日本人が海外で働きたい国は?海外で働きたい国トップ5とその魅力

日本人が働きたいと思う国は、個人の好みや目的によって異なりますが、一般的に人気がある国の例をご紹介いたします。ビザや労働環境、文化的な違いなど、国によって異なるため、移住を考える場合はよく情報を収集し、十分な準備が必要です。

※この記事はプロモーションを含みます。




アメリカ

アメリカは、世界的に有名な企業が多くあり、多様な産業が存在しているため、多くの日本人が働きたい国の一つです。アメリカで働く魅力は、

  1. 高い賃金 – アメリカは、高い給与水準が特徴であり、特に高度な専門知識やスキルを持った人材にとっては、高い報酬を得られる可能性があります。
  2. 大規模な市場 – アメリカは、多様な産業が発展しており、世界最大の市場の一つであるため、ビジネスチャンスが豊富であり、グローバルなキャリアを築くことができます。
  3. ビジネスの自由度 – アメリカは、市場原理主義が根付いており、ビジネスの自由度が高いため、イノベーションが生まれやすく、起業家にとって魅力的な環境です。
  4. 多様な文化と人々 – アメリカは、多様な文化と人々が共存しているため、自分の視野を広げることができ、新しい発見や体験ができます。
  5. 豊かな自然環境 – アメリカは、自然豊かな国であり、自然環境が豊かな場所での生活やアウトドアスポーツなども楽しめます。

以上のように、アメリカで働く魅力は多岐にわたります。高い賃金水準や多様な業種・職種、文化的多様性、柔軟な働き方、先進的な研究・開発、経験・スキルの評価など、アメリカでの仕事は、キャリアアップやスキルアップにつながる可能性が高く、充実した人生を送ることができます。

オーストラリア

オーストラリアは、労働環境が良く、英語が公用語であるため、英語力を生かして働きたい日本人に人気があります。オーストラリアで働く魅力は、

  1. 賃金水準が高い – オーストラリアは、労働市場が活発であり、賃金水準が高いことが魅力の一つです。特に、専門職や技術職など、需要が高い職種では、高額な報酬が得られる場合があります。
  2. 休暇制度が充実している – オーストラリアは、年間有給休暇が4週間以上あるため、ワークライフバランスが重視されている国の一つです。また、産休・育休制度も整備されており、女性にとっても働きやすい環境が整っています。
  3. 英語力の向上につながる – オーストラリアは、英語が公用語であるため、英語力を向上させるためにも働くことができます。また、英語圏で働くことで、国際的なビジネススキルも身につけることができます。
  4. 多様な文化と自然環境 – オーストラリアは、多様な文化が混在し、豊かな自然環境が広がっています。そのため、世界中から多くの人々が集まっていることが特徴であり、異文化交流や新しい発見ができる可能性が高いです。
  5. ワーキングホリデービザ制度がある – オーストラリアは、日本人を含めた多くの国の若者がワーキングホリデービザを取得し、1年間の滞在と仕事を経験することができます。このビザは、オーストラリアの文化や社会に触れるチャンスとして人気があります。

以上のように、オーストラリアで働く魅力は多岐にわたります。自然環境や社会システムの安定性、多文化社会、高賃金水準、良好な職場環境、外国人に対する柔軟なビザ制度など、オーストラリアで働くことは、充実した生活を送ることができる可能性が高いと言えます。

カナダ

カナダは、安定した経済と多文化的な環境が魅力であり、日本人の中には移民として移住する人もいます。カナダで働く魅力は、

  1. 安定した経済:カナダは安定した経済基盤を持ち、多くの人々が生活に必要なものを手に入れることができます。
  2. 多文化社会:カナダは多文化社会であり、様々な国籍や文化が共存しています。このため、国籍や文化の違いを受け入れることができる人材が求められます。
  3. 高い社会保障制度:カナダは医療費や失業保険、年金制度など、高い水準の社会保障制度を備えています。
  4. 自然環境の豊かさ:カナダは美しい自然環境が多く、四季折々の景色を楽しむことができます。また、自然豊かな場所での仕事やアウトドアな職種も多くあります。
  5. ワークライフバランスの重視:カナダでは、ワークライフバランスを重視する働き方が一般的です。労働法によって、労働時間や休暇の取得などが保証されています。
  6. 高い教育水準:カナダには世界的に有名な大学や教育機関があり、高い教育水準を誇ります。また、職業訓練プログラムや専門職業訓練プログラムなど、職業教育プログラムも充実しています。

以上のように、カナダは安定した経済基盤や多様な社会環境、高い社会保障制度など、働く上での魅力的な要素が多くあります。また、ワークライフバランスや教育水準の高さなども、働く上での満足度が高くなる要因となります。



シンガポール

シンガポールは、アジアで最も発展した都市国家の一つであり、多国籍企業の拠点が多いため、国際的なキャリアを目指す人に人気があります。シンガポールで働く魅力は、

  1. 地理的な位置:シンガポールはアジアの中心に位置しており、アジア諸国との取引が活発に行われています。また、アジアのビジネス拠点としても重要な役割を果たしており、グローバル企業が多く進出しています。
  2. 安定した政治・経済環境:シンガポールは政治的に安定しており、法的な枠組みも整備されています。また、経済的にも安定しており、高い生活水準を維持しています。
  3. 多文化社会:シンガポールは多文化社会であり、様々な国籍や文化が共存しています。このため、国籍や文化の違いを受け入れることができる人材が求められます。
  4. 高い生活水準:シンガポールは高い生活水準を誇り、多くの人々が豊かな生活を送っています。また、医療や教育などの社会基盤も整備されており、安心して暮らすことができます。
  5. ビジネス環境の良さ:シンガポールは、ビジネス環境が非常に良く、国際的なビジネスにおいても高い評価を受けています。また、ビジネスに必要なインフラや人材も豊富に揃っており、グローバル企業の拠点としても人気があります。
  6. 外国人に対するビザ制度の柔軟性:シンガポールは、外国人に対して柔軟なビザ制度を採用しており、外国人の労働力を積極的に受け入れています。

以上のように、シンガポールは地理的な位置や安定した政治・経済環境、多文化社会、高い生活水準、ビジネス環境の良さ、外国人に対するビザ制度の柔軟性など、働く上での魅力的な要素が多くあります。また、英語を公用語として使用しているため、英語が得意な人にとっても働きやすい環境となっています。

ニュージーランド

ニュージーランドは、美しい自然環境があり、ワーキングホリデービザなどで簡単に滞在できるため、若い世代から人気があります。ニュージーランドで働く魅力は、

  1. 自然環境:ニュージーランドは美しい自然に恵まれた国で、海や山、森林、湖などが多くあります。自然環境に囲まれて暮らすことができるため、アウトドアスポーツやレジャーなどを楽しめる点が魅力的です。
  2. ワークライフバランス:ニュージーランドでは、ワークライフバランスが重視されており、仕事とプライベートの時間を適切に調整できます。仕事の後には、趣味やスポーツ、自然を楽しむための時間を取ることができる点が魅力的です。
  3. フレンドリーな人々:ニュージーランドの人々はフレンドリーで、歓迎的な態度をとってくれます。また、移民を歓迎する国であるため、異なる文化の人々も多く暮らしており、国際色豊かな社会で働くことができます。
  4. 経済的安定性:ニュージーランドは、政治的に安定した国であり、景気も比較的安定しています。また、豊かな資源や観光産業などを持ち、ビジネスチャンスも多く、経済的に安定した生活を送ることができます。
  5. 質の高い教育・医療制度:ニュージーランドには、世界的にも高く評価される教育・医療制度があります。また、子育てにも理解がある国であるため、安心して子育てができる環境が整っています。
  6. ビザ取得がしやすい:ニュージーランドは、移民を積極的に受け入れている国であり、ビザの取得が比較的容易です。また、留学生やワーキングホリデー制度も整備されているため、留学や短期滞在から長期的な滞在へと移行することが可能です。

以上のように、ニュージーランドで働く魅力は多岐にわたります。自然環境、ワークライフバランス、フレンドリーな人々、経済的安定性、質の高い教育・医療制度、ビザ取得の観点から、日本人にとっても魅力的に感じるでしょう。

最後に

これらの国々は、多くの日本人が海外で働く際に選択肢の一つとして考えることが多い国々です。ただし、ビザや労働環境、文化的な違いなど、国によって異なるため、海外就職を考える場合はよく情報を収集し、十分な準備が必要です。

海外就職を目指している方にとっては、グローバル企業、駐在員採用や現地採用を行なっている日系企業などを紹介してくれる転職エージェントを利用するのも一つの手段になるのではないでしょうか。

外資系企業、海外就職、グローバル企業に強い転職エージェント

「外資系企業」「海外勤務がある企業」へ転職したい方の中には、どのようなステップで応募すればいいのか悩まれる方も多いと思います。直接、会社のオフィシャルサイトで採用情報を記載されている企業もたくさんありますが、外資系企業や海外勤務のあるグローバル企業へ転職される方の大半は、「転職エージェント」を利用して転職される方がほとんどです。外資系企業・海外勤務のある企業へ転職する際には、それに特化した転職エージェントがあります。

【PR】海外求人・海外勤務案件をチェック

上記のエージェントは外資系・海外就職・グローバル案件の転職案件に強く、サポートもしっかりあるので、今後、「外資系企業」を目指す方は、登録しておさえておきたい転職エージェントになります。できる限り、1社に限定してしまわずに、2〜3社に登録をしてセカンドオピニオンを持たれることをおすすめいたします。

Web面談可能、20代〜50代の外資系&グローバル転職のエンワールド

外資系・グローバル転職【エンワールド】

エンワールドは、多国籍企業と国際的な視点を持つグローバルな人材をつなぐ、日本でトップクラスの外資系・グローバル転職の人材紹介会社です。

Web面談も可能で、相談は全て無料。20代〜50代の転職支援を積極的に行なっているので、転職初心者からハイクラス案件を求めている方におすすめです。

エンワールド公式サイト

20代・30代の転職・グローバル・海外就職に強いランスタッド

ランスタッドは、1960年にオランダで創業された世界最大級の総合人材サービス会社です。世界39の国と地域に4,700以上の拠点を持ち、50年以上にわたり培ったノウハウと信頼のある転職エージェントです。

日本国内に136拠点あり、20代〜30代第二新卒の転職サポートに実績があります。グローバル企業、海外勤務、外資系企業の取り扱いも多数。相談は全て無料。ハイキャリアだけでなく、年収400万円〜の求人も多数。エージェント登録前に履歴書や職務経歴書などを用意して、エージェント登録後は履歴書の登録をすることで、迅速に案件を紹介してもらえるようにしておきましょう。

ランスタッド公式サイト

非公開求人数・成功実績No.1のリクルートエージェント

リクルートエージェントは、非公開求人数は業界最大級の約10万件。求人の90%は非公開求人 · 転職成功実績No.1 · 年収1000万以上の求人、外資系企業・海外就職・グローバル企業の案件も多数。

日本最大級の求人件数を誇る転職エージェントなので、まずは登録しておきたい転職エージェントです。相談は全て無料。

リクルートエージェント公式サイト

外資系・日系グローバル企業での英語を活かした転職ならロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズは、日本では「グローバル人材」に特化した人材紹介会社。 「英語を活かせる求人」だけを紹介しており、コンサルタントは全員バイリンガルで、満足度93%を誇り、外資系ならではのスピード感をもって選考を進めることができます。

求人は公開求人だけでなく、外資系高収入非公開求人も数千件扱っており、面接アドバイスや履歴書の添削を各コンサルも行います。相談は全て無料。

ロバート・ウォルターズ公式サイト

年収800万円以上のエグゼクティブ求人に強いリクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト は、年収800万円以上の求人、エグゼクティブ求人・グローバル企業・外資系企業のハイクラス求人が豊富に揃うリクルートが運営するハイクラスの転職エージェントです。

求人は非公開のものが多く会員登録することで、専門のヘッドハンターからスカウトを受け取ることができます。基準として直近の年収650万円以上の方に限定されるため、敷居が高いのが特徴。相談は全て無料。

リクルートダイレクトスカウト公式サイト

外資系アパレル・ラグジュアリーブランド求人に強いクリーデンス

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス は「DODA」が運営しているファッション専門の転職エージェント。外資アパレルブランドやラグジュアリーブランドに特化した案件も強いので、外資系のファッション業界を目指す方にはおすすめの転職エージェントです。

担当コンサルタントと企業ごとに合わせた面接サポートもあるので、外資ブランドを初めて目指す転職者にとって手厚いサポートです。相談は全て無料。

クリーデンス公式サイト

関連記事

  1. 海外駐在や海外赴任のチャンスを掴むには?語学力以外に求められる能力とは?

  2. 【カナダ・バンクーバー海外就職体験談】1年間の就労許可付きの学生ビザから挑戦(30代女性・飲食店勤務…

  3. シンガポールの外資系高級ホテルで就労ビザの最低金額からステップアップ(20代女性・ホテル勤務)

  4. 労働環境の良さを求めてドイツへワーホリ後、現地採用で就職(30代男性・営業)

  5. 【メキシコ海外就職体験談】公務員から一大決心でメキシコ移住(30代女性・旅行業)

  6. 【インドネシア・バリ島海外就職体験談】大手商社勤務後、ワーホリを経てバリ島へ(50代女性・ホテル勤務…

  7. 未経験からタイの現地採用で海外就職!タイでの求人探しや面接体験談!

  8. 20代や30代で海外駐在員になるには?英語以外の条件や海外駐在員のメリット

  9. 経営企画を経て駐在員としてインドネシア・ジャカルタへ(50代男性・経営企画)

最近の記事

転職エージェント

  1. 【Web面談も可能】20代〜50代の外資系転職やグローバル転職なら「エンワールド…
  2. 「リクルートエージェント」求人の90%は非公開求人 · 転職成功実績No.1
  3. 「ランスタッド」は世界第2位のシェアを誇る海外就職や外資系転職に強い転職エージェ…
リクルートエージェント

転職エージェント

人気記事

PAGE TOP
【PR】外資日系グローバル企業多数
【PR】外資日系グローバル企業多数