経営企画を経て駐在員としてインドネシア・ジャカルタへ(50代男性・経営企画)

海外就職を考えられている方にとって、すでに海外就職・海外移住された方の体験談は非常に貴重なものです。今回は、インドネシア・ジャカルタにある日系企業の駐在員採用で海外就職された経験のある50代男性(経営企画)の方に、海外就職体験談を語っていただきました。




海外に渡航するまでの日本においての経歴(仕事、経験、学歴など)

日本ではコンサルティング会社や上場企業の経営企画室で働いていました。その上場企業で、海外の現地子会社の役員などをしていましたが、現地の代表をやらなければならない状況になり、その流れで現地駐在となりました。

私自身はかなり抵抗感があったのですが、避けられることではないため、それならばやってやるかというように気持ちを切り替えてやることに決めました。具体的には、現地でのエネルギー代替燃料の仕事であり、日本ではこの会社の子会社管理をしていました。

なぜ海外で働いてみたいと思いましたか?

働いてみたいというよりは、流れで働かざるを得なくなったということです。何度も現地へ行っていたため、生活のイメージはできていましたが、いざ生活するとなると、まず必要になるのは現地の言葉を覚える必要があるということです。

それまでは英語だけで仕事になっていたのですが、いざ現地代表になるとインドネシア語を話せなければ話にならないため、徹底的に攻略したことを覚えています。そのため、現地へ移動するまで時間がなかったのですが、対面での会話コースを受講して短期間で一通りの会話はできるようになりました。

海外での業務と給与面や福利厚生などの満足度について

海外での給与は、日本での給与と比較して少しだけ上がりました。ただし、インドネシアのジャカルタはそれほど物価が低いわけではないため、少し不満に思うこともありました。

ただし、現地での住む場所や車のリースなどは会社負担でしたので、その面では少し楽になったような気がしました。また、福利厚生という点では、それほど制度があったわけではなく、何も変わりませんでしたが、外部の仕事面でのつきあいや食事などが増えたことについては、それらの費用は経費で会社負担でした。

どのようなビザで滞在していましたか?ビザ取得の経緯や難易度

ビザについては仕事ビザになりますが、もともと現地の役員をやっていたため、地元の弁護士、司法書士など、仕事関係の人がサポートしてくれて、案外すんなりととることができました。

また、この会社自体が日本の資本の会社であるため、そういったことも簡単に取得できる理由であったのではないかと思います。重要なことは現地の労務に詳しい人材とパイプがあることだと思います。



海外で働いたメリットは?

それまでアメリカ、ハワイ、シンガポール、中国などとやり取りのある仕事をしていたため、海外には慣れれているつもりでしたが、いざ自分が住むこととなると話が異なってくるかと思います。現地の仕事を任せられることで責任は大きくなりますが、現地でいろいろなビジネス関係の人とつきあうことで、人脈の輪が広がるということがメリットだと思います。

また、日本の親会社もそれほど規模の大きな会社ではなかったため、現地のことを知り尽くすことで、自分自身の存在価値が大きくなりました。

海外で働いたデメリットは?

やはりデメリットとしては、日本での生活習慣とは異なる生活をしなければならないというストレスだと思います。インドネシアのジャカルタは大都市でありますが、発展途上であるため、交通事情が極めて悪く、日本とは比較にならない大渋滞が起こります。また、食事事情が最もストレスであり、屋台やお店で食べるインドネシア料理はすぐに飽きてしまいます。

そのため、中華料理店へ行くことが多いのですが、それも飽きてしまいます。日本人としては、日本の家庭料理を楽しみたいのですが、いきつけののところは決まっていて、いつも日本料理が食べたいと切望していました。

海外で就職を考えている方にアドバイスをお願いします

海外で暮らすということはそれまで日本で慣れ親しんでいた生活から脱却するということでもあります。仕事では当然わくわく感はあり、慣れない環境で成果重視で進んでいく仕事ぶりは日本以上に価値あるものだと思います。

このように、仕事ではやりがいはありますが、長らく日本で身についた生活感、食生活はなかなか捨て去ることはできません。そのため、生活感ということからストレスを感じることは多くあるため、海外ならでは経験できる新たな楽しみを早期に見つけることが重要だと思います。

外資系企業、海外就職、グローバル企業に強い転職エージェント

「外資系企業」「海外勤務がある企業」へ転職したい方の中には、どのようなステップで応募すればいいのか悩まれる方も多いと思います。直接、会社のオフィシャルサイトで採用情報を記載されている企業もたくさんありますが、外資系企業や海外勤務のあるグローバル企業へ転職される方の大半は、「転職エージェント」を利用して転職される方がほとんどです。外資系企業・海外勤務のある企業へ転職する際には、それに特化した転職エージェントがあります。

転職エージェントに登録して海外求人・海外勤務案件をチェック

上記のエージェントは外資系・海外就職・グローバル案件の転職案件に強く、サポートもしっかりあるので、今後、「外資系企業」を目指す方は、登録しておさえておきたい転職エージェントになります。できる限り、1社に限定してしまわずに、2〜3社に登録をしてセカンドオピニオンを持たれることをおすすめいたします。

Web面談可能、20代〜50代の外資系&グローバル転職ならエンワールド

外資系・グローバル転職【エンワールド】

エンワールドは、多国籍企業と国際的な視点を持つグローバルな人材をつなぐ、日本でトップクラスの外資系・グローバル転職の人材紹介会社です。

Web面談も可能で、相談は全て無料。20代〜50代の転職支援を積極的に行なっているので、転職初心者からハイクラス案件を求めている方におすすめです。

エンワールド公式サイト

20代・30代の転職・グローバル・海外就職に強いランスタッド

ランスタッドは、1960年にオランダで創業された世界最大級の総合人材サービス会社です。世界39の国と地域に4,700以上の拠点を持ち、50年以上にわたり培ったノウハウと信頼のある転職エージェントです。

日本国内に136拠点あり、20代〜30代第二新卒の転職サポートに実績があります。グローバル企業、海外勤務、外資系企業の取り扱いも多数。相談は全て無料。ハイキャリアだけでなく、年収400万円〜の求人も多数。エージェント登録前に履歴書や職務経歴書などを用意して、エージェント登録後は履歴書の登録をすることで、迅速に案件を紹介してもらえるようにしておきましょう。

ランスタッド公式サイト

サポートが充実の外資系企業に強いJACリクルートメント

JACリクルートメントは、リクルートエージェントに次いで、業界大手、イギリス発の外資系エージェント。非公開、独占求人の紹介, 外資系企業の豊富な情報量, 英語面接対策やレジュメチェックなどのサポートも充実。相談は全て無料。

JACリクルートメント公式サイト

非公開求人数・成功実績No.1のリクルートエージェント

リクルートエージェントは、非公開求人数は業界最大級の約10万件。求人の90%は非公開求人 · 転職成功実績No.1 · 年収1000万以上の求人、外資系企業・海外就職・グローバル企業の案件も多数。

日本最大級の求人件数を誇る転職エージェントなので、まずは登録しておきたい転職エージェントです。相談は全て無料。

リクルートエージェント公式サイト

外資系・日系グローバル企業での英語を活かした転職ならロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズは、日本では「グローバル人材」に特化した人材紹介会社。 「英語を活かせる求人」だけを紹介しており、コンサルタントは全員バイリンガルで、満足度93%を誇り、外資系ならではのスピード感をもって選考を進めることができます。

求人は公開求人だけでなく、外資系高収入非公開求人も数千件扱っており、面接アドバイスや履歴書の添削を各コンサルも行います。相談は全て無料。

ロバート・ウォルターズ公式サイト

年収800万円以上のエグゼクティブ求人に強いキャリアカーバー

キャリアカーバー は、年収800万円以上の求人、エグゼクティブ求人・グローバル企業・外資系企業のハイクラス求人が豊富に揃うリクルートが運営するハイクラスの転職エージェントです。

求人は非公開のものが多く会員登録することで、専門のヘッドハンターからスカウトを受け取ることができます。基準として直近の年収650万円以上の方に限定されるため、敷居が高いのが特徴。相談は全て無料。

キャリアカーバー公式サイト

外資系アパレル・ラグジュアリーブランド求人に強いクリーデンス

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス は「DODA」が運営しているファッション専門の転職エージェント。外資アパレルブランドやラグジュアリーブランドに特化した案件も強いので、外資系のファッション業界を目指す方にはおすすめの転職エージェントです。

担当コンサルタントと企業ごとに合わせた面接サポートもあるので、外資ブランドを初めて目指す転職者にとって手厚いサポートです。相談は全て無料。

クリーデンス公式サイト

関連記事

  1. 海外で働くには英語が話せないとダメ?海外就職経験者の職業と語学力アンケート

  2. 共同通信社を経てブラジルに移住、2年契約のはずが永住権を取得(50代女性・記者)

  3. 同僚の影響を受け、社内公募で海外駐在員としてマレーシアへ(20代男性・営業)

  4. 【ニュージーランド海外就職体験談】持ち前の行動力で念願のカフェ勤務(20代女性・カフェスタッフ)

  5. コロナ渦を活かし韓国へ来たものの…韓国のブラック企業で働いた教訓とは?(20代女性・日本語教師)

  6. 中国へ海外駐在、家族を残し単身赴任でも得たものとは?(40代男性・製造業)

  7. 転機は現地の旅行関係の人との出会い、ニュージーランドへ(50代男性・旅行業)

  8. 【アメリカ・カリフォルニア海外就職体験談】大学院博士課程を経てポスドクへ(30代女性・研究員)

  9. アメリカで働く日本人女性!海外就職ではなくフリーランスを選んだ理由とは?

最近の記事

転職エージェント

  1. 年収800万円以上のハイスペック・エグゼクティブ求人に強い転職エージェント「リク…
  2. 「ランスタッド」は世界第2位のシェアを誇る海外就職や外資系転職に強い転職エージェ…
  3. 「リクルートエージェント」求人の90%は非公開求人 · 転職成功実績No.1
リクルートエージェント

転職エージェント

人気記事

PAGE TOP
簡単登録・非公開求人紹介多数
簡単登録・非公開求人紹介多数