ナイジェリアで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

イギリス連邦加盟国のナイジェリアは、アフリカ最大の人口を擁している魅力的な市場です。その数は2億人、世界でも第7位。アフリカ最大の産油国であり、映画産業に関しては、何と世界第3位に位置しています。ここでは、そんなナイジェリアの概要・ビザ関連・就職情報等についてご紹介致します。



ナイジェリアで働くには?ナイジェリアの就労ビザについて

ナイジェリア入国の際に有効な日本国籍のパスポートが擁していても、旅行目的の場合、観光ビザが必要となります。90日間滞在できますが、観光ビザは延長ができないので注意が必要です。

そのほか就労ビザ・商用ビザ・外交ビザ・公用ビザ・訪問ビザ・通貨(トランジット)ビザなどがあります。ここでは、主に就労ビザについてご説明致します。

ナイジェリアの就労ビザの種類や期間について

外国人の雇用は、外国人割当て(Expatriate Quota)を取得したポストに限り可能となっていて、就労ビザに該当する労働許可証が義務付けられています。そのほかTWPビザ(一時就労ビザ)や商用ビザがありますが、主に労働許可証(STRビザ)についてご紹介致します。

労働許可証(STRビザ)

ナイジェリアで長期間滞在し、働くすべての外国人は、就労ビザに該当する労働許可証の取得が必要です。就労者はイミグレーション・オフィスにて労働許可証を取得後、滞在許可を申請する一連の流れとなります。労働許可証は2年間有効となり、更新可能で、滞在許可期間は当初1~3年です。その後1~3年毎の更新となり、マックス10年まで更新可能なので、うれしいです。

TWPピザ

TWPピザは、企業団体法人から招待される専門家の熟練したサービスを提供するために提供される短期就労ビザになります。業務内容は主に、販売後の設置やメンテナンス、機械および装置の修理などになります。最大90日間滞在が可能で、56日以上ナイジェリアに滞在する場合、イミグレーション・オフィスに居住地を届け出てください。

商用ビザ

商用ビザの申請では、ナイジェリアの企業からの招聘状と日本において所属している企業からの推薦状が必要です。延長がなしで、有効期限は90日となっていて、メディア関連の報道者関係者の申請は、1カ月以上前に申請してください。なお、以下では労働許可証(STRビザ)について主に説明し、TWPビザや商用ビザに関しては、説明を省略致します。

ナイジェリアの就労ビザの申請について

ナイジェリアの就労ビザに該当する労働許可証(STRビザ)は、外国人割当てを取得したポストに限り申請が可能です。外国人従業員割当て証明書を申請する場合、職種に関しては、雇用先の総務などの人事担当者に尋ねてみてください。提出する書類では、割当てを申請するポストが外国人である必要性や該当ポストを担うにあたって、必要な学歴・職歴・経験の証明が求められます。

ナイジェリア港の就労ビザの申請の難易度

一点補足になりますが、ナイジェリアは政治絡みの行事がある際には、観光ビザの発給を一時的に停止することがあります。大統領選挙や州知事選挙前後の3~6カ月間は、特に注意を払ってください。

アフリカ経済の4分の1を占める規模を持つナイジェリアの就労ビザの申請の難易度はやや高いと言われています。ナイジェリア政府は、国内ワーカーの雇用の確保を推進していますが、イタリアや東南アジアのタイなどでも同じ傾向が見られます。単純労働と見なされる仕事に関しては、先ず就労ビザの取得が難しいと言っても良さそうです。

ナイジェリアの就労ビザの申請に必要な語学力

ナイジェリアの就労ビザの申請に必要な語学力の定めがあると、今まで一度も耳にしたことがありません。行政機関や議会で主に使われている公用語である英語がビジネスのシーンでは必要不可欠となります。言語的にはナイジェリアには方言を含めると、510の言語が現存すると言われていますが、話しネタ的に覚えておく程度でいいでしょう。



ナイジェリアの就職事情と求人について

外務省の調べによると、ナイジェリアの在留邦人数は127名で、それほど多くはありません。日本人学校が現地にありませんが、外務省よりアメリカン・インターナショナル・スクール・ラゴスをホームページで紹介しています。

在日ナイジェリア人は3,025名、ナイジェリア男性と日本人固有のY染色体系統のDNAが同じであることで、ルーツの関連性があると注目されています。ここでは、そんな親近感が沸くナイジェリアの就職事情と求人について、以下ご紹介致します。

日本におけるナイジェリア系企業

日本に進出しているナイジェリア系企業は、ほとんどないのが現状です。個人経営レベルでは、六本木に渋谷や原宿でバーやクラブを経営する日本で暮らすナイジェリア人は、少なくありません。そこで、ここではナイジェリアが誇る映画産業やファッション業界について、ご紹介致します。

映画産業

世界第3位に位置する映画産業抜きでは、ナイジェリアの経済やトレンドは、語れそうにありません。1年間の制作本数は約2千本で、あのアメリカのハリウッドを上回るほどです。ナイジェリア映画は、「ノリウッド」と呼ばれ、イギリスにはノリウッド専門チャンネルがあるそうです。2018(平成30)年に公開された『ライオンハート』をはじめ、日本でも動画サイトでノリウッドを視聴できます。

ファッション業界

ナイジェリアは、ファッション業界でもアフリカをリードする立場にいると言われています。女性はとてもお洒落に敏感で、常に美しさを追求している姿勢が素晴らしいです。アクセサリーやヘアスタイルのこだわりも強く、そのお洒落度にびっくりすることさえあります。

ナイジェリア人デザイナーのリサ・フォラウィヨは、約77000名のインスタフォロワーを抱えるカリスマ的存在です。ファッションやデザインで新しい才能がナイジェリアでは開花しており、まさにアフリカ版ルネサンスとも言えそうです。古くさい社会秩序をモードの力で一新し、新しい風を吹き込んでいます。

また、九州にある(財)福岡県国際交流センター「こくさいひろば」では、ナイジェリアのファッションショーや伝統ダンスを体験できるイベントが開催されました。ニューヨークにも通じるセンスがあり、今後ナイジェリアのファッション業界から目が離せません。

ダンゴート・グループ

あくまで近未来予測ですが、ダンゴート・グループが日本市場に進出する日がやがて訪れそうです。ナイジェリア系企業のダンゴート・グループは貿易をはじめ、運輸・銀行業・精糖・製粉・石油・ガス・セメントなどいろんな分野にビジネスを展開する複合企業です。

従業員が1万人を超え、2008(平成20)年にナイジェリア人として史上はじめて、フォーブスの長者番付にランクインしました。経済成長を続けるナイジェリアにあって、日本の銀行が諸外国と同じようにダンゴート・グループの金融部門と合弁会社を持つことは、想像しがたいことではありません。

ナイジェリアの現地採用

ナイジェリアの通貨のナイラ(NGN)は、2020(令和2)年2月28日現在のレートで、1NGN約0.3円です。屋台で1食あたり100~500NGN、ローカルレストランだと1食700NGNと物価も家賃以外は総体的に安いです。ここでは、そんなナイジェリアの現地採用について、ご説明致します。

求人サイトの活用

現在は募集が修了しましたが、ナイジェリアに現地オフィスを構える株式会社太陽インダストリーアフリカが、求人を出していました。日本のアニメを放送する日本語専用チャンネルに農業や中古車販売、アフリカ各国への日本商材輸出入を展開しています。そのほか不定期ではありますが、ナイジェリアの求人をWeb上で見つけることができそうです。

スタートアップ事業

SENRIは、ナイジェリアに現地子会社Senri Ltd.を設立いています。日本本社サイドでは、開発チームがWeb、アンドロイドのアプリ開発を行い、ナイジェリアでインターンを募集しているようです。ナイジェリアの現地子会社を含め、アフリカ諸国で日本人チームと約20名の現地スタッフが活動を続けています。

ジャイカ

ジャイカ(独立行政法人国際協力機構)のオフィスが、ナイジェリアにあります。2018(平成30)年には、貧困層のための地域保健サービス強化プロジェクトや連邦首都区無収水削減プロジェクトなどを実施しました。ジャイカの青年海外協力隊やシニア海外協力隊での派遣に参加するのもナイジェリアで働く選択肢の一つに入りそうです。

ナイジェリア最大の都市圏人口が2千万人を超えるラゴス市内の移動手段は、実にバラエティに富んでいます。BRT(バス高速輸送システム)・タクシー・ミニバス・乗合タクシー・市バス・オートリキシャ・バイタクと言った交通手段があります。

ナイジェリアにある日系企業・駐在員求人

ジェトロ(独立行政法人日本貿易振興機構)のホームページによると、ナイジェリアに進出する日系企業は、商社に製造やプランドなど42社と紹介されています。ナイジェリアで駐在員として働くには、転職エージェントと転職サイトの活用が最も効果的と言われています。

商社

日本の大手商社では、丸紅と双日がナイジェリアにオフィスを構えています。丸紅は2016(平成28)年に、ナイジェリアの電力大手会社と大型のガス焚き複合火力発電所建設案件で、MOUを締結したと報道されました。天然資源に恵まれるナイジェリアでは、大手商社マンにとって、ビジネスチャンスが多いと言えます。

CFAO

豊田通商の子会社であるCFAOは、アフリカとフランス海外領土における商社であり、アフリカ36カ国に拠点を構えています。三菱ふそうトラック・バスと物流用の軽自動車から大型トラックまでの組立工場を開設し、存在感を発揮しています。自動車やテクノロジーなど各分野の現地におけるマーケットリーダーであり、やり甲斐のある仕事が任せられそうです。

製造業

上記の会社に加え、ナイジェリアに進出している日系企業で有名な企業と言えば、ホンダ・にヤマハ発動機やNECと味の素になります。ホンダが100%出資する四輪車部門法人、ホンダオートモービル・ウエスタンアフリカ(HAWA)が現地にあります。

新型の小型スポーツ用多目的車をナイジェリア国内で組立てていて、2019(令和元)年5月の発売記念発表会では、盛り上がりをみせました。ヤマハ発動機は上記のCFAOと合弁会社を設立し、二輪車の製造拠点をナイジェリア国内に設けています。

最後に

首都アブジャ近郊には、テレビでもよく見かける人気のオーストラリアのエアーズロックの2倍の高さの巨大岩と言われるズマロックがあります。ターコイズブルーの色が印象的なウィキ温泉は、パワースポットで注目を集めているので、機会があれば、行ってみたいものです。北米の世論調査会社の幸福度世界ランキングで第2位に輝いたこともあり、アフリカ屈指の経済大国であるナイジェリアは、魅力がいっぱいです。

外資系企業、海外就職、グローバル企業に強い転職エージェント

「外資系企業」「海外勤務がある企業」へ転職したい方の中には、どのようなステップで応募すればいいのか悩まれる方も多いと思います。直接、会社のオフィシャルサイトで採用情報を記載されている企業もたくさんありますが、外資系企業や海外勤務のあるグローバル企業へ転職される方の大半は、「転職エージェント」を利用して転職される方がほとんどです。外資系企業・海外勤務のある企業へ転職する際には、それに特化した転職エージェントがあります。

下記のエージェントは外資系・海外就職・グローバル案件の転職案件に強く、サポートもしっかりあるので、今後、「外資系企業」を目指す方は、登録しておさえておきたい転職エージェントになります。できる限り、1社に限定してしまわずに、2〜3社に登録をしてセカンドオピニオンを持たれることをおすすめいたします。

20代・30代の転職・グローバル・海外就職に強いランスタッド

ランスタッドは、1960年にオランダで創業された世界最大級の総合人材サービス会社です。世界39の国と地域に4,700以上の拠点を持ち、50年以上にわたり培ったノウハウと信頼のある転職エージェントです。

日本国内に136拠点あり、20代〜30代第二新卒の転職サポートに実績があります。グローバル企業、海外勤務、外資系企業の取り扱いも多数。相談は全て無料。年収1,000万円以上を目指すハイキャリア転職【現在年収800万円以上の方はこちら】」

ランスタッド公式サイト

サポートが充実の外資系企業に強いJACリクルートメント

JACリクルートメントは、リクルートエージェントに次いで、業界大手、イギリス発の外資系エージェント。非公開、独占求人の紹介, 外資系企業の豊富な情報量, 英語面接対策やレジュメチェックなどのサポートも充実。相談は全て無料。

JACリクルートメント公式サイト

非公開求人数・成功実績No.1のリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、非公開求人数は業界最大級の約10万件。求人の90%は非公開求人 · 転職成功実績No.1 · 年収1000万以上の求人、外資系企業・海外就職・グローバル企業の案件も多数。

日本最大級の求人件数を誇る転職エージェントなので、まずは登録しておきたい転職エージェントです。相談は全て無料。

リクルートエージェント公式サイト

外資系・日系グローバル企業での英語を活かした転職ならロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズは、日本では「グローバル人材」に特化した人材紹介会社。 「英語を活かせる求人」だけを紹介しており、コンサルタントは全員バイリンガルで、満足度93%を誇り、外資系ならではのスピード感をもって選考を進めることができます。

求人は公開求人だけでなく、外資系高収入非公開求人も数千件扱っており、面接アドバイスや履歴書の添削を各コンサルも行います。相談は全て無料。

ロバート・ウォルターズ公式サイト

年収800万円以上のエグゼクティブ求人に強いキャリアカーバー

キャリアカーバー は、年収800万円以上の求人、エグゼクティブ求人・グローバル企業・外資系企業のハイクラス求人が豊富に揃うリクルートが運営するハイクラスの転職エージェントです。

求人は非公開のものが多く会員登録することで、専門のヘッドハンターからスカウトを受け取ることができます。基準として直近の年収650万円以上の方に限定されるため、敷居が高いのが特徴。相談は全て無料。

キャリアカーバー公式サイト

転職者満足度第1位のNo.1のdoda(デューダ)

doda(デューダ)は、転職者満足度第1位のNo.1(電通バスリサーチ調査)。転職のプロ・キャリアアドバイザーが、非公開求人の紹介だけでなく、面接対策やキャリアプランの提示などあなたの転職プランに沿って親身にサポートしてくれます。

面接の指導と転職後のフォローアップも評判が良く、まずは登録しておきたい転職エージェントです。相談は全て無料。

doda(デューダ)公式サイト

外資系アパレル・ラグジュアリーブランド求人に強いクリーデンス

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス は「DODA」が運営しているファッション専門の転職エージェント。外資アパレルブランドやラグジュアリーブランドに特化した案件も強いので、外資系のファッション業界を目指す方にはおすすめの転職エージェントです。

担当コンサルタントと企業ごとに合わせた面接サポートもあるので、外資ブランドを初めて目指す転職者にとって手厚いサポートです。相談は全て無料。

クリーデンス公式サイト

関連記事

  1. ケニアで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

  2. 南アフリカで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

  3. モロッコで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

最近の記事

転職エージェント

  1. 「ランスタッド」は世界第2位のシェアを誇る海外就職や外資系転職に強い転職エージェ…
  2. 面接対策や英文レジュメ添削などサポートの評判が高くハイクラス案件に強いJAC R…
  3. 年収800万円以上のハイスペック・エグゼクティブ求人に強い転職エージェント「キャ…

転職エージェントランキング

おすすめ記事

PAGE TOP