ドイツで働くには?ドイツ系企業の求人と現地採用の就職事情や転職のポイント

ドイツで働く上で、欧米諸国など他の先進国と比べても、就労ビザが取得しやすいと言われています。ドイツでは、500以上もの日系企業が進出しており、また拠点を構えています。現地の日本人を対象としたビジネスを展開している企業が現地採用を行なっている場合があります。

また、ドイツは、自動車産業を中心に、機械や化学・製薬、医療技術、環境技術、精密機械といった主要産業においては、数多くのドイツ系企業が日本市場にも参入しています。ここでは、ドイツに関する基本情報から、ドイツ系企業の就職や、ドイツで働くための進め方についてご紹介したいと思います。

ドイツの基本情報について

ドイツで働きたい、ドイツ系企業で働く上で、知っておきたいドイツの基本情報についてご紹介していきます。

ドイツの概要

ドイツは、ヨーロッパにおいては経済的にも政治的にも主要国と位置付けられており、多くの文化や技術的な分野においては、歴史的にも多くの発展に貢献してきました。

ドイツの首都はベルリンでもあり、ドイツにおける最大都市でもあります。人口はヨーロッパ連合では、最大の人口であり、約8060万人です。

ドイツに置ける宗教はキリスト教信者が多く、全体の60%以上で、信者数が約5000万人以上を占めています。2番目に多い宗教がイスラム教で約 5%の400万人、次いで、仏教徒、ユダヤ教、ヒンドゥー教となりますが、全体の約35%は、無宗教で特に大都市圏になるほど無宗教人口が多いと言えます。

日本との関係性については、技術・経済面での交流は活発で、日本にとってはヨーロッパ諸国の中においても最大の貿易相手国となっています。ご存知のように、ドイツの自動車メーカーにおいては、日本においても高いブランド力と人気を誇っており、メルセデスベンツ、BMW、フォルクスワーゲンなどは日本の輸入車の販売数の上位を占めており、日本にとってもドイツは深い関係性があると言えます。

ドイツの地理や気候について

ヨーロッパの中心に位置しているドイツですが、山岳地帯においての冬はかなり厳しい寒さと言えます。南のミュンヘンは日本の札幌よりも北に位置しているため、北海道と同じかやや寒いくらいになります。南部は積雪量も多いので、防寒対策をしっかりと行う必要があります。

夏に関しては、もっとも暑くなるのは8月ですが、30℃を超えることははあまりなく(たまに猛暑日があります)、湿度も低く爽やかな気候です。日本のように梅雨がないので、夏でも雨が少なく、過ごしやすいと言えます。ただ、雨が降るとかなり冷え込むので、夏でも羽織るものが必要になります。また、緯度が高いので、夜の9〜10時ごろまで明るいです。

日本との時差はー8時間です。ドイツが正午の時に、日本は午後8時になります。また、サマータイムが導入されており、4−10月はー7時間、ドイツが正午の時には、日本は午後7時になります。

ドイツの言語や公用語について

ドイツの公用語は、ドイツ語になります。ドイツで公認されている少数言語としては、デンマーク語、低地ドイツ語(北ドイツ語)、ソルブ語、ロマ語、フリジア語などがあります。

ドイツではロシア人、ポーランド人、トルコ人、アラブ人などの移民も多く、移民の間では、トルコ語、クルド語、ポーランド語、ロシア語なども多く話されています。

ドイツでは、ドイツ国民の67%が2つ以上の言語を話し、27%は3つ以上の言語を話します。ドイツにおいては、特に若い人の間では、英語の通用度は高いと言えますが、年齢層が高くなるほど、また外国人が来ない小さな街になるほど通じにくい傾向にあります。

ドイツの物価と生活費について

ドイツの物価は消費税が高いにも関わらず、平均するとほぼ日本と同じくらいと言えます。個人それぞれの生活費に占めるウェイトによって生活費は異なりますが、生活費の多くを占めるのが家賃、次に食費になります。目安になりますが、家賃、医療費、保険料などを除いて、自炊で慎ましい生活を送る場合は、月350ユーロ程度を目安にすると良いでしょう。

家賃

家賃は最低でも350ユーロ程度を見ておく必要性がありますが、ミュンヘン、フランクフルト、ハンブルクなどの都市部の場合は、さらに100ユーロ多めに見ておく必要性があります。

電気代・水道代・インターネット

一人住まいで見ると、できる限り節電をすれば1ヶ月40ユーロ前後の出費に抑えられる程度です。水道代は30ユーロ前後になります。日本と比べると光熱費に関しては少し高いイメージがあります。

ドイツでは基本的には水道水が飲めますが、敏感な方はミネラルウォーターを買うことをおすすめします。だいたい500mlで1ユーロほどです。

インターネットはインターネット会社によっても異なりますが、だいたい月額で30〜50ユーロです。

食事(レストラン・スーパー)

ドイツでの外食は日本に比べると少し割高感があります。日本食のレストランで定食を注文すると、だいたい10ユーロくらいです。逆にスーパーなどの食料品はドイツの方が安いでしょう。肉や野菜・果物も安いです。ただ魚類に関しては、ドイツでは種類が少なく価格も高いです。

ドイツの治安について

ヨーロッパでは、フランスやベルギーなどでテロが発生しています。ドイツはヨーロッパの中でも比較的安全だという認識がありますが、小規模とはいうもののテロが起こっているので、不安な面もあります。

ドイツでは難民を受け入れていることもあり、都市部では、物乞いをする人も見かけます。危害を加えることは少ないですが、できるだけ近づかないようにした方が良いでしょう。

またどこの国に行っても同じことが言えますが、スリや置き引きも起こりやすい犯罪なので、できる限り注意しておきたいものです。

ドイツ人の特徴や国民性について

ドイツ人は日本人の国民性と似てることから親しみが感じられるかもしれません。几帳面な性格の人が多いと言われています。

ドイツ人は用意周到で、普段の生活から仕事においても全て整理されていることがほとんどです。仕事においてのプレゼン資料を用意するときは正確な情報を元に準備をした方が良いでしょう。

また時間にもきっちりしており、始業時間だけでなく、終業時間もぴったりです。ここは日本とは違うところです。

ドイツの代表的な企業一覧

やはりドイツと言えば自動車産業が有名ですが、日本に進出している企業も多いので、聞いたことのある企業名も多いのではないでしょうか。

金融・保険

  • ドイツ銀行
  • コメルツ銀行
  • ドレスナー銀行

情報・通信・交通

  • DHL
  • ルフトハンザ・ドイツ航空
  • シーメンス

観光・サービス

  • トゥイ
  • Sixt

自動車生産関連

  • ダイムラー
  • メルセデス・ベンツ
  • フォルクスワーゲン
  • アウディ
  • オペル
  • BMW
  • ポルシェ

電機機器

  • シーメンス
  • ブラウン
  • ケルヒャー
  • コンチネンタル
  • ボッシュ

化学・医薬品

  • ベーリンガーインゲルハイム(製薬会社)
  • ヘキスト
  • バイエル

防衛

  • ラインメタル
  • ユンカース

エネルギー

  • E.ON
  • リンデ
  • RWE

商業・流通・家庭用品

  • メトロ
  • ケルヒャー
  • ヘンケル
  • ライカ・カメラ

ファッション・スポーツブランド

  • エスカーダ
  • ヒューゴ・ボス
  • ジル・サンダー (Jil Sander)
  • アディダス
  • プーマ

メディア関連

  • ベルテルスマン
  • BMG
  • ホルツブリンク出版グループ

コンサルティング

  • バレオコン・マネジメント・コンサルティング
  • ローランド・ベルガー

ドイツの就労ビザについて

実はドイツでは「就労ビザ」と呼ばれる査証はありません。ドイツで仕事に就くには、滞在許可証(Aufenthaltserlaubnis)の中に、どのような条件で働くことができるか、と言う情報を記載したものを取得しなければいけません。これがドイツにおいての「就労ビザ」のようなものになります。

これは就労先と一緒に申請する必要性があり、それを取得すれば、就労先でのみ働くことが許可されます。日本からの駐在員もこの許可証を会社で取得することになりますが、これは、「就労先が決まっていること」が条件になります。

ドイツの就職事情と求人について

日本においてのドイツ系企業への転職、そしてドイツでの現地採用と駐在員採用についてご紹介したいと思います。

日本におけるドイツ系企業

日本におけるドイツ系企業は、アメリカ・フランスについで企業数が多いので、選択肢としては多く、世界的なブランド力のある企業も多いのが現状ですが、競争率が非常に高いと言えます。

ただ、日本における知名度のないドイツ系のグローバル企業も多いのが現状です。そのような企業の情報を集めることで、今後のキャリアアップに繋げることも可能です。

ドイツの現地採用

ドイツの日系企業で働くと言う選択肢もあります。現地採用の待遇は、駐在員と比べると低く、給与に関して言えば、駐在員の1/3とも言われています。

また、昇給や昇格に関してはあまり期待できないケースが多く、海外での就職ということだけで足元を見られて姉妹、悪条件を強いる企業も見受けられるので、転職活動をする際には十分に情報を集めて精査する必要性があります。

ドイツの駐在員求人

外資系企業、または日系企業に置けるドイツでの駐在員として働く選択肢としてはメリットも多いでしょう。現地での住宅費が全額または会社で負担してくれるところも多く、ビザの事務手続きは全て現地の社員がサポートしてくれます。

また駐在員としての任期中には日本への渡航費用が会社から負担してくれたり、現地法人に加えて日本の本社からも二重で支払われることもあります。

ドイツで働くには?就職の進め方について

それではどのようにして、ドイツ系企業やドイツへの海外就職への準備を行なっていけばよいのでしょうか。特に、高待遇の多い駐在員求人への競争率は高いのが現状です。

そして、転職活動を進めていくうちに、転職サイトに登録しても、待遇があまり良くないものや、メリットが感じられない求人しか見つからないというケースも多いのではないでしょうか?

一般公開されている高待遇の求人は、応募倍率が高いだけでなく、すぐに募集を打ち切ってしまうケースも多く、目に触れる機会も少ないのが事実です。

非公開求人の情報を集める

海外就職を進めていく中で、よい求人を見つけるにはどうすればよいのでしょうか?それは、「転職エージェントから非公開求人の案件をオファーを集める」ことです。一般的な転職サイトでは見つからないような条件の良い求人を優先的に紹介してもらうことがポイントになります。

外資系企業や海外就職に成功された方の例としては、「外資系や海外勤務に強い大手転職エージェント」に登録してオファーを待つことに加えて、「ドイツの現地採用求人」もチェックしておけば、ドイツで働く可能性が高まります。

外資系企業や海外就職に強い転職エージェントとして、求人件数が圧倒的に多いのは、20代・30代の転職・グローバル&海外就職に強い「ランスタッド」 、国内最大手の「リクルートエージェント」 になるので、この2社は必ず押さえておきましょう。

ドイツでの現地密着型の求人サイトとしては、ドイツニュースダイジェストなどが有名です。ドイツでどのような仕事があるのか、また給料の相場などをチェックしても良いでしょう。現地採用求人が多いため、条件的に厳しい部分や、キャリアアップを目指すといった求人が少ないのも事実なので、リクルートエージェントやJACリクルートメントなどの大手転職エージェントを利用して少しでもキャリアアップに繋がる就職・転職に繋げることをおすすめいたします。

外資系企業、海外就職、グローバル企業に強い転職エージェント

「外資系企業」「海外勤務がある企業」へ転職したい方の中には、どのようなステップで応募すればいいのか悩まれる方も多いと思います。直接、会社のオフィシャルサイトで採用情報を記載されている企業もたくさんありますが、外資系企業や海外勤務のあるグローバル企業へ転職される方の大半は、「転職エージェント」を利用して転職される方がほとんどです。外資系企業・海外勤務のある企業へ転職する際には、それに特化した転職エージェントがあります。

転職エージェントに登録して海外求人・海外勤務案件をチェック

上記のエージェントは外資系・海外就職・グローバル案件の転職案件に強く、サポートもしっかりあるので、今後、「外資系企業」を目指す方は、登録しておさえておきたい転職エージェントになります。できる限り、1社に限定してしまわずに、2〜3社に登録をしてセカンドオピニオンを持たれることをおすすめいたします。

関連記事

  1. オランダで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

  2. ポーランドで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

  3. サンマリノで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

  4. モルドバで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

  5. ロシアで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

  6. デンマークで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

  7. モンテネグロで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

  8. イギリスで働くには?イギリス系企業の求人と現地採用の就職事情や転職のポイント

  9. リトアニアで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

最近の記事

転職エージェント

  1. ロバートウォルターズ「英語を活かした転職」で評判の転職エージェント
  2. 転職者満足度第1位の「doda(デューダ)」はスカウトが多く転職後のフォローアッ…
  3. 「リクルートエージェント」求人の90%は非公開求人 · 転職成功実績No.1
リクルートエージェント

転職エージェント

人気記事

PAGE TOP