オランダで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

昔は長崎の出島で現在はハウステンボスで知られるオランダは、チューリップと風車が印象的な国です。ベルギーやルクセンブルクと合わせて経済的に裕福なベネルクス3カ国の一員であり、非英語圏で最も英語が通じやすい国の一つに挙げられています。

見どころの多いアムステルダムやメルヘンなまち並みが人気のマルケンなどが人気の都市で、オランダの就職事情が気になるところです。そこで、知っておくと役に立ちそうなオランダの就労ビザや就職事情と求人について、順を追ってご紹介致します。


オランダで働くには?オランダの就労ビザについて

オランダは、シェンゲン協定が適用される国なので、180日間以内のうち3か月(おおよそ90日)の滞在であれば、ビザは必要ありません。

外国人に関する就業規制は特にありませんが、EEA諸国およびスイス以外の国籍を有する人たちは、日本人を含め労働許可の取得が必要です。ただ、個人のオーナーで自身を雇用した形にして資本金の4,600ユーロ(1ユーロを日本円125円で換算すると、575,000円)で、ビザが取得出来ます。ここでは、主にオランダで働くに当って、労働許可についてご紹介致します。

オランダの就労ビザの種類や期間について

 個人のオーナーで自身を雇用した形でビザを取得する以外の、一般的にオランダの会社で働くに当っての労働許可について、ここでは就労ビザとまとめて表現致します。労働を目的とする滞在許可、つまり就労ビザには

  • 企業内転勤(ICT)パーミット
  • 高技能知的労働者
  • 普通労働者

の3種類があります。

ICTパーミット

ICTパーミットは、イメージからしてまさに駐在員向けのビザの要素を持ち合わせています。管理職やスペシャリストは最長3年間、いずれも更新と延長は不可なので、中には最初から高技能知的労働者で申請する場合もあります。

高技能知的労働者の就労ビザ

高技能知的労働者の就労ビザは最長5年間有効で、日本人であれば給与条件の設定があります。30歳以上であれば、総支給に当たる月給がグロスで4,404ユーロ以上、30歳未満は3,229ユーロ以上の給与条件を満たしていることが、条件に挙げられます。

普通労働者

上記以外の駐在員や現地採用については、普通労働者として申請し、滞在許可の期間は特別なケースの3年を除き1年です。承認スポンサーのサポートがあれば、提出書類の一部が免除され、許可発行に関わる時間が短縮されます。

オランダの就労ビザの申請について

 就労ビザの種類が3つに分れていますが、オランダも通常諸外国と同じく、雇用先の総務や人事と言った管理部門が、大なり小なり就労ビザのサポートを行います。ヨーロッパでは、就労ビザを事前に取得してから就業となる国も中にはあります。日本にいる場合だと会社側が就労ビザのためのフォローをしてくれる場合がほとんどです。

オランダの場合は、雇用先が「企業内転勤(ICT)パーミット・高技能知的労働者・普通労働者」の3つの就労ビザの中からどれに該当するかを予め確認すると考えたが良さそうです。その中で、必要に応じて書類を揃えると言った形になり、特に予め日本で用意しておいた方がよいモノは会社や就労ビザの種類によって異なります。

月額給与の証明などが必要となることもありますが、それもまた会社側が用意することになるでしょう。

オランダの就労ビザの申請の難易度

2014(平成26)年12月より、オランダでは働くために日本人がビザを取得する必要がないと言うニュースが流れ、一時期大きな話題となりました。ところが、2017(平成29)年1月より、就労ビザに当たる労働許可の取得が必要になりました。つまり、従来の状態に戻ったわけなのですが、ヨーロッパだけでなく外国は一時的に特恵制度が出来たりします。

オランダの就労ビザの申請の難易度は高いとは、あまり聞きません。駐在員であれば今までの実績があるので、特に問題なく就労ビザが取得出来ると言えます。現地採用の場合は、転職エージェントや在蘭日本商工会議所等と言った、信用のある機関を通じて仕事を探すと安心です。

日蘭通商条約の特例により、起業ビザ取得がそれほど難しくないため、オランダで開業する人も少なくありません。起業内容は人によって違いますが、美容師やネイリストと言った美容関連に加えIT関連全般と観光ガイドなどの仕事が比較的多いようです。

オランダ政府が定めた「学歴や経歴・事業計画書・何らかの利益をもたらす付加価値」で、一定以上のポイントが取れていることなどの条件があります。また、現地に行って、在蘭日本商工会議所へ登録して、起業する人もいます。

オランダの就労ビザの申請に必要な語学力

オランダの就労ビザの申請の際に、語学力を証明する必要は、特にありません。ただ、オランダで働くためには、英語が話せることが条件となっている場合がほとんどです。世界最大級の語学学校の「EF Education First」の調査によると、非英語圏72カ国の中で、英語力ランキングの1位なのがオランダです。

現地採用の場合、英語に加えオランダ語が出来ると、仕事が見つけやすくなります。或いは、オランダ語があまり出来なくてもドイツ語やフランス語が話せて、読み書きが出来ると、その分チャンスは増えます。寿司職人の仕事では、現地スタッフとのコミュニケーションが取れるように、日常会話程度の英語力があれば、助かります。英語がメインになることも多いようですが、詳細は転職エージェントの担当者に確認をしてみましょう。

オランダの海外駐在員の場合、外国語と言えば英語になることが多いですが、詳しくは会社に訪ねてみてください。職種やポジションによって異なり、ビジネスレベルの英語力を求められるケースもあれば、全く具体的な要求がないこともあります。

相手の言っていることが、あるいて緯度理解出来て、詰まりながらも自分の言葉で表現出来るレベルの駐在員の人が、結構多いようです。欧米諸国の中でもオランダ人の英語は、可なり聞き取りやすいと言われているので、安心です。


オランダの就職事情と求人について

オランダ進出の日系企業数は約380社、在留邦人数は9,000人を超え、アムステルダムには、日本人学校があります。二国間の輸出入はいずれも一般機械が1位で、日本への輸入額は120億ドル超と言った大きな取引を毎年行っています。ここでは、日本におけるオランダ系企業に加えオランダの駐在員求人や現地採用について、ご紹介致します

日本におけるオランダ系企業

オランダのハーグに本拠を置くオランダとイギリスの企業のロイヤル・ダッチ・シェルは、欧州最大のエネルギー産業のグループ会社です。シェルケミカルズジャパンと言った、ロイヤル・ダッチ・シェルが100%出資している会社などが、つい数年前まで日本にありました。現在は日本におけるグループ会社は東京都千代田区丸の内に本社を構えるシェルジャパン株式会社の傘下に入っています。また、ガソリンスタンドで知られる、昭和シェルの筆頭株主でした。

オランダのナショナル・フラッグ・キャリアのKLMオランダ航空は、アムステルダムと日本の成田や関空間で、定期便が就航されています。北米や南米に欧州だけでなく南アフリカ行きの便も運航していて、日本人駐在員が多く住むバンコクやシンガポールからKLMオランダ航空を利用して、アクセス出来ます。東京の南青山にオフィスを構える日本支社では、就職で人気の客室乗務員を募集していることもあるので、お見逃しなく。

170カ国以上に世界展開するハイネケンは、スーパーやバーで見かけたことがある人も、少なくないでしょう。日本にも多く輸出されている、高級家庭用品のブラバンシアは、オランダ生まれのグローバル企業です。日本ではシェーバーや電動歯ブラシが有名なフィリップスは、医療機器でも世界的に見て、高いシェアを獲得しています。東京都港区に本社がある株式会社フィリップス・ジャパンは、日本各地に事業所が置かれています。

世界最大の宿泊予約サイトのBooking.comを運営しているBooking.com BWは、オランダの大学生が起業した会社です。日本人の利用も増え、ブッキング・ドットコム・ジャパンのオフィスが、東京や那覇をはじめ日本国内に5箇所ほどあります。

オランダの現地採用

現在の法律ではオランダに5年間住むと、永住権が取得出来るので、益々気になります。オランダの現地採用ですが、先ずは語学力になります。英語とオランダ語が出来ると、その分仕事が見つけやすくなります。エンジニアやIT関連であれば、オランダ語を問われずに英語のみの求人案件が多いです。

学生ビザや18~30歳までの人たちを対象にしたオランダで働きながら語学学校などに通うことが出来るオーペアビザのように、滞在許可を持っていると優先されるケースもあります。オランダの現地採用ですが、転職エージェントや在蘭日本商工会議所に加え、サイトのオランダ掲示板オランダ生活で探す人が多いです。

Undutchablesはオランダで有名な転職エージェントで、日本にもオフィスがあるランスタッドは、アムステルダムにヘッド・オフィスを構えています。tempo teamはオランダの主要都市にオフィスがあり、Nippon Recruitmentはイギリスやフランスの求人案件も取り扱っています。

オランダの平均給与ですが、一般職だと月2万ユーロ、30代前後のエンジニアで年収4~5万ユーロ、マネージャークラスになると、更に高くなり年収1千万円の人もいます。エンジニアに営業や事務職以外には、和食の調理人や美容師の人も少なくありません。

オランダの駐在員求人

日系企業数は約380社、オランダに進出していて、ヨーロッパの中でも昔から日本人が多く暮らす国の一つに挙げられます。在留邦人数は9,000人を超え、県人会や大学のOBの人たちで作られたグループもあるほどです。アムステルダムには、日本人学校があるので、家族揃ってオランダで生活するケースも少なくありません。

ビザの面で幾らかメリットがあるものの、なかなか現地採用で仕事を探すのもそんなに簡単とは言えません。そこで、おすすめなのがオランダに強い転職エージェントへの登録です。チャンスがあれば、オランダの駐在員求人を狙ってみてください。

オランダに進出している企業で最も多いのが製造業で全体の約50%、投資業や運輸関連業種も上位に位置しています。進出地域では、首都アムステルダム市を含む「北ホラント州」が全体の半数近くを占めています。また、マーケティングやエンジニア、ロジスティクス関連のマネージャーなどのオランダの駐在員求人が出ていることもあるので、お見逃しなく。

オランダで働くには?就職の進め方について

それでは、オランダで働くにはどのような情報を集めて、どのようにして準備を進めていけば良いのでしょうか?

オランダ掲示板 などのサイトを利用して現地で自分自身で働き口を見つけることも可能ですが、オランダである程度、長期的に働こうと考えている場合は、雇用主を見つけて、まずはビザの申請をしなければなりません。

オランダで長期的に働く場合は、オランダに支店がある日系企業に応募する方法が、もっともメリットが多く、ビザ申請に関してもスムーズに進むのではないでしょうか。

オランダ系企業の求人は、一般公開されている企業は非常に少なく、自分にあった職種を見つけることが難しい状況ですが、海外勤務に関しては非公開案件も多く存在しています。この非公開案件を見つけることで、自分にあった企業を紹介してもらうことが可能です。

非公開求人の情報を集める

海外就職を進めていく中で、よい求人を見つけるには、「転職エージェントから非公開求人の案件をオファーを集める」ことが一番良い方法になります。

転職エージェントでは、一般的な転職サイトでは見つからないような条件の良い求人を、エージェントが集めてきてくれて、優先的に紹介してくれることが最大のメリットです。

転職エージェントに登録することから採用されるには一切費用が発生しないので、外資系企業や海外就職に成功された方の例としては、「外資系や海外勤務に強い大手転職エージェント」に登録する方が、圧倒的に多いのが現状です。採用した企業から手数料をもらうため転職エージェントも、かなり親身になってサポートしてくれます。

外資系企業や海外就職に強い転職エージェントとして、求人件数が圧倒的に多いのは、20代・30代の転職・グローバル&海外就職に強い「ランスタッド」 、国内最大手の「リクルートエージェント」 になるので、この2社は必ず押さえておきましょう。

現地密着型の求人情報では、オランダの日系企業では、どのような仕事があるのか、また給料の相場などをチェックしても良いでしょう。

最後に

就労ビザの申請の難易度がそれほど高くなく、英語が仕事やプライベートで通じやすいオランダは、ヨーロッパの中でも特に馴染みやすさを感じます。起業ビザを取得することで開業だけでなく、フリーランスで働くことも可能です。

現在の法律では5年間オランダに滞在することで、永住権が取得出来ます。その中でもオランダでの就職を考えると、転職エージェントの活用が最も効果的なので、自身に合ったところを探して先ずは登録をしてみましょう。

外資系企業、海外就職、グローバル企業に強い転職エージェント

「外資系企業」「海外勤務がある企業」へ転職したい方の中には、どのようなステップで応募すればいいのか悩まれる方も多いと思います。直接、会社のオフィシャルサイトで採用情報を記載されている企業もたくさんありますが、外資系企業や海外勤務のあるグローバル企業へ転職される方の大半は、「転職エージェント」を利用して転職される方がほとんどです。外資系企業・海外勤務のある企業へ転職する際には、それに特化した転職エージェントがあります。

20代・30代の転職・グローバル・海外就職に強いランスタッド

ランスタッドは、1960年にオランダで創業された世界最大級の総合人材サービス会社です。世界39の国と地域に4,700以上の拠点を持ち、50年以上にわたり培ったノウハウと信頼のある転職エージェントです。

日本国内に136拠点あり、20代〜30代第二新卒の転職サポートに実績があります。グローバル企業、海外勤務、外資系企業の取り扱いも多数。相談は全て無料。

ランスタッド公式サイト

非公開求人数・成功実績No.1のリクルートエージェント

リクルートエージェントは、非公開求人数は業界最大級の約10万件。求人の90%は非公開求人 · 転職成功実績No.1 · 年収1000万以上の求人、外資系企業・海外就職・グローバル企業の案件も多数。

日本最大級の求人件数を誇る転職エージェントなので、まずは登録しておきたい転職エージェントです。相談は全て無料。

リクルートエージェント公式サイト

外資系アパレル・ラグジュアリーブランド求人に強いクリーデンス

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス は「DODA」が運営しているファッション専門の転職エージェント。外資アパレルブランドやラグジュアリーブランドに特化した案件も強いので、外資系のファッション業界を目指す方にはおすすめの転職エージェントです。

担当コンサルタントと企業ごとに合わせた面接サポートもあるので、外資ブランドを初めて目指す転職者にとって手厚いサポートです。相談は全て無料。

クリーデンス公式サイト

サポートが充実の外資系企業に強いJACリクルートメント

JACリクルートメントは、リクルートエージェントに次いで、業界大手、イギリス発の外資系エージェント。非公開、独占求人の紹介, 外資系企業の豊富な情報量, 英語面接対策やレジュメチェックなどのサポートも充実。相談は全て無料。

JAC Recruitment 公式サイト

外資系・日系グローバル企業での英語を活かした転職ならロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズは、日本では「グローバル人材」に特化した人材紹介会社。 「英語を活かせる求人」だけを紹介しており、コンサルタントは全員バイリンガルで、満足度93%を誇り、外資系ならではのスピード感をもって選考を進めることができます。

求人は公開求人だけでなく、外資系高収入非公開求人も数千件扱っており、面接アドバイスや履歴書の添削を各コンサルも行います。相談は全て無料。

ロバート・ウォルターズ公式サイト

年収800万円以上のエグゼクティブ求人に強いキャリアカーバー

キャリアカーバー は、年収800万円以上の求人、エグゼクティブ求人・グローバル企業・外資系企業のハイクラス求人が豊富に揃うリクルートが運営するハイクラスの転職エージェントです。

求人は非公開のものが多く会員登録することで、専門のヘッドハンターからスカウトを受け取ることができます。基準として直近の年収650万円以上の方に限定されるため、敷居が高いのが特徴。相談は全て無料。

キャリアカーバー公式サイト



上記は外資系・海外就職・グローバル案件の転職案件に強く、サポートもしっかりあるので、今後、「外資系企業」を目指す方は、登録しておさえておきたい転職エージェントになります。できる限り、1社に限定してしまわずに、2〜3社に登録をしてセカンドオピニオンを持たれることをおすすめいたします。

関連記事

  1. イタリアで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

  2. ドイツで働くには?ドイツ系企業の求人と現地採用の就職事情や転職のポイント

  3. ポルトガルで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

  4. フランスで働くには?フランス系企業の求人と現地採用の就職事情や転職のポイント

  5. イギリスで働くには?イギリス系企業の求人と現地採用の就職事情や転職のポイント

  6. スペインで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

  7. ベルギーで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

  8. デンマークで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

  9. ルクセンブルクで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

最近の記事

おすすめ記事

  1. 転職回数が多いのは不利?外資系企業への転職を成功させるコツ
  2. LinkedInとは?ビジネスSNSを利用して外資系企業に転職成功
  3. 女性の外資系企業への転職に年齢や経験は関係ある?
  4. 恥をかかない効果的な英文メールの書き方や注意点について
  5. 英語ができない場合は外資系転職や海外就職は無理?狙い目の職種について
  6. 40代で外資系企業に転職できる?40代が気になる外資系転職事情

人気記事

PAGE TOP