ギリシャで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

名画のスクリーンの中にいるようなアクロポリスの丘やパルテノン神殿は、歴史の国ギリシャを象徴するような場所です。エーゲ海に浮かぶサントリーニ島は、世界的にも人気の観光スポットです。紺碧のビーチと白い家が立ち並ぶ街並みに沈む夕陽は、ロマンチックな雰囲気が漂っています。

ここでは、世界に誇る観光資源に恵まれたギリシャで働くにあたって、知っておくと助かる就労ビザや就職事情と求人等について、以下ご説明致します。



ギリシャで働くには?ギリシャの就労ビザについて

ギリシャに観光目的で入国の場合、有効な日本国籍のパスポートを持っていれば、ビザなしで最大90日間(180日間の期間内)滞在が可能です。また、ギリシャは90日後でも最寄りの警察署に出向いて、1年内180日までの滞在延長が出来ます。なお、例外はなく諸外国同様、ギリシャで働くには就労ビザが必要となります。

ギリシャの就労ビザの種類や期間について

ギリシャの就労に関するビザでは、一般的な就労ビザ・家族ビザ・投資ビザ・宗教ビザがあります。先ずは、それぞれのビザについてご説明致しますので、ご自身に該当する分だけ目を通しておいてください。詳細については、就労ビザをメインにご紹介致します。

就労ビザ

ギリシャで働く外国人の海外駐在員と現地採用、いずれも必要なのが就労ビザです。滞在可能期間は1年ですが、更新可能なので安心です。就労ビザに加え、労働許可証も併せて取得することとなります。一般的には、ギリシャ入国後30日以内に、雇用主・つまり就業先の総務か人事のスタッフと一緒に出頭して申請します。

家族ビザ

ギリシャ人配偶者、或いは就労ビザと労働許可証を擁する者の配偶者とそのご子息を対象としたビザに該当するのが、家族ビザです。ビザなしでギリシャ入国後に国内に手続きが可能で、就労ビザ同様、滞在可能期間は1年で更新可能です。15年間家族ビザを保持すれば永住権申請も可能なので、将来的にも明るいです。

投資ビザ

2013(平成25)年に財政危機を迎えたことによって、外国マネーの流入による経済の立て直しが国の施策の一つに挙げられ、外国人の投資促進を目的とした投資ビザが誕生しました。25万ユーロ以上の不動産購入者に居住権・労働権を与えると言ったギブアンドテイクの関係が生まれ、勿論複数の物件購入が可能です。

投資ビザの滞在可能期間は5年で、更新が可能となっています。なお、2019(令和元)年11月14日のレートで、1ユーロは約120円です。ギリシャ国内に不動産を15年間保持すれば、居住の有無に関係なく永住権申請可能です。

宗教ビザ

ギリシャ独特のビザなのが、宗教ビザです。歴史のある宗教国家でキリスト教の影響力が強く、国外でキリスト教関連の職務に携わっている場合、ビザを取得出来るようです。直接教会に懇願して、ビザが取得出来たケースもありますが、詳細は解りかねます。

ギリシャの就労ビザの申請について

ここでは、海外駐在員や現地採用の人たちがお世話になる就労ビザと労働許可証の申請について、ご案内致します。就労ビザで必要な書類関連でご自身が用意するものには、

  • パスポート
  • 証明写真3枚

になります。そのほか会社側が用意するものとして、

  • 申請書
  • 労働許可証
  • 雇用期間が書かれた雇用契約書
  • 公共健康保険証
  • 県保健部の健康診断書

があります。

労働許可証で必要な書類関連でご自身が用意するものには、

  • パスポート
  • 戸籍謄本
  • 学歴証明
  • 公共医療機関発行の英語の健康診断書

が挙げられます。それらに加えて会社側が用意するものとしては、

  • 雇用契約書
  • 個人所得証明
  • 給料の供託証明

があります。就業先の総務や人事のスタッフが必要な書類を提出して申請し、後にご自身が在日大使館にて就労査証申請に行くと言った、一連の流れとなります。

ギリシャの就労ビザの申請の難易度

ギリシャは就労ビザだけでなく、そのほかの中長期滞在ビザに関しても手続きが簡単と言われています。海外駐在員と現地採用に加えて、自営業の人も同じカテゴリーと見なされ、前項の一般的な就労ビザと労働許可証が取得出来ます。また、段階を踏むことによって、永住権が取得出来るのも魅力的です。

流れとしては、初回発給〜5年目の一般滞在許可→5~15年滞在の特別在留許可→15年目からは、永住権にあたる無期限滞在許可の申請が出来ます。気になる人は、東京都港区西麻布にあるギリシャ大使館に尋ねてみてください。

ギリシャの就労ビザの申請に必要な語学力

ギリシャの就労ビザの申請に必要な語学力の定めがあると、耳にしたことは、今まで一度もありません。ギリシャはビザ関連の手続きが簡単で、世界的にみても就労ビザが取得しやすい国の一つに挙げられています。ただ、問題なのがギリシャ語で公共機関を調べ、書類が書けるかどうかです。

海外駐在員や現地採用の人たちは、就業先の総務等のスタッフがたいていフォローしてくれるので、それほど困りません。自営業や投資家の人たちは、エージェントや弁護士に頼んでみるのも一つの効果的な方法と言えます。



ギリシャの就職事情と求人について

外務省のホームページによると、ギリシャの在留邦人数は653名とされています。ギリシャ進出の日系企業は、商社や船舶関連会社をはじめ20社ほど現地に進出しています。在留邦人数と日系企業進出数を比較すると、いかにギリシャ人と国際結婚をした日本人が多く、投資家と自営業者が少なくないのかが解ります。ここでは、そんなギリシャの就職事情と求人について、ご説明致します。

日本におけるギリシャ系企業

ギリシャ系企業の日本への直接投資は、あまり聞いたことがありません。そんな中で、ギリシャ系の代表的な会社なのがフォリフォリです。アンティーク調やユニークで洗練された時計やジェリー、バック等ファッションアクセサリーを展開し、注目を集めています。そのほか食品関連の企業で、ファイェやミソスの製品を日本で楽しむことが出来ます。

フォリフォリ

フォリフォリは、1982(昭和57)年に宝飾ブランドとしてギリシャで生まれた企業です。「手の届く高級ブランド」をコンセプトに、世界各国350を超える販売拠点を設けています。宝飾品はギリシャやイタリアだけでなく、香港やタイでも作られています。

1995(平成7)年に国内外初の店舗を日本にオープンし、時計等ほかの商品も日本で製造されています。日本国内では、株式会社フォリフォリジャパンが全国に79店舗を展開し、輸入販売を手掛けています。本社所在地は、東京都港区六本木にあります。

ファイェ

ファイェのヘッドオフィスは現在ルクセンブルクにありますが、ギリシャ発祥の企業です。1926(昭和元)年にギリシャ北部でヨーグルトを販売し始め、1954(昭和29)年にアテネへ進出を果たしました。欧米を始め世界各地で乳製品を製造・販売し、製品はミルクにチーズやアイスクリーム、ギリシャヨーグルトを取り扱っています。日本では、会員制倉庫型卸売・小売チェーン店で知られるコストコ等で、ファイェの製品を販売しています。

ミソス

ミソスは、1997(平成9)年生まれのビール醸造会社及びブランドです。国内第二の都市であるテサロニキで、「ギリシャのビール」として生産開始されました。2002(平成14)年にイギリス・スコットランドのスコティッシュ&ニューカッスル社の資本参加を受け、グループ傘下企業となりましたが、爽やかで柔らかい味わいが多くの人たちに愛されています。

日本では、六本木界隈の飲食店に出回っていましたが、その後中々手に入ることが出来なくなりました。そんな中、東京都大田区蒲田にあるギリシャ料理店『スピローズ』で、飲むことが出来ると評判になっているようです。

ギリシャの現地採用

ギリシャのアパートメントの一般的な家賃は、日本より結構広めの60平米のワンルームタイプで月250ユーロほどです。家族向けの部屋になると、その2倍の500ユーロぐらいになりますが、ほかのヨーロッパの先進諸国と比較すると、それほど高くはありません。ギリシャ国内には13校の民間日本語学習機関があり、日本語教師の需要があります。

日本語教師

ギリシャは先進国の一つに数えられることもあって、ジャイカ(独立行政法人国際協力機構)からの日本語教師の出向と言うのは、ほとんど聞いたことがありません。しかしながら観光立国であるが故に、国内に13もの日本語の民間学習機関があります。

仕事探しで重要なキーポイントとなるのが、日本語教師に特化した求人サイトとギリシャ日本語教師会です。また、明治大学と学術協定を結んでいる、ギリシャ国内屈指の人気大学のクレタ大学にて、情報収集を行うのも一つの方法と考えて良さそうです。

旅行会社

日本の大手旅行会社のJTBとH.I.S.が、アテネに現地オフィスを構えています。不定期ではあるものの空きがあれば、現地採用でスタッフを募集している可能性があるので、お見逃しなく。ギリシャ語が流暢で、人脈があれば、日本語のツアーガイドや翻訳・通訳として活躍出来そうです。

コールセンター

ちょっと前になりますが、ギリシャでコールセンターの求人が出ていました。就労ビザや交通費と住居サポートの条件で、月収は月千ユーロでした。ギリシャのスーパーで野菜1キロ当たりの価格は、じゃがいもが1ユーロでトマトが1.6ユーロ、ビール 1缶0.7ユーロで、物価自体はそれほど高くはなく、給料内で生活は出来ます。贅沢は出来ないかもしれませんが、夢のギリシャ生活の扉を開けてくれます。

ギリシャの駐在員求人

ギリシャには、アテネ日本人会があり、会員数約250名、法人14社で構成されています。一年を通じて定期的にサークル活動やイベントが開催されています。日本人学校は現在運営されておらず、外務省は各国の子女が通うインターナショナルスクールのアテネ・ドイツスクールを紹介しています。ここでは、ギリシャの駐在求人について、ご紹介致します。

大手商社

アテネに、三菱商事や三井物産、丸紅と言った大手商社がオフィスを構えています。日本や諸外国で何年か働いたのちにギリシャへ赴任するのが、一般的です。近年では、大手商社も中途採用を募集しているところがあるので、お見逃しなく。まだ、登録していない人は、早めにご自身に合った転職エージェントを見つけて、有効的に活用しましょう。

富士通

富士通傘下の富士通テクノロジー・ソリューションズが、アテネに拠点を構えています。パソコンやサーバー、周辺機器等に至るまでの周辺機器に至るまでのハードウェアを含むインフラストラクチャ製品を提供しています。高い技術だけでなく、低コストによるインフラストラクチャソリューションを展開しています。

住友重機械マリンエンジニアリング株式会社

住友重機械グループの造船事業を担う住友重機械マリンエンジニアリング株式会社は、2003(平成15)年に分社化によって、設立されました。沿革をさかのぼると110年の歴史と伝統を擁し、ヨーロッパ事務所をギリシャのアテネに置いています。新卒採用は、当社のホームページからエントリー出来ます。なお、中途採用につきましては、転職エージェント経由になります。

また、1972(昭和47)年に設立された日本ギリシャ協会の運営は、住友グループで行われています。日本とギリシャの文化交流や友好親善を目的とした活動を行い、ギリシャ研究家や教授、欧州地域を担当する外務省やギリシャ特命全権大使等の人たちが会員です。

ギリシャで働くには?就職の進め方について

それでは、ギリシャで働くにはどのような情報を集めて、どのようにして準備を進めていけば良いのでしょうか?

直接現地で自分自身で働き口を見つけることも可能ですが、ギリシャである程度、長期的に働こうと考えている場合は、雇用主を見つけて、まずはビザの申請をしなければなりません。ギリシャで長期的に働く場合は、ギリシャに支店がある日系企業に応募する方法が、もっともメリットが多く、ビザ申請に関してもスムーズに進むのではないでしょうか。

ギリシャ系企業の求人は、一般公開されている企業は非常に少なく、自分にあった職種を見つけることが難しい状況ですが、海外勤務に関しては非公開案件も多く存在しています。この非公開案件を見つけることで、自分にあった企業を紹介してもらうことが可能です。

非公開求人の情報を集める

海外就職を進めていく中で、よい求人を見つけるには、「転職エージェントから非公開求人の案件をオファーを集める」ことが一番良い方法になります。

転職エージェントでは、一般的な転職サイトでは見つからないような条件の良い求人を、エージェントが集めてきてくれて、優先的に紹介してくれることが最大のメリットです。

転職エージェントに登録することから採用されるには一切費用が発生しないので、外資系企業や海外就職に成功された方の例としては、「外資系や海外勤務に強い大手転職エージェント」に登録する方が、圧倒的に多いのが現状です。採用した企業から手数料をもらうため転職エージェントも、かなり親身になってサポートしてくれます。

外資系企業や海外就職に強い転職エージェントとして、求人件数が圧倒的に多いのは、20代・30代の転職・グローバル&海外就職に強い「ランスタッド」 、転職者満足度ナンバーワン・スカウトが多い「doda(デューダ)」、この2社は必ず押さえておきましょう。

現地密着型の求人情報では、ギリシャの日系企業では、どのような仕事があるのか、また給料の相場などをチェックしても良いでしょう。

最後に

古代都市国家の栄華を今でも感じることが出来るアテネや白亜の建物群に降り注ぐ太陽と紺碧の海の色が素敵なサントリーニ島では、まるで別天地にいるような満足感を味わえます。

カラマリをはじめシーフードやラムチョップと言ったギリシャ料理は、日本人の口に良く合うと言われています。会話のキャッチボールを楽しめるのもギリシャ生活ならではの楽しみです。そんな素敵なギリシャで働くには、転職エージェントと転職サイトの活用が最も効果的です。

外資系企業、海外就職、グローバル企業に強い転職エージェント

「外資系企業」「海外勤務がある企業」へ転職したい方の中には、どのようなステップで応募すればいいのか悩まれる方も多いと思います。直接、会社のオフィシャルサイトで採用情報を記載されている企業もたくさんありますが、外資系企業や海外勤務のあるグローバル企業へ転職される方の大半は、「転職エージェント」を利用して転職される方がほとんどです。外資系企業・海外勤務のある企業へ転職する際には、それに特化した転職エージェントがあります。

20代・30代の転職・グローバル・海外就職に強いランスタッド

ランスタッドは、1960年にオランダで創業された世界最大級の総合人材サービス会社です。世界39の国と地域に4,700以上の拠点を持ち、50年以上にわたり培ったノウハウと信頼のある転職エージェントです。

日本国内に136拠点あり、20代〜30代第二新卒の転職サポートに実績があります。グローバル企業、海外勤務、外資系企業の取り扱いも多数。相談は全て無料。

ランスタッド公式サイト

転職者満足度第1位のNo.1のdoda(デューダ)

doda(デューダ)は、転職者満足度第1位のNo.1(電通バスリサーチ調査)。転職のプロ・キャリアアドバイザーが、非公開求人の紹介だけでなく、面接対策やキャリアプランの提示などあなたの転職プランに沿って親身にサポートしてくれます。

面接の指導と転職後のフォローアップも評判が良く、まずは登録しておきたい転職エージェントです。相談は全て無料。

doda(デューダ)公式サイト

非公開求人数・成功実績No.1のリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、非公開求人数は業界最大級の約10万件。求人の90%は非公開求人 · 転職成功実績No.1 · 年収1000万以上の求人、外資系企業・海外就職・グローバル企業の案件も多数。

日本最大級の求人件数を誇る転職エージェントなので、まずは登録しておきたい転職エージェントです。相談は全て無料。

リクルートエージェント公式サイト

外資系アパレル・ラグジュアリーブランド求人に強いクリーデンス

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス は「DODA」が運営しているファッション専門の転職エージェント。外資アパレルブランドやラグジュアリーブランドに特化した案件も強いので、外資系のファッション業界を目指す方にはおすすめの転職エージェントです。

担当コンサルタントと企業ごとに合わせた面接サポートもあるので、外資ブランドを初めて目指す転職者にとって手厚いサポートです。相談は全て無料。

クリーデンス公式サイト

サポートが充実の外資系企業に強いJACリクルートメント

JACリクルートメントは、リクルートエージェントに次いで、業界大手、イギリス発の外資系エージェント。非公開、独占求人の紹介, 外資系企業の豊富な情報量, 英語面接対策やレジュメチェックなどのサポートも充実。相談は全て無料。

JAC Recruitment 公式サイト

外資系・日系グローバル企業での英語を活かした転職ならロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズは、日本では「グローバル人材」に特化した人材紹介会社。 「英語を活かせる求人」だけを紹介しており、コンサルタントは全員バイリンガルで、満足度93%を誇り、外資系ならではのスピード感をもって選考を進めることができます。

求人は公開求人だけでなく、外資系高収入非公開求人も数千件扱っており、面接アドバイスや履歴書の添削を各コンサルも行います。相談は全て無料。

ロバート・ウォルターズ公式サイト

年収800万円以上のエグゼクティブ求人に強いキャリアカーバー

キャリアカーバー は、年収800万円以上の求人、エグゼクティブ求人・グローバル企業・外資系企業のハイクラス求人が豊富に揃うリクルートが運営するハイクラスの転職エージェントです。

求人は非公開のものが多く会員登録することで、専門のヘッドハンターからスカウトを受け取ることができます。基準として直近の年収650万円以上の方に限定されるため、敷居が高いのが特徴。相談は全て無料。

キャリアカーバー公式サイト



上記は外資系・海外就職・グローバル案件の転職案件に強く、サポートもしっかりあるので、今後、「外資系企業」を目指す方は、登録しておさえておきたい転職エージェントになります。できる限り、1社に限定してしまわずに、2〜3社に登録をしてセカンドオピニオンを持たれることをおすすめいたします。

関連記事

  1. ハンガリーで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

  2. ポルトガルで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

  3. フランスで働くには?フランス系企業の求人と現地採用の就職事情や転職のポイント

  4. アイスランドで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

  5. ノルウェーで働くには?ノルウェー系企業の求人と現地採用の就職事情や転職のポイント

  6. イタリアで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

  7. スイスで働くには?スイス系企業の求人と現地採用の就職事情や転職のポイント

  8. モナコで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

  9. オーストリアで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

最近の記事

おすすめ記事

  1. ロバートウォルターズ「英語を活かした転職」で評判の転職エージェント
  2. 転職者満足度第1位の「doda(デューダ)」はスカウトが多く転職後のフォローアッ…
  3. 女性向け転職案件に実績のある「type転職エージェント」の特徴や評判について
  4. 「ランスタッド」は世界第2位のシェアを誇る海外就職や外資系転職に強い転職エージェ…
  5. 年収800万円以上のハイスペック・エグゼクティブ求人に強い転職エージェント「キャ…
  6. 面接対策や英文レジュメ添削などサポートの評判が高くハイクラス案件に強いJAC R…
  7. 「リクルートエージェント」求人の90%は非公開求人 · 転職成功実績No.1

人気記事

PAGE TOP