外資系の電話面接マナー術!面接後のお礼メールについて

電話で面接をする時には、対面での面接をする時と同じように感謝の言葉を伝えることが大切です。一般的に面接官は志願者に電話をかけ、それを第一段階の面接として、次の面接の日程を取り決めます。今回は、電話面接後に置けるフォローアップについてご紹介いたします。

電話面接は顔が見えない分、記憶も薄い

電話面接では、志願者の仕事の経験や学歴、会社の理解度を質問されることがあります。面接官は電話面接だけでも、多くの志願者の対応をしてきているので、対面ではない分、特徴を捉えにくく、一人ひとりが記憶に残りにくいものです。

そのため、面接の直後にメールで感謝を伝えることは、その志願者の話を思い出させてくれるきっかけに繋がります。また、企業にとって有益な専門的知識や技術を持ち合わせている志願者だということを、再び繰り返し思い出させてくれます。

面接後に、お礼のフォローアップメールを送るだけでも、他の応募者と差をつけることができます。

電話面接後のお礼メールについて

電話面接においても、一応、ペンと紙を持ってもメモとっても良いか確認しましょう。なぜなら、メモをとっている間にどんどんと質問に答えなければならないためです。

聞かれた質問、質問に対する自分の返答を簡潔にメモに残しておくと良いでしょう。そして、面接が終わった時には、面接官が時間を取ってくれたことに感謝を伝えましょう。そして、次の面接に繋げることができるように、特に、電話面接で興味を引いた内容をピックアップして、それについて自分の情報をより良く伝えましょう。

面接が終わった後には、面接官のメールアドレスを聞き、すぐに感謝のメールを送りましょう。そこでは引き続き、仕事への興味や取得している資格なども含めてアピールしてみても良いでしょう。

ただ、自分のアピールをするだけのお礼メールにならないように注意することが重視ようです。つまり、大切なことは、電話面接での交渉を続けることです。それは面接官にあなたのことを強く印象付けることとなります。

感謝のメールには何を込めるべきか

以下には、どのように感謝の言葉を伝えるか、また、どのようにそれに個性をだすかについて書いています。

あなたが面接中に言いたかったが言えなかったことがある場合は、それを感謝のメールで伝えましょう。そして、常に感謝の言葉には自分の個性を出しましょう。面接のときの個性を感謝のメールにも反映してください。

そのメールでは、あなたが面接中に伝えきれずに気になっていたことなども、積極的に伝えましょう。例えば自分の職歴や得意なこと、出張や転勤はあるか等、条件的なことも確認してみましょう。

最後に、感謝の言葉を伝えることは自分を売り出すとても良いチャンスだということも、覚えておいておきたいものです。この「売り込み」をすることで面接官があなたのことを簡単に思い出すことができます。これは、電話面接だけではなく、対面での面接を受けていく上でも同じことです。

今まで企業研究してきた企業の歴史や特徴と共に、あなたの意欲もメールで表現してみましょう。履歴書と感謝のメールをうまく相乗的にうまく自分を表現することで、次のステップに繋げていきましょう。

感謝の気持ちを伝えるとき

電話であっても直接であっても感謝の言葉を伝えることは大切です。

私たちはいつも、電話またはインターネットのビデオ通話で多くの人と話します。そこでも感謝の気持ちを伝えることが大切です。それはマナーとしてだけでなく、自分を売り込むチャンスとしても有効であるからです。

お礼メールの参考例

それでは、お礼メールの参考例を見ていきましょう。あくまで参考程度として、自分の言葉で表現するようにしましょう。

Sample Thank You Email Message #1

電話面接のお礼と、簡潔に自分のアピールポイントを述べた例です。このような例は、面接時点でしっかりと自分をアピールできた方の例になるでしょう。

Sample Thank You Email Message #2

こちらの例は、面接でも話に出た内容をもう一度、繰り返すことで自分を印象つけようとしている例です。またそれに加えて、アプリ開発やその具体的な結果も含めて自分をアピールしています。

reference:Thank You Email Messages for a Phone Interview Examples

最後に

電話面接とは言えども、対面面接とは変わりなく準備をしておきたいものです。電話面接というと、少し気が抜けがちになりますが、対面面接に繋がるステップの一歩です。

特に英語による電話面接の場合は、対面よりもニュアンスが伝わりにくいことがあります。また、瞬発的に質問に対しての返答に答えなければなりません。「どれくらいの英語力があれば外資系企業に転職しやすいのか?」では、英語の会話力について、ご紹介しておりますので、ぜひご参考ください。

外資系企業、海外就職、グローバル企業に強い転職エージェント

「外資系企業」「海外勤務がある企業」へ転職したい方の中には、どのようなステップで応募すればいいのか悩まれる方も多いと思います。直接、会社のオフィシャルサイトで採用情報を記載されている企業もたくさんありますが、外資系企業や海外勤務のあるグローバル企業へ転職される方の大半は、「転職エージェント」を利用して転職される方がほとんどです。外資系企業・海外勤務のある企業へ転職する際には、それに特化した転職エージェントがあります。

転職エージェントに登録して海外求人・海外勤務案件をチェック

上記のエージェントは外資系・海外就職・グローバル案件の転職案件に強く、サポートもしっかりあるので、今後、「外資系企業」を目指す方は、登録しておさえておきたい転職エージェントになります。できる限り、1社に限定してしまわずに、2〜3社に登録をしてセカンドオピニオンを持たれることをおすすめいたします。

関連記事

  1. 恥をかかない効果的な英文メールの書き方や注意点について

  2. 外資系企業の転職を成功させる面接の服装について《私服編》

  3. 外資系の面接回数は?最終面接の質問とは?転職者必見!元採用担当のアドバイス

  4. 英文レジュメをメールで送る時のテンプレートとサンプル例

  5. 面接や仕事でアピールしたい7つのソフトスキルとは?

  6. セクハラ、モラハラによる退職や面接に対する対処法

  7. 外資系の採用プロセスと英語面接で聞かれる質問の傾向と対策について

  8. 電話面接を成功させる対策やマナーについて

  9. 外資系企業の英語面接で即答力が求められる質問サンプル例10選

最近の記事

転職エージェント

  1. ロバートウォルターズ「英語を活かした転職」で評判の転職エージェント
  2. 面接対策や英文レジュメ添削などサポートの評判が高くハイクラス案件に強いJAC R…
  3. 転職者満足度第1位の「doda(デューダ)」はスカウトが多く転職後のフォローアッ…
リクルートエージェント

転職エージェント

人気記事

PAGE TOP