海外求人や外資系求人の探し方のコツは?未経験者が押さえておくべきポイント

外資系企業の求人や海外勤務の仕事情報の載ったウェブサイトは非常に多くあるので、どのようなサイトがあなたが仕事探しに適しているか、知ることは非常に難しいことでしょう。

ここでは、どのような求人掲示板、就職転職サイト、転職エージェントなど、それがあなたの仕事探しに適しているかという情報を調べていきましょう。また、希望の仕事を見つけるために、どのようなサイトをどう使い分けるか、というコツも身につけましょう。



インターネットを使って、どこで仕事を探すべきか

求人掲示板

最近では、日本においては、求人掲示板の利用は少なくなってきましたが、いわゆる雇い主によって提示される求人を投稿するサイトです。

普通、雇い主は自分たちの求人情報を投稿するのに料金を支払います。海外においては、よく知られている一般的な求人掲示板でメジャーなサイトといえば、Monsterです。

求人掲示板の利点は、会社が求人を直接掲載するため、その仕事のポジションに空きがあることを知ることができるということです。求人掲示板を通じて申し込んだ応募者だけを雇う会社もあります。しかし、求人掲示板には、多くの場合、転職サイトや転職エージェントと比べて情報が少ないというのが欠点です。

ニッチな求人掲示板

一般的ではありませんが、ある特定の業界、職種など、特定のタイプの人のみを求めて求人を投稿する、ニッチな求人掲示板も多くあります。

例えば、Diceは技術系の求人のための掲示板です。夏休み中の仕事やインターンシップといった入門レベルの仕事のためのサイトだけでなく、高等教育、ヘルスケア、環境などの業界のためのニッチ求人掲示板もあります。

 ニッチ掲示板の利点は、自分の業界の求人だけに焦点を当てられるということです。しかし、どの業界に行きたいのか決まっていなければ、ニッチ求人掲示板を避けるか、2つ以上の業界を求めて掲示板を調べることになるでしょう。

求人検索エンジン

求人検索エンジンは、求人掲示板や会社のウェブサイトから求人情報を集めるものです。IndeedとSimplyHiredの2つが最もメジャーで有名です。どちらも常に何百万もの求人情報があります。Indeedの知名度は日本でも高く、利用されている方も多いのではないでしょうか。

求人検索エンジンの利点は、たくさんの情報源からの求人があるため、求人掲示板よりも多くの求人を見ることができることです。

ただし、全ての求人が最新のものというわけではないため、求人が終わっていないか二重に確かめる必要があるかもしれないという欠点もあります。何度も投稿されている求人もあるため、そのような求人にも気を付けなければいけません。

ニッチ求人検索エンジン

ニッチ求人検索エンジンは、求人掲示板や会社のウェブサイトを通じて投稿された、特定の領域と業界に関わる仕事を検索するものです。レストランでの仕事のためのJobsOnTheMenuなどがあります。海外で飲食関連の仕事を見つけたい時にや役立つサイトでしょう。



会社のウェブサイト

どの会社で働きたいかが分かっている場合、会社のウェブサイトを調べて求人を探しましょう。

普通、会社のウェブサイトにはCareersかJobsのセクションがあります。このセクションはAbout Usの下にあることもあります。

大手企業のの場合、キーワードや勤務地などによって求人を探すこともできます。ウェブサイトで求人に直接申し込むことができてしまうことも多いでしょう。

SNSにおける求人

ネットワークに加えて、ソーシャルメディアが求人を探すのに役立つこともあります。Linkedlin、Twitter、Facebookなどのソーシャルメディアに求人を投稿する企業も最近では増え始めてきました。

LinkedInでは、複数の会社にまたがって求人を探すこともできます。Jobのタブをクリックし、キーワード、勤務地、業界などで検索しましょう。

勤務地ごとの求人

ある特定の場所で働きたいと決まっているのなら、その場所での仕事のみを求めて求人掲示板や求人検索エンジンを調べることもできますが、地域の求人情報に特化したサイトもたくさんあります。

あなたの住んでいる町の商工会議所のウェブサイトを調べましょう。地元の商工議会所を見つけるのに、アメリカであれば、全米商工議会所から有益な情報を得られることがあります。



インターネットを使って仕事を見つけるコツ

とてつもない情報量の中から自分の希望する仕事を見つけるためには色々なコツがあります。特に、未経験の方においてはチェックするべきポイントも多くあります。

注意深くサイトを選ぶ

あなたに合っていないと思われる求人サイトを見るのに無駄な時間を使わないようにしましょう。一般的な求人検索サイトとニッチの検索サイトを組み合わせれば、最適な求人情報を得るのに役立ちます。

条件や詳細検索を用いる

必要のない求人情報を除外するために、色々な条件を入力して検索範囲を狭めます。詳細検索がもしあれば、活用してみましょう。そこからキーワード、勤務場所、会社の名前などで、検索の精度を高めることができます。

メール通知を設定しておく

特に役に立つと思った求人サイトがいくつか見つかれば、メールでの通知を設定をONにしておきましょう。週ごとに、あるいは月ごとに求人情報のメールが届くこともあります。

興味のある求人のみを受け取れるように、希望条件で狭めることができます。しかし、多くのメール通知を設定しすぎないようにしましょう。あまりに多くの求人情報に悩まされたくはないはずです。

履歴書を投稿する

自分自身の情報を知ってもらうために、少なくとも1つか2つくらいの求人サイトに履歴書を登録しておきましょう。多くの採用担当者が、求人掲示板や求人検索エンジンで応募者を探しています。

しかし、まだ在職中であれば、転職活動が公にならないように、特に同僚などにも秘密にしておきましょう。仮に、転職がうまく行かない場合でも、在職中の会社での地位が危険にさらされることもありません。

頭の中を整理しておくこと

どのサイトを使っているか、それぞれのサイトでどの求人に応募したかを見失わないようにしましょう。転職活動中は色々と応募をしてしまい、違うサイトで同じ企業に応募してしまうという初歩的なミスもありがちです。転職活動においては、常に、情報を整理する習慣を身につけましょう。

詐欺や料金に注意する

ほとんどの求人サイトでは、検索や履歴書の登録に料金は掛かりません。特に、海外就職や海外勤務の場合は、高額なエージェント料金を請求するサービスもあります。

また、詐欺の求人投稿にも、十分に気を付けましょう。詐欺に気づき、避けるためのコツを身につけましょう。

外資系企業や海外勤務の転職を希望している方、特に転職未経験の方や、英語力など語学力に自身のない方は、日本国内で活動されることをおすすめいたします。転職サイトではなく、対面式でサポートが受けられる転職エージェントを利用することで、不安も取り除けます。



外資系企業、海外就職、グローバル企業に強い転職エージェント

「外資系企業」「海外勤務がある企業」へ転職したい方の中には、どのようなステップで応募すればいいのか悩まれる方も多いと思います。直接、会社のオフィシャルサイトで採用情報を記載されている企業もたくさんありますが、外資系企業や海外勤務のあるグローバル企業へ転職される方の大半は、「転職エージェント」を利用して転職される方がほとんどです。外資系企業・海外勤務のある企業へ転職する際には、それに特化した転職エージェントがあります。

20代・30代の転職・グローバル・海外就職に強いランスタッド

ランスタッドは、1960年にオランダで創業された世界最大級の総合人材サービス会社です。世界39の国と地域に4,700以上の拠点を持ち、50年以上にわたり培ったノウハウと信頼のある転職エージェントです。

日本国内に136拠点あり、20代〜30代第二新卒の転職サポートに実績があります。グローバル企業、海外勤務、外資系企業の取り扱いも多数。相談は全て無料。

ランスタッド公式サイト

非公開求人数・成功実績No.1のリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、非公開求人数は業界最大級の約10万件。求人の90%は非公開求人 · 転職成功実績No.1 · 年収1000万以上の求人、外資系企業・海外就職・グローバル企業の案件も多数。

日本最大級の求人件数を誇る転職エージェントなので、まずは登録しておきたい転職エージェントです。相談は全て無料。

リクルートエージェント公式サイト

年収800万円以上のエグゼクティブ求人に強いキャリアカーバー

キャリアカーバー は、年収800万円以上の求人、エグゼクティブ求人・グローバル企業・外資系企業のハイクラス求人が豊富に揃うリクルートが運営するハイクラスの転職エージェントです。

求人は非公開のものが多く会員登録することで、専門のヘッドハンターからスカウトを受け取ることができます。基準として直近の年収650万円以上の方に限定されるため、敷居が高いのが特徴。相談は全て無料。

キャリアカーバー公式サイト

外資系・日系グローバル企業での英語を活かした転職ならロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ は、日本では「グローバル人材」に特化した人材紹介会社。 「英語を活かせる求人」だけを紹介しており、コンサルタントは全員バイリンガルで、満足度93%を誇り、外資系ならではのスピード感をもって選考を進めることができます。

求人は公開求人だけでなく、外資系高収入非公開求人も数千件扱っており、面接アドバイスや履歴書の添削を各コンサルも行います。相談は全て無料。

ロバート・ウォルターズ公式サイト

サポートが充実の外資系企業に強いJACリクルートメント

JAC Recruitment は、リクルートエージェントに次いで、業界大手、イギリス発の外資系エージェント。非公開、独占求人の紹介, 外資系企業の豊富な情報量, 英語面接対策やレジュメチェックなどのサポートも充実。相談は全て無料。

JAC Recruitment 公式サイト

外資系アパレル・ラグジュアリーブランド求人に強いクリーデンス

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス は「DODA」が運営しているファッション専門の転職エージェント。外資アパレルブランドやラグジュアリーブランドに特化した案件も強いので、外資系のファッション業界を目指す方にはおすすめの転職エージェントです。

担当コンサルタントと企業ごとに合わせた面接サポートもあるので、外資ブランドを初めて目指す転職者にとって手厚いサポートです。相談は全て無料。

クリーデンス公式サイト



上記は外資系・海外就職・グローバル案件の転職案件に強く、サポートもしっかりあるので、今後、「外資系企業」を目指す方は、登録しておさえておきたい転職エージェントになります。できる限り、1社に限定してしまわずに、2〜3社に登録をしてセカンドオピニオンを持たれることをおすすめいたします。

関連記事

  1. 外資系の面接回数は?最終面接の質問とは?転職者必見!元採用担当のアドバイス

  2. LinkedInとは?ビジネスSNSを利用して外資系企業に転職成功

  3. 転職回数が多いのは不利?外資系企業への転職を成功させるコツ

  4. エージェントを使わずに転職サイトで外資系企業に転職する方法とは?

  5. 海外就職におけるミレニアル世代の転職のポイント

  6. 奨学金でアメリカの大学院に留学して海外でキャリアアップする方法

  7. 海外就職における理想の企業に応募するためのポイントとは?

最近の記事

おすすめ記事

  1. 英語ができない場合は外資系転職や海外就職は無理?狙い目の職種について
  2. 40代で外資系企業に転職できる?40代が気になる外資系転職事情
  3. 転職回数が多いのは不利?外資系企業への転職を成功させるコツ
  4. LinkedInとは?ビジネスSNSを利用して外資系企業に転職成功
  5. 女性の外資系企業への転職に年齢や経験は関係ある?
  6. 恥をかかない効果的な英文メールの書き方や注意点について
リクルートエージェント

人気記事

PAGE TOP