ハンガリーで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

日本人と同じく温泉天国のハンガリーの国民の86%以上が、モンゴル系遊牧民の流れを汲むという説があると言われているので、益々親近感が沸きます。王室の宮殿のような建物の中にある首都ブダペストに位置するセーチェニ温泉は、存在感溢れる屋内外合わせて18の浴槽がある巨大スパアミューズメントです。

大人の美しさを醸し出しているブタペストは、ドナウの真珠と言われるほど素敵な街です。ここでは、そんなハンガリーで働くにあたって、知っておくと役に立つ就労ビザや就職事情と求人等について、以下ご説明致します。

ハンガリーで働くには?ハンガリーの就労ビザについて

ハンガリーに観光目的で入国の場合、有効な日本国籍のパスポートを持っていれば、ビザなしで最大90日間(180日間の期間内)滞在が出来ます。なお、ハンガリーで外国人が働くには、一部の例外を除いて、滞在許可と就労許可が一体となった就労滞在許可(単一許可証)を取得する必要があります。ハンガリーには、22種類のビザがありますが、ここでは、就労ビザ関連についてご説明致します。

ハンガリーの就労ビザの種類や期間について

ハンガリーの就労ビザの滞在許可では、就労のため・海外駐在員と長期出張者・ビジネス活動・研究目的・ボランティア活動・季節労働者等多岐に渡ります。ワーキングホリデーなどで一時的に滞在するための許可証もありますが、ここでは主に就労のため・海外駐在員と長期出張者・ビジネス活動の滞在許可ついてご紹介致します。

就労のための滞在許可

ハンガリー国内にて就労するための滞在許可になり、いわゆる一般的な現地採用者向けの就労ビザです。90日以上滞在し、働くためにはこのビザが必要となり、有効期間に関しては、雇用契約期間や住居の賃貸契約によるものとされます。なお、駐在員やワーキングホリデー、ボランティア活動用には別の滞在許可が必要なので注意が必要です。

海外駐在員、長期出張者の滞在許可

海外駐在員もしくは長期出張者のための滞在許可であり、現地採用やボランティア活動の人たちとは別のカテゴリーの就労ビザと考えた方が良さそうです。駐在員等日系企業に在籍する人に加え、その家族の人も対象になるので安心です。有効期間が、駐在期間や出張期間によって異なり最大3年です。

ビジネス活動の滞在許可

ビジネス活動を実施・展開するための滞在許可になります。会社に在籍するのではなく、起業家やオーナー、フリーランスとして働く場合に必要な滞在許可にあたる就労ビザです。有効期間は最大3年で、延長が可能な上にパスポートの有効期限も考慮されます。詳細に関しては、東京都港区三田にある駐日ハンガリー大使館やエージェントに尋ねてみてください。

ハンガリーの就労ビザの申請について

就労のための滞在許可

現地採用の人たち向けの就労ビザに該当する、就労のための滞在許可の申請には、ご自身で用意する書類等と会社がフォローしてくれるものがあります。申請書や滞在目的を明らかにできる書類、雇用主より発行された収入証明書のようなオフィシャルなものは、たいてい総務や人事のスタッフが手配を行います。

雇用主または税務署より発行された海外からの固定収入を保証する証明書や国内に住居が存在することの証明書等は、スタッフから要請を受けて、その都度対応してください。現地採用ではじめて働くには、総務等のスタッフとの意思疎通もあるので、一定レベルの英語力かハンガリー語能力があった方が良さそうです。

海外駐在員、長期出張者の滞在許可

海外駐在員、長期出張者の滞在許可の申請条件の中に、除名の対象者になっておらず、ハンガリーの公の秩序、治安および公衆衛生、もしくは安全を脅かさない者とあります。同様な先ず該当しないような申請条件があると言うことと内容を、頭の片隅に入れておくぐらいでいいでしょう。

滞在許可において、該当しそうな申請条件に、所属する会社に少なくとも3ヶ月、21ヶ月を上限として継続して雇用されている者とあります。言い換えると、転職してから一定の時間を置いてからのハンガリーでの海外駐在員として働くのは可能です。

ハンガリーの就労ビザの申請の難易度

ハンガリーの就労ビザの申請の難易度が高いと、今まで一度も耳にしたことがありません。いろんなカテゴリーの就労のための滞在許可があるので、ある意味移民受入に積極的な国と言えます。面白いものでは、ハンガリー語の能力があり、それを維持する意思があれば、5年間有効な国内滞在許可が下ります。国民の86%以上が、モンゴル系遊牧民の流れを汲むと言う説があるほどで、アジア的な懐の広さも兼ね備えた国です。

ハンガリーの就労ビザの申請に必要な語学力

ハンガリーの就労ビザの申請に必要な語学力の定めが設けられていると、今まで一度も聞いたことがありません。最新のデータによると、非英語圏の英語力ランキングで、ハンガリーは世界第15位です。

公用語はハンガリー語になりますが、ビジネスシーンでは英語を使用することがありそうです。ドイツ語やロシア語が出来る人を重宝がられる会社も中にはあるので、転職エージェントの担当者に詳細を確認してみてください。

ハンガリーの就職事情と求人について

外務省の調べによると、ハンガリーの在留邦人数は1,691名とされています。ハンガリー進出の日系企業数は156社に上り、首都ブダペストに会員企業数50社を超える在ハンガリー日本商工会もあります。現地に進出日系企業は、製造業に銀行関連や大手商社、食品と物流関連等の会社です。そこで、ハンガリーの就職事情と求人についてご説明致します。

日本におけるハンガリー系企業

「オーストリア=ハンガリー帝国帝室・王室御用達」と言う如何にも品の良さそうな言葉があります。オーストリア=ハンガリーやブダペストのハンガリーの王室へ商品やサービスを提供出来る特権のことを指し、その中に日本でも販売されているヘレンドの陶器があります。

ヘレンド

ヘレンドは、磁器製のテーブルウェアに置物やインテリア小物、ホームアクセサリー等のデザイン・生産・販売を手掛けるハンガリーの企業、及び商品ブランドです。1826(文政9)年に、ハンガリーの首都ブダペストから車でおよそ2時間のところにある静かなヘレンド村で、誕生しました。

世界初の1851(嘉永3)年に開催された、イギリスロンドン万国博覧会において、ヴィクトリア女王がウィンザー城のためにディナーセットをヘレンドに注文したほどです。ジャポニズムとシノワズリがミックスしたような陶器は、欧州では珍しいと言われ、星商事株式会社がヘレンドの日本正規輸入販売代理店です。

PICK

ハンガリーを代表する食品会社『PICK』が、近年日本上陸を果たしたことで、話題を集めています。サラミの王様、マンガリッツァサラミはイタリア産サラミと並ぶ絶品と言われるほど、ヨーロッパでも評価が高いです。マンガリッツァ豚の極上生ハムやデブレツェン・ソーセージをはじめ、東京のスーパーだけでなくネットショップでも購入出来ます。

トカイワイン

ハンガリーワインの歴史は、ハンガリー王国まで遡ります。国外で有名なのは、白のデザートワインであるトカイと、赤ワインのエグリ・ピカヴェールです。「トカイのワイン産地の歴史的・文化的景観」として世界遺産に登録されているのがトカイ地方です。ハンガリー北東部に位置する歴史的なワイン産地で、28の村とまるで北海道の大自然を思わせる7000ヘクタールのブドウ畑から成ります。

フランスのルイ14世が、トカイワインのことを、「王者のワインにしてワインの王者」と絶賛した逸話は、ヨーロッパで有名です。日本ではネットショップで購入出来、1本千円台~3万円台のものまであります。

ハンガリーの現地採用

人口約175万人が暮らす首都ブダペストには、ロンドンに次ぐ世界で2番目に営業を開始した地下鉄に加え、市電とトロリーバスが運行されています。ハンガリーの通貨のフォリント(HUF)は、2019(令和元)年の11月15日のレートで、1HUF約0.36円です。ブタペストの家族向けのアパートメントの家賃の目安は、月15万HUF~です。食料品は安く暮らしやすいハンガリーの現地採用について、ご紹介致します。

マジャールスズキ

マジャールスズキは、スズキのハンガリーの現地法人になります。ハンガリー国内や東欧諸国だけでなく、西欧市場にも向けた欧州全域における一大生産拠点となっています。また、スズキは自動車生産に加え、ワイン製造も手掛け、同社の鈴木修会長は、ハンガリーの経済発展に貢献したとして「星付中十字勲章」を受章しています。特にエンジニア関連は、評価が世界中で高いこともあり、現地採用でも狙い目です。

日本語教師

ハンガリーの日本語教育は12機関で実施されていて、その中には日本語を主専攻としている大学が2校あります。ブダペストのエトヴェシュ・ロラーンド大学、カーロリ・ガーシュパールカルビン派大学の2校で、 ブダペスト商科大学では第二・第三外国語として日本語教育が行われています。ハンガリーで日本語教師として働くには、日本語教師の求人に特化したサイトやハンガリー日本語教師会での情報が鍵となって来そうです。

日本食レストラン

和食調理師の場合、調理師免許取得、或いは調理の得意な人が対象となります。ホールスタッフは、着付けのできる35歳ぐらいまでの女性で、共に35歳ぐらいまでで、英語で意思疎通の出来る方とされています。就労ビザは就業先がフォローしてくれ、住居は必要に応じて、手配して貰えます。

Washokujob」というサイトで、定期的に「ハンガリー」のキーワードで検索すると、気になる求人と出会えるでしょう。

ハンガリーの駐在員求人

ハンガリーの食生活では、グルテンフリーのものが多く、子育て世代にも安心です。ブダペストには、在ハンガリー日本国大使館付属ブダペスト日本人学校、大小合わせると10箇所以上の温泉があります。また、転職や就職活動の情報として、下記のURLにて在ハンガリー商工会の法人会員名簿をご参照ください。

製造業

アルパインや自動車用電装品等を製造するダイヤモンド電機をはじめ、ものづくり日本が誇る製造業のメーカーが数多く現地に進出しています。海外駐在員として現地のハンガリーに行く場合、所属する会社に少なくとも3ヶ月、21ヶ月を上限として継続して雇用されている者と、就労ビザ申請での規定があります。

銀行関連

日本の金融再編が進み、現在の都市銀行は5行に限定される時代となって来ました。そんな5行の中のみずほ銀行や東京三菱UFJ銀行、三井住友銀行が首都ブダペストを中心に、営業を展開し続けています。

ハンガリーには、資産運用会社などを傘下に持つ世界有数の金融グループのドイツの保険会社アリアンツやシテイバンクをはじめ、外資系の金融機関が多く進出しています。情報を得ながら条件次第では、外資系企業にジョブホップするのも今後の選択肢の中に入りそうです。

大手商社

ハンガリーに駐在員事務所を構えるのが、三井物産や丸紅や伊藤忠商事と言った、大手商社です。2016(平成28)年に伊藤忠商事は、ハンガリー発祥の「ÁERON(エアロン)」ブランドの日本市場における独占輸入販売権を取得したと、プレスリリースしました。冷戦終結後、ハンガリーをはじめとしたロシアの旧衛星国の東欧や中央諸国は、所得の向上と市場の拡大により、今後益々目が離せないエリアとなっています。

ハンガリーで働くには?就職の進め方について

それでは、ハンガリーで働くにはどのような情報を集めて、どのようにして準備を進めていけば良いのでしょうか?

直接現地で自分自身で働き口を見つけることも可能ですが、ハンガリーである程度、長期的に働こうと考えている場合は、雇用主を見つけて、まずはビザの申請をしなければなりません。ハンガリーで長期的に働く場合は、ハンガリーに支店がある日系企業に応募する方法が、もっともメリットが多く、ビザ申請に関してもスムーズに進むのではないでしょうか。

ハンガリー系企業の求人は、一般公開されている企業は非常に少なく、自分にあった職種を見つけることが難しい状況ですが、海外勤務に関しては非公開案件も多く存在しています。この非公開案件を見つけることで、自分にあった企業を紹介してもらうことが可能です。

非公開求人の情報を集める

海外就職を進めていく中で、よい求人を見つけるには、「転職エージェントから非公開求人の案件をオファーを集める」ことが一番良い方法になります。

転職エージェントでは、一般的な転職サイトでは見つからないような条件の良い求人を、エージェントが集めてきてくれて、優先的に紹介してくれることが最大のメリットです。

転職エージェントに登録することから採用されるには一切費用が発生しないので、外資系企業や海外就職に成功された方の例としては、「外資系や海外勤務に強い大手転職エージェント」に登録する方が、圧倒的に多いのが現状です。採用した企業から手数料をもらうため転職エージェントも、かなり親身になってサポートしてくれます。

外資系企業や海外就職に強い転職エージェントとして、求人件数が圧倒的に多いのは、20代・30代の転職・グローバル&海外就職に強い「ランスタッド」 、国内最大手の「リクルートエージェント」 になるので、この2社は必ず押さえておきましょう。

現地密着型の求人情報では、ハンガリーの日系企業では、どのような仕事があるのか、また給料の相場などをチェックしても良いでしょう。

最後に

ヨーロッパ生活を満喫出来ながら、温泉も楽しめるとハンガリーは、外国生活の中でもポイントが高い国の一つに挙げられます。生活費は、東南アジアのバンコクやクアラルンプール並のレベルで生活出来、何と言ってもお酒関連が安いです。

就労ビザに関しても、それほど取得が難しくなく、今後、日本人の海外就職で人気がもっと出そうです。そんな好条件が揃うハンガリーで働くには、転職エージェントの活用が最も有効的です。

外資系企業、海外就職、グローバル企業に強い転職エージェント

「外資系企業」「海外勤務がある企業」へ転職したい方の中には、どのようなステップで応募すればいいのか悩まれる方も多いと思います。直接、会社のオフィシャルサイトで採用情報を記載されている企業もたくさんありますが、外資系企業や海外勤務のあるグローバル企業へ転職される方の大半は、「転職エージェント」を利用して転職される方がほとんどです。外資系企業・海外勤務のある企業へ転職する際には、それに特化した転職エージェントがあります。

転職エージェントに登録して海外求人・海外勤務案件をチェック

上記のエージェントは外資系・海外就職・グローバル案件の転職案件に強く、サポートもしっかりあるので、今後、「外資系企業」を目指す方は、登録しておさえておきたい転職エージェントになります。できる限り、1社に限定してしまわずに、2〜3社に登録をしてセカンドオピニオンを持たれることをおすすめいたします。

関連記事

  1. ウクライナで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

  2. リトアニアで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

  3. アイスランドで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

  4. マルタで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

  5. スロベニアで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

  6. ベラルーシで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

  7. スロバキアで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

  8. ノルウェーで働くには?ノルウェー系企業の求人と現地採用の就職事情や転職のポイント

  9. モンテネグロで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

最近の記事

転職エージェント

  1. ロバートウォルターズ「英語を活かした転職」で評判の転職エージェント
  2. 面接対策や英文レジュメ添削などサポートの評判が高くハイクラス案件に強いJAC R…
  3. 「ランスタッド」は世界第2位のシェアを誇る海外就職や外資系転職に強い転職エージェ…
リクルートエージェント

転職エージェント

人気記事

PAGE TOP