シンガポールで働くには?シンガポール系企業の求人と現地採用の就職事情や転職のポイント

シンガポールで働くためには、就労ビザが必要となります。就労ビザもマネジメントレベルや専門職が高いポジション向けと一般の人たちを対象にしたものと、主に2種類あります。そのほか高額収入の人が申請出来るビザがあり、メリットが多く設けられています。また、帯同家族ビザを持っているこることで、レター・オブ・コンセント(LOC)と言ったシステムを使って、比較的容易に就労することも可能です。

シンガポールでは日本の本社採用の現地駐在員に加えて、ハイクラス案件や現地採用として働くことが出来るチャンスが多くあります。シンガポールでのお仕事を探される場合は、事前に就職エージェントに登録して、担当者にマメに連絡されることをおすすめします。ここでは、シンガポールの気候や公用語、物価を含め現地の生活に関連する基本情報から、現地で働く際に知っておくと便利な情報についてご紹介致します。


シンガポールの基本情報について

実例で挙げるとシンガポールの17時は、日本では18時なので、時差が僅か1時間しかありません。公用語で共通語である英語はビジネスだけでなく子どもの教育に関してもメリットが多いので、幅広い世代の層の日本人が多民族国家のシンガポールで暮らしています。そこで、シンガポールの就職に関して知っておくと便利な基本情報について、まとめてみました。

シンガポールの概要

人口約560万人のシンガポールは、中華系が74%でマレー系が13%とインド系が9%の民族構成となっています。人気の観光ではオーチャード・ロード界隈でのショッピングに加え、メデイアでも多く取上げられているマリナーズベイサンズをはじめ、みどころがいっぱいです。

シンガポールにおける宗教の割合は仏教が33%、キリスト教が18%、イスラム教が15%と過半数を占めています。無宗教が17%と言うのも大きな特徴で、日本同様に多様な文化が混在しています。

日本商工会議所登録の日系企業数が800社以上、在シンガポール日本大使館届け出の在留邦人数は、3万6千人を超えています。日本の三大都市圏と同じように通勤や生活に便利で、医療制度も世界トップレベルの水準なので、安心です。

シンガポールでの日本ブームは、サブカルチャーやグルメ関連と諸外国と共通点が多いですが、日本庭園のような伝統的なものも人気です。一定の年齢以上になると、日本の経済や歴史に詳しい人も少なくはなく、親日家であり知日家が多い国と言えるでしょう。

シンガポールは一人あたりのGDPでは日本を上回り、国際競争力が非常に高い国として知られています。世界屈指の金融センターや貿易港を擁していますが、飛躍的に経済成長を遂げたのは1990年代です。

シンガポールの技術と資本力を活かし、マレーシアやインドネシアの豊富な労働力と土地を結ぶ、成長の三角地帯は国の成長を語る上では外せません。シンガポールとの成長の三角地帯のマレーシア側は、親子留学で話題を集めたジョホールバル、インドネシア側はリゾート・アイランドのビンタン島やバタム島です。

シンガポールにとっての日本は、中国、マレーシア、アメリカに次いで4番目の輸入国です。日本への輸出も多く、長年に渡って経済関係も良好と言えます。輸出入ともに、電子機器・電子部品と言ったIT製品が主要品目に挙げられます。

シンガポールの地理や気候について

東京23区と同じぐらいの大きさのシンガポールの国土面積は世界175位で、人口密度は世界第2位です。東南アジアのほぼ真ん中あたりの赤道直下に位置し、日本とは違って四季がない常夏の国です。

最高気温は約32℃、最低気温は23℃、年間の平均気温は27℃前後です。熱帯性モンスーン気候に属し、一年を通じて気温の変化が少なく高温で多湿で、シンガポールでの引越しでは、服装に悩まされることはなさそうです。

タイやベトナムなどほかの東南アジア諸国と違って、雨季と乾季の区別もそれほど明確ではありません。ただ、北東モンスーンの影響により11月から3月にかけては、比較的降水量が多くなると言われています。5月から9月は南西モンスーンになるために、スコールのような1回あたりの雨も強くなります。

日本にも六月無礼と言う言葉があるように、暑いシンガポールでは服装を略式にするのは失礼ではなく、クールビズに近い形が職場では一般的です。ただ、熱さまシートがシンガポールで購入でき、住み慣れると使う事もあまりないほど、酷暑の日は多くありません。

服装で気を付けておきたいのが、イスラム教寺院に行かれる際には、肌の露出度が高い服装は中に入れないことがあります。シンガポールの格式が高い一流ホテルでは、ドレスコードが存在する場合があるので、利用の際には事前にチェックをしてみてください。マリナーズベイサンズのカジノは制限を設けていませんが、TPOを意識した服装での入店が望ましいので、サンダルなどは避けましょう。

シンガポールの言語や公用語について

シンガポールの公用語は英語とマレー語、華人の間では標準中国語、印僑はタミル語になります。マレー語が憲法上国語とされているものの、行政やビジネスに加え公共の場でも英語が最も広く使われています。多民族国家のシンガポールでは英語は公用語であるだけでなく、共通語と認識されていると言っても過言ではありません。

シンガポール人が話す英語はシングリッシュと言われていますが、それほど大きなクセもないので、生活する面で意思疎通に困ることはありません。社内での読み書きのやり取りも英語になる場合がほとんどなので、シンガポールでの就職を考えている場合は、レベルは職種によって異なるものの一定の語学力が必要となります。

貿易物流であれば必須ですが、カスタマーサポートのようなデスクワークでもある程度の英語力があった方が、良いでしょう。シンガポールの人たちの読み書きで使う英語は、日本人にも理解しやすい正確な表現が多いので、うれしいです。

華人の公用語の標準中国語は外国人からチャイニーズマンダリンとも言われていますが、本場の中国よりシンガポールの方が、音的にも台湾同様に柔らかめです。エンジニアやセールス関連の仕事で標準中国語が出来れば、それほど英語力を求められないケースもあります。

そのほか華人の家族や親戚間で使う、先祖のルーツにあたる中国の方言である、福建語に広東語(正確には広州語か潮州語と分かれている)や客家語などを母語としている人がいます。

シンガポールの物価と生活費について

シンガポールの物価はほかの東南アジア諸国と比べると、比較の対象国にもよりますが、おおよそ2~3倍以上高いです。言い換えると日本と同じ程度の物価ですが、公共機関の交通料金にタクシーやフルーツ、野菜はそれほど高くありません。

BRICs4カ国の中でもテキスタイル産業で、国が工業化したインドや中国と印僑や華僑との物流ネットワークが発達していることもあり、衣類はリーズナブルな価格で購入できます。

大きなコンベンションが開かれることも多く、年間を通じて外国人旅行者が多く需要と供給バランスの関係で、ホテルなどの宿泊施設は少し日本より割高に感じます。ここ数年、1シンガポールドルは日本円で75~85円で推移しています。計算しやすいこともあって、以下の物価に関しては、1シンガポールドル=80日本円でイメージしてみてください。

滞在が長くなりそうな場合に利用したい、30シンガポールドル前後のリーズナブルな料金のゲストハウスも市内に点在しています。ゲストハウスの多いエリアは、MRTチャイタウン駅やブギス駅、ラベンダー駅などの近くになります。

初乗りのタクシー料金は3シンガポールドル~、日本円換算で240円なので、高くありません。地下鉄(MRT)は、東京のJR東日本の山手線と同じぐらいなので、財布に優しいです。SuicaやPasmoと似たような感じで使えて、路線バスも利用できるez-linkカードもおすすめです。

シンガポールの家賃

シンガポールの家賃は東京並みかそれ以上高く、コンドミニアムは現地駐在員向けと言えます。日本の公団にあたるHDBでさえも月2000シンガポールドル程度が、必要となります。一人暮らしや現地採用であれば、ルームシェアがシンガポールでは一般的です。

ルームシェアはHDBや民間住宅でも数多く貸し出されていて、ひと月の家賃の目安は600~800シンガポールドルになり、コンドミニアムだと少し割高になります。HDBや民間住宅でも住居環境は悪くなく、家具付きなので、引越しのストレスも少なくすみます。

ルームシェアのメリットは、外国人とひとつ屋根の下になるので、英語が上達できる環境で暮らせると言うことです。気を付けておきたい点は、自炊禁止のユニットが多いので、入居前に確認をしてみてください。それでもシンガポールは外食文化が発達していて、ローカル食堂に関しては、日本より料金も安めです。住居の探し方は英語の専用サイトや掲示板、現地にオフィスを構える日系の不動産会社利用が、ほとんどです。

比較的長い時間の通勤に慣れている人であれば、隣接する家賃も物価もシンガポールより安い、マレーシアのジョホールバルでの生活も選択肢のひとつに入ります。ジョホールバルはロングステイで人気の都市で、日本人向けのエージェントや不動産会社も多いです。

シンガポールの電気代・水道代・ガス・インターネット

ルームシェアの場合には電気代や水道代の使用料が、家賃に含まれている場合が多いですが、入居前にオーナーに先ずは確認をしてみましょう。中にはパブリックスペースをメイドさんが、一週間に1回ほど清掃してくれる費用も含まれている場合が、あります。家賃と水道光熱費込みで日本円換算では月48,000円からなので、シンガポールの月給を考えると、相対的に高くありません。

単独でコンドミニアムやHDBを借りた場合の大まかな水道光熱費の月額の目安は、1DKだと日本円で5,000円、3LDKでは12,000円ほどです。ガス代は1キロワットあたりで約15円、常夏の国であるだけに、電気代は日本より少し高くつきそうです。

インターネットに関してはルームシェアの場合に契約の際に要確認ですが、ネット代込みのところが多いです。コンドミニアムにご自身単独かご家族で入居される場合には、NTTシンガポールなどのプロバイダー契約が必要となる場合があります。

シンガポールの食事(レストラン・スーパー)

シンガポールの外食で特にお世話になりそうなのが、廉価な飲食店が集まる複合施設のホーカーセンターです。中華からマレーやインド料理に加えて、場所によっては和食や韓国料理の飲食店もテナントで入っています。

ローカルフードであれば一品3シンガポールドル~と安く、海南鶏飯にビーフンや雲呑麺のように、日本人の口に合うものが幾つもあります。雲呑麺も「湯(タン)」か「乾(ガン)」のどちらを食べると聞かれ、前者は日本と同じワンタンメンで、後者は焼きそば風で食べ比べが楽しみです。

高級なお店になればなるほど料金が高くなるのは日本と同じで、モダンフレンチのチェーン店や飲茶のレストランなどが人気です。シンガポールで働くことになれば、先ずはホーカーセンターで、いろんな料理を食べてみましょう。

スーパーを上手く利用して外食回数を少し減らすことで、ひと月の食費を160~300シンガポールドルでやって行くことも可能です。日本の調味料は関税が掛かっているので割高になります。それでも心配する人が少ないのは、廣和興をはじめシンガポールには伝統的な中国醤油があるので、調味料探しも楽しみです。

シンガポールの治安について

シンガポールの犯罪発生件数は日本より低く、観光中に油断をしなければ、トラブルに巻き込まれることもかなり少ないと言われています。数多くないですが、たまに遭う被害のケースはタクシーのぼったくりで、メーターを使用しない車は避けましょう。

置き引きやスリも皆無ではないので、その場を離れるときや人混みの中では、貴重品に気を付けてください。シンガポールでそのほか注意したい、歩きタバコの罰金が昔から有名です。現在は街中のいろんな施設に設けられている禁煙コーナー以外で喫煙すると、最高で1,000シンガポールドルの罰金を科せられます。交通機関へのドリアンの持ち込みに加え、車内での飲み食いも罰金の対象になるので、注意が必要です。

シンガポール人の特徴や国民性について

シンガポール人の大きな特徴に挙げられるのが、負けず嫌いで礼儀やマナーを重んじる傾向にあります。男性はレディファーストが当たり前で、家族愛が強く、転職のためのジョブホッピングに抵抗がありません。服装に関しては、日本人からすると無頓着に見えるほど、あまり流行を追わずラフな格好を好む人が多いです。

シンガポール人はバイリンガルやマルチリンガルがほとんどで、コミュニケーション能力が高いです。女性が積極的に男性にアプローチすることが珍しくなく、仕事も買い物も好きなところは香港や台湾とよく似ています。

シンガポール人はプライドが高い国民なので、道を聞かれても知らないと言う人をあまりみかけません。単刀直入に言えば適当なところもあり、多くの人に聞くと解らなくなる場合もありますが、それほど複雑な地形ではありません。スマホを見ることが出来る環境でない場合は、大きなホテルと言ったポイントをガイドブックなどの地図で確認した上で、道を尋ねた方が良いです。

建国の父であるシンガポールの故リー・クアンユー初代首相は、国民から今でも熱く尊敬されています。リー・シェンロン現首相はリー・クアンユーさんの長男にあたり、父が推進した言語政策の英語が堪能で、ハーバード大学行政大学院の修士号取得と言った経歴を擁します。


シンガポールの代表的な企業一覧

シンガポールは製造業が主要産業の一つで、エレクトロニクス,化学関連,バイオメディカル,輸送機械,精密器械に強みがあります。またインターネット産業も主要な産業の一つでもあります。

インターネット企業

  • アゴダ
  • InMobi
  • Viki

運輸業者

  • PSAインターナショナル
  • SSMRTコーポレーション
  • SMRTトレインズ
  • アメリカンプレジデントラインズ
  • SBSトランジット
  • コンフォートデルグロ
  • シンガポール・バス・サービス
  • ネプチューン・オリエント・ラインズ

銀行

  • オーバーシー・チャイニーズ銀行
  • シンガポール金融管理局
  • シンガポール銀行
  • DBS銀行
  • UOB ケイヒン ホールディングス
  • ユナイテッド・オーバーシーズ銀行

航空会社

  • ジェットスター・アジア航空
  • シルクエアーシンガポール航空
  • シンガポール航空カーゴ
  • スクート
  • タイガーエア
  • タイガーエアウェイズ・ホールディングス

シンガポールの就労ビザについて

シンガポールで働くためには、基本的に就労ビザ取得が義務付けられています。代表的な就労ビザの中に、マネジメント能力や専門性が高いポジション向けのエンプロイメントパスと言うものがあります。レベルの高い大学卒業、或いはそれに相当する能力のある人が条件となり、月額固定給与が3,600シンガポールドル以上の申請となります。

就労ビザのEPパスとも呼ばれるエンプロイメントパスに届かないレベルのポジションに就く人を対象にしたのが、Sパスです。大学卒業か短期大学や最低でも1年以上の全日制の各種学校を卒業、希望する職種に関する職歴が数年以上ある人が、条件を満たしています。

現地駐在員の奥さまの中には、シンガポールで働いてみたいと思っている人が、少なくありません。シンガポールではEPパス保有者の配偶者に発行される、帯同家族ビザがあれば、比較的簡単に就労することが可能です。レター・オブ・コンセント(LOC)と言うシステムを使って、就労許可を得ることができ、学歴や職歴などの審査が行なわれません。LOCでは、時給制のパートタイムでも働くことが可能なのでうれしいです。

そのほかワーキングホリデービザとは異なるシンガポール独自のワークホリデーパス、高額収入の人向けのビザなどがあります。一般的な就労ビザ取得には、英文の最終学歴証明書が必要です。就職エージェントへ登録する際には、日本語だけでなく英語の職務経歴書を求められる場合がほとんどです。

シンガポールの就職事情と求人について

シンガポールで働くためには、主に海外駐在員として赴任するか、現地採用の場合には就職先を見つけることからはじまります。後者の場合は、採用される会社から就労ビザを取って貰うことになります。ここでは、シンガポール系や日系企業での就職と現地採用の諸事情について紹介致します。

日本におけるシンガポール系企業

シンガポール系企業は東南アジア諸国や中国をはじめ海外に多く進出していることで、知られています。日本に事業所やオフィスがある代表的なシンガポール系企業と言えば、先ずナショナル・フラッグ・キャリアの航空会社と世界20カ国以上の都市にチェーン店を展開するうちの中のホテルが、挙げられます。

マルチメディア機器製造企業で北陸が本社の精密機器メーカーとの合弁会社のオフィス、世界13の国と地域に展開する総合金融グループの中の証券会社なども注目されています。日系大手商社が第2位の株主の農業総合商社のオーラム・インターナショナルは、全世界でグローバルにビジネスを拡大しています。

世界トップクラスの補聴器メーカーは日本の地方を代表する大きな都市に営業所があり、イギリスやドイツと言った、各国の現地法人の求人概要をサイトで見ることが出来ます。

シンガポールの現地採用

シンガポールの現地採用の求人で最も人気が高いのが、日系の就職エージェントでの登録です。求人情報サイトのシンガポールの「オシゴトサーチ」では、日本人向けの求人が多数紹介されていますので、見逃せません。シンガポールで発行されている日本語のフリーペーパーにも求人広告が掲載されていて、紹介も含めて気になる案件がある場合は、直接コンタクトを取ってみるのもひとつの方法です。

シンガポールは人件費が高いので、ほかの東南アジア諸国と違って、生産の拠点ではありません。現地採用求人の大きな特徴として、メーカー関連の営業職は少なめで、専門職やカスタマーサポートの仕事は多いと言えます。

最低限英語が日常会話以上は必要となりますが、会社や職種によっては、意思疎通が出来るレベルでいいところが中にはあります。貿易に強い華人系や数字に明るいインド系のオーナーが多く、会計や金融関連の求人も多く見られます。日系へのこだわりがなく英語が流暢であれば、多国籍企業での就職も可能なのもシンガポールの魅力でしょう。

全般的に見て先進国だけに、ITに商社や物流関連、ホテルや教育などサービス業界に至るまで職種も豊富です。シンガポールで働く現地採用の日本人の給料ですが、営業職で30代では8,000シンガポールドル、管理職でその倍ほどなので、中々いいと言えるでしょう。条件の良い仕事と収入を得るには、TOEICのスコアは700点以上が目安のようです。

シンガポールの現地採用で比較的いい収入の仕事を求めるのであれば、バンコクやベトナムなどと比べると、ハードルも少し高くなります。いい求人案件になると英語力は勿論のことですが、学歴や職歴も重視される場合が多いです。

シンガポールの駐在員求人

シンガポールで働くのに一番メリットと感じるのは、日系企業の海外駐在員として赴任するか、世界中に事業を展開している多国籍企業での就職になります。海外駐在員であれば、現地での仕事探しでの宿泊滞在費や食費と言った就職活動費、シンガポールまでの交通費が掛かりません。福利厚生においても日系企業となると、コンドミニアムやアパートメントの家賃を会社が、全額が一部負担してくれる場合がほとんどです。

日系企業は会社によって多少異なりますが、年齢や実績に応じて内規による昇給や昇進があるので、将来的な見通しはつきます。物価は日本とあまり変わらず住居費に関しては東京並みのシンガポールで、家賃の補助があるのは、助かります。現地採用で入社した現地法人の日本の本社採用になるケースも少なくは、ないようです。

シンガポールにある日本商工会議所登録の日系企業数が800社以上もあり、中には現地法人の社内で、積極的に駐在員として雇用する制度を設けているところもあります。商社関連ではシンガポール人自体を日本の本社採用として抜擢するケースもあるので、いい意味で刺激になる会社もあります。

一方多国籍企業になると、実力が収入にダイレクトに反映しているところも少なくなく、欧米での転勤も視野に入る場合があります。大きな税制上のメリットがあり、現地での会社設立がほかの東南アジア諸国と比べると煩雑ではないのも、外資系企業に人気の理由の中のひとつに挙げられます。

シンガポールは周辺地域のハブとしての役割を果たす、地政学にも恵まれた国です。生産拠点から物流の拠点や情報の集約地として発展を続け、メディカルツーリズムメディカルツーリズムの先進国としても注目を集めています。

日常では常に英語を使う事があり、華人との間では中国語も試せるので、外国語のスキルアップにもってこいの国です。男女平等の概念が強く、世界の中でも女性が活き活きと働ける国のひとつと言われ、何よりも同じアジアと言う親しみやすさがあります。駐在員求人か現地採用で働くか、気になる人は就職関連サイトで求人案件をチェックしてみましょう。


シンガポールで働くには?就職の進め方について

それではどのようにして、シンガポールでのシンガポール系または外資系企業そして日系企業への現地採用または駐在員としての海外就職への準備を行なっていけばよいのでしょうか。特に、高待遇の多い駐在員求人への競争率は高いのが現状です。

そして、転職活動を進めていくうちに、東南アジアという物価の低い国で働くということは、日本円換算で考えると、どうしても待遇があまり良くないものや、メリットが感じられない求人しか見つからないというケースも多いのではないでしょうか?

仮に、一般公開されているシンガポールでの高待遇の求人は、応募倍率が高いだけでなく、すぐに募集を打ち切ってしまうケースも多く、目に触れる機会も少ないのが事実です。

非公開求人の情報を集める

海外就職を進めていく中で、特に東南アジア求人において高待遇の案件を見つけるにはどうすればよいのでしょうか?それは、「転職エージェントから非公開求人の案件をオファーを集める」ことです。一般的な転職サイトでは見つからないような条件の良い求人を優先的に紹介してもらうことがポイントになります。

外資系企業や海外就職に成功された方の例としては、「外資系や海外勤務に強い大手転職エージェント」に登録してオファーを待つことに加えて、「シンガポールの現地採用求人」もチェックしておけば、シンガポールで働く可能性が高まります。

外資系企業や海外就職に強い転職エージェントは、20代・30代の海外就職の転職実績がある「ランスタッド」求人件数が圧倒的に多い国内最大手の「リクルートエージェント」は押さえておきましょう。

シンガポールでの現地密着型の求人サイトとしては、シンガポール掲示板どが有名です。シンガポールでどのような職種の仕事があるのか、また給料の相場などをチェックしても良いでしょう。現地採用求人が多いため、条件的に厳しい部分がありますが、中には今後のキャリアアップを目指す上において魅力的な求人もあるのでチェックしておきたいところです。

海外就職において不安な面もありますが、リクルートエージェントやランスタッドなどの海外就職に強いエージェントを利用して、少しでも自分自身の希望に叶った就職・転職に繋げることをおすすめいたします。

外資系企業、海外就職、グローバル企業に強い転職エージェント

「外資系企業」「海外勤務がある企業」へ転職したい方の中には、どのようなステップで応募すればいいのか悩まれる方も多いと思います。直接、会社のオフィシャルサイトで採用情報を記載されている企業もたくさんありますが、外資系企業や海外勤務のあるグローバル企業へ転職される方の大半は、「転職エージェント」を利用して転職される方がほとんどです。外資系企業・海外勤務のある企業へ転職する際には、それに特化した転職エージェントがあります。

20代・30代の転職・グローバル・海外就職に強いランスタッド

ランスタッドは、1960年にオランダで創業された世界最大級の総合人材サービス会社です。世界39の国と地域に4,700以上の拠点を持ち、50年以上にわたり培ったノウハウと信頼のある転職エージェントです。

日本国内に136拠点あり、20代〜30代第二新卒の転職サポートに実績があります。グローバル企業、海外勤務、外資系企業の取り扱いも多数。相談は全て無料。

ランスタッド公式サイト

非公開求人数・成功実績No.1のリクルートエージェント

リクルートエージェントは、非公開求人数は業界最大級の約10万件。求人の90%は非公開求人 · 転職成功実績No.1 · 年収1000万以上の求人、外資系企業・海外就職・グローバル企業の案件も多数。

日本最大級の求人件数を誇る転職エージェントなので、まずは登録しておきたい転職エージェントです。相談は全て無料。

リクルートエージェント公式サイト

外資系アパレル・ラグジュアリーブランド求人に強いクリーデンス

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス は「DODA」が運営しているファッション専門の転職エージェント。外資アパレルブランドやラグジュアリーブランドに特化した案件も強いので、外資系のファッション業界を目指す方にはおすすめの転職エージェントです。

担当コンサルタントと企業ごとに合わせた面接サポートもあるので、外資ブランドを初めて目指す転職者にとって手厚いサポートです。相談は全て無料。

クリーデンス公式サイト

サポートが充実の外資系企業に強いJACリクルートメント

JACリクルートメントは、リクルートエージェントに次いで、業界大手、イギリス発の外資系エージェント。非公開、独占求人の紹介, 外資系企業の豊富な情報量, 英語面接対策やレジュメチェックなどのサポートも充実。相談は全て無料。

JAC Recruitment 公式サイト

外資系・日系グローバル企業での英語を活かした転職ならロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズは、日本では「グローバル人材」に特化した人材紹介会社。 「英語を活かせる求人」だけを紹介しており、コンサルタントは全員バイリンガルで、満足度93%を誇り、外資系ならではのスピード感をもって選考を進めることができます。

求人は公開求人だけでなく、外資系高収入非公開求人も数千件扱っており、面接アドバイスや履歴書の添削を各コンサルも行います。相談は全て無料。

ロバート・ウォルターズ公式サイト

年収800万円以上のエグゼクティブ求人に強いキャリアカーバー

キャリアカーバー は、年収800万円以上の求人、エグゼクティブ求人・グローバル企業・外資系企業のハイクラス求人が豊富に揃うリクルートが運営するハイクラスの転職エージェントです。

求人は非公開のものが多く会員登録することで、専門のヘッドハンターからスカウトを受け取ることができます。基準として直近の年収650万円以上の方に限定されるため、敷居が高いのが特徴。相談は全て無料。

キャリアカーバー公式サイト



上記は外資系・海外就職・グローバル案件の転職案件に強く、サポートもしっかりあるので、今後、「外資系企業」を目指す方は、登録しておさえておきたい転職エージェントになります。できる限り、1社に限定してしまわずに、2〜3社に登録をしてセカンドオピニオンを持たれることをおすすめいたします。

関連記事

  1. タイで働くには?日系企業の求人と現地採用の就職事情や転職のポイント

  2. ミャンマーで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

  3. マレーシアで働くには?マレーシア系企業の求人と現地採用の就職事情や転職のポイント

  4. ベトナムで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

  5. ラオスで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

  6. カンボジアで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

  7. インドネシアで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

  8. フィリピンで働くには?フィリピン系企業の求人と現地採用の就職事情や転職のポイント

最近の記事

おすすめ記事

  1. 恥をかかない効果的な英文メールの書き方や注意点について
  2. LinkedInとは?ビジネスSNSを利用して外資系企業に転職成功
  3. 転職回数が多いのは不利?外資系企業への転職を成功させるコツ
  4. 40代で外資系企業に転職できる?40代が気になる外資系転職事情
  5. 英語ができない場合は外資系転職や海外就職は無理?狙い目の職種について
  6. 女性の外資系企業への転職に年齢や経験は関係ある?

人気記事

PAGE TOP