ルクセンブルクで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

ここ20年間の中で、国民の一人あたりGDPがトップクラスに君臨し続けるルクセンブルクは、日本だけでなく世界から注目されている国の一つです。国の面積は日本の神奈川県と同じ程度で、人口は約58万人の小国ですが、経済力に恵まれ産業構造バランスが非常にいい国です。そこで、知っておくと役に立つルクセンブルクの就労ビザや就職事情と求人について、具体的に順を追ってご紹介致します。


ルクセンブルクで働くには?ルクセンブルクの就労ビザについて

日本とルクセンブルクの間には査証相互免除制度の取り決めを設けているので、観光や短期での商用などに関して、3か月以内の滞在はビザが必要なく入国出来ます。3ヶ月以上滞在する上に働くとなると滞在許可証の取得が必要です。ここでは、主にルクセンブルクで働くに当たって、滞在許可証の中に含まれる就労ビザに該当する、労働許可についてご紹介致します。

ルクセンブルクの就労ビザの種類や期間について

ルクセンブルクの各種就労ビザの名称や特性については、下記ご参照ください。

「高度有資格者(欧州ブルーカード)」

先ずこちらの就労ビザの名称にある「欧州ブルーカード」いうのが気になるところです。「欧州ブルーカード」とは、年収約5万ユーロ以上、或いは医師にエンジニアやITのスペシャリストで年収約4万ユーロ以上の場合に、取得出来ます。ルクセンブルクの就労ビザの「高度有資格者(欧州ブルーカード)」があると、EU内での転勤が簡単で、有効期間は2年間です。

「一般給与所得者」

「高度有資格者(欧州ブルーカード)」に加えて、一般給与所得者は、企業内転勤と長期出張(期間が定められています。)の2つがあります。この2つの就業ビザが、日本からの海外駐在員向けのモノと、一般的に言われています。現地採用に関しては、「一般給与所得」言う名称の就労ビザに該当すると、想定されます。

「第三国人の家族」

許可を受けることによって、駐在員の奥さまなどご家族の方が、ルクセンブルク国内で働くことが出来ます。

そのほか、「研究者」に「自営業者」や「アスリート、インストラクター」、「ボランティア」の労働許可を受けることが出来ます。

ルクセンブルクの就労ビザの申請について

ルクセンブルクで3ヶ月以上滞在する場合は、留学だけでなく就労でも、滞在許可証が必要となります。手続きは、渡航前に直接ご本人か総務や人事と言った会社からルクセンブルク外務省移民局に申請することとなります。

ルクセンブルクの就労ビザの種類と概要について、上記に説明致しましたが、主に会社の担当者からの申請になるでしょう。どの部分に該当するのか、一旦目を通しておいてみてください。

滞在許可証に含まれる就労ビザの申請の前に必要となるのが、暫定滞在許可証を発行してもうらことです。暫定滞在許可証の発給後は、定められた一定の期間内にルクセンブルクへの渡航が必要で、

  • 「無犯罪証明書」
  • 「パスポートのコピー認証」
  • 「戸籍謄本/抄本の翻訳認証」

上記の書類が必要になります。

ルクセンブルク入国後3営業日以内に在住予定の自治体の役所へ、暫定滞在書を提出します。在留資格証を申請するのに必要なのは、

  • 「健康診断書」
  • 「住居契約書等」
  • 「証明写真」
  • 「申請料支払証明書」

などの書類が必要になります。在留資格証を受け取ったあとに、滞在許可の申請と言った一連の流れになります。たいていの場合は、会社がフォローするので、必要な書類に関しては、事前に用意しておきましょう。

ルクセンブルクの就労ビザの申請の難易度

ルクセンブルクの就労ビザの申請の難易度は高いとも低いとも聞きませんが、駐在員では特にそれを感じないと言えます。現地採用に関しても雇用先の人事や総務と言った管理部門がフォローをしてくれることがほとんどなので、その前に効率よく仕事を探したいものです。

特におすすめなのが、西ヨーロッパや金融関連に強い転職エージェントです。ITの分野に関しても、今後需要が見込まれると予測されていますので、お見逃しなく。また、東京や大阪をはじめ、世界28カ国の主要都市にオフィスを構えるロバート・ウォルターズのルクセンブルクオフィスがあるので気になる方はチェックしてみてください。

公益財団法人の海外子女教育振興財団(JOES「ジョーズ」)では、世界各地にある日本人学校・日本人補習学校などで、日本の教員免許を持つ教員を募集しています。ルクセンブルク日本人補習学校にもJOESを通じて採用された女性が、現地で活躍をされています。ルクセンブルクには、小国なのに約600人もの日本人が滞在しているので、仕事も口コミによって見つかることがあるかもしれません。

ルクセンブルクの就労ビザの申請に必要な語学力

ルクセンブルクの公用語は、フランス語・ドイツ語・ルクセンブルク語ですが、就労ビザの申請に必要な語学力の定めは特にありません。タックスヘイブン地域であることで、世界各国のヘッドオフィスが多く、たいていの人が2カ国語以上を話せます。観光資源にも恵まれツーリズム産業が盛んなことで、英語が通じやすい国でもあるので安心です。

人口の約半数に当たる46%の外国人が暮らし、英語にドイツ語やフランス語に加え、ポルトガル語をはじめ南欧の言語を話す人が大部分を占めます。主に仕事で使う外国語は金融関やIT関連では英語がメインになりますが、会社や職種によっては、ドイツ語かフランス語が重要視されることもあります。どの言語でどれぐらいのレベルが必要なのかは、会社や転職エージェントの担当者に問い合わせてみてください。


ルクセンブルクの就職事情と求人について

外務省のデータによると、ルクセンブルクに進出している企業は金融分野と製造分野等を中心に24社と、されています。在留邦人数は約600人で、日本人の児童を対象にした、ルクセンブルク日本人補習学校の小中学部があるので安心です。

少人数制な上に、外国語能力がアップすると校舎が位置するインターナショナル・スクールに通う子ども達も少なくなく、教育環境は申し分ないでしょう。そこで、日本におけるルクセンブルク企業とルクセンブルクの駐在員求人や現地採用についてご紹介致します

日本におけるルクセンブルク系企業

最も馴染み深い日本におけるルクセンブルク系企業の一つに挙げられるのが、北欧バルト三国の一つ、エストニアの首都タリンで開発された「スカイプ」です。スカイプの本社はルクセンブルクに置かれていて、リーズナブルな料金で電話が使用できることで、長年人気を集めています。グルーバル化が進む中で、国際電話の利用も年々増え、日本にもスカイプのオフィスがあります。

世界最大の航空貨物航空会社と言われるのが、カーゴルックス航空で、欧米からユーラシアやアフリカ大陸、オーストラリアと言った、世界中にネットワークを展開しています。日本には成田や関空と北陸の小松空港に乗り入れていて、輸送上料金が高いモノの輸送を取り扱っています。

世界最大の鉄鋼メーカーのアルセロール・ミッタルは、技術力においても日本の新日鐵と並んで双璧と、世界的にも高い評価を得ています。自動車用の丈夫な薄板をはじめ製造販売を行い、東京港区虎ノ門に日本オフィスがあります。

ルクセンブルクの現地採用

ルクセンブルクの現地採用を目指す人たちにとって、ビッグニュースとも言える情報が2017(平成29)年に、入ってきました。国内の金融業の発展を推進するリーダーの一人が、ロンドンに拠点を構える一部の資産運用会社や保険会社をルクセンブルクにシフトして、事業を拡大させ、今後短い年月で約3千人の雇用を創出するとのことです。

採用は主に現地採用とのことで、銀行関連出身者や大学で金融マーケティングを学んだ人には、チャンス到来と言えます。英語がベースとなると思いますが、どの銀行かによってプラスアルファで、必要な外国語が異なってきます。転職エージェントで、ルクセンブルクでの金融関連の仕事の求人案件の照会の際に、就職で必要な外国語を担当者に問い合わせてみてください。

ルクセンブルクの現地採用の仕事探しで最も効果的なのが、転職エージェントの活用になりますので、登録がまだの方はなるべく早く済ませましょう。分野としては製造業に加え、金融やIT関連の仕事が有望です。地政学的と産業構造から見ると、イギリスにドイツやフランスなどもルクセンブルク同様に希望の勤務地にしておくと、仕事を紹介して貰える確率が高くなります。

転職エージェントでは、西欧をはじめ外国と金融関連に強いところが、おすすめです。日系の多くの案件を取り扱っている、或いは外国の求人案件が多いところや日本だけでなくルクセンブルクにもオフィスがある、ロバート・ウォルターズの中から自分に合った転職エージェントに登録をしてみましょう。

ルクセンブルクの駐在員求人

先ず注目しておきたいのが、日本とルクセンブルクの貿易事情です。日本からルクセンブルク向けの輸出産品で最も多いのが、一般機械で全体の約65%、次に電気機器と輸送用機器が続きます。ルクセンブルクから日本向けの輸入産品では、織物用糸及び繊維製品が全体の約60%と最も多く、続いてプラスチックと一般機械になります。

ルクセンブルクは、世界の220を越える銀行が進出する世界第7位の金融センターです。日本の金融機関である銀行など9 行が進出していて、製造業にとっても事業活動を展開しやすい環境が整えられています。日本の代表的な現地法人で挙げられるのが、TDKに帝人やファナック、ルクセンブルグみずほ信託銀行や楽天などです。

ルクセンブルクは世界屈指の富裕国ですが、「酒」「たばこ」「ガソリン」が安いこともあって、週末には買い出しのために隣国の人たちが多く訪れます。醤油や豆腐と言った日本の食材も街中のスーパーで普通に手に入るので、生活も安心です。

ルクセンブルクの駐在員求人に関しては、日本で何年か働いたあとに現地へ赴任か、転職エージェントを利用して就職すると言うことになります。金融とIT関連や製造業がほとんどですが、今後日本人観光客の増加に伴い、観光サービス業やアグリビジネスも増えるかもしれません。一般的な管理職のポストから世界屈指の金融センターなので、エグゼクティブ向けの求人案件が出ていることもあるでしょう。

ルクセンブルクで働くには?就職の進め方について

それでは、ルクセンブルクで働くにはどのような情報を集めて、どのようにして準備を進めていけば良いのでしょうか?

ルクセンブルクに関する掲示板 などのサイトを利用して自分自身で働き口を見つけることも可能ですが、ルクセンブルクである程度、長期的に働こうと考えている場合は雇用主を見つけて、まずはビザの申請をしなければなりません。

ルクセンブルクで長期的に働く場合は、ルクセンブルクに支店がある日系企業に応募する方法が、もっともメリットが多く、ビザ申請に関してもスムーズに進むのではないでしょうか。

ルクセンブルク系企業の求人は、一般公開されている企業は非常に少なく、自分にあった職種を見つけることが難しい状況ですが、海外勤務に関しては非公開案件も多く存在しています。この非公開案件を見つけることで、自分にあった企業を紹介してもらうことが可能です。

非公開求人の情報を集める

海外就職を進めていく中で、よい求人を見つけるには、「転職エージェントから非公開求人の案件をオファーを集める」ことが一番良い方法になります。

転職エージェントでは、一般的な転職サイトでは見つからないような条件の良い求人を、エージェントが集めてきてくれて、優先的に紹介してくれることが最大のメリットです。

転職エージェントに登録することから採用されるには一切費用が発生しないので、外資系企業や海外就職に成功された方の例としては、「外資系や海外勤務に強い大手転職エージェント」に登録する方が、圧倒的に多いのが現状です。採用した企業から手数料をもらうため転職エージェントも、かなり親身になってサポートしてくれます。

外資系企業や海外就職に強い転職エージェントとして、求人件数が圧倒的に多いのは、20代・30代の転職・グローバル&海外就職に強い「ランスタッド」 、国内最大手の「リクルートエージェント」 になるので、この2社は必ず押さえておきましょう。

現地密着型の求人情報では、ルクセンブルクの日系企業では、どのような仕事があるのか、また給料の相場などをチェックしても良いでしょう。

最後に

首都のルクセンブルク市内は、丘の上に築かれた城を中心した発展した街で、その古い街並みと要塞群が世界遺産に登録されています。郊外には田園風景が広がり、ワインの産地として日本でも近年知られるようになりました。ドイツにフランスやベルギーに囲まれ、立地的にも申し分ありません。そんな魅力溢れるルクセンブルクで働くには、転職エージェントの活用が効果的です。

外資系企業、海外就職、グローバル企業に強い転職エージェント

「外資系企業」「海外勤務がある企業」へ転職したい方の中には、どのようなステップで応募すればいいのか悩まれる方も多いと思います。直接、会社のオフィシャルサイトで採用情報を記載されている企業もたくさんありますが、外資系企業や海外勤務のあるグローバル企業へ転職される方の大半は、「転職エージェント」を利用して転職される方がほとんどです。外資系企業・海外勤務のある企業へ転職する際には、それに特化した転職エージェントがあります。

20代・30代の転職・グローバル・海外就職に強いランスタッド

ランスタッドは、1960年にオランダで創業された世界最大級の総合人材サービス会社です。世界39の国と地域に4,700以上の拠点を持ち、50年以上にわたり培ったノウハウと信頼のある転職エージェントです。

日本国内に136拠点あり、20代〜30代第二新卒の転職サポートに実績があります。グローバル企業、海外勤務、外資系企業の取り扱いも多数。相談は全て無料。

ランスタッド公式サイト

非公開求人数・成功実績No.1のリクルートエージェント

リクルートエージェントは、非公開求人数は業界最大級の約10万件。求人の90%は非公開求人 · 転職成功実績No.1 · 年収1000万以上の求人、外資系企業・海外就職・グローバル企業の案件も多数。

日本最大級の求人件数を誇る転職エージェントなので、まずは登録しておきたい転職エージェントです。相談は全て無料。

リクルートエージェント公式サイト

外資系アパレル・ラグジュアリーブランド求人に強いクリーデンス

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス は「DODA」が運営しているファッション専門の転職エージェント。外資アパレルブランドやラグジュアリーブランドに特化した案件も強いので、外資系のファッション業界を目指す方にはおすすめの転職エージェントです。

担当コンサルタントと企業ごとに合わせた面接サポートもあるので、外資ブランドを初めて目指す転職者にとって手厚いサポートです。相談は全て無料。

クリーデンス公式サイト

サポートが充実の外資系企業に強いJACリクルートメント

JACリクルートメントは、リクルートエージェントに次いで、業界大手、イギリス発の外資系エージェント。非公開、独占求人の紹介, 外資系企業の豊富な情報量, 英語面接対策やレジュメチェックなどのサポートも充実。相談は全て無料。

JAC Recruitment 公式サイト

外資系・日系グローバル企業での英語を活かした転職ならロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズは、日本では「グローバル人材」に特化した人材紹介会社。 「英語を活かせる求人」だけを紹介しており、コンサルタントは全員バイリンガルで、満足度93%を誇り、外資系ならではのスピード感をもって選考を進めることができます。

求人は公開求人だけでなく、外資系高収入非公開求人も数千件扱っており、面接アドバイスや履歴書の添削を各コンサルも行います。相談は全て無料。

ロバート・ウォルターズ公式サイト

年収800万円以上のエグゼクティブ求人に強いキャリアカーバー

キャリアカーバー は、年収800万円以上の求人、エグゼクティブ求人・グローバル企業・外資系企業のハイクラス求人が豊富に揃うリクルートが運営するハイクラスの転職エージェントです。

求人は非公開のものが多く会員登録することで、専門のヘッドハンターからスカウトを受け取ることができます。基準として直近の年収650万円以上の方に限定されるため、敷居が高いのが特徴。相談は全て無料。

キャリアカーバー公式サイト



上記は外資系・海外就職・グローバル案件の転職案件に強く、サポートもしっかりあるので、今後、「外資系企業」を目指す方は、登録しておさえておきたい転職エージェントになります。できる限り、1社に限定してしまわずに、2〜3社に登録をしてセカンドオピニオンを持たれることをおすすめいたします。

関連記事

  1. スイスで働くには?スイス系企業の求人と現地採用の就職事情や転職のポイント

  2. スウェーデンで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

  3. フランスで働くには?フランス系企業の求人と現地採用の就職事情や転職のポイント

  4. イタリアで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

  5. ベルギーで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

  6. イギリスで働くには?イギリス系企業の求人と現地採用の就職事情や転職のポイント

  7. オランダで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

  8. ノルウェーで働くには?ノルウェー系企業の求人と現地採用の就職事情や転職のポイント

  9. オーストリアで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

最近の記事

おすすめ記事

  1. 恥をかかない効果的な英文メールの書き方や注意点について
  2. 転職回数が多いのは不利?外資系企業への転職を成功させるコツ
  3. 英語ができない場合は外資系転職や海外就職は無理?狙い目の職種について
  4. 女性の外資系企業への転職に年齢や経験は関係ある?
  5. LinkedInとは?ビジネスSNSを利用して外資系企業に転職成功
  6. 40代で外資系企業に転職できる?40代が気になる外資系転職事情

人気記事

PAGE TOP