英文レジュメの書き方の基礎知識と技術的なポイントについて

ここでは、英文レジュメを既にご存知の方、ご存知でない方も含めて、英文レジュメの役割と特徴、英文レジュメと日本語履歴書との形式的な違い、内容的な違いを含めて、英文レジュメの作成においての技術的なポイントについて述べていきます。



英文レジュメの役割と特徴

日本語履歴書と同様に、英文レジュメは面接のチャンスを掴むための書類です。採用担当者が読んで、面接してみようと思ってもらうのが、英文レジュメの役割です。

採用側は面接する応募者の数を絞り込むための資料としてレジュメを必要としています。採用担当者は、応募者から将来どのような貢献を会社にもたらしてくれるのかという観点から面接候補者を篩に掛けます。そのために、レジュメは、効果的に求職資格をアピールするものでなければなりません。これがレジュメの特徴になります。

このように役割と特徴を持っている英文レジュメは、学歴や職歴を簡単に述べる日本語履歴書や、簡単な英文履歴書とは大きく異なります。効果的な英文レジュメを作成するには、それだけの時間と労力、努力が必要になってきます。

アメリカでは英文レジュメの参考本が数多く出版され、多くの例文を掲載したものが多く出回っています。これは英文レジュメの作成が非常に重要で、多くの文例が求職者に求められているということを表しています。

国内での転職に求められる職務経歴書は、職歴の内容などを詳しく記述するもので、日本語版のレジュメとも言えるので、すでに日本語の職務経歴書がある方はそれをもとに、英文レジュメを作成する手順を踏んでいきますが、形式的に少し異なる点があるので、その点についてご紹介したいと思います。

日本語履歴書と英文レジュメの形式面での違い

日本語履歴書には、あらかじめ印刷されたフォーマットがあり、内容や順番もほぼ決まっていますが、英文レジュメにはこのようなフォーマットはありません。英文レジュメでは、構成や順番、スタイルやレイアウトなどの形式は基本的には自由形式です。自分自身のアピールをするためにも、効果的にレイアウトされた見栄えのする履歴書に仕上げなければいけません。

レジュメは必ず印字する

また、最近では少なくなってきましたが、日系企業では、直筆で履歴書を書くことが求められることがありますが、英文レジュメは必ずタイピングされた印字したものを提出することになります直筆で誠意を見せるなどといった観念はありません。

Resumeのタイトルは必要ではない

またレジュメには、Resumeというタイトルを表題に入れる必要なはありません。レジュメに記載する情報量が少ない場合に限っていれば、体裁を保つ意味でもResumeという表記を入れることが好ましいかもしれませんが、情報量が十分に満たされている場合は、紙面の有効活用という観点からもResumeのタイトルを外しても構いません。実際に、いろいろなResumeサンプルを見て、自分の情報量がどのくらいかを判断していきましょう。

英文レジュメの基本情報のレイアウトは自由

和文の履歴書に関していえば、氏名・住所・電話番号などの基本情報に関しては、レイアウトとしては、はじめに配置します。英文レジュメでは、氏名は最初に配置しますが、それ以外の情報に関して言えば、どの位置に配置しても自由です。

全体のバランスを見て、適切な位置に配置して見ましょう。メールアドレスや、ビジネスSNSではLinkedinなどソーシャルサイトも適切なものであれば記載しておきましょう。

要約(サマリー)を記載する

和文履歴書では、基本情報の次には、学歴や職歴の順番になりますが、英文レジュメでは、自分が希望する職種や、自身の要約(サマリー)を記載するのが基本です。

最新のものから逆年代順に並べて記載する

和文履歴書では、学歴・職歴を古いものから年代順に並べて記載しますが、英文レジュメでは、最新のものから逆年代順に並べて記載するのが特徴的です。これは、英文レジュメでは、最新の情報が重要と認識していますからです。しかしながら、希望職種との関連性から見た場合に例外があり、希望職種と学歴が密接に関連している場合は、年代が古くても上位に記載するようが良い場合もあります。

職能別レジュメというスタイルがある

レジュメには、学歴と職歴を逆年代順に書く通例のスタイルの他に、職能などを中心にまとめる職能別レジュメというスタイルがあります。項目の並べ方は自由ですが、基本的には、レジュメの際のには、簡単に要約された学歴や職歴を載せることが一般的です。

外資系企業でも、学歴を重視した採用があります。応募者の方の中には、経験や知識が豊富なものの、学歴に関して言えば、他の応募者と比較すると見劣りがすると、自己判断した場合には、この職能別レジュメを活用するのも良いでしょう。

自己PRを記載する

英文レジュメでは、自己PRがある場合は必ず載せておきましょう。自己PRのために記載する項目は以下のようになります。

  • 外国語能力
  • PSスキル
  • 資格
  • 学会・業界・ボランティア活動など
  • 受賞歴
  • 研究発表・特許・著作など



日本語履歴書と英文レジュメの内容面での違い

アメリカでは、雇用均等法などの法律的な関係で、レジュメには性別や生年月日を記載しないのが普通です。採用者は、ファーストネームから性別を判断するしか方法はありません。ただ日本を本社に置かれる外資系企業では日本の法律になるので、この点においては、後程、注意点を記載いたします。

英文レジュメでは、氏名・住所の下に、以下のような見出しで、希望職種を記載する例が多く見られます。これに関していうと、英文レジュメでは、目的を明確化するために、最初からレジュメの核心をついていきます。

  • Career Objective
  • Job Objective
  • Objective
  • Professional Objective

要約の表現の種類

英文レジュメでは、以下のような要約の項目をつけて、実績や資格についてのセールスポイントを転職先に簡潔にアピールする場合もよくあります。

  • Highlights
  • Profile
  • Qualifications
  • Summary

求職資格の内容を具体的に記載する

学歴では、学校・学部・学科の他に、仮に希望する職種と関連性の深い科目を履修していた場合には、その履修科目名と成績も記載するようにしましょう。職歴では、勤務先メイト職名の他に、職務内容・職責・実績を具体的に記述するようにしましょう。

希望職種に関連した重要項目については、できるだけ詳細に、それ以外については簡単に記載するようにしましょう。職歴の浅い場合を除いては、レジュメの最重要点はこの職務関連がかなりのウェイトを占めているので、しっかりとまとめていきましょう。

職務関連の内容は、勤務先ごとに記載することが一般的ですが、職能別にまとめることもあります。これは、職能別レジュメを呼ばれています。今までの業績とともに、何か長けているスキルや資格などがあればそれも記載しましょう。また、学生の方は、アルバイトやボランティア活動も、職歴として記載することができます。その体験談と成果などのアピールするのも良いでしょう。

性別と生年月日の記載について

アメリカでは、性別や生年月日をレジュメに記載しませんが、日本の外資系企業に使用するレジュメは次のように記載しましょう。

アメリカに提出するレジュメには、アメリカの雇用機会均等法に配慮して、応募先から開示するように要求されない限り、年齢や性別はあえて記載し内容が良いとされています。外資系企業でも、勤務先が日本の場合、採用担当者が日本の場合は、性別・生年月日を記載する方が良いでしょう。

アメリカ以外の外資系企業に提出する英文レジュメは、性別や生年月日を以下のように記載するようにしましょう。氏名の下あたりが適切です。

  • Sex: Male または Female
  • Born: Jan 1, 1990

しかしながら、中高年の応募者の場合は、最初に高年齢を与えてしまうよりも、今までの職歴やスキル、業績などのキャリア面での良い印象を与えて、採用担当者の興味を引きつけるような記載方法も良いでしょう。



英文レジュメの作成における技術的なポイント

用紙はA4サイズの白紙を使用します。なるべく良質な紙を使用することで見栄えも良くなります。印刷に関しては、両面印刷はNGです。表面だけ印字するようにしましょう。

見栄えのしないレジュメは読まれない

レイアウトは上下左右にある程度の余白を残し、項目の間では、改行をして全体的にも適度な余白を残すように注意しましょう。中には、ギッシリ書いていた方が熱意が伝わると思われる方がおられるのですが、適度な白地の部分を残すことで、見やすいレジュメになります

見栄えのしないレジュメは読んでもらう確率が低くなります。仮に内容が優れていても、面接の対象から外される可能性があるので、注意しましょう。

名前などの表題は中央寄せにする方がバランスが良くなります。名前全体を大文字にするだけでも引き立ちます。全体のバランス見て、名前だけフォントのサイズを変えたりするのも良いでしょう。

英語での住所表記は日本とは逆の順序になります。番地、町名、都市名、都道府県名の順になります。下記はGoogleの本社になります。

Roppongi Hills Mori Tower PO Box 22, 6-10-1 Roppongi Minato-ku, Tokyo 106-6126.

項目ごとの注意点

項目に関しては、自分がアピールしたいものを自由にまとめて重要な順番に並べていきます。また項目の見出しは、色々なレイアウトパターンで結構ですが、中央寄せにしたり、フォントを大きくしたり、太字にするなどして、少し引き立たせることでバランスがうまくとれます。

各項目の本文では、左側を揃えて、簡潔に箇条書きにするなどして、インデントをして、読みやすく文字を配置する工夫をしましょう。

項目の内容が複数ある場合には、長々と文章を続けるよりも箇条書きにしてみるのも良いでしょう。内容をまとめやすく、採用担当者にも、見やすく把握してもらいやすくなります。

本文中では、I am… や I accomplished… などの、I の乱用は避けてください。自己主張するよりも、客観的視点、簡潔性を重要視してみましょう。

Be動詞も同じように、文章を引き締めるために省略するようにします。I am responsible for なら、Responsible for とします。

フォントは自分の好みになりますが、Arrial narrow、見出しの強調にはArialを使用、フォントは10〜12ポイントで良いでしょう。特に決められたものではないので、見易さを自分なりに工夫して作成してみましょう。

文字の装飾には、太字、イタリック、下線などがあります。このような方法で文字を強調するには有効ですが、あまり全体的に目移りしないように、3種類以内で抑えておく方がベターでしょう。

印刷して仕上がりを確認、意見を聞く

大枠が出来上がったところで、印刷して見ましょう。画面上では気づかなかった部分が印刷することによって気づきます。また客観的な意見を参考にするためにも、家族や友人、また転職エージェントを利用すれば、具体的なアドバイスももらえます。外資系に強いエージェントについては、下記にも記載しているので、ぜひご参考ください。

外資系企業、海外就職、グローバル企業に強い転職エージェント

「外資系企業」「海外勤務がある企業」へ転職したい方の中には、どのようなステップで応募すればいいのか悩まれる方も多いと思います。直接、会社のオフィシャルサイトで採用情報を記載されている企業もたくさんありますが、外資系企業や海外勤務のあるグローバル企業へ転職される方の大半は、「転職エージェント」を利用して転職される方がほとんどです。外資系企業・海外勤務のある企業へ転職する際には、それに特化した転職エージェントがあります。

20代・30代の転職・グローバル・海外就職に強いランスタッド

ランスタッドは、1960年にオランダで創業された世界最大級の総合人材サービス会社です。世界39の国と地域に4,700以上の拠点を持ち、50年以上にわたり培ったノウハウと信頼のある転職エージェントです。

日本国内に136拠点あり、20代〜30代第二新卒の転職サポートに実績があります。グローバル企業、海外勤務、外資系企業の取り扱いも多数。相談は全て無料。

ランスタッド公式サイト

非公開求人数・成功実績No.1のリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、非公開求人数は業界最大級の約10万件。求人の90%は非公開求人 · 転職成功実績No.1 · 年収1000万以上の求人、外資系企業・海外就職・グローバル企業の案件も多数。

日本最大級の求人件数を誇る転職エージェントなので、まずは登録しておきたい転職エージェントです。相談は全て無料。

リクルートエージェント公式サイト

年収800万円以上のエグゼクティブ求人に強いキャリアカーバー

キャリアカーバー は、年収800万円以上の求人、エグゼクティブ求人・グローバル企業・外資系企業のハイクラス求人が豊富に揃うリクルートが運営するハイクラスの転職エージェントです。

求人は非公開のものが多く会員登録することで、専門のヘッドハンターからスカウトを受け取ることができます。基準として直近の年収650万円以上の方に限定されるため、敷居が高いのが特徴。相談は全て無料。

キャリアカーバー公式サイト

外資系・日系グローバル企業での英語を活かした転職ならロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ は、日本では「グローバル人材」に特化した人材紹介会社。 「英語を活かせる求人」だけを紹介しており、コンサルタントは全員バイリンガルで、満足度93%を誇り、外資系ならではのスピード感をもって選考を進めることができます。

求人は公開求人だけでなく、外資系高収入非公開求人も数千件扱っており、面接アドバイスや履歴書の添削を各コンサルも行います。相談は全て無料。

ロバート・ウォルターズ公式サイト

サポートが充実の外資系企業に強いJACリクルートメント

JAC Recruitment は、リクルートエージェントに次いで、業界大手、イギリス発の外資系エージェント。非公開、独占求人の紹介, 外資系企業の豊富な情報量, 英語面接対策やレジュメチェックなどのサポートも充実。相談は全て無料。

JAC Recruitment 公式サイト

外資系アパレル・ラグジュアリーブランド求人に強いクリーデンス

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス は「DODA」が運営しているファッション専門の転職エージェント。外資アパレルブランドやラグジュアリーブランドに特化した案件も強いので、外資系のファッション業界を目指す方にはおすすめの転職エージェントです。

担当コンサルタントと企業ごとに合わせた面接サポートもあるので、外資ブランドを初めて目指す転職者にとって手厚いサポートです。相談は全て無料。

クリーデンス公式サイト



上記は外資系・海外就職・グローバル案件の転職案件に強く、サポートもしっかりあるので、今後、「外資系企業」を目指す方は、登録しておさえておきたい転職エージェントになります。できる限り、1社に限定してしまわずに、2〜3社に登録をしてセカンドオピニオンを持たれることをおすすめいたします。

関連記事

  1. 海外就職における履歴書の写真、LinkedInのプロフィール写真について

  2. 外資系の転職に必要な英文履歴書、レジュメの書き方

  3. 英文レジュメをメールで送る時のテンプレートとサンプル例

  4. Curriculum Vitae(CV)とは?英文レジュメとCV(職務経歴書)の違いについて

  5. IT業界向け英文履歴書作成のポイントとエンジニアのレジュメ記入例

最近の記事

おすすめ記事

  1. 英語ができない場合は外資系転職や海外就職は無理?狙い目の職種について
  2. 女性の外資系企業への転職に年齢や経験は関係ある?
  3. 40代で外資系企業に転職できる?40代が気になる外資系転職事情
  4. 恥をかかない効果的な英文メールの書き方や注意点について
  5. 転職回数が多いのは不利?外資系企業への転職を成功させるコツ
  6. LinkedInとは?ビジネスSNSを利用して外資系企業に転職成功
リクルートエージェント

人気記事

PAGE TOP