• 最終更新日: 2018.04.12

  • 面接

外資系企業の転職を成功させる面接の服装について《私服編》

外資系企業の面接では、どのような服装でいけばよいか悩んでおられる方も多いでしょう。一部の職種を除いては、男性・女性共に、もっともスーツであれば無難と言えるでしょう。

しかしながら、最近ではITのベンチャーも増えてきており、サンフランシスコでは、スーツを着ているほうが違和感があり、商談が上手くいかないということもあるくらいで、スーツが好ましくない場合も増えてきており、私服を着てくるよう指定する企業もあります。今回は、「私服」を指定された場合の服装についてのTipsをご紹介致します。

私服指定の場合は、私服で行く

最近では、私服OKではなく、「私服指定」の面接が増えてきています。そういった「私服指定」の場合には、会社が指定しているわけですから、会社のマナーに従い、基本的には「私服」で面接を受けるようにしましょう。

以前は、「私服指定」された場合にも、スーツで面接を受ける方が多い印象でしたが、最近では、会社側も、ファッションセンスということではなく、「私服指定」した場合に、どのようなスタイルで来るのか、という「常識」と「個性」を両方確認したいという企業も増えてきいます。そういった企業の意図を汲み取ることが大切です。

私服面接のカジュアル過ぎはNG

私服面接の場合は、いったいどのような私服で行くと良いのか、悩まれる方も多いかもしれません。スーツ以外の私服指定とはいえ、ジーパンなどのラフなスタイルは避けた方が無難でしょう。

また女性の場合は、肌が大きく露出したものや、派手すぎる服装は面接にはふさわしくありません。とはいえ、暗すぎる服装だと印象が暗く見えがちなるため、適度な明るさを取り入れて明るい印象を心がけましょう。

私服面接はオフィスカジュアルがベター

私服面接で一番ベターなスタイルは「オフィスカジュアル」でしょう。スーツではないけど、カジュアルすぎない、清潔感があり面接にもふさわしいスタイルとも言えます。オフィスカジュアルの度合いが不安な方は、実際にその企業の社員がどんなスタイルで出勤しているかを、実際確かめに行くのも良いでしょう。

一般的には、男性なら、トップスはジャケットにシャツ、ボトムスはチノパンを合わせたスタイル、女性なら、トップスはジャケットにブラウス、ボトムスはスカートかパンツスタイルが無難でしょう。では、実際にどういうスタイルかをご紹介致します。

私服面接の参考例(男性編)

オフィスカジュアル男性編1

オフィスカジュアル男性編2

  • ジャケット・・・季節に合った素材感のあるもので、無地のジャケットを選びましょう
  • シャツ・・・白に近い薄いカラーが無難でしょう。目立たないストライプでも良いでしょう。
  • パンツ・・・チノパンや、ノータックパンツ。カラーは黒やグレー、ベージュやネイビーでも良いでしょう。
  • 靴・・・黒か茶色で、痛んでいないものを選びましょう。

私服面接の参考例(女性編)

私服面接女性編

私服面接女性編

  • ジャケット・・・落ち着いたカラーのジャケットやカーディガンが良いでしょう。丈は長すぎても短すぎてもカジュアルになるので、適度な丈にしましょう。
  • ブラウス・・・ジャケットやカーディガンの下には、少し明るめのカラーを問い入れても良いでしょう。モノトーンにする場合はスカーフなどの小物でアクセントを・
  • パンツ・スカート・・・スカートは膝より丈の長いものを選びましょう。多少の模様や素材感のあるものも可。
  • 靴・・・革のパンプス、ヒールは高すぎないものを選びましょう。

最後に

「私服指定」面接の意図は、アパレル企業では、センスの良さを問われるかもしれませんが、あくまで面接という場面にふさわしいスタイルを選ぶようにしましょう。

そのことを踏まえて、無難なオフィスカジュアルであれば、清潔感と面接の場面をわきまえたスタイルとして面接に挑むことができるでしょう。

外資系企業、海外就職、グローバル企業に強い転職エージェント

「外資系企業」「海外勤務がある企業」へ転職したい方の中には、どのようなステップで応募すればいいのか悩まれる方も多いと思います。直接、会社のオフィシャルサイトで採用情報を記載されている企業もたくさんありますが、外資系企業や海外勤務のあるグローバル企業へ転職される方の大半は、「転職エージェント」を利用して転職される方がほとんどです。外資系企業・海外勤務のある企業へ転職する際には、それに特化した転職エージェントがあります。

転職エージェントに登録して海外求人・海外勤務案件をチェック

上記のエージェントは外資系・海外就職・グローバル案件の転職案件に強く、サポートもしっかりあるので、今後、「外資系企業」を目指す方は、登録しておさえておきたい転職エージェントになります。できる限り、1社に限定してしまわずに、2〜3社に登録をしてセカンドオピニオンを持たれることをおすすめいたします。

関連記事

  1. 外資系の採用プロセスと英語面接で聞かれる質問の傾向と対策について

  2. 外資系の面接回数は?最終面接の質問とは?転職者必見!元採用担当のアドバイス

  3. 外資系企業の英語面接で即答力が求められる質問サンプル例10選

  4. 面接や仕事でアピールしたい7つのソフトスキルとは?

  5. 電話面接を成功させる対策やマナーについて

  6. 外資系の電話面接マナー術!面接後のお礼メールについて

  7. セクハラ、モラハラによる退職や面接に対する対処法

  8. 外資系企業に転職する時の面接で気を付けたい10のこと

最近の記事

転職エージェント

  1. ロバートウォルターズ「英語を活かした転職」で評判の転職エージェント
  2. 転職者満足度第1位の「doda(デューダ)」はスカウトが多く転職後のフォローアッ…
  3. 年収800万円以上のハイスペック・エグゼクティブ求人に強い転職エージェント「キャ…
リクルートエージェント

転職エージェント

人気記事

PAGE TOP