海外就職におけるjob application letter(カバーレター)の書き方の準備

申込レター(job application letter)は、別名、カバーレター(cover letter)とも呼ばれている、いわゆる履歴書に添える、添え状になります。添え状は、仕事に応募する際にあなたの履歴書と共に送付、もしくはメールする書類になります。ここでは、申込レター(job application letter)の書き方についてご説明致します。



申込レター(job application letter)の必要性

履歴書には、あなたの職歴およびスキルや仕事の成果の概要が記載されているのに対して、申込レター(ここではカバーレターと表現します)はあなたがなぜその仕事に適しているのか、あるいはなぜ面接するに値する人材であるのかを企業の採用担当者に説明するものです。

この手紙を書くのは難しいことのように見えますが、一度作成してみることで、すぐに履歴書と同様に、添え状についてもすぐにマスターすることができるでしょう。

カバーレターの準備について

カバーレターを書く前に基礎準備をしましょう。スペースに限りがあることを頭に置きながら、どんな情報を入れたいのかを考えましょう。この手紙はそのポジションに応募するための主張をするものであることを覚えておいてください。 あなたの履歴書に書いてあることの繰り返しになるものだけではありません。カバーレーターは、あなたの最も適切なスキルや経験、能力を強調するようにしましょう。

最も納得のいく内容をカバーレターに盛り込むには、企業が何を必要としているかを知る必要があるでしょう。最も大きなヒントは求人広告の中にあります。求人広告を十分に理解する時間を取りましょう。次に、あなたの資格を企業の希望やニーズにマッチさせることも意識すると良いでしょう。求人と関係のある経験やスキルのリストを作りましょう。例えば、もしその広告が戦略になるリーダーを求めているならば、あなたがうまくチームを率いた経験を考えましょう。

一度メモを取って何を強調したいかがわかったら、次にはカバーレターを書き始める準備をはじめていきましょう。



カバーレターのガイドラインを書く

カバーレターを書くことは簡単なメールを友達に書くことや、親戚に礼状を書くこととは全然違います。マネージャーと面接官となる可能性のある人は、カバーレターでは、基本となるフォーマットやガイドライン、つまり長さ(1ページまで)から、フォントサイズ、行間、までにおいてのマナーを知っている方が優先的に候補に上がってきます。

それでは、カバーレターのフォーマットやガイドラインについて、詳しく見ていきましょう。

挨拶から終わりの言葉まで、手紙の段落に対する既定のルールがあり、どのようにその手紙が整理されているかということも重要になってきます。カバーレターのに含まれている内容を簡単に整理して見ていきましょう。

連絡先と日にち

もし、カバーレターのハードコピーを送るのであれば連絡先に続いて日にちをつけてください。メールで送るのであればこれらはとばしてください。

挨拶

これはあなたのフォーマルな書き始めの挨拶です。最も一般的な挨拶は“Dear Mr./Ms.”に続けてその人の苗字を書くものです。その人の名前を知らなかったり性別がはっきりしないかったりする時にはどうするかなど、適切なカバーレターの挨拶をさらに見つけましょう。

メールの本文

この部分は3つの別々のパートとして考えましょう。

最初の段落では、あなたが応募している仕事について、どこでその募集を見たかを書きます。

次の段落は手紙の中で最も重要なところです。企業は何を求めているか、そしてあなたがどうやって企業のニーズに応えるのかなど、全ての情報をどうやって集めたのかを思い出してください。ここでは、あなたの経験や成果に関連することの詳細を記載するところです。

メール本文の3番目で最後の段落は、雇い主に対する感謝を意を述べます。そして、更なるインフォメーションを提供することもできます。

結びの言葉

“Best” や “Sincerely”のような丁寧な終わりの言葉とそれに続き名前を書いて終わりましょう。



テンプレートを使って簡単に作る

まず、カバーレターを作成する前に、フォーマットの説明を手に入れましょう。おそらく、企業ごとにカバーレターを一から作成にはうんざりすると思います。効率良く転職活動を行うには、自分自身のテンプレートを使って、企業ごとに応募するための自分専用のカバーレターを作ることです。

自分自身のテンプレートがあれば、たくさんの企業に応募していても時間の節約になります。あなたが応募した企業のカバーレターが、その会社にマッチした内容であることを十分に確認するようにしましょう。

カバーレターのテンプレート

自分自身のカバーレターのテンプレートができれば、それを見直して自分自身のものになるよう編集してください。そしてあなたのスキルや経験が応募する会社に関係しているという情報を含めて、それぞれカスタマイズしてください。

あなたのカバーレターは採用するマネージャーが、一目でなぜあなたが良い候補者であるのかわかるようなものであるべきです。あなた自身の手紙を書き始めるために、これらのカバーレターの見本にざっと目を通しましょう。



外資系企業、海外就職、グローバル企業に強い転職エージェント

「外資系企業」「海外勤務がある企業」へ転職したい方の中には、どのようなステップで応募すればいいのか悩まれる方も多いと思います。直接、会社のオフィシャルサイトで採用情報を記載されている企業もたくさんありますが、外資系企業や海外勤務のあるグローバル企業へ転職される方の大半は、「転職エージェント」を利用して転職される方がほとんどです。外資系企業・海外勤務のある企業へ転職する際には、それに特化した転職エージェントがあります。

20代・30代の転職・グローバル・海外就職に強いランスタッド

ランスタッドは、1960年にオランダで創業された世界最大級の総合人材サービス会社です。世界39の国と地域に4,700以上の拠点を持ち、50年以上にわたり培ったノウハウと信頼のある転職エージェントです。

日本国内に136拠点あり、20代〜30代第二新卒の転職サポートに実績があります。グローバル企業、海外勤務、外資系企業の取り扱いも多数。相談は全て無料。

ランスタッド公式サイト

非公開求人数・成功実績No.1のリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、非公開求人数は業界最大級の約10万件。求人の90%は非公開求人 · 転職成功実績No.1 · 年収1000万以上の求人、外資系企業・海外就職・グローバル企業の案件も多数。

日本最大級の求人件数を誇る転職エージェントなので、まずは登録しておきたい転職エージェントです。相談は全て無料。

リクルートエージェント公式サイト

年収800万円以上のエグゼクティブ求人に強いキャリアカーバー

キャリアカーバー は、年収800万円以上の求人、エグゼクティブ求人・グローバル企業・外資系企業のハイクラス求人が豊富に揃うリクルートが運営するハイクラスの転職エージェントです。

求人は非公開のものが多く会員登録することで、専門のヘッドハンターからスカウトを受け取ることができます。基準として直近の年収650万円以上の方に限定されるため、敷居が高いのが特徴。相談は全て無料。

キャリアカーバー公式サイト

外資系・日系グローバル企業での英語を活かした転職ならロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ は、日本では「グローバル人材」に特化した人材紹介会社。 「英語を活かせる求人」だけを紹介しており、コンサルタントは全員バイリンガルで、満足度93%を誇り、外資系ならではのスピード感をもって選考を進めることができます。

求人は公開求人だけでなく、外資系高収入非公開求人も数千件扱っており、面接アドバイスや履歴書の添削を各コンサルも行います。相談は全て無料。

ロバート・ウォルターズ公式サイト

サポートが充実の外資系企業に強いJACリクルートメント

JAC Recruitment は、リクルートエージェントに次いで、業界大手、イギリス発の外資系エージェント。非公開、独占求人の紹介, 外資系企業の豊富な情報量, 英語面接対策やレジュメチェックなどのサポートも充実。相談は全て無料。

JAC Recruitment 公式サイト

外資系アパレル・ラグジュアリーブランド求人に強いクリーデンス

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス は「DODA」が運営しているファッション専門の転職エージェント。外資アパレルブランドやラグジュアリーブランドに特化した案件も強いので、外資系のファッション業界を目指す方にはおすすめの転職エージェントです。

担当コンサルタントと企業ごとに合わせた面接サポートもあるので、外資ブランドを初めて目指す転職者にとって手厚いサポートです。相談は全て無料。

クリーデンス公式サイト



上記は外資系・海外就職・グローバル案件の転職案件に強く、サポートもしっかりあるので、今後、「外資系企業」を目指す方は、登録しておさえておきたい転職エージェントになります。できる限り、1社に限定してしまわずに、2〜3社に登録をしてセカンドオピニオンを持たれることをおすすめいたします。

関連記事

  1. カバーレターの書き方とは?採用担当者の気持ちを動かす書き方について

最近の記事

おすすめ記事

  1. 恥をかかない効果的な英文メールの書き方や注意点について
  2. 転職回数が多いのは不利?外資系企業への転職を成功させるコツ
  3. 英語ができない場合は外資系転職や海外就職は無理?狙い目の職種について
  4. LinkedInとは?ビジネスSNSを利用して外資系企業に転職成功
  5. 女性の外資系企業への転職に年齢や経験は関係ある?
  6. 40代で外資系企業に転職できる?40代が気になる外資系転職事情
リクルートエージェント

人気記事

PAGE TOP