外資系コンサルの年収は?気になる平均年収ランキングや有給消化率について

外資系企業の中でもトップクラスの年収と言われているのが、外資系コンサルタント企業と、外資系投資銀行と言われています。今回は外資系企業コンサルタントの気になる年収と、30代の転職で年収アップを図ってきた体験談をご紹介したいと思います。


外資系コンサルティング企業とは?

外資系コンサルティングといっても業界別に様々なコンサルティングファームがあります。戦略系コンサルティング、総合系コンサルティング、IT系コンサルティングなど、業界別に得意としている分野があります。

  • 戦略系コンサルティング
  • 総合計コンサルティング
  • ビジネス&ITコンサルティング
  • シンクタンク系コンサルティング
  • 組織人事・チェンジマネジメント系コンサルティング
  • 財務アドバイザリー系コンサルティング
  • 医療・ヘルスケアコンサルティング
  • 国内独立系コンサルティング

外資系コンサルティングファーム

ここでは、皆さんもご存知の企業を少しご紹介したいと思います。中には、下記のコンサルティングファームを希望している方もおられると思いますので、今後は企業ごとにもご紹介させていただきたいと思います。

アクセンチュア

アクセンチュアは、従業員数が世界で約20万人もいる世界最大のコンサルティングファームで、戦略、業務、ITなど様々なコンサルティングを提供しています。特徴としては、若くても成果をあげれば、早いスピードで昇進ができる傾向にあります。

アクセンチュア退社後には、起業家として活躍している人も多いようです。また、外資系企業はハードワークな場合が多いですが、ワークライフバランスの改善も積極的に行なっている点も特徴的です。

マッキンゼー・アンド・カンパニー

現在は世界60カ国に9000人以上のコンサルタントが在籍しており、コンサルティング業界の中でもトップクラスとなってきています。

日本法人もあり、日本のローカライズされている点においては、他のコンサルティングファームよりも一歩先に進んでいる印象もありますが、コンサルティング業界の中でも、英語力はかなり重視されており、選考プロセスにおいては英語力が必須となります。

また面接では、会話力も問われるので、TOEICのみ高得点保持している転職希望者は、英語力を磨いた方が良いでしょう。

ボストンコンサルティンググループ

ボストン コンサルティング グループ(BCG)は、世界に12000人のスタッフが在籍しており、日本には、東京オフィス、名古屋オフィスがあり、日本の社員数はおよそ330名ほどです。

「Working with client」「カスタムメイドの解決策」という哲学のもと、クライアントと緊密なパートナーシップを築き、優れた成果を実現することを目指している企業です。

自分の意見を発信しないものは価値がなく、間違っていても議論を活性化させることが求められるため、面接でも、候補者の個性を引き出すといった面接スタイルで、実際のプロジェクトやディスカッションのような展開になるので、面接を受ける方は、企業研究も必要になってきます。


高い年収と年収アップの早い外資系コンサルティング業界

出典:Vokers

外資系投資銀行の平均的な年収に比べると、少し劣ると言われている外資系コンサルティング業界ですが、外資系企業の中でも、高い年収をもらうことで、新卒者や転職者の中でも、外資系コンサル企業を希望する方も多いのが特徴です。

昇進するスピードも高いと言われており、入社して、数年後には、年収1000万円プレイヤーになることも可能と言われています。平均的な役職別のベース給は以下の通りですが、これに加えて、インセンティブが加味されます。

・アナリスト:400万円~800万円
・アソシエイト:800万円~1,500万円
・プロジェクトマネジャー:1,500万円~2,000万円
・プリンシパル:2,000万円~3,000万円
・パートナー:3,000万円~5,000万円

 外資系コンサルは有給消化率は高い

外資系企業というと過酷というイメージがあります。毎日残業の上に、有給も取れないと思われがちですが、外資系コンサルは意外と有休消化率が良いのが特徴的です。それにはいくつかの理由があります。

  • 裁量労働の職種のため時間が決まっていない
  • プロジェクト型の案件が多く、次のプロジェクトの間に休むことができる

以上のような特徴から、有休消化率は高いようです。しかしながら、納得いくまで仕事をするというスタンスもあるため、残業時間については、長くなりがちになっています。

しかしながら、昨今では、ワークライフバランスの改善を行なっている企業も多くなり、アクセンチュア、マッキンゼーなどは、社員のモチベーション維持のためや、また時短労働などの環境を整えることにも注力しているようです。


最後に

外資系コンサルのやりがいは非常に大きいものですが、その反面、年収などの待遇面や、残業や有給消化率なども気になるところでもあります。

過酷な労働が強いられる外資系というイメージもありますが、徐々にではありますが、大手コンサルティングファームも、ワークライフバランスの改善も見受けらているので、働きやすくなっているのも嬉しいところです。

外資系企業、海外就職、グローバル企業に強い転職エージェント

「外資系企業」「海外勤務がある企業」へ転職したい方の中には、どのようなステップで応募すればいいのか悩まれる方も多いと思います。直接、会社のオフィシャルサイトで採用情報を記載されている企業もたくさんありますが、外資系企業や海外勤務のあるグローバル企業へ転職される方の大半は、「転職エージェント」を利用して転職される方がほとんどです。外資系企業・海外勤務のある企業へ転職する際には、それに特化した転職エージェントがあります。

20代・30代の転職・グローバル・海外就職に強いランスタッド

ランスタッドは、1960年にオランダで創業された世界最大級の総合人材サービス会社です。世界39の国と地域に4,700以上の拠点を持ち、50年以上にわたり培ったノウハウと信頼のある転職エージェントです。

日本国内に136拠点あり、20代〜30代第二新卒の転職サポートに実績があります。グローバル企業、海外勤務、外資系企業の取り扱いも多数。相談は全て無料。

ランスタッド公式サイト

非公開求人数・成功実績No.1のリクルートエージェント

リクルートエージェントは、非公開求人数は業界最大級の約10万件。求人の90%は非公開求人 · 転職成功実績No.1 · 年収1000万以上の求人、外資系企業・海外就職・グローバル企業の案件も多数。

日本最大級の求人件数を誇る転職エージェントなので、まずは登録しておきたい転職エージェントです。相談は全て無料。

リクルートエージェント公式サイト

外資系アパレル・ラグジュアリーブランド求人に強いクリーデンス

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス は「DODA」が運営しているファッション専門の転職エージェント。外資アパレルブランドやラグジュアリーブランドに特化した案件も強いので、外資系のファッション業界を目指す方にはおすすめの転職エージェントです。

担当コンサルタントと企業ごとに合わせた面接サポートもあるので、外資ブランドを初めて目指す転職者にとって手厚いサポートです。相談は全て無料。

クリーデンス公式サイト

サポートが充実の外資系企業に強いJACリクルートメント

JACリクルートメントは、リクルートエージェントに次いで、業界大手、イギリス発の外資系エージェント。非公開、独占求人の紹介, 外資系企業の豊富な情報量, 英語面接対策やレジュメチェックなどのサポートも充実。相談は全て無料。

JAC Recruitment 公式サイト

外資系・日系グローバル企業での英語を活かした転職ならロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズは、日本では「グローバル人材」に特化した人材紹介会社。 「英語を活かせる求人」だけを紹介しており、コンサルタントは全員バイリンガルで、満足度93%を誇り、外資系ならではのスピード感をもって選考を進めることができます。

求人は公開求人だけでなく、外資系高収入非公開求人も数千件扱っており、面接アドバイスや履歴書の添削を各コンサルも行います。相談は全て無料。

ロバート・ウォルターズ公式サイト

年収800万円以上のエグゼクティブ求人に強いキャリアカーバー

キャリアカーバー は、年収800万円以上の求人、エグゼクティブ求人・グローバル企業・外資系企業のハイクラス求人が豊富に揃うリクルートが運営するハイクラスの転職エージェントです。

求人は非公開のものが多く会員登録することで、専門のヘッドハンターからスカウトを受け取ることができます。基準として直近の年収650万円以上の方に限定されるため、敷居が高いのが特徴。相談は全て無料。

キャリアカーバー公式サイト



上記は外資系・海外就職・グローバル案件の転職案件に強く、サポートもしっかりあるので、今後、「外資系企業」を目指す方は、登録しておさえておきたい転職エージェントになります。できる限り、1社に限定してしまわずに、2〜3社に登録をしてセカンドオピニオンを持たれることをおすすめいたします。

関連記事

  1. 気になるあの外資系企業の年収は?転職前に知っておきたい給料事情

最近の記事

おすすめ記事

  1. 英語ができない場合は外資系転職や海外就職は無理?狙い目の職種について
  2. 転職回数が多いのは不利?外資系企業への転職を成功させるコツ
  3. 恥をかかない効果的な英文メールの書き方や注意点について
  4. 40代で外資系企業に転職できる?40代が気になる外資系転職事情
  5. 女性の外資系企業への転職に年齢や経験は関係ある?
  6. LinkedInとは?ビジネスSNSを利用して外資系企業に転職成功

人気記事

PAGE TOP