に限定されるため、敷居が高いのが特徴。相談は全て無料。

キャリアカーバー公式サイト

外資系・日系グローバル企業での英語を活かした転職ならロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ は、日本では「グローバル人材」に特化した人材紹介会社。 「英語を活かせる求人」だけを紹介しており、コンサルタントは全員バイリンガルで、満足度93%を誇り、外資系ならではのスピード感をもって選考を進めることができます。

求人は公開求人だけでなく、外資系高収入非公開求人も数千件扱っており、面接アドバイスや履歴書の添削を各コンサルも行います。相談は全て無料。

ロバート・ウォルターズ公式サイト

サポートが充実の外資系企業に強いJACリクルートメント

JAC Recruitment は、リクルートエージェントに次いで、業界大手、イギリス発の外資系エージェント。非公開、独占求人の紹介, 外資系企業の豊富な情報量, 英語面接対策やレジュメチェックなどのサポートも充実。相談は全て無料。

JAC Recruitment 公式サイト

外資系アパレル・ラグジュアリーブランド求人に強いクリーデンス

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス は「DODA」が運営しているファッション専門の転職エージェント。外資アパレルブランドやラグジュアリーブランドに特化した案件も強いので、外資系のファッション業界を目指す方にはおすすめの転職エージェントです。

担当コンサルタントと企業ごとに合わせた面接サポートもあるので、外資ブランドを初めて目指す転職者にとって手厚いサポートです。相談は全て無料。

クリーデンス公式サイト



上記は外資系・海外就職・グローバル案件の転職案件に強く、サポートもしっかりあるので、今後、「外資系企業」を目指す方は、登録しておさえておきたい転職エージェントになります。できる限り、1社に限定してしまわずに、2〜3社に登録をしてセカンドオピニオンを持たれることをおすすめいたします。

関連記事

  1. 電話面接を成功させる対策やマナーについて

  2. 外資系企業の英語面接で即答力が求められる質問サンプル例10選

  3. 外資系の電話面接マナー術!面接後のお礼メールについて

  4. 外資系企業の転職を成功させる面接の服装について《私服編》

  5. 外資系企業に転職する時の面接で気を付けたい10のこと

  6. セクハラ、モラハラによる退職や面接に対する対処法

  7. 外資系の採用プロセスと英語面接で聞かれる質問の傾向と対策について

  8. 外資系の面接回数は?最終面接の質問とは?転職者必見!元採用担当のアドバイス

最近の記事

おすすめ記事

  1. LinkedInとは?ビジネスSNSを利用して外資系企業に転職成功
  2. 英語ができない場合は外資系転職や海外就職は無理?狙い目の職種について
  3. 40代で外資系企業に転職できる?40代が気になる外資系転職事情
  4. 恥をかかない効果的な英文メールの書き方や注意点について
  5. 女性の外資系企業への転職に年齢や経験は関係ある?
  6. 転職回数が多いのは不利?外資系企業への転職を成功させるコツ
リクルートエージェント

人気記事

PAGE TOP