外資系に転職したい20代が知っておくべきこと・20代の外資系求人に強い転職エージェント

外資系に転職したいという方の中には、20代の方も数多くいらっしゃると思います。ご自身ではまだハードルが高いと思っていらっしゃる方、いろいろな事情で高校・大学・就職という一般的な進路とは異なる道を歩んでこられた方など多様な背景をもった方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は20代の外資系転職についてご紹介します。



外資系に転職するにあたり一番重要なこと

外資系に転職を希望される20代の方は「外資系」に対してどういうイメージをお持ちでしょうか?

  • 海外の雰囲気をもって自由に仕事をしている
  • 年収の高いビジネスパーソン

20代の方で外資系に転職を希望される方には、外資系に勤務するということイコール海外の雰囲気をもって自由に仕事をしている年収の高いビジネスパーソンになりたい、というようなイメージをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

「キャリア形成」について、日本の企業の中には一度就職すればその会社で個人の将来のキャリア形成まで考えた人事を行ってくれる会社もあるようです。が、外資系の場合はそのようなことはありません。

  • 「キャリア形成」は自分の責任で

自身が将来どのようなことをしたいのか、そのビジョンを明確に持つことが大変重要です。

その上で、自分のキャリアを適切に形成しながら仕事に対する満足度を向上・収入アップさせていくことよって自分の人生をより豊かにしていきたい、という希望があれば、外資系への転職は、よいオプションのひとつではないかと思います。

当然のことと思われる方も多いでしょうが、ここで改めて、ご自身のキャリアは誰の責任でもなく自分が創り上げていく、という意識を再度確認しておきたいと思います。

20代での外資系転職の目的はキャリアアップ?

30代以降は家庭環境の変化等から収入アップの重要度が高くなってきます。20代では将来のキャリアアップのための布石となる業務・役職経験を積むことを目標に出来るとよいですね。

ただし、業務経験を豊富にするため異なった業種・業務を行うより、ある程度一貫したポリシーのもとに仕事を選択していくことが重要で、その後のキャリア形成を大きく左右することになります。

たとえば転職エージェントにとってそのキャリアは「売れる」キャリアでしょうか?逆に、ご自身のいままでのキャリアを出来るだけ「高値」で売るにはどのような追加のキャリア・資格・経験が必要だと思われますか?

  • 20代は将来のキャリアアップ
  • 「売れる」キャリアをつくる

このようなことを意識して、出来るだけ客観的に自身のキャリアと向き合って、今後の選択を判断できるとよいですね。といっても最初の頃は自身の判断だけだと独善的になりがちなので、転職を経験した方や利害関係のない第三者に相談するのもひとつの方法です。



外資系企業が期待する20代とは?

多くの企業がそうであるように、外資系企業もまた企業活動による収益を継続して上げることを要求されています。そのために重要な要素のひとつが「優秀な人材」です。

ここでいう「優秀な人材」とは、

  • 業務効率・成績を向上させることのできるリーダーシップを取ることが出来る人材
  • 与えられた業務を適切に遂行していくことの出来る人材

という意味です。そのような人材を育成するために各会社が多大な時間と経費をかけています。

20代の採用の場合、最初から会社の希望する能力が必ずしも備わっていなくてもよいですが、入社後の教育やトレーニングを通じてその会社に適した能力を備えることの出来る潜在的能力と環境の変化に適応できる柔軟性を持っている方が期待される像ではないでしょうか。

また、業務成績・効率を向上する、という視点から、既成概念に囚われない新鮮な意見も期待されています。

20代の外資系会社選びについて

応募する方の視点でみると、大切な人生の時間をかけてご自身のキャリアをその会社で積んでいくのですから、働く側の期待に応えてくれる会社でなければいけません。

また、各会社によっては社員に対して各種トレーニングを行っている場合があります。

  • どのようなプログラムがあるか
  • 将来自分がその会社を巣立って別の仕事に従事するか
  • 別の会社にいく場合でもその知識・資格は役立つか

などを想定しておくこと、自分のキャリア形成にあった企業選びも会社の選択項目にあってよいのではないかと思います。

会社によってはある役職以上になるための必要条件が設定されている場合もあり、実力だけでは希望の役職にまで上がれないこともあります。そのためその外資系本社の人事が設定している基準を入社前に確認しておくことが必要ですね。

20代の外資系への転職と語学力について

やはり語学は最低限必要なコミュニケーションのツールです。必ずしも流暢である必要はありませんが、本国とのやりとり、上司・同僚とのコミュニケーションなど、同じ言語で話したほうが、仕事や個人的なつながりも含めて優位になることもあります。

  • コミュニケーションツールとしての外国語

自信のない方でも、少しずつでもよいので日頃から努力していると必ずご自身の仕事にその研鑽が反映されてきます。逆に語学に不安がない方は、あくまで言語はツールという認識をもち、基本的な業務能力とチームワークを大切にしてください。

20代女性の外資系転職について

20代の女性の方でも外資系の門戸は広く開かれています。ご本人の希望によっては、積極的に業務をこなすことで日系企業では得られないキャリアアップの可能性があります。

最近では結婚・出産・育児時の福利厚生も充実してきており、今後さらに多くの方が活躍される土壌が出来つつあります。

20代の外資系企業への戦略的転職方法とは?

再度になりますが、まずはご自身にとってよい転職とはどのようなものか、出来るだけ明確なイメージをもつことが大切です。20代では定年までのキャリアは想像しづらいかも知れません。

自分の人生のゴールと外資系転職

  • キャリアアップ
  • 自己実現・収入アップ
  • 個人の時間を有意義に過ごしたい

など、個人によってその目的は多様ですが、ご自身のゴールをはっきりイメージすることで、その後の方向性と目的達成のための戦略を考えることが出来ます。

転職について、外資系の転職に限らずお勧めできるのは、ご自身の市場価値を常時把握しておくことです。

外資系転職のチャンスとアンテナ

  • 自分が現時点でどの業界へ転職できるのか
  • どの業務がどの程度出来ると判断されるのか

ということ等、出来るだけ客観的にご自身を評価することが大切です。それによって現在何が現在足りなくて今後どこを強化すればよいか、定期的に見直すことが出来ます。

  • 転職エージェント数社をピックアップし定期的にコンタクトする
  • ヘッドハント専門と称しているエージェントにもこちらから定期的に声をかけてみる
  • 自分が転職したい業界の会合などに積極的に参加し人脈を広げるチャンスを作る
  • 学校の先輩・後輩・家族の知人など「使えるコネ」を最大限に活用する

このような活動も転職のチャンスを広げるよい機会になります。

20代の外資系求人に強い転職エージェント

転職のチャンスはこちらが思っているタイミングでは来ないこともしばしばです。そのためご自分が転職をしたいと思う適正時期の1-2年前からアンテナを張っておきましょう。

まずは転職エージェントに登録して自分の市場価値を把握しておくのも良いでしょう。

ビジネスSNSで転職の可能性を広げる

また、常時「アンテナ」を張っておけば、「想定外」のこともおこります。海外出張でたまたま飛行機に乗り合わせた乗客から意外な情報を入手したり、SNSなどでコンタクトがきっかけで転職の機会を得るなど、思わぬところで可能性が広がることがありますので、常にチャンスを探るよう心がけて下さい。

最後に

人生は一度きりですが、20代の皆さんはその想いによってどのようにも運命を変えていくことが出来ると信じています。皆さんにとって悔いのないチャレンジが出来るよう応援しています。

外資系企業、海外就職、グローバル企業に強い転職エージェント

「外資系企業」「海外勤務がある企業」へ転職したい方の中には、どのようなステップで応募すればいいのか悩まれる方も多いと思います。直接、会社のオフィシャルサイトで採用情報を記載されている企業もたくさんありますが、外資系企業や海外勤務のあるグローバル企業へ転職される方の大半は、「転職エージェント」を利用して転職される方がほとんどです。外資系企業・海外勤務のある企業へ転職する際には、それに特化した転職エージェントがあります。

20代・30代の転職・グローバル・海外就職に強いランスタッド

ランスタッドは、1960年にオランダで創業された世界最大級の総合人材サービス会社です。世界39の国と地域に4,700以上の拠点を持ち、50年以上にわたり培ったノウハウと信頼のある転職エージェントです。

日本国内に136拠点あり、20代〜30代第二新卒の転職サポートに実績があります。グローバル企業、海外勤務、外資系企業の取り扱いも多数。相談は全て無料。

ランスタッド公式サイト

非公開求人数・成功実績No.1のリクルートエージェント

リクルートエージェントは、非公開求人数は業界最大級の約10万件。求人の90%は非公開求人 · 転職成功実績No.1 · 年収1000万以上の求人、外資系企業・海外就職・グローバル企業の案件も多数。

日本最大級の求人件数を誇る転職エージェントなので、まずは登録しておきたい転職エージェントです。相談は全て無料。

リクルートエージェント公式サイト

外資系アパレル・ラグジュアリーブランド求人に強いクリーデンス

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス は「DODA」が運営しているファッション専門の転職エージェント。外資アパレルブランドやラグジュアリーブランドに特化した案件も強いので、外資系のファッション業界を目指す方にはおすすめの転職エージェントです。

担当コンサルタントと企業ごとに合わせた面接サポートもあるので、外資ブランドを初めて目指す転職者にとって手厚いサポートです。相談は全て無料。

クリーデンス公式サイト

サポートが充実の外資系企業に強いJACリクルートメント

JACリクルートメントは、リクルートエージェントに次いで、業界大手、イギリス発の外資系エージェント。非公開、独占求人の紹介, 外資系企業の豊富な情報量, 英語面接対策やレジュメチェックなどのサポートも充実。相談は全て無料。

JAC Recruitment 公式サイト

外資系・日系グローバル企業での英語を活かした転職ならロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズは、日本では「グローバル人材」に特化した人材紹介会社。 「英語を活かせる求人」だけを紹介しており、コンサルタントは全員バイリンガルで、満足度93%を誇り、外資系ならではのスピード感をもって選考を進めることができます。

求人は公開求人だけでなく、外資系高収入非公開求人も数千件扱っており、面接アドバイスや履歴書の添削を各コンサルも行います。相談は全て無料。

ロバート・ウォルターズ公式サイト

年収800万円以上のエグゼクティブ求人に強いキャリアカーバー

キャリアカーバー は、年収800万円以上の求人、エグゼクティブ求人・グローバル企業・外資系企業のハイクラス求人が豊富に揃うリクルートが運営するハイクラスの転職エージェントです。

求人は非公開のものが多く会員登録することで、専門のヘッドハンターからスカウトを受け取ることができます。基準として直近の年収650万円以上の方に限定されるため、敷居が高いのが特徴。相談は全て無料。

キャリアカーバー公式サイト



上記は外資系・海外就職・グローバル案件の転職案件に強く、サポートもしっかりあるので、今後、「外資系企業」を目指す方は、登録しておさえておきたい転職エージェントになります。できる限り、1社に限定してしまわずに、2〜3社に登録をしてセカンドオピニオンを持たれることをおすすめいたします。

関連記事

  1. 韓国で日本語教師として海外就職へ!韓国で働く女性の海外就職体験談!

  2. タイの現地採用で失敗したと感じた事|タイで働く現地採用体験ブログ vol.5

  3. 海外就職で大失敗!?海外就職経験者10人が語る海外での失敗談とは?

  4. 韓国での海外就職のメリットとデメリット!韓国就職体験者が本音で語る現実とは?

  5. アパレル就職体験談アンケート!給料が安くて将来が不安・・・転職を考える販売員の声

  6. タイ現地採用の求人について|タイで働く現地採用体験ブログ vol.1

  7. アメリカの就労ビザの種類や難易度は?海外就職を考える前にチェック!

  8. アメリカの就労ビザ取得には学歴や英語力が必要?高卒はOK?

  9. 40代が海外就職するメリットは?海外で働きたい人におすすめの転職求人エージェント

最近の記事

おすすめ記事

  1. 面接対策や英文レジュメ添削などサポートの評判が高くハイクラス案件に強いJAC R…
  2. 「ランスタッド」は世界第2位のシェアを誇る海外就職や外資系転職に強い転職エージェ…
  3. 年収800万円以上のハイスペック・エグゼクティブ求人に強い転職エージェント「キャ…
  4. 女性向け転職案件に実績のある「type転職エージェント」の特徴や評判について
  5. ロバートウォルターズ「英語を活かした転職」で評判の転職エージェント
  6. 「リクルートエージェント」求人の90%は非公開求人 · 転職成功実績No.1

人気記事

PAGE TOP