「ランスタッド」は世界第2位のシェアを誇る海外就職や外資系転職に強い転職エージェント

今回は外資系に強く転職エージェントとしては、世界第2位と言われる『ランスタッド』を紹介致します。ランスタッドはほかの転職エージェントと同じく、無料で登録出来ます。西日本ではあまり知られていませんが、日本国内には110を超えるオフィスを構えています。

無料で登録後にアドバイザーと面談を行い、求人を紹介して貰うのはほかの転職エージェントと同じですが、少し違う点もあります。そこで、ランスタッドの特徴や利用する際のメリットについてご紹介致します。

ランスタッド公式サイト

ランスタッドとは?

ランスタッド株式会社は、世界約40の国と地域に4,700以上のオフィスを構えるオランダのランスタッド・ホールディングの日本法人になります。ランスタッド・ホールディングは、スイスのチューリッヒヘッドオフィスを置くアデコグループに次ぐ世界第2位の転職エージェントです。

ランスタッド株式会社の設立は1980(昭和55)年8月4日、資本金は1億円です。従業員数は約2,250名、グローバル化が進む中で、更に増加すると予測されています。インハウスを含めて、日本国内に110を超える拠点があります。東京都千代田区に本社を構え、国内の支店は首都圏をはじめ関東に特に多いのが、特徴に挙げられます。

それでも関東集中と言うわけではなく北は北海道や東北にそれぞれ3つ、九州には5つの支店があるので、転職活動でとても助かります。そのほか北陸に東海や近畿、中四国の主要都市にもオフィスがあるので、うれしいです。

グローバルネットワークで自分の強みを発揮できる国を見つける

ランスタッド・ホールディングは世界各地に点在する、オフィスとグループ全体の従業員数約37,930名のグローバルネットワークを擁している、強みがあります。ランスタッド・ホールディングのオフィスがある支店で、日本で馴染みの国や都市で挙げられるのが、アジアではシンガポールや中国の上海と香港などです。

オーストラリアに北米や南米は勿論のこと、ヨーロッパはまるでサッカーのワールドカップの代表国が名を連ねるようなイメージで、多くの国にオフィスを構えています。自分の強みを発揮できる国があるかもしれませんので、ランスタッドで登録してからの仕事探しも楽しみです。

社会人生活の中で特に成長出来る年齢と言われる20~30代にとって、外資系企業や海外での就職に魅力を感じる人が、少なくはないでしょう。ランスタッドでは、自分の得意な分野や外国語を活かせる仕事があり、転職初心者にも良い環境が整っています。海外営業案件が少なくはなく年収も可なり高いのがあるので、転職初心者からハイスペック人材まで幅広い人たちが対象となります。

ランスタッドの特徴

ランドスタッドのサービスの特徴で先ず挙げられるのが、幅広い年齢層と様々な職種に対応している点です。正社員としての転職支援サービスをはじめ、紹介予定派遣や一般的な派遣社員、単発の作業に至るまで、カバーしています。また、リクルートエージェントのように全国的に知られているわけではないものの世界的に見れば、転職市場では可なり知名度が高いのがランドスタッドです。

ほかの転職エージェントと同じくヒアリングを兼ねた面接を行い、登録者に合った求人情報の提供を行っています。しかし、他社とは違い、レジュメや職務経歴書の添削、本番の面接を兼ねたシミュレーションなどのサービスを細かく行っているわけではありません。そこで、手厚いサポートを行っている転職エージェントからアドバイスを受けながら、並行してランドスタッドで登録して、仕事を探すことをおすすめします。

海外でチャレンジしたい人に適した転職エージェント

外資系に強いと言われますが、社風から転職支援サービスに至るまで、少し日本的ではないかもしれません。セミナーやイベントに関しては、希望勤務地に合わせた個別面談会などカテゴリーが分かれています。日本社会独特のおまかせではなく、なるべく登録者本人の意志を尊重すると言った欧米的な考えに近いと言って良さそうです。

求人案件数は非公開となっていて、案件はそれほど多くはないと一般的には言われています。それでも外国語の能力が高い人やハイスペック人材に向けては、Web上公開されているものと非公開求人も含めると、少なくはないはずです。

また、自分の好きな業界や職種で、外国でチャレンジしたい人に適した転職エージェントと言えます。日本人からすると外国語と言えば一般的に英語になりますが、フランス語やスペイン語、中国語のチャイニーズ・マンダリンなど、自分の得意な言語を活かすチャンスもあると言えるでしょう。

日本のオフィスとは言え本体がオランダの企業なので、欧米系の会社特有の実力や本人のスキルをダイレクトに評価する社風と、言われています。ランスタッドでの転職のメリットでは、年収アップに繋がる案件が多いと口コミで上がっています。

ランスタッドの具体的なサポート内容

ランドスタッドは、履歴書や職務経歴書の添削に関して他社と違って細かくサポートをしているわけではありません。履歴書や職務経歴書に加えそのほか必要なものを、最寄りのオフィスの担当者と確認をしてみてください。

外国語を活かす、或いは海外での就職を考えているのであれば、必然的に日本語以外に英語の履歴書や職務経歴書が必要となってきます。ランスタッドには、転職について適切なアドバイスを行う、キャリア・コンサルタント有資格者であるキャリア・アドバイザーがいます。職務経歴書添削や面接対策のアドバイスなど、1回につき1点選べるオプションプランがありますので、お見逃しなく。

ランドスタッドの無料転職支援サービス

ランドスタッドとほかの転職エージェントとの大きな違いは、PC環境があればいつでも管理が可能なマイキャリアノートがあることです。業務上で得たスキルや就業状況を記録することで自身の現在地を確認しながら、今後希望する仕事や取得したい資格などを明確にすることで、目標設定が出来ます。キャリア・アドバイザーからカウンセリングを受けることも出来るので、目標達成のための環境が整っていると言えるでしょう。

海外就職に関連して言えば、ランスタッドが主催するスクールのセミナーやプログラムを割引料金で受講出来るので、うれしいです。テーマ別に絞られているので、気になる人は、自分に合ったプログラムに参加してみましょう。ビジネスシーンで使用する、現場で活かせる英語力を学べると、評判がいいようです。

英語を含めた履歴書や職務経歴書のサンプルがランドスタッドのホームページから職種別にダウンロード出来ます。ビジネスシーンを体験する、初級レベルの英語力があれば参加出来る無料英語セミナーに関しては、数年前までは定期的に行われていたようです。いずれにしてもサービスを受けることが出来るには、ランドスタッドへの登録が必要となります。

ランスタッド公式サイト

ランスタッドのおすすめポイント

登録してから面談を行うか、行わないかでは今後の方向性を話し合う点でも、大きく異なってきます。そんな中でランドスタッドは、インハウスを含めると日本国内に110 を超えるオフィスがあり、面談に行ける地域が各地に点在しているのは嬉しいポイントです。

気を付けておきたい点は、ほかの転職エージェントと違って、ランスタッドは基本的には電話での面談を受け付けていません。ランスタッド・ホールディングの本社がオランダなので、如何にもヨーロッパの会社らしく、情報漏洩を防ぐ目的があるものとされています。面談時間は一般的に1時間前後なので、ちょっと長めのリクルートエージェントよりは幾分短いと考えた方がいいでしょう。

決められた時間の中での面談は内容も濃いと言われていて、外資系ならではのちょっと厳しめに感じる人も中にはいるかもしれません。言い換えると、ドライな質問をする会社は、きちんとしたところが多いので、就職の本番の面接が既にはじまっているとプラスに考えましょう。

外国での就職や語学力を活かしたい人に向いている

面談でヒアリングを行ってから結果や希望、適正を考慮した上で、後日求人紹介されます。日系企業の案件も勿論ありますが、外資系企業への仕事をすすめられることが多いようなので、外国での就職や語学力を活かしたい人に向いていると言えます。面談の手応えをアドバザーが感じ、アージェントのいい案件があると、早急に仕事が決まることも少なくはありません。

なかなか日本社会では語学力が高くても正当に評価されないことも少なくない中、英語やそのほかの外国語のスキルアップを考えている人にとって、相性が良い転職エージェントです。同様にウリに出来るものや高い技術などがある人はスペシャリストとして、役職や年収で今までにはない高めの評価をされることもあるでしょう。

ランスタッドを上手に活用する方法

ワークライフバランスの取れた生活をしたい、外国で働く目的の中で、そんな声が聞こえるようになりました。かつて海外での就職は、行政関連での出向や大手企業に就職して現地駐在員と言うのが、一般的でした。中には単身でニューヨークやロンドン、オーストラリアやシンガポールをはじめ東南アジアなどに出掛けて、現地で仕事を探す日本人も年々増えていきました。

それが現在は非日常ではないと例えても過言ではないほど、外国で働くと言うことが私たち日本人にとって、身近な存在となっています。海外就職において大きな役割を果たしているのが、インターネットの普及と転職エージェントの存在です。技術大国の日本は、クールジャパンと言ったカルチャー的な要素の絡みも増えて、今では海外就職の職種も多岐に渡ります。

単身で仕事を現地に行って探すのはある意味ダイナミックでもありますが、言葉や雇用契約の問題もあります。外国語が堪能でも現地の就職エージェントを通してから就職することをおすすめしますが、出来れば日本滞在中に内定を貰いたいと言う声の方が多いでしょう。

転職初心者の方へのアドバイス

転職初心者の人たちに先ずは、ランスタッドだけでなくほかの転職エージェントにも登録をおすすめします。転職では複数社以上のエージェントへ登録するのが一般的で、多くの人が2~3社を併用しています。外資系に強いと言われるランスタッドと多くのサポートを提供している他社とを使い分けながら仕事探しをするのがベターだと言われています。

外国で働くと言うよりも海外に現地法人やオフィスを擁する日系や外資系企業へ転職を目指す方向性の方がチャンスがその分広くなります。海外勤務では日本人には馴染みの中国での工場長、タイでのセールスなどの駐在員案件が出ているときがあります。台湾やタイなどで駐在員での勤務で興味があれば、人気も高いので早めにアドバイザーに連絡をしてみてください。

中には女性の活躍推進として中南米での営業、現場管理の仕事で南極勤務と言うのもあります。一年を通じて求人案件は内容が異なってきますので、空いた時間はちょっとチェックをしてみましょう。

付加価値の付いたレジュメや面接でのアピールも必要

ランスタッドを上手に活用すると言うよりも面接力アップや職務経歴書の添削などのサポートが充実している、転職エージェントを並行して活用するのが望ましいと言われています。和魂洋才の概念の如く、日本の強みを活かしながら自身に付加価値を付けるのは、ビジネスの社会で日本人が世界的に高く評価されている所以です。

日本語はボキャブラリーの数に加え、漢字にカタカナやひらがな、欧米派生の外来語が混在する表現力が豊かな言語です。しかしながら和を求めて変化や個性を好まないことで、表現が曖昧になって、外国と比べて自己肯定感が高く映りません。転職になると将来や自身の生活に関わることなので、勿論日本人らしさは何処に行っても好まれますが、より付加価値の付いたレジュメや面接でのアピールも必要となってきます。

東南アジアとBRICsの案件も豊富

ランドスタッドでは、東南アジアとBRICs(ブラジル(Brazil)、ロシア(Russia)、インド(India)、中国(China))やインドをはじめ、海外営業の求人案件を比較的多く見られます。東南アジアなどで駐在員勤務での求人は工場長やエンジニアが多い中で、営業職のニーズが多いのはうれしいです。海外への転職初心者にとって、身近な存在なのがアジアなので、就職や実際現地で働いてみてもそれほどハードルが高くないと言えます。

留学やワーキングホリデー、外国一人旅経験があると言った人の中には、アメリカや南米などを就職先に考えている場合もあります。外資系企業に強いパイプを持っており、留学経験がなくても語学力が高い人に、ランスタッドはおすすめと言われています。英語を含む履歴書や職務経歴書も自力で作成でき、一定以上の仕事での実績やスキルがある人で早く仕事を決めたい人も同様です。

TOEICは最低600、できれば700以上あると選択肢が広がる

外資系企業だけでなく海外に工場やオフィスなどがある、日系企業での英文事務にチャレンジする際の英語力は、TOEICスコアで600点以上を目安としています。アメリカ勤務や職種では商社や物流でも貿易実務に関わる場合は、700点以上と考えた方が良さそうです。

英文事務で毎日使う環境であれば必然的にレベルアップが望め、外資系企業では尚更です。グローバルな職場の雰囲気の中で、先ずは英語力のアップがいいと思いますが、中にはスペイン語なども話せるマルチリンガルの人もいます。英語よりも中国語が堪能な人にもマッチングする案件もランスタッドには当然あります。

語学のスペシャリストを目指すのか、自分の職種のスキルアップを第一に考えるのか人それぞれです。ここ10年で安定した経済成長を続けるタイの求人案件では、工場関連や営業の仕事が昔から多いです。昔はあまり考えられなかったかつて現地採用で営業マンだった人たちが、今度は駐在員待遇でタイ勤務と言うのもありなので、うれしいです。

技術者であれば入社時には語学力不問のケースもありますが、会社によって内容が異なります。中にはほとんど日本語だけで通せる職場の求人案件があるかもしれません。ただ少しでも現地の言葉を覚えると言うことはその国や土地や文化に触れるので、人生が豊かになると言っても良さそうです。

年収の交渉などハイスペック人材の方のアドバイス

ハイスペック人材向けでランスタッドでは、「ハイクラスの転職(プロフェッショナル)」の登録をおすすめしています。外資系やグローバル企業を中心に、エグゼクティブ向けの管理職案件を紹介しています。

年収もほかの転職エージェントが700万~1300万円ほどに対して、ランスタッドでは上は3000万円以上という案件があります。業界トップクラスのグローバル・ネットワークとノウハウを活かした上で、ハイスペック人材の人たちにプロフェッショナルな転職を支援しています。ランドスタッドのハイスペック人材の転職において、年収の目安が600万前後~3000万とされています。

案件によって当初は日本勤務もありますが、外資系であればご存じの通り日系企業より外国への転勤の可能性は高いです。エグゼクティブ・ハイクラス案件だけで、Web上で確認できるだけでも1600社近く求人が出ていることも珍しくはありません。業界別で最も多いのが製造業で、医療・医薬とテクノロジーの順に続きます。

求人内容では年収が高い案件の実例では2000万~3000万円、低めのものであれば600万~950万円などがあります。年収の交渉と言うよりも、如何に自分の希望額に近い形に合わせて合格に繋げるかアドバイザーと相談してみてください。エグゼクティブ・ハイクラス案件において外国勤務では、特にアメリカに強いのもランドスタッドの特徴に挙げられます。

外資系企業を目指す転職者に向けてのアドバイス

外資系企業とは限らず海外就職の求人内容を見ると、ちょっとハードルが高く感じることがあります。企業としてよりいい人材を確保したいと言う狙いがあり、TOEIC750点以上の語学力を求めている場合について、詳細は以下の通りです。

海外での営業の一例では、北米やヨーロッパと言った地域に合わせての英語力を基準にして、ひとくくりにまとめている場合があります。TOEIC750点に出来るだけ近くて、コミュニケーション能力が高く実務レベルの語学力を擁していれば、要件を満たしていると判断されるケースもあります。ただし、外資系企業であれば外国語能力の資格やレベルが求人内容記載と同じの場合が少なくないでしょう。

自分に合った職種や是非働いてみたい企業があり、何とか手があと一歩で届きそうな場合はランスタッドの担当者に相談してみてください。外国では自分をPRすることや自己肯定感が高いことは、悪いことではありません。

英語以外の語学力が求められる求人もチェック

中には英語以外で中国語、中南米ではスペイン語が出来る人向けに求人が出ているので見逃せません。外国語能力が高く外資系企業の就職に強いのがランスタッドと言われていますので、ちょっと自信がない人は英語などをブラッシュアップしましょう。

現状の自身に足りないものが仮に語学力だとすれば、目標達成時期を設定して、海外で働くための就職活動を行うのも悪くありません。特にTOEICはスコアで実力が現れる上に、高い点数を目指すための攻略本もあるので、対策を練りやすいと言えます。

ランスタッドのヘッドオフィスがあるオランダは、意外に知られていないのが、世界第2位の農業生産物輸出国です。大航海時代には、当時鎖国政策が取られていた日本において、長崎の出島にオランダ商館が置かれていました。西にはイギリスやフランス、東にはドイツや北欧が位置する、地政学上でも恵まれています。

隣接する国のベルギー、ルクセンブルクと合わせてベネルクスと呼ばれ、非常に経済力の高い地域として知られています。外資系企業への就職と言えば、日本人にとって最もメジャーなのはアメリカかアジア諸国かもしれません。ただ、日本・EU経済連携協定により、今後ヨーロッパ諸国への輸出や日系企業の進出が増加することになります。

ランスタッドはアライアンスを含めるとヨーロッパの約30カ国にオフィスがあるので、これからが益々楽しみです。また、アメリカにはいろんな国から優秀な人材が集まり、同世代で頑張っている人たちもまた刺激になります。外資系企業を目指すには外国語能力や自己肯定感に加え、どの国やどう言った企業から求められているのかが、キーワードになりそうです。

外資系企業、海外就職、グローバル企業に強い転職エージェント

「外資系企業」「海外勤務がある企業」へ転職したい方の中には、どのようなステップで応募すればいいのか悩まれる方も多いと思います。直接、会社のオフィシャルサイトで採用情報を記載されている企業もたくさんありますが、外資系企業や海外勤務のあるグローバル企業へ転職される方の大半は、「転職エージェント」を利用して転職される方がほとんどです。外資系企業・海外勤務のある企業へ転職する際には、それに特化した転職エージェントがあります。

20代・30代の転職・グローバル・海外就職に強いランスタッド

ランスタッドは、1960年にオランダで創業された世界最大級の総合人材サービス会社です。世界39の国と地域に4,700以上の拠点を持ち、50年以上にわたり培ったノウハウと信頼のある転職エージェントです。

日本国内に136拠点あり、20代〜30代第二新卒の転職サポートに実績があります。グローバル企業、海外勤務、外資系企業の取り扱いも多数。相談は全て無料。

ランスタッド公式サイト

非公開求人数・成功実績No.1のリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、非公開求人数は業界最大級の約10万件。求人の90%は非公開求人 · 転職成功実績No.1 · 年収1000万以上の求人、外資系企業・海外就職・グローバル企業の案件も多数。

日本最大級の求人件数を誇る転職エージェントなので、まずは登録しておきたい転職エージェントです。相談は全て無料。

リクルートエージェント公式サイト

年収800万円以上のエグゼクティブ求人に強いキャリアカーバー

キャリアカーバー は、年収800万円以上の求人、エグゼクティブ求人・グローバル企業・外資系企業のハイクラス求人が豊富に揃うリクルートが運営するハイクラスの転職エージェントです。

求人は非公開のものが多く会員登録することで、専門のヘッドハンターからスカウトを受け取ることができます。基準として直近の年収650万円以上の方に限定されるため、敷居が高いのが特徴。相談は全て無料。

キャリアカーバー公式サイト

外資系・日系グローバル企業での英語を活かした転職ならロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ は、日本では「グローバル人材」に特化した人材紹介会社。 「英語を活かせる求人」だけを紹介しており、コンサルタントは全員バイリンガルで、満足度93%を誇り、外資系ならではのスピード感をもって選考を進めることができます。

求人は公開求人だけでなく、外資系高収入非公開求人も数千件扱っており、面接アドバイスや履歴書の添削を各コンサルも行います。相談は全て無料。

ロバート・ウォルターズ公式サイト

サポートが充実の外資系企業に強いJACリクルートメント

JAC Recruitment は、リクルートエージェントに次いで、業界大手、イギリス発の外資系エージェント。非公開、独占求人の紹介, 外資系企業の豊富な情報量, 英語面接対策やレジュメチェックなどのサポートも充実。相談は全て無料。

JAC Recruitment 公式サイト

外資系アパレル・ラグジュアリーブランド求人に強いクリーデンス

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス は「DODA」が運営しているファッション専門の転職エージェント。外資アパレルブランドやラグジュアリーブランドに特化した案件も強いので、外資系のファッション業界を目指す方にはおすすめの転職エージェントです。

担当コンサルタントと企業ごとに合わせた面接サポートもあるので、外資ブランドを初めて目指す転職者にとって手厚いサポートです。相談は全て無料。

クリーデンス公式サイト



上記は外資系・海外就職・グローバル案件の転職案件に強く、サポートもしっかりあるので、今後、「外資系企業」を目指す方は、登録しておさえておきたい転職エージェントになります。できる限り、1社に限定してしまわずに、2〜3社に登録をしてセカンドオピニオンを持たれることをおすすめいたします。

関連記事

  1. 面接対策や英文レジュメ添削などサポートの評判が高くハイクラス案件に強いJAC Recruitment…

  2. 「リクルートエージェント」求人の90%は非公開求人 · 転職成功実績No.1

  3. ロバートウォルターズ「英語を活かした転職」で評判の転職エージェント

  4. 年収800万円以上のハイスペック・エグゼクティブ求人に強い転職エージェント「キャリアカーバー」

  5. 外資系転職・海外就職・グローバル企業に強い転職エージェント

  6. 女性向け転職案件に実績のある「type転職エージェント」の特徴や評判について

最近の記事

おすすめ記事

  1. LinkedInとは?ビジネスSNSを利用して外資系企業に転職成功
  2. 恥をかかない効果的な英文メールの書き方や注意点について
  3. 英語ができない場合は外資系転職や海外就職は無理?狙い目の職種について
  4. 転職回数が多いのは不利?外資系企業への転職を成功させるコツ
  5. 女性の外資系企業への転職に年齢や経験は関係ある?
  6. 40代で外資系企業に転職できる?40代が気になる外資系転職事情
リクルートエージェント

人気記事

PAGE TOP