海外就職におけるミレニアル世代の転職のポイント

ミレニアル世代(2000年以降に成人、あるいは社会人になる世代を指す言葉)の就職状況は、それ以前の世代が経験した状況とはかなり異なっているものには違いないでしょう。今回はミレニアル世代についての転職についてご紹介いたします。

ミレニアル世代の特徴

アメリカにおいては、グレート・リセッション(2000年代後半から2010年代初頭までの間に世界市場で観察された大規模な経済的衰退の時期のこと)のあと求人市場が回復した時も、ミレニアル世代の失業率は、それまでの年配の方や年齢層が高い就業者と比べても、依然として高いままです。

そしてベビーブーム世代やX世代(1960年代初頭または半ばから1970年代に生まれた世代)と違い、ミレニアル世代は、単純に長年ひとつの仕事に就き、その中で経験を得たり昇進したりといったことに躊躇する時代です。

頻繁にレイオフのターゲットにされたり、失業の犠牲者になりやすいミレニアル世代には、よくある就職活動のためのアドバイス(例えば転職を繰り返すのを避けるといったようなもの)はあまり関係がありません。

加えてミレニアル世代の多くは、経験をあまり必要としないポジションの、小さく競争的な市場が原因で、彼らの技能レベルよりも低い仕事をせざるを得ない就業者も増えています。

ここでは、アメリカにおけるミレニアル世代と一緒の土俵に立って、海外で就職活動をしようとしている方にとって実践的なコツをご紹介します。

何がしたいかを明確化して柔軟に物事を考える

就職活動における成功への第一歩は目的です。

あなたはどんな仕事をしたいと考えていますか?この質問について考えるとき、あなたのしたい仕事について、給料はどのくらい必要か、どのようなオフィスの雰囲気があなたに合っているかなど、あなたの性格に適した仕事を見つけるために、日頃から考えてみると良いかもしれません。

一度、あなたにとって理想的な仕事を見つけた場合は、そのあとは、しばらくは現状を把握してみることからはじめてみましょう。

あなたにとって最初の仕事はあなたが想像したものとは違うかもしれませんが、未経験の仕事に限っては、スキルを身に着け、経験を増やし、将来さらに理想的な仕事をするための土台作りが必要になります。

ミレニアル世代にとっては、段階を踏んでステップアップするという今まで当たり前とされていたアドバイスが時には、間違っていると感じられるかもしれません。

最近では、無報酬のインターンや、副業などにおいて、いくつかの仕事を経験しながら自分のキャリアを積んでいくことが当たり前になってきています。



ネットワークを活かす

ミレニアル世代はソーシャルメディア世代です。主要なソーシャルメディアでの友人や知人のネットワークは、仕事で築いてきたステータスよりも、時には価値がある場合もあります。

コネクションは転職する上においても、とても有益な財産です。

今までに知らなかった仕事の情報を共有するということにおいても、コネクションは就職活動に大いに役立ちます。ミレニアル世代がどのようにネットワークを作り活用したらいいか、いくつかご紹介いたします。

LinkedInに登録する

ベーシックアカウントは無料で、このソーシャルメディアネットワークは就職活動向けです。採用担当者はサイト上で常に見込みのある求職者を探していますし、サイト上は求人広告の情報源にもなっています。就職活動にLinkedInをどのように使うか確認してみてください。

使用中のソーシャルメディアを整理する

あなたのソーシャルメディアアカウントは、個性をなくす必要はありませんが、Facebook、Twitter、Instagramのような検索が簡単にできるソーシャルネットワークでは、あまりにも個人的な内容を投稿しないようにしましょう。

採用担当者や会社の人が、それらを見て、酔っぱらった写真やきわどい内容ばかりだとしたら、転職する時には、裏目に出てしまう可能性もあります。

就職、転職活動中は、これらのソーシャルネットワークには十分に注意するようにしましょう。

大学のキャリアオフィスを活用する

これは、新卒の場合になりますが、大学のキャリアセンターは無料ながらも素晴らしいサポートを行ってくれます。どこで仕事を探すか、あなたの興味のある業界を紹介してくれたりと色々なサポートを行ってくれます。

さらに、あなたの就職の履歴書や職務経歴書なども校正してくれたり、面接の準備を手伝ってくれたりもします。 学生の方は、ぜひ活用してみましょう。

産業イベントに参加する

出版業に興味があれば、本に関係するイベントのボランティアをしたり、朗読会に参加したりして視野を広げるのも良いでしょう。

直接人と会ってコネクション作ルことができれば、仕事に関係した会議の場や、情報を得る面接につながりやすく、その業界や会社に近くこともできます。

忍耐強くあること

就職や転職活動はとても精神的にもしんどいものです。

履歴書にすべての情報を記載しているのに、どうしてカバーレターも書かなくてはいけないのか?どうして面接官は履歴書で明確に答えていることに対しても質問してくるのか?

どうしてこんなにたくさんの形式ばったステップが求められるのか?

このように、一見すると無駄に思えるようなことがたくさんと考えているミレニアル世代にとっては、イライラとするようなことも多いはずです。しかし年配の世代にとっては、効率の良さが手抜きだという印象になり、ミレニアル世代は、義務を果たすのを嫌がり、指示を理解する能力がないと思われます。

仕事に応募する過程を通過するために必ずこのような面倒だと思えるようなステップも、忍耐強く進めてください。



応募資料は正しく提出する

郵送やネット上で応募する前には、職務内容をよく読み、給与要件や履歴書、推薦状など、企業から求められたものはすべて含んでいることを確認してください。

まずは校正をしっかりと行いましょう。タイプミスや小さな間違いが大きな影響を与え、手抜きだと思われてしまうこともあり得ます。ここでは求職者のための校正のヒントをご紹介いたします。

面接の礼儀に従う

面接にふさわしい服を着て、面接中は携帯電話の電源を切り(少なくともサイレントモードにする)、挨拶は礼儀正しく、会話をしている間はボディランゲージで自己表現をしてみてください。面接には誰も、たとえ両親であろうとも連れてきてはいけません。

面接の準備をする

企業はあなたが面接に対して、十分に準備できていることを期待しています。企業研究をするなど予習を欠かさないでください。よくある面接の質問を熟知し、自信をもって答えられるようにしてください。

会社に対して親近感を持つことも良いでしょう。面接の前に会社についてリサーチしたら、会社のウェブサイトを確認し、その会社のソーシャルメディアでコメントなどもしてみましょう。

外資系企業の英語面接で聞かれる質問サンプル例10選

お礼状を送る

これが最後のマナーでもあります。面接が終わっただけでは合否はまだ決定しません。お礼状を送ることは社会人としてもスマートなマナーです。

面接担当者はお礼状(Eメールか手紙)も合否を判定する上で考慮します。あなたが良い応募者だということを示す良いチャンスとなります。



外資系企業、海外就職、グローバル企業に強い転職エージェント

「外資系企業」「海外勤務がある企業」へ転職したい方の中には、どのようなステップで応募すればいいのか悩まれる方も多いと思います。直接、会社のオフィシャルサイトで採用情報を記載されている企業もたくさんありますが、外資系企業や海外勤務のあるグローバル企業へ転職される方の大半は、「転職エージェント」を利用して転職される方がほとんどです。外資系企業・海外勤務のある企業へ転職する際には、それに特化した転職エージェントがあります。

20代・30代の転職・グローバル・海外就職に強いランスタッド

ランスタッドは、1960年にオランダで創業された世界最大級の総合人材サービス会社です。世界39の国と地域に4,700以上の拠点を持ち、50年以上にわたり培ったノウハウと信頼のある転職エージェントです。

日本国内に136拠点あり、20代〜30代第二新卒の転職サポートに実績があります。グローバル企業、海外勤務、外資系企業の取り扱いも多数。相談は全て無料。

ランスタッド公式サイト

非公開求人数・成功実績No.1のリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、非公開求人数は業界最大級の約10万件。求人の90%は非公開求人 · 転職成功実績No.1 · 年収1000万以上の求人、外資系企業・海外就職・グローバル企業の案件も多数。

日本最大級の求人件数を誇る転職エージェントなので、まずは登録しておきたい転職エージェントです。相談は全て無料。

リクルートエージェント公式サイト

年収800万円以上のエグゼクティブ求人に強いキャリアカーバー

キャリアカーバー は、年収800万円以上の求人、エグゼクティブ求人・グローバル企業・外資系企業のハイクラス求人が豊富に揃うリクルートが運営するハイクラスの転職エージェントです。

求人は非公開のものが多く会員登録することで、専門のヘッドハンターからスカウトを受け取ることができます。基準として直近の年収650万円以上の方に限定されるため、敷居が高いのが特徴。相談は全て無料。

キャリアカーバー公式サイト

外資系・日系グローバル企業での英語を活かした転職ならロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ は、日本では「グローバル人材」に特化した人材紹介会社。 「英語を活かせる求人」だけを紹介しており、コンサルタントは全員バイリンガルで、満足度93%を誇り、外資系ならではのスピード感をもって選考を進めることができます。

求人は公開求人だけでなく、外資系高収入非公開求人も数千件扱っており、面接アドバイスや履歴書の添削を各コンサルも行います。相談は全て無料。

ロバート・ウォルターズ公式サイト

サポートが充実の外資系企業に強いJACリクルートメント

JAC Recruitment は、リクルートエージェントに次いで、業界大手、イギリス発の外資系エージェント。非公開、独占求人の紹介, 外資系企業の豊富な情報量, 英語面接対策やレジュメチェックなどのサポートも充実。相談は全て無料。

JAC Recruitment 公式サイト

外資系アパレル・ラグジュアリーブランド求人に強いクリーデンス

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス は「DODA」が運営しているファッション専門の転職エージェント。外資アパレルブランドやラグジュアリーブランドに特化した案件も強いので、外資系のファッション業界を目指す方にはおすすめの転職エージェントです。

担当コンサルタントと企業ごとに合わせた面接サポートもあるので、外資ブランドを初めて目指す転職者にとって手厚いサポートです。相談は全て無料。

クリーデンス公式サイト



上記は外資系・海外就職・グローバル案件の転職案件に強く、サポートもしっかりあるので、今後、「外資系企業」を目指す方は、登録しておさえておきたい転職エージェントになります。できる限り、1社に限定してしまわずに、2〜3社に登録をしてセカンドオピニオンを持たれることをおすすめいたします。

関連記事

  1. エージェントを使わずに転職サイトで外資系企業に転職する方法とは?

  2. 海外就職における理想の企業に応募するためのポイントとは?

  3. 転職回数が多いのは不利?外資系企業への転職を成功させるコツ

  4. LinkedInとは?ビジネスSNSを利用して外資系企業に転職成功

  5. 奨学金でアメリカの大学院に留学して海外でキャリアアップする方法

  6. 外資系の面接回数は?最終面接の質問とは?転職者必見!元採用担当のアドバイス

  7. 海外求人や外資系求人の探し方のコツは?未経験者が押さえておくべきポイント

最近の記事

おすすめ記事

  1. 転職回数が多いのは不利?外資系企業への転職を成功させるコツ
  2. 恥をかかない効果的な英文メールの書き方や注意点について
  3. LinkedInとは?ビジネスSNSを利用して外資系企業に転職成功
  4. 女性の外資系企業への転職に年齢や経験は関係ある?
  5. 40代で外資系企業に転職できる?40代が気になる外資系転職事情
  6. 英語ができない場合は外資系転職や海外就職は無理?狙い目の職種について
リクルートエージェント

人気記事

PAGE TOP