どれくらいの英語力があれば、海外勤務のある企業や外資系企業に転職しやすいのか?

今回は外資系企業・海外拠点のある日系企業・現地企業などで働くにはどれくらいの英語力が必要か、についてご紹介したいと思います。外資系企業に転職を目指す方にとっては、自分の英語力についてはTOEICなどですでにご存知の方も多いと思います。自信のある方や自信のない方もご参考にしていただけたらと思います。

外資系だけではなく英語力が求められている

外資系企業では英語の必要性があり、英語力も求められているということはお分かりだと思いますが、国内の日系企業でも英語力を必要としており、入社時にTOEICスコアを条件としている企業、または全社員にTOEICの受験を義務付けて、昇進や昇格などの要件にしている企業も多くあります。

  • 楽天
  • ファーストリテイリング
  • アサヒビール
  • シャープ
  • 三菱商事
  • 日立製作所
  • 武田薬品工業
  • 本田技研工業
  • 日産自動車

などでは、グローバル化に向けて社内の英語公用語化や、社員に対して英語力をつけるように取り組まれています。平均的では、全社員に600点、海外部門の事業部で730以上取得を推奨しているところが多いようですが、TOEICのスコアと会話力は必ずしも一致するものではありません。

TOEIC800以上はあるものの、会話力という面においては、外資系企業で必要とされる会話能力とは程遠いもという方も多いでしょう。実は日本においては、有名なTOEICですが、海外での認知度は低く、スコアよりも実際にどのくらい会話ができるか、ということを重要視している企業が多いと言えます。

外資系企業は英語が必須?

結論的に言うと、必ずしも外資系企業では全員が英語が必須ではありません。日本人が多い外資系企業での社内では、日本語でのやりとりになり、英語といってもメール・資料作成・電話会議が中心になってきます。

しかしながら、本社との映像会議などでは、もちろん英語が基本となってきますので、打ち合わせや商談では会話を中心とした英語のスキルが必要になってきます。

経験や知識が豊富でも、基本的な英語のメールや電話の応対が悪いと、仕事ができないと言うレッテルを貼られる可能性も高いので、英語が苦手な方、TOEICスコアは高いけど、会話が苦手な方は、日常的に使用される英語については克服した方が良いでしょう。

英語会話能力を伸ばすためにすること

ひと昔前では、英語の会話能力を伸ばすためには、英会話スクールに通うことが一般的でしたが、週末だけ英会話レッスンを受けるだけでは、英会話能力を伸ばすことは非常に難しいでしょう。

だからといって平日にレッスンに通えると言う方も少ないでしょう。最近、ビジネスパーソンの間で人気なのがスカイプを利用した英会話です。自宅にいながらスカイプで講師と英会話のレッスンを受けることができます。

以前はあまりなかったオンライン英会話ですが、最近ではかなりの数のオンラインスクールがあります。またそのオンラインスクールでは大体、初回に無料レッスンがあるので、自分にあった講師がいるかどうかを確認することができます。

初回から数回無料のオンライン英会話スクールをピックアップしましたので、時間のある時に、試してみてはいかがでしょうか。

これらのオンライン英会話の初回お試し無料を利用すれば、全期間で1ヶ月くらいはレッスンをすることができます。色々な講師を試して、自分に合う講師を選ぶことができるので、ぜひ試していただきたいと思います。

すでに海外勤務が決まっている方、これから目指そうとしている方で、わからないことをちゃんと日本語でも理解したい初心者の方は、日本語が流暢な外国人がマンツーマンオンラインレッスンを行っている英会話教室がおすすめです。

会話力を上げるためのカランメソッド

外資系企業では、TOEICスコアを問われるよりも、ビジネスで使える英語能力があるかどうかが問われます。TOEIC高スコアの方でも会話ができない日本人が多い中で、会話力を上げるには、「カランメソッド」が有効です。

カランメソッドを行なっているオンライン英会話がネイティブキャンプです。英会話の瞬発力をつけたい方には、ぜひカランメソッドを試していただきたいと思います。

また、最近、格安留学で注目を浴びているフィリピン留学では、欧米留学の約3分の1の費用、しかもマンツーマンレッスンが中心となっており、特にスピーキング力を伸ばすことができます。また、3ヶ月以上の留学でTOEICのスコア保証をしている語学学校も多いので、転職の為に、必ず目標のスコアを目指している方にもおすすめです。

外資系だけでなく企業で生き残るためには英語は必須

外資系企業に転職するには、英語力は必須ではありません。あくまで経験やスキルが重要視されます。しかしながら、面接での英語力で足切りをする外資系企業も少なくありません。

自分の希望している企業、業種、職種、プロジェクトなど、経験やスキルも十分に兼ね備えている場合でも、英語が苦手ということだけで、面接すら受けることも難しい企業がある、というのはよくある話です。

また仮に、採用後でも英語ができないということで、仕事ができないというレッテルを貼られる可能性があります。外資系に転職するための英語力ではなく、外資系企業で生き残るための英語力を身につけることが必要になってくるでしょう。また今後は、外資系企業だけでなく日系企業でもそれなりの英語力は求められてくる時代となるでしょう。

転職エージェントを利用して英語面接のサポートを受ける

英語が苦手だけど、英語面接がある外資系企業に受ける方は、ぜひ転職エージェントを利用していただきたいと思います。

多くの転職エージェントでは、外資系企業の案件も多く持っており、外資系ならではの英語面接のサポートや英文レジュメのチェックも行なってくれます。英語のレジュメに不安があるという方は、転職エージェントを上手に利用してみましょう。

外資系企業、海外就職、グローバル企業に強い転職エージェント

「外資系企業」「海外勤務がある企業」へ転職したい方の中には、どのようなステップで応募すればいいのか悩まれる方も多いと思います。直接、会社のオフィシャルサイトで採用情報を記載されている企業もたくさんありますが、外資系企業や海外勤務のあるグローバル企業へ転職される方の大半は、「転職エージェント」を利用して転職される方がほとんどです。外資系企業・海外勤務のある企業へ転職する際には、それに特化した転職エージェントがあります。

転職エージェントに登録して海外求人・海外勤務案件をチェック

上記のエージェントは外資系・海外就職・グローバル案件の転職案件に強く、サポートもしっかりあるので、今後、「外資系企業」を目指す方は、登録しておさえておきたい転職エージェントになります。できる限り、1社に限定してしまわずに、2〜3社に登録をしてセカンドオピニオンを持たれることをおすすめいたします。

関連記事

  1. 英語力不問の外資系企業に転職する方法とその求人の探し方

  2. 英語ができない場合は外資系転職や海外就職は無理?狙い目の職種について

最近の記事

転職エージェント

  1. ロバートウォルターズ「英語を活かした転職」で評判の転職エージェント
  2. 女性向け転職案件に実績のある「type転職エージェント」の特徴や評判について
  3. 年収800万円以上のハイスペック・エグゼクティブ求人に強い転職エージェント「キャ…
リクルートエージェント

転職エージェント

人気記事

PAGE TOP