カナダの海外就職体験談!就労ビザ取得後、日系企業と現地採用で学んだこと

今回は、カナダ留学後に3年間の就労ビザを取得後に、日系企業と現地採用でカナダで海外就職されたSさんに体験談を語っていただきました。これからカナダに留学して海外就職を目指している、カナダに移住して海外就職を目指している方はぜひご参考ください。



今までの経歴を教えてください

イニシャルネーム:S.V様(20代後半)

私は2008年より約8年間カナダに在住し、2016年の年末に日本に帰国しました。

カナダのカレッジ卒業後は、現地の日本人経営の企業で働きましたが、せっかくカナダに住んでいるのだからカナダの企業で働いてみたいと思いました。

ファッションに興味があったので、はじめは自分の好きな店で働いてみようと思いVictoria’s Secretという下着屋さんで販売員をしました。販売員以外にもビジュアルマーチャンダイザーのアシスタントという、お店のディスプレイを作る業務もしていました。Victoria’s Secretでの仕事はパートタイムだったので、慣れてきた頃に日本にも店舗があるアパレルストアのZARAで販売員として働きました。

2つの仕事の掛け持ちが大変になってきたので、フルタイムで仕事を探し、アメリカに本社がある英語語学学校でマーケター兼カウンセラーとして働くことになりました。

小さな語学学校だったのでマーケターやカウンセラー以外にも業務があり、責任感のある仕事を任せていただきました。大きな学校だと日本人には日本人のカウンセラーやマーケターがいますが、私は日本以外に他国の担当もしていました。世界からの問い合わせに答えたり、本社がアメリカにあるので毎日顔を見たことがない同僚とスカイプで話したりと、世界中のいろいろな人との出会いがありとてもやりがいのある仕事でした。

海外就職しようと思ったきっかけは何ですか?

カナダのカレッジを卒業後、Post Graduate Work Permitという3年間カナダで就労できるビザが発行されるので、カナダで仕事をしてみたいと思い、卒業後もそのままカナダに残りました。

日本はワーキングホリデーがありますが1年間だけで、世界にはワーキングホリデーもない国が多く、普通の就労ビザを得るには仕事場が既に決まっていなければならず、またスポンサーが必要であったり、働きたくても、なかなかビザが取得できない人たちが多いと聞いたので、スポンサーがない状態で3年の就労ビザが出るのは貴重だと思い、海外就職にチャレンジしようと思ったのがきっかけです。

海外就職を目指そうと思った時の語学レベルを教えてください。

カレッジ卒業後だったので、日常生活に困らないくらいの英会話力と、学校では論文など提出しなければいけなかったので英語で数ページの論文が書けるくらいのライティングスキルはありました。

TOEICは日本では必要かもしれませんが、カナダ現地では特に必要性もなかったので受けたことがありませんでした。

必要な語学レベルに達するためにどれくらいの時間を要しましたか?

3年間カレッジで勉強をして、語学レベルは上がったと思いますが、今でも日々新しい英単語を学んだりすることが多いです。

カレッジでは最初の1年間はESLのクラスに入って英語を勉強しました。

ちなみに日本にいた時は、テストのために単語や文法を覚える日本の英語の授業スタイルが嫌いだったので、カナダに来た時の英語レベルはほぼゼロに近かったです。



必要な語学レベルに達するためにどんな勉強法や努力をしましたか?

リーディング・ライティング

日本語でも英語でも本を読むのが苦手だったので、参考書などを使ったことがありません。最初は読むのがとにかく嫌いでしたが突破口となったのは、カレッジのESLのクラスで「新聞から好きな記事を切り取ってきてそれについて文章を書く」という宿題が出た時です。

私はジョニー・デップのファンで、その時に、たまたまジョニーデップについて書かれていた記事を見つけたので、すかさずそれを選びました。好きなことだとスラスラと読めて、記事の内容が気になるという感情の方が、わからない・読めないに勝っていて、わからない単語なども自分で前後の文章を読んで考えたり、それでもわからなければ言葉を自ら調べようという気になれました。

それから、インターネットでジョニーデップの英文の記事など、自分の興味のあることを探して読むようにしていて、「英文を読む」ということ自体に慣れていきました。

それから学校の教科書などもスラスラと読めるようになっていました。

ライティングはカレッジの提出物などで力を伸ばしていきました。それだけだと、論文のようなライティングになってしまうので、友達が送ってくれたメッセージなどを真似したりして、書き方を学んだりもしました。仕事をし始めた時も、ビジネスメールの書き方などは他の人から送られてくるメールを真似しながら学びました。

リスニング・スピーキング

覚え方はリーディング方法と似ていて、Youtubeなどで自分の好きなビデオを見て覚えました。やはりリスニングも、自分の好きなことであれば耳に入ってきます。もちろん、友達と話したりしてリスニングやスピーキング力を伸ばしたところもあります。赤ちゃんが言葉を覚えるように、まずは人が言うことを真似したりして自然に覚えていきました。

それから、日英・英日辞書を使うのではなく英英辞典を使うようにしていました。

当たり前ですが、英英辞典には簡単な言葉で説明文が書いてあるので、それを読んだりして新しい単語を覚える時はその言葉を自分の知っている簡単な言葉に直して説明できるようにしました。

そうすると、わからない単語が出てきた時に、人に自分の言葉で説明して「こういうことを、他の言葉でなんと言うんだったっけ?」と聞いたりして単語を思い出したり、逆に自分の知らなかった他の言い方を教えてもらったりできました。

無理に難しい知らない単語を言ったり書いたりしても、自分の経験上、後に忘れてしまうので、自分の知っている言葉で説明できるようになることは大切でした。特に人から上記のように人から直接教えてもらったことはその時の記憶とともに思い出すことができます。

海外での就職先をどのように探しましたか?

自分でネットを利用して就職先を探しました。

また、カナダではインナーネットに求人が掲載されていなくても履歴書を直接持って行っていいので、直接履歴書を持って行くこともありました。



海外で就職するために行なった準備を具体的に教えてください。

カナダでは日本のように履歴書の用紙が売っていなく、自分でパソコンを使い作らなければいけないので、まずは履歴書作りをしました。

履歴書はテンプレートもなく、自由に書いてもいいですが、わたしの場合は学校で履歴書の書き方を学んだので、もらったテンプレートを参考に書いて、自分の長所を書く部分はネットを参考にして書いたり、企業に合わせて変えたりしていました。

また、受けたい企業についてチェックしたり、面接ではどういうことが聞かれるかなども、ネット上に情報があるものもあったのでそれをチェックしたりしました。

海外就職での面接で聞かれたことは何ですか

企業によって違いますが、「なぜうちの会社を受けようと考えましたか」という質問はどこからも聞かれました。

また、「リーダーシップが取れるかどうか」、「こういう同僚が同じチームにいた場合や、こんなお客さんが来たらあなたはどうしますか」と聞かれる質問もありました。

Victoria’s Secretでは「好きなスイーツはなんですか?」や「自分の変な癖を教えてください」といった面白い質問もあり、楽しい面接であったことを覚えています。

今考えてみると、接客業なので面接での質問でトークスキルを見ていたのかもしれません。2次面接で実際に面接官を相手に接客する、という面接もありました。面接で聞かれそうな内容を覚えておくというよりも、その場で臨機応変にきちんと答えられることが大切だと思いました。

海外就職における失敗談を教えてください。

販売員として働いていた頃は、マネージャーとの距離感がわからず、わからないことは同僚に聞いたりすることが多かったですが、同僚はマネージャーとも近い距離感で話していて、少し戸惑いもありました。

幸いなことに、その後、語学学校の仕事で働いていた時には、スタッフが少なく、働き始めの時にマネージャーから「ミスをしたときなども言いやすくなるので、お互いのためにも普段からコミュニケーションを取り合うようにしよう」と言っていただき、その後は、毎日仕事に関係ないことなども話し、コミュニケーションを多くとりあい、とても良い関係を築けていました。そのおかげで実際にミスした時も伝えやすく、マネージャーも私がなぜそんなミスを犯したのか理解してくれました。

今思えば販売員の時もマネージャーと近い距離感で話していてよかったのだと思いました。



海外就職で成功するためのポイントを教えてください。

仕事探しの面では、とにかく自ら動くということです。

答えを待ったり、求人を見て応募に迷ったりするではなく、何でも自から動くことが大切で、逆に自分からどんどん動いてアピールすることが良いとされているのが、海外で働くことの利点だと思います。

私は自分にはカナダ人たちと働くことはできないかもと思っていて、初めは日本人経営の場所で働いていましたが、せっかくカナダにいるのだから現地の企業で働きたいと思って挑戦してみました。面接も、グループ面接をしたこともあり、現地の人たちの中で不利かもしれないと思っていましたが実際に受かったので、無理と思っても挑戦してみなければわからないということを学びました。

働く面では、人との日々のコミュニケーションを大切にすることです。日本の「空気を読む」文化はないので「言わなくてもわかる」「察さなければいけない」ということはなく、言いたいことは言葉に出さなければ何も通じないということを学びました。

海外で働いて良かった点は何ですか?

成功するためのポイントでも書いた通り、無理と思っていたことでも私にもできる、ということが証明できて自信に繋がりました。

アパレル系の仕事をしてからは、お客さんと会話したりすることがあって、人と話すことを躊躇せずにできるようになったり、英語でのトークスキルが上がりました。

語学学校の仕事では、小さい学校だったこともありスタッフも少人数で、マネージャーや他のスタッフととても良い関係になれました。また、スタッフが少人数なので責任感のある仕事が多かったですが、そのおかげで精神面が鍛えられました。

様々な国からの取引先や、 生徒さんを相手にし、世界には色々な生き方や考え方の人がいて、日本のように一本のレールから外れないように生きる以外にも沢山の選択肢があるということを知ることができ、日本の会社ではなかなかできない体験となりました。

海外就職で難しいと思った点は何ですか?

やはり向こうにとってこちらは外国人、ということでフルタイムとして働く先を探すのは難しいものがありました。現地の人でも、なかなか難しいようでした。

最終的には。幸いなことにちょうどタイミングが良かったことと、バイリンガルというところを見受けられフルタイムでの語学学校の仕事に就けましたが、こういったチャンスがなければ難しいと思いました。



海外就職を目指している方にアドバイスやエールをお願いします。

私はカナダに来た時は英語力もなく、最終学歴も日本の短大卒業と同様のカレッジ卒業です。英検やTOEICも受けたことがありませんし、特別な資格も持っていません。精神面でも、何をするにも自信がありませんでした。

初めは海外の企業で働くのは自分には無理だと思っていましたが、勇気を持ってなんでも挑戦してみると、何でもできるということがわかりました。そして、それは自分にとって自信に繋がりました。

何事も「自分には無理かもしれない」と思って諦めてしまうのではなく、実際に行動に移さなければ何も始まりません。日本では自己主張をするのはあまり良くないこととされていますが、カナダでは自分から動いて、チャンスを掴み取ったことが何度もあったので、失敗を恐れず自分から行動していくことが海外就職においては大切なことだと思います。

外資系企業、海外就職、グローバル企業に強い転職エージェント

「外資系企業」「海外勤務がある企業」へ転職したい方の中には、どのようなステップで応募すればいいのか悩まれる方も多いと思います。直接、会社のオフィシャルサイトで採用情報を記載されている企業もたくさんありますが、外資系企業や海外勤務のあるグローバル企業へ転職される方の大半は、「転職エージェント」を利用して転職される方がほとんどです。外資系企業・海外勤務のある企業へ転職する際には、それに特化した転職エージェントがあります。

20代・30代の転職・グローバル・海外就職に強いランスタッド

ランスタッドは、1960年にオランダで創業された世界最大級の総合人材サービス会社です。世界39の国と地域に4,700以上の拠点を持ち、50年以上にわたり培ったノウハウと信頼のある転職エージェントです。

日本国内に136拠点あり、20代〜30代第二新卒の転職サポートに実績があります。グローバル企業、海外勤務、外資系企業の取り扱いも多数。相談は全て無料。

ランスタッド公式サイト

非公開求人数・成功実績No.1のリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、非公開求人数は業界最大級の約10万件。求人の90%は非公開求人 · 転職成功実績No.1 · 年収1000万以上の求人、外資系企業・海外就職・グローバル企業の案件も多数。

日本最大級の求人件数を誇る転職エージェントなので、まずは登録しておきたい転職エージェントです。相談は全て無料。

リクルートエージェント公式サイト

年収800万円以上のエグゼクティブ求人に強いキャリアカーバー

キャリアカーバー は、年収800万円以上の求人、エグゼクティブ求人・グローバル企業・外資系企業のハイクラス求人が豊富に揃うリクルートが運営するハイクラスの転職エージェントです。

求人は非公開のものが多く会員登録することで、専門のヘッドハンターからスカウトを受け取ることができます。基準として直近の年収650万円以上の方に限定されるため、敷居が高いのが特徴。相談は全て無料。

キャリアカーバー公式サイト

外資系・日系グローバル企業での英語を活かした転職ならロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ は、日本では「グローバル人材」に特化した人材紹介会社。 「英語を活かせる求人」だけを紹介しており、コンサルタントは全員バイリンガルで、満足度93%を誇り、外資系ならではのスピード感をもって選考を進めることができます。

求人は公開求人だけでなく、外資系高収入非公開求人も数千件扱っており、面接アドバイスや履歴書の添削を各コンサルも行います。相談は全て無料。

ロバート・ウォルターズ公式サイト

サポートが充実の外資系企業に強いJACリクルートメント

JAC Recruitment は、リクルートエージェントに次いで、業界大手、イギリス発の外資系エージェント。非公開、独占求人の紹介, 外資系企業の豊富な情報量, 英語面接対策やレジュメチェックなどのサポートも充実。相談は全て無料。

JAC Recruitment 公式サイト

外資系アパレル・ラグジュアリーブランド求人に強いクリーデンス

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス は「DODA」が運営しているファッション専門の転職エージェント。外資アパレルブランドやラグジュアリーブランドに特化した案件も強いので、外資系のファッション業界を目指す方にはおすすめの転職エージェントです。

担当コンサルタントと企業ごとに合わせた面接サポートもあるので、外資ブランドを初めて目指す転職者にとって手厚いサポートです。相談は全て無料。

クリーデンス公式サイト



上記は外資系・海外就職・グローバル案件の転職案件に強く、サポートもしっかりあるので、今後、「外資系企業」を目指す方は、登録しておさえておきたい転職エージェントになります。できる限り、1社に限定してしまわずに、2〜3社に登録をしてセカンドオピニオンを持たれることをおすすめいたします。

関連記事

  1. 海外でよくある面接失敗体験談!こんなミスはありえない!?

  2. 20代や30代で海外駐在員になるには?英語以外の条件や海外駐在員のメリット

  3. 外資系メーカーの仕事とは?年収1200万円のキャリア女性のアドバイス

  4. アメリカで働く日本人女性!海外就職ではなくフリーランスを選んだ理由とは?

  5. 海外の勤務で感じた海外就職のメリット体験談!将来に繋がる決断を!

  6. 海外の勤務で感じた海外就職のデメリット体験談!海外で働くことについて考えよう!

  7. 海外駐在や海外赴任のチャンスを掴むには?語学力以外に求められる能力とは?

  8. タイ現地採用の昇給について|タイで働く現地採用体験ブログ vol.4

  9. 未経験からタイの現地採用で海外就職!タイでの求人探しや面接体験談!

最近の記事

おすすめ記事

  1. 英語ができない場合は外資系転職や海外就職は無理?狙い目の職種について
  2. 転職回数が多いのは不利?外資系企業への転職を成功させるコツ
  3. LinkedInとは?ビジネスSNSを利用して外資系企業に転職成功
  4. 女性の外資系企業への転職に年齢や経験は関係ある?
  5. 恥をかかない効果的な英文メールの書き方や注意点について
  6. 40代で外資系企業に転職できる?40代が気になる外資系転職事情
リクルートエージェント

人気記事

PAGE TOP