外資系の転職に必要な英文履歴書、レジュメの書き方

転職活動をされる方の中には、初めて転職活動を行うという方もおられるかもしれません。また転職は経験があるけれど、外資系企業への転職活動は初めてという方もおられると思います。一番最初に心配されるのが、外資系ならではの、英分レジュメの作成かもしれません。外資系企業への転職に必要な英文レジュメに関するTipsをご紹介致します。

英文レジュメとは?基本的な考え方について

英文レジュメの準備と並行して行わければいけないのが、通常の日本語の履歴書や職務経歴書になります。ここでは、通常の日本語による履歴書と職務経歴書の書き方に関しては、割愛させていただきますが、まず、英文レジュメの基本について考えてみましょう。

  • ただの職歴を記載したものになっていないか
  • スキルの要約になっていないか
  • どのような経緯で転職してきたか

このように考えてみてはいかがでしょうか?履歴書とは広告であり、あなたはそのプロダクトです。あなたのゴールは人事部のマネージャーにあなたが売っているものを買ってもらうことです。書類選考を通過して面接まで辿り着こうと考えるときには、時には、英文レジュメはひとつのマーケティングツール、一種の広告、というようにシンプルに考えてみてはいかがでしょうか。

しかしながら、当然のように広告は世の中に溢れています。人事担当者を惹きつけるものでなくてはなりません。ある研究によると、10名の履歴書があった場合に、そのうち8名の履歴書は、10秒しか見られていません。この研究結果を見ても、いかに、たくさんの履歴書の中で、自分のスキルをうまく表現できるかというマーケティングが重要になってきます。

英文レジュメの3つのフォーマット

真っ白なページでまず何を書こうか悩まれることでしょう。レジュメを作成する際のルールはありませんが、3つのフォーマットに沿って書いていくと良いでしょう。一つ目は、Revere-Chronological, 二つ目は、Functional, 三つ目は、Combination です。それでは下記で説明していきます。

Reverse-Chronological

今までの職歴を時系列に沿って書いていく形式です。この形式はもっとも一般的な形式ですが、一貫した職歴であれば効果的に書いていくことができ、経験やキャリアアップを主張できるフォーマットです。

このフォーマットに向いている人
  • 時系列で職歴を書いていきたい
  • 同じ職歴での仕事に応募したい
  • 前向きに自分のキャリアアップに繋げていきたい
このフォーマットに向いていない人
  • 職歴にギャップがある人
  • 頻繁にキャリアプランを変えている人
  • 数ヶ月ごとに転職している人

Functional

Functional Formatでは、能力やスキルにフォーカスした形式です。資格や経験を主張できる方に向いているといえます。転職回数が多い人やキャリアチェンジしている人は、知識や経験を主張していくのが良いでしょう。

このフォーマットに向いている人
  • 職歴にギャップがある人
  • 業種を変えて転職していきている人
  • 特別なスキルを主張したい人
このフォーマットに向いていない人
  • 同じ職種でキャリアアップを図りたい人
  • エントリーレベルで未経験である人
  • どこでも通用するレベルのスキルのない人

Combination

ご想像がつくかもしれませんが、Combinationは、ChronologicalとFunctionalを合わせたもの、つまり、一貫したキャリアパスにおいて、知識や経験が豊富な場合に用いる形式です。

このフォーマットに向いている人
  • 一貫したキャリアにおちて特別なスキルを持っている人
  • キャリアパスを変えたい人
  • 応募する分野において習得している知識や技術がある人
このフォーマットに向いていない人
  • 自分の学歴を主張したい人
  • 経験がない人
  • エントリーレベルの応募者の人

英文レジュメの最低限のマナー

通常の履歴書と同様に、英文レジュメにおいても、基本的な最低限のマナーがありますので、基本的な部分をポイントとして見ていきましょう。

  • 簡潔で見やすさを重視する → 線や表の使用、箇条書きにして情報が捉えやすい表現
  • 誰にでも理解できる表現力 → 自分の経験を誰にも理解できる表現を使用する

など、英文レジュメと同じように、通常の履歴書や職務経歴書も、上記の点においては、念頭に入れておいて良いでしょう。また、持っている資格を全部記入するのも、履歴書においては、良くありません。

外資系企業であれば、TOEIC800以下であれば、英文レジュメも同時に提出しますので、あえて、低いスコアを履歴書に書く必要はありません。また、最低限のマナーとして、誤字脱字などもないように、十分注意しましょう。英文レジュメのフォーマットがわからないという方は、下記のサイトのように、レジュメのテンプレートなどを利用しても良いでしょう。

最後に

すでに外資系企業の就職経験や、また海外就職の経験がある方は英文レジュメを書くスキルや、また英文レジュメを企業に送る時の知識があるかもしれませんが、英文レジュメだけではなく、レジュメを送る時のカバーレターやメールなどにも様々な知識が必要となります。

20代・30代の転職・グローバル&海外就職に強い「ランスタッド」 や、40代からはグローバル企業案件も多い国内最大手、非公開求人は業界最大の「リクルートエージェント」など、無料の転職エージェントを利用すると、英文レジュメの添削やアドバイスなども行ってくれるので、エージェントを色々と活用してみるのも、一つのアイデアとして検討されてみてはいかがでしょうか。

外資系企業、海外就職、グローバル企業に強い転職エージェント

「外資系企業」「海外勤務がある企業」へ転職したい方の中には、どのようなステップで応募すればいいのか悩まれる方も多いと思います。直接、会社のオフィシャルサイトで採用情報を記載されている企業もたくさんありますが、外資系企業や海外勤務のあるグローバル企業へ転職される方の大半は、「転職エージェント」を利用して転職される方がほとんどです。外資系企業・海外勤務のある企業へ転職する際には、それに特化した転職エージェントがあります。

転職エージェントに登録して海外求人・海外勤務案件をチェック

上記のエージェントは外資系・海外就職・グローバル案件の転職案件に強く、サポートもしっかりあるので、今後、「外資系企業」を目指す方は、登録しておさえておきたい転職エージェントになります。できる限り、1社に限定してしまわずに、2〜3社に登録をしてセカンドオピニオンを持たれることをおすすめいたします。

関連記事

  1. Curriculum Vitae(CV)とは?英文レジュメとCV(職務経歴書)の違いについて

  2. 英文レジュメの書き方の基礎知識と技術的なポイントについて

  3. 海外就職における履歴書の写真、LinkedInのプロフィール写真について

  4. 英文レジュメをメールで送る時のテンプレートとサンプル例

  5. IT業界向け英文履歴書作成のポイントとエンジニアのレジュメ記入例

最近の記事

転職エージェント

  1. 転職者満足度第1位の「doda(デューダ)」はスカウトが多く転職後のフォローアッ…
  2. 面接対策や英文レジュメ添削などサポートの評判が高くハイクラス案件に強いJAC R…
  3. 女性向け転職案件に実績のある「type転職エージェント」の特徴や評判について
リクルートエージェント

転職エージェント

人気記事

PAGE TOP