ミャンマーで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

敬虔な仏教徒が多いミャンマー人の根底の中にあるものは、輪廻転生の思想に基づき、生まれ変わりを考える無償の優しさを感じると言う人が少なくありません。軍事政権から民主化へ国が大きく方向変換し、ここ数年の間で、世界の中でも最も注目される市場の一つとなりました。

親日家が多く、日本人とミャンマー人の相性は、特に良いと言われています。ここでは、ミャンマーで働く際に当たって、知っておくと便利な就労ビザや就職事情と求人についてご説明致します。


ミャンマーで働くには?ミャンマーの就労ビザについて

在日ミャンマー連邦共和国大使館より、2018年(平成30)年10月から1年間、日本人を対象とした観光査証免除の試行が開始されると発表がありました。有効な日本国のパスポートを所持していれば、入国日から最大30日間ビザ無しで観光が出来ます。入国は、中国やタイ等から陸路での入国は該当せずに、ヤンゴン国際空港・マンダレー国際空港・ネーピードー国際空港・ヤンゴン港の4箇所のみとなります。

なお、ミャンマーで働く際には、諸外国と同様に、就労ビザが必要となります。そこで、主にミャンマーの就労ビザについて、以下順を追ってご説明致します。

ミャンマーの就労ビザの種類や期間について

ミャンマーの商用ビザと言われる就労ビザがあり、シングルビザ・マルチプルビザ(半年間、或いは1年間有効)の合計で3種類になります。いずれのビザも取得したあとに、入国日から70日以内に、一度出国しなければならないと言ったルールがあるので、気に留めておく必要があります。

就労ビザ(商用・シングルビザ)

各国にあるミャンマー大使館・ヤンゴン国際空港内ビザカウンター・インターネット(e-VISA)のいずれかで、申請出来ます。ミャンマーでの有効滞在期間は、70日間(10週)となります。

就労ビザ(商用・マルチプルビザ・有効期間半年間)

有効期間半年間のマルチプルビザは、各国にあるミャンマー大使館での申請となり、商用シングルビザを申請予定大使館で一回以上取得していることが前提となります。

就労ビザ(商用・マルチプルビザ・有効期間1年間)

有効期間1年間のマルチプルビザの場合も各国にあるミャンマー大使館での申請となり、条件としては、商用ビザを申請予定大使館にて2回以上取得していることが挙げられます。

ミャンマーの就労ビザの申請について

就労ビザ(商用・シングルビザ)での就労でも特に問題がなく、その後は随時更新するのか、他のビザに切替える場合もあります。就労ビザの申請に関しては、会社の管理部門が行う場合が多いものの中にはビザ取得代行会社を利用するようになる場合もあり、雇用先によって異なってきます。

また、ミャンマーに3カ月以上滞在する外国人は外国人登録が必要とされます。合わせて、長期滞在する場合には、入国後に在留許可の取得が義務付けられていますのでお忘れなく。

ミャンマーの就労ビザの申請の難易度

ミャンマーの就労ビザの申請は、それほど難しいと聞いたことがありません。最低賃金の定めもなく、駐在員だけでなく現地採用の人たちに対しても、最終学歴のシバリを特に設けていません。

MICと呼ばれるミャンマー投資委員会の認可企業や経済特区法に基づき設立された企業の場合は、自国のミャンマー人の雇用を守るために外国人の雇用比率があります。これらは、隣国のタイ等も同じで、内容を耳に入れておく程度でいいでしょう。

ミャンマーでは法律がしばしば変わることもあるので、英語になりますが、最新情報は以下のイミグレーションのページで確認してみてください。

ミャンマーの就労ビザの申請に必要な語学力

英語ないしミャンマー語でのミャンマーの就労ビザの申請に必要な語学力の定めがあると聞いたことはありません。それでも現地採用であれば、目安として日常会話程度以上の英語力を求められるケースがミャンマーでも多く見かけられます。

カスタマーサポートや事務職であれば、駐在員と現地スタッフの橋渡し役になることもあるので、ミャンマー語が出来ると就職に有利になります。英語が一定のレベル以上で、大卒で社会人経験3年以上であれば、比較的早く仕事が見つるのは近隣諸国と同じです。

日本人向けクリニックに加え、レストランや居酒屋等の飲食店であれば、学歴を求められず新卒でも働くチャンスに恵まれています。就労ビザでは学歴や職歴がミャンマーではチェックされることもあるので、転職エージェントを活用して、見せる英語の履歴書や職務経歴書を作成しましょう。


ミャンマーの就職事情と求人について

外務省の調べによると、ミャンマーに進出している日系企業数は約400社となっています。ミャンマー日本人商工会議所メンバー数が380社ほどなので、ほとんどの企業が会員だと言うことになります。在留邦人数は2600人前後、ヤンゴン日本人学校や質の高いインターナショナルがあるので安心です。ここでは、ミャンマーの駐在員求人や現地採用などついてご紹介致します。

日本におけるミャンマー系企業

日本におけるミャンマー資本の企業と言うのは、あまり聞いたことはありませんが、現在注目されているのが送り出し機関です。一般社団法人日本ミャンマー協会の本部が東京都千代田区に、技能実習生部が東京都中央区にオフィスがあります。

ミャンマー資本や日本人経営者の送り出し機関のオフィスが、東京をはじめ大阪や東海地方、北は北海道の札幌から南は沖縄にあります。ほとんどの送り出し機関が、幅広い職種に対応していているのでうれしいでです。何よりもミャンマー人の国民性は人柄が良いことで有名なので受け入れ側も安心です。

高田馬場にはリトルヤンゴンと呼ばれるミャンマー人街があることで知られています。ミャンマー料理店や雑貨店があるので、興味がある人は足を延ばしてみましょう。

成田とヤンゴン間で毎日全日空が直行便を就航しているほか、ソウルやバンコク等の主要都市を経由してミャンマーに入国することが出来ます。また、日本とミャンマー間で、現在定期便とチャーター便の運行を休止しているマンダレー航空の再開を待つ声も少なくありません。

ミャンマー政府の民主化後に、外国銀行の進出に対して規制が緩和され、日本のメガバンク3行がヤンゴンに支店を開設しています。今後日系企業の進出が加速するとみられ、いずれにしても将来的にはほかのアセアン諸国同様に、日本に現地法人のオフィスを構える銀行が出てくるでしょう。

ミャンマーの現地採用

ミャンマーは大まかに言えば、食費をはじめ物価に関しては、日本の5分の1程度です。ちょっと頭が痛いのは、外資系企業の進出数の増加による、外国人向けのアパートメントとの需要と供給のバランスです。

ほかの東南アジアの国々と比較すると家賃が高めで、ヤンゴンだと日本の地方都市以上と言うのも珍しい話ではありません。ただ、日本と違ってたいていのアパートメントに家具等が設置されているので、初期費用はそんなに掛かりません。現地採用で仕事探しのポイントとしては、月収が少しでも高いところを選ぶか、そうでない場合は、家賃補助の有無の確認をしてみてください。

ミャンマーの現地採用の月収の給与水準は、日本円で10~20万円と言われています。職種別だと、営業にカスタマーサポートや事務職がUSD1,500〜2,000、税務会計スタッフだとUSD2,000~3,000で、マネージャー職になるとUSD500~1,000ほど更に上積みされます。建築系やM&Eエンジニアであれば、USD5,000〜6,500と結構高めです。

セールスでも金融ソリューションの提案が出来ると、USD3,000~4,000も可能です。秘書や日本語教師、住居提供ありでホテルの調理スタッフを募集していることもあります。また、語学や海外就職と言った条件を一切求めていない会社が、ホームページで現地採用のスタッフを募集しているケースも少なくないのでお見逃しなく。

ミャンマーの現地採用の仕事探しで、一番確実でおすすめなのは、日本かヤンゴンにオフィスがある転職エージェントの活用です。中でもヤンゴンと日本の両方にオフィスがあるG.A. Consultants Myanmar Co., Ltd.は、比較的給料のいい求人案件を取り扱っています。

ミャンマーの駐在員求人

軍事政権時代には欧米による経済制裁が課されていましたが、民主化への政策に方向転換をすることになって、2016(平成28)年に全面解除されました。ミャンマーは勤勉な国民な上にコストが低く、豊富な労働力を擁していることで、縫製業では特に中国やベトナムに次ぐ候補地の1つとして注目されています。そんなこともあって、毎年ミャンマー進出の日系企業数の増加には、目覚ましいものがあります。

2010年代初頭の頃は、現地法人数はわずか11社だったのに対し、2016(平成28)年には100社を超え、現在は400社ほどに上ります。世界的に見ても日系企業進出数の伸び率が最も高い国の一つに挙げられ、今後更に増えると予測されます。

在留邦人数は2,600人前後、日本人学校としてはバンコクに次ぐ世界で2番目に古い歴史を持つヤンゴン日本人学校があります。また、欧米系だけでなく、日本人経営やシンガポールと繋がりが深いローカル系の質の高いインターナショナルがあるので、選択肢が広いです。

日本からミャンマーへの主要輸出品目は、輸送機器が最も多く、第2位が一般機械です。ミャンマーから日本への主要輸出品目は、1位の衣類と2位の履き物に代表されるように、特恵関税を利用した労働集約型製品の輸出が多く、第3位が魚介類です。

ミャンマーの駐在員は、市場が自由開放されて間もないので、製造業からITコンサルティングにサービス業まで幅広い職種の人たちが、ここ数年一斉に現地へ赴任しました。通常海外駐在員ともなると、日本で何年か働いたのちに現地へ赴任と言うのが多いパターンですが、ミャンマーは中途採用でのチャンスが結構あるようです。

ミャンマーでの駐在員求人の仕事探しで最も効果的なのが、転職エージェントの活用で、日本にいながらにしても就職活動が出来ます。一般的には大卒が有利ですが、技術者の場合は、特に語学も含めてそこまで問われないケースが多いと言えます。どれぐらいの英語力が必要なのかも含めて、ミャンマーの求人を取り扱っている転職エージェントのキャリア・コンサルタントに確認を取ってみましょう。

ミャンマーで働くには?就職の進め方について

それでは、ミャンマーで働くにはどのような情報を集めて、どのようにして準備を進めていけば良いのでしょうか?

直接現地で自分自身で働き口を見つけることも可能ですが、ミャンマーである程度、長期的に働こうと考えている場合は、雇用主を見つけて、まずはビザの申請をしなければなりません。ミャンマーで長期的に働く場合は、ミャンマーに支店がある日系企業に応募する方法が、もっともメリットが多く、ビザ申請に関してもスムーズに進むのではないでしょうか。

ミャンマー系企業の求人は、一般公開されている企業は非常に少なく、自分にあった職種を見つけることが難しい状況ですが、海外勤務に関しては非公開案件も多く存在しています。この非公開案件を見つけることで、自分にあった企業を紹介してもらうことが可能です。

非公開求人の情報を集める

海外就職を進めていく中で、よい求人を見つけるには、「転職エージェントから非公開求人の案件をオファーを集める」ことが一番良い方法になります。

転職エージェントでは、一般的な転職サイトでは見つからないような条件の良い求人を、エージェントが集めてきてくれて、優先的に紹介してくれることが最大のメリットです。

転職エージェントに登録することから採用されるには一切費用が発生しないので、外資系企業や海外就職に成功された方の例としては、「外資系や海外勤務に強い大手転職エージェント」に登録する方が、圧倒的に多いのが現状です。採用した企業から手数料をもらうため転職エージェントも、かなり親身になってサポートしてくれます。

外資系企業や海外就職に強い転職エージェントとして、求人件数が圧倒的に多いのは、20代・30代の転職・グローバル&海外就職に強い「ランスタッド」 、国内最大手の「リクルートエージェント」 になるので、この2社は必ず押さえておきましょう。

最後に

世界三大仏教遺跡の一つに数えられるバガン遺跡、イギリス植民地時代に避暑地として栄えたインレー湖等、見どころが多いのもミャンマーです。トレッキングやマリンスポーツを楽しめる自然環境に恵まれ、何と言ってもミャンマーの魅力は人の良さです。そんな素敵なミャンマーでの仕事探しにもってこいなのが転職エージェントの活用なので、まだの人はなるべく早めに登録を行いましょう。

外資系企業、海外就職、グローバル企業に強い転職エージェント

「外資系企業」「海外勤務がある企業」へ転職したい方の中には、どのようなステップで応募すればいいのか悩まれる方も多いと思います。直接、会社のオフィシャルサイトで採用情報を記載されている企業もたくさんありますが、外資系企業や海外勤務のあるグローバル企業へ転職される方の大半は、「転職エージェント」を利用して転職される方がほとんどです。外資系企業・海外勤務のある企業へ転職する際には、それに特化した転職エージェントがあります。

20代・30代の転職・グローバル・海外就職に強いランスタッド

ランスタッドは、1960年にオランダで創業された世界最大級の総合人材サービス会社です。世界39の国と地域に4,700以上の拠点を持ち、50年以上にわたり培ったノウハウと信頼のある転職エージェントです。

日本国内に136拠点あり、20代〜30代第二新卒の転職サポートに実績があります。グローバル企業、海外勤務、外資系企業の取り扱いも多数。相談は全て無料。

ランスタッド公式サイト

非公開求人数・成功実績No.1のリクルートエージェント

リクルートエージェントは、非公開求人数は業界最大級の約10万件。求人の90%は非公開求人 · 転職成功実績No.1 · 年収1000万以上の求人、外資系企業・海外就職・グローバル企業の案件も多数。

日本最大級の求人件数を誇る転職エージェントなので、まずは登録しておきたい転職エージェントです。相談は全て無料。

リクルートエージェント公式サイト

外資系アパレル・ラグジュアリーブランド求人に強いクリーデンス

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス は「DODA」が運営しているファッション専門の転職エージェント。外資アパレルブランドやラグジュアリーブランドに特化した案件も強いので、外資系のファッション業界を目指す方にはおすすめの転職エージェントです。

担当コンサルタントと企業ごとに合わせた面接サポートもあるので、外資ブランドを初めて目指す転職者にとって手厚いサポートです。相談は全て無料。

クリーデンス公式サイト

サポートが充実の外資系企業に強いJACリクルートメント

JACリクルートメントは、リクルートエージェントに次いで、業界大手、イギリス発の外資系エージェント。非公開、独占求人の紹介, 外資系企業の豊富な情報量, 英語面接対策やレジュメチェックなどのサポートも充実。相談は全て無料。

JAC Recruitment 公式サイト

外資系・日系グローバル企業での英語を活かした転職ならロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズは、日本では「グローバル人材」に特化した人材紹介会社。 「英語を活かせる求人」だけを紹介しており、コンサルタントは全員バイリンガルで、満足度93%を誇り、外資系ならではのスピード感をもって選考を進めることができます。

求人は公開求人だけでなく、外資系高収入非公開求人も数千件扱っており、面接アドバイスや履歴書の添削を各コンサルも行います。相談は全て無料。

ロバート・ウォルターズ公式サイト

年収800万円以上のエグゼクティブ求人に強いキャリアカーバー

キャリアカーバー は、年収800万円以上の求人、エグゼクティブ求人・グローバル企業・外資系企業のハイクラス求人が豊富に揃うリクルートが運営するハイクラスの転職エージェントです。

求人は非公開のものが多く会員登録することで、専門のヘッドハンターからスカウトを受け取ることができます。基準として直近の年収650万円以上の方に限定されるため、敷居が高いのが特徴。相談は全て無料。

キャリアカーバー公式サイト



上記は外資系・海外就職・グローバル案件の転職案件に強く、サポートもしっかりあるので、今後、「外資系企業」を目指す方は、登録しておさえておきたい転職エージェントになります。できる限り、1社に限定してしまわずに、2〜3社に登録をしてセカンドオピニオンを持たれることをおすすめいたします。

関連記事

  1. マレーシアで働くには?マレーシア系企業の求人と現地採用の就職事情や転職のポイント

  2. インドネシアで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

  3. ベトナムで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

  4. シンガポールで働くには?シンガポール系企業の求人と現地採用の就職事情や転職のポイント

  5. タイで働くには?日系企業の求人と現地採用の就職事情や転職のポイント

  6. カンボジアで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

  7. フィリピンで働くには?フィリピン系企業の求人と現地採用の就職事情や転職のポイント

  8. ラオスで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

最近の記事

おすすめ記事

  1. 恥をかかない効果的な英文メールの書き方や注意点について
  2. 英語ができない場合は外資系転職や海外就職は無理?狙い目の職種について
  3. 転職回数が多いのは不利?外資系企業への転職を成功させるコツ
  4. 女性の外資系企業への転職に年齢や経験は関係ある?
  5. 40代で外資系企業に転職できる?40代が気になる外資系転職事情
  6. LinkedInとは?ビジネスSNSを利用して外資系企業に転職成功

人気記事

PAGE TOP