未経験でも転職できる?外資系アパレル企業への転職という選択肢

外資系企業というと、総合職のような職種がイメージされやすいかもしれませんが、外資系アパレルやラグジュアリーブランドの販売職も数多くあります。今回は外資系未経験でも狙い目の外資系アパレル企業や、外資系ラグジュアリーブランドについてご紹介したいと思います。

外資系アパレルやラグジュアリーブランド

最近では、外資のファストファッションが海外はもちろん日本にも店舗数を増やしており、その求人の数も増えてきています。

ファストファッションであれば、H&M, ZARA, GAPなどが店舗数も多く、国内でも有名の外資系アパレル企業になります。ZARAに関しては、姉妹ブランドのBershkaや、GAPであれば、Banana Republicや、日本からの撤退が決定しておりますが、Old Navyもあります。

ラグジュアリーブランドなら、ルイヴィトンやプラダ、グッチにエルメスなど、ブランド名をあげるとキリがないくらいあります。

外資系アパレル業界では、販売職が中心になりますが、販売職以外にもマーケティングやプロモーション職、最近だとEコマースやシステム系の職種も増えているので、アパレル未経験の方でも転職できる可能性は十分にあります。

業界が未経験?外資系が未経験?

どちらにもアドバンテージやメリットがあり、どちらにもデメリットがあります。それでは、この2つのケース(販売職)を例にとり、未経験が転職で成功するプロセスを見ていきましょう。

日系企業で販売員として経験はあるが外資系は未経験

日系企業のアパレル業界での経験を積んでいる場合は、その販売スキルを活かして外資系アパレル、ラグジュアリーブランドに転職できる可能性は十分にあります。

特に経験があって、ファッションが大好き、さらに英語力もあるという方は、自らの経験と熱意をアピールしても良いでしょう。ここでは、3つのポイントに絞っていきたいと思います。

販売員としてのスキルや経験

日系のアパレル企業でも同じことが言えますが、外資系アパレルでも同様に求められるのは販売力や接客力です。ここで意識しておきたいことは、自ら販売員としてどれくらいの売上を占めていたか、など具体的な数値管理をしていていただきたいということです。

外資系アパレルやラグジュアリーブランドでは、語学力よりも「販売力」が必要になります。アピールできる具体的な数値を把握しておきましょう。

ファッション業界への熱意

ファッション業界では、「熱意」が求められることが多いのが特徴かもしれません。ブランドのマネキンとして、お客様と接することから、ファッションのトレンドやブランドの特徴、伝統のあるラグジュアリーブランドに関しては、そのブランドの歴史など、ファッションに関しての幅広い知識を知っていることはアピールポイントになります。

外資系アパレルの英語力

販売員であれば、海外のお客様が来店された場合に、困らない日常会話程度の英語力があればアピールする判断材料となります。

ブランドや企業によっても英語力には、こだわる企業とそうでない企業があるので、事前に調べておいてもよいでしょう。

外資系企業での勤務経験はあるが販売職が未経験

英語力はあり、外資系企業での経験はあるが、ファッションが好きでラグジュアリーブランドへチャレンジしたいという方は、まったくの業種・職種違いなので、なぜファッション業界にチャレンジしたいか、今までの経験がファッション業界でどのように即戦力になるのかというのをアピールする必要があります。

販売員以外でのスキルや経験

販売員としての経験がありませんので、当然、販売職以外でのアピールが必要になってきます。販売員という職種に固執しないのであれば、他にも募集職種があるのか調べてみるのもよいでしょう。

いずれにしても今までの経験で即戦力となるスキルがあることが自分の強みになってきます。

ファッション業界の知識

アパレル業界に転職したいという方なら、ファッションが好きだったり、ファッションの情報には敏感な方が多いとは思いますが、たとえば、ファッションの歴史や、また衣類の素材などに詳しいなど、ファッションをあらゆる側面から捉えることのできる方がファッションへの熱意を感じられることができます。

異業種に挑戦したいという熱意

今までのキャリアや年齢にも関係してきますが、なぜ今、異業種にチャレンジしたいのか、今後どういうキャリアプランを描いているのか、ということが重要になってきます。

採用担当の方に、不明確な印象を与えないように、アパレル企業へチャレンジしたいという熱意も同時にアピールできるように自分自身を分析してみてはいかがでしょうか。

未経験でも採用されるポイント

どちらのケースのいずれにしても、未経験で採用されるポイントがあります。それはいかに自分が企業の即戦力になることができるか、というアピールです。販売員としての即戦力、それ以外での職種での即戦力など色々とありますが、以上のポイントをおさえて転職活動を進めていきましょう。

外資系企業へ転職する際には、外資系企業に強い転職エージェントがあります。サポートもしっかりあるので、今後、「外資系企業」を目指す方は、転職エージェントに登録しておさえておきましょう。

外資系企業、海外就職、グローバル企業に強い転職エージェント

「外資系企業」「海外勤務がある企業」へ転職したい方の中には、どのようなステップで応募すればいいのか悩まれる方も多いと思います。直接、会社のオフィシャルサイトで採用情報を記載されている企業もたくさんありますが、外資系企業や海外勤務のあるグローバル企業へ転職される方の大半は、「転職エージェント」を利用して転職される方がほとんどです。外資系企業・海外勤務のある企業へ転職する際には、それに特化した転職エージェントがあります。

転職エージェントに登録して海外求人・海外勤務案件をチェック

上記のエージェントは外資系・海外就職・グローバル案件の転職案件に強く、サポートもしっかりあるので、今後、「外資系企業」を目指す方は、登録しておさえておきたい転職エージェントになります。できる限り、1社に限定してしまわずに、2〜3社に登録をしてセカンドオピニオンを持たれることをおすすめいたします。

最近の記事

転職エージェント

  1. 「リクルートエージェント」求人の90%は非公開求人 · 転職成功実績No.1
  2. ロバートウォルターズ「英語を活かした転職」で評判の転職エージェント
  3. 転職者満足度第1位の「doda(デューダ)」はスカウトが多く転職後のフォローアッ…
リクルートエージェント

転職エージェント

人気記事

PAGE TOP