海外において主要な7部門のマネージャー業務と仕事内容について

どの業界においても、人を効果的にマネジメントできること・素晴らしい仕事を産み出すことができる能力というのは、仕事を通して身につけられる最高のスキルの1つです。このような能力のあるマネージャーはどの企業でも求められており、高い給料で転職できるチャンスにもなります。

主要な7部門のマネージャー業務

アメリカ合衆国労働統計局によると、マネジメントできる人材の求人は2014年から2024年にかけて6%の成長率が見込まれています。つまり、マネジメントできるレベルを目指すことは有望なキャリアパスにもなります。

新しいベンチャーや企業が設立されると、そのような企業の鍵を握る経営者やマネージャーが必要となります。今、アメリカにおいて必要とされているマネジメント職の業務とその責任について、ご紹介いたします。

業界や職種などのキャリアチェンジを考えており、将来はマネジメントにも興味のある方はぜひご一読ください。

総務マネージャー

企業向けのサービスを企画することが仕事です。例えば、ミーティングを設定する、メールマガジンの運営、オフィスの管理維持など。オフィス設備の環境メンテナンスを行い、定期的に必要になる備品なども管理します。

広告・マーケティングマネージャー

様々な企業において広報やマーケティングという部署の役割は非常に大きいと言えます。新たに販売キャンペーンを立案し、それをスタッフが実行、運営できるように管理します。

広告キャンペーンを打つための予算決定や商品の販売動向を決定づけ、またキャンペーンを成功に導くために、デザインチームにおいてもディレクションを行います。

給与・福利厚生マネージャー

従業員の給与の算定を決定します。毎年ボーナスの増減の判断を行ったり、企業の福利厚生についても考えます。また退職金の計画から、研修の授業料返済、給与、福利厚生まで、マネージャーは従業員向けの報酬体系について総合的に管理します。

ITマネージャー

ITの観点で企業が何を必要としているか見極め、そのニーズにどう応えていくか計画を立案します。ネットインフラを改善し、ソフトウェア更新するなどして、従業員の能力を最大限に発揮できるよう環境を整えます。加えて、古いプログラムや負荷のかかり過ぎているサーバーなど、システムの脆弱性がないか、またセキュリティに危険がないか判断します。

財務マネージャー

利益・損失の勘定や税金報告をすることで企業が確実に良い財務状態でいられるよう管理します。また、プロジェクトリーダーに対して、どうコスト削減するかをサポートし、利益が増えている時にはどう有効活用すべきかを考えます。

飲食サービスマネージャー

レストランやホテルへの指示出しを行います。また、確実に十分な食材があるか棚卸して確認し、繁忙期に見合ったスタッフを確保し、顧客が食事と接客の両方に満足してもらえるよう管理します。

医療サービスマネージャー

企業専属のドクターを含む医療サービスのマネージャーは、経費・シフト・福利厚生の医療サービスなどの計画を日々立てることを仕事にしています。また、サービス利用に関わる法規を理解するだけでなく、常にその先を見据える必要があります。

このように、飲食から医療まで、どの業界においてもマネジメント職は重要な役割を持っています。あなたがレストランを経営していても、新しい販売キャンペーンの管理に携わっていても、どんなプロジェクトでも期限までにおさめられるよう従業員たちを導ける能力は、会社の成功に必要不可欠です。だから、マネージャーとしての役割は非常に重要で、そのスキルはとても需要があります。

腕のあるマネージャーは、他の企業にも容易に転職することが可能です。そして、その度に大幅な年収アップで契約が結ばれます。マネジメント職で経歴を重ねることによって多くの年収も稼ぐことができるので、その都度、転職が成功すれば将来的にもさらに年収アップを図ることができます。

キャリアアップを図る

上記のマネジメント業務以外にも様々な職種があります。今までの経験や知識を活かした上で、自分のキャリアアップに繋がるマネジメントができる職種を見つけることで、収入アップを図ることができます。

管理職としての業務を経験したことのない方も、今後、希望している企業で昇進を希望している場合は、その企業でキャリアアップを図れるかどうか、面接で確認できるチャンスがあればしてみるのも良いでしょう。

具体的な交渉をすることが難しい場合は、転職エージェントを利用するなどして、自分の希望にあった企業を見つけてはいかがでしょうか。

外資系企業、海外就職、グローバル企業に強い転職エージェント

「外資系企業」「海外勤務がある企業」へ転職したい方の中には、どのようなステップで応募すればいいのか悩まれる方も多いと思います。直接、会社のオフィシャルサイトで採用情報を記載されている企業もたくさんありますが、外資系企業や海外勤務のあるグローバル企業へ転職される方の大半は、「転職エージェント」を利用して転職される方がほとんどです。外資系企業・海外勤務のある企業へ転職する際には、それに特化した転職エージェントがあります。

転職エージェントに登録して海外求人・海外勤務案件をチェック

上記のエージェントは外資系・海外就職・グローバル案件の転職案件に強く、サポートもしっかりあるので、今後、「外資系企業」を目指す方は、登録しておさえておきたい転職エージェントになります。できる限り、1社に限定してしまわずに、2〜3社に登録をしてセカンドオピニオンを持たれることをおすすめいたします。

関連記事

  1. タイ現地採用の残業について|タイで働く現地採用体験ブログ vol.3

  2. 【シンガポール海外就職体験談】広告会社のクリエイティブディレクターとして活躍(60代男性・広告代理店…

  3. 【アメリカ・ニューヨーク海外就職体験談】奇跡的に永住権を取得し、ワークライフバランスも充実(30代女…

  4. 海外で働くには英語が話せないとダメ?海外就職経験者の職業と語学力アンケート

  5. 40代が海外で働くには?40代で海外勤務の求人や転職事情について

  6. 海外でよくある面接失敗体験談!こんなミスはありえない!?

  7. 【フィリピン・セブ海外就職体験談】(40代女性・ダイビングショップスタッフ)

  8. 韓国での海外就職のメリットとデメリット!韓国就職体験者が本音で語る現実とは?

  9. 【メキシコ海外就職体験談】公務員から一大決心でメキシコ移住(30代女性・旅行業)

最近の記事

転職エージェント

  1. 「ランスタッド」は世界第2位のシェアを誇る海外就職や外資系転職に強い転職エージェ…
  2. 転職者満足度第1位の「doda(デューダ)」はスカウトが多く転職後のフォローアッ…
  3. 年収800万円以上のハイスペック・エグゼクティブ求人に強い転職エージェント「キャ…
リクルートエージェント

転職エージェント

人気記事

PAGE TOP