海外駐在員は出世しやすい?海外就職における現地採用と駐在員の仕事の違いについて

海外就職を目指されている方の中には、現地採用と駐在員との仕事の違いについて気になっている方も多いのではないでしょうか?現地採用と駐在員で気になることといえば、給料などの待遇面や仕事内容、そして今後のキャリアプランでしょう。

今回は、実際に海外就職において、アメリカで現地採用と駐在員を経験された女性に体験談を語っていただきました。海外で働いてみたいという方はぜひ参考にしていただければと思います。

現地採用の仕事内容は?

現地採用は、基本的に現地の人事部が行います。私の勤めていた会社では、日本語の堪能なアメリカ人を3人雇用していました。以前に、日本人の新卒女性を雇用したいという現地の人事部の希望に沿い、私も面接に同席しました。

MBAを取得し、英語も堪能で意欲も十分にあったのですが、残念ながら日本語力が著しく低く、私は不採用としました。アメリカにある企業とはいえ、客先のほとんどが日本企業であったため、取引相手は日本人です。

客先との連絡をする部署(営業部)には、英語が堪能であるよりも、正しく美しい日本語力を持つ人を希望しました。アメリカ人でありながら、日本語が堪能な従業員たちは、四字熟語などにも精通し、文書を作成しても、日本人以上のすばらしい実力を持っていました。

現地スタッフと現地採用の区別は?

現地採用の日本人スタッフと現地スタッフは、同じように人事部の試験や面接をうけて採用されているのですから、待遇は同様に区別は特にありませんでした。

ただ、現地で採用された日本人を、本社からきている人々と同じように扱う駐在員がいました。残業を強いたり、通訳を強いたり(通訳は、アメリカ人で日本語の堪能な人を採用していました)、そのせいで、現地採用の日本人は不満を抱える人が多く、定着率はあまりよくなかったと記憶しています。

現地採用の出世について

現地採用の日本人は、もちろん実績を積み上げれば昇格の可能性はあります。ただし、日本の現地法人のマネージャークラスは、ほとんどが日本からの駐在員で占められており、そのポストが空かないかぎり、現地スタッフでも難しい状況にありました。

駐在員は、通常3−4年で帰国しますので、そのポストは空くわけですが、結局、次の駐在員が派遣されてくるので、ポストは埋まってしまいます。

駐在員として本社から派遣されたマネージャークラスの管理職のポストが空いていたとしても、駐在員ではその仕事を任せられない場合には、現地のスタッフがそのポストに付くチャンスも少なからずあります。

駐在員の仕事内容は?

現地駐在員の仕事は、正直に言って「なんでも屋」です。現地スタッフは定時に帰る人がほどんどなので、その分の残業を駐在員がカバーします。家に帰ると、本社(日本)から自宅へと電話がかかってきます。その対応をしていると、あっという間に日付が変わってしまいます。

また、本社から役員クラスの方が来ると、空港への出迎え、宿泊の予約、食事の予約、休日の観光案内、お土産の買い物などといった雑用が山のように発生します。

実際に行うべき業務プラスの部分がとても多く、日本で働いているほうがよほど業務に集中できると思ってしまうことは度々でした。

現地スタッフと駐在員の区別は?

現地スタッフと駐在員の違いは、やはり駐在員は本社の人間であるということです。現地法人での決定よりも本社の決定に重きを置きます。本社には絶対的な権限を持っているわけですから、現地スタッフが協議の上決定したことでも、日本本社の意に沿わないものであれば、簡単にひっくり返ります。

それには、駐在員も従わざるを得ません。現地スタッフの中には、そのような状況に大きな不満を持つ人もおり、面と向かって日本人に、「お前はどこの人間なんだ?日本の言うことばかりを聞くなら、日本に帰ればいい。」という人もいます。

おしなべて、現地スタッフと日本人駐在員は対立関係にあるのが常です。

駐在員の出世や帰国後の待遇について

日本から海外支店に駐在した人(特にアメリカ)は、出世が早いというのは多々あるケースです。私が勤めていた会社の上司(部長)は、帰国後取締役に就任しました。

ただし、必ずしも役員にまでなれるとは限りません。しかし、日本に帰ると職責が1ランク上がるというのは事実であるようです。アメリカに駐在する日本人たちは、日米租税条約のために支払う税金が多く、「生活が厳しい」という人もいます。

毎日残業し、残業代はなく、日中は会社で帰ってからは自宅で仕事をし、租税条約のための多額の課税、業務外の雑用、それら全てを飲み込んででも駐在するのは、帰国してからの昇格が待っているからだと思います。

最後に

海外就職においては少なからず現地採用スタッフ側の不満も多く、結局は日本に帰国される人も多いのも事実です。また駐在員としての責務が多く、雑用もこなさないといけない面があり、また本社としての駐在員、そして現地スタッフとの板挟みとなる場合もあります。

しかしながら、駐在員のメリットは何と言っても、海外就職という夢の向こう側に帰国後の昇格や昇級があるというケースも多く、そこに魅力を感じている方も多いのではないでしょうか。

海外駐在へのチャンスになかなか巡り会うことができない若い世代の方は、転職をするという選択肢もぜひ視野に入れてみましょう。海外駐在員を条件として採用を行なっている企業も多くあります。最近では無料で登録できるエージェントが主流です。

20代・30代の海外就職に強いオランダ発のランスタッド、国内では非公開案件No1の リクルートエージェント、40代の年収650万円以上の方であれば、リクルートが運営するキャリアカーバーなどのハイクラスのエージェントもあるので、自分のキャリアにあったエージェントに相談してみるのも良いでしょう。

外資系企業、海外就職、グローバル企業に強い転職エージェント

「外資系企業」「海外勤務がある企業」へ転職したい方の中には、どのようなステップで応募すればいいのか悩まれる方も多いと思います。直接、会社のオフィシャルサイトで採用情報を記載されている企業もたくさんありますが、外資系企業や海外勤務のあるグローバル企業へ転職される方の大半は、「転職エージェント」を利用して転職される方がほとんどです。外資系企業・海外勤務のある企業へ転職する際には、それに特化した転職エージェントがあります。

転職エージェントに登録して海外求人・海外勤務案件をチェック

上記のエージェントは外資系・海外就職・グローバル案件の転職案件に強く、サポートもしっかりあるので、今後、「外資系企業」を目指す方は、登録しておさえておきたい転職エージェントになります。できる限り、1社に限定してしまわずに、2〜3社に登録をしてセカンドオピニオンを持たれることをおすすめいたします。

関連記事

  1. 外資系に転職したい20代が知っておくべきこと・20代の外資系求人に強い転職エージェント

  2. タイ現地採用の給料や生活費について|タイで働く現地採用体験ブログ vol.2

  3. 【中国・海外就職体験談】事務職を経て、日本人学校の教員に転職(30代女性・教員)

  4. 【アメリカ・ニューヨーク海外就職体験談】奇跡的に永住権を取得し、ワークライフバランスも充実(30代女…

  5. 40代が海外で働くには?40代で海外勤務の求人や転職事情について

  6. 薬剤師から事務員へ!大幅に年収ダウンしてもイタリア現地採用を選んだ理由は?

  7. 韓国での海外就職のメリットとデメリット!韓国就職体験者が本音で語る現実とは?

  8. 外資系メーカーの仕事とは?年収1200万円のキャリア女性のアドバイス

  9. 【アメリカ・ハワイ海外就職体験談】日本で転職を繰り返しハワイでウェディング業界へ(40代女性・ウェデ…

最近の記事

転職エージェント

  1. 面接対策や英文レジュメ添削などサポートの評判が高くハイクラス案件に強いJAC R…
  2. 女性向け転職案件に実績のある「type転職エージェント」の特徴や評判について
  3. 転職者満足度第1位の「doda(デューダ)」はスカウトが多く転職後のフォローアッ…
リクルートエージェント

転職エージェント

人気記事

PAGE TOP