スリランカで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

インド洋に浮かぶ島国のスリランカは、シーギリヤロックや聖地キャンディをはじめ、数々の魅力的な世界遺産があります。国民の約7割が仏教徒であり、穏やかな立ち振る舞いには、日本人との共通点があるように思えます。

そこで、スリランカで働くに当たって、知っておくと便利なスリランカの就労ビザや就職事情と求人について、ご説明致します。



スリランカで働くには?スリランカの就労ビザについて

スリランカに入国する際には、有効な日本国籍のパスポート擁していてもビザが必要となります。観光ビザは入国した日から30日間有効で、最大6ヶ月まで延長することが可能です。申請はインターネット(35米ドル)かスリランカの空港内(40米ドル)のいずれかになりますが、どららも有料です。

また、諸外国と同じくスリランカで働くには、就労ビザが必要です。ここでは、主にスリランカの就労ビザについて必要と思われる内容を、以下ご説明致します。

スリランカの就労ビザの種類や期間について

BOIと呼ばれるスリランカ投資委員会の承認企業、或いは州承認の投資プロジェクトに関係する、または投資局の推薦が得られる場合が就労ビザ発給の対象となります。査証申請には投資局の推薦状が必要となり、就労許可は企業の役員や経営陣を除き、自国民であるスリランカ人では業務が遂行出来ない職種やポストに限られます。

一般的な就労ビザ

スリランカで働くには、入国ビザと就労ビザに当たる居住ビザの取得が必要となってきます。居住ビザは1年ごとの更新になり、最長5年間の滞在が認められ、出入国自由のマルチプルビザタイプになります。

配偶者ビザ

スリランカ人とスリランカで婚約した場合、最低でも6ヶ月観光ビザでそのまま国内に滞在しないといけないと言うシバリがあります。ただ、配偶者ビザ取得は無料で、取得後は就労が出来るので安心です。

スリランカの就労ビザの申請について

アライバルビザと呼ばれる空港到着時に取得した観光ビザから就労ビザへ現地での切替取得は出来ないので注意が必要です。スリランカで働く事が目的であれば、インターネットか代行業者を利用して、入国ビザを取得しましょう。

一般的な就労ビザ

スリランカの一般的な就労ビザの申請に必要とされる書類は、かなりの量になります。お勤め先の会社の管理部門の担当者が用意や手配をすることに一般的にはなりますが、本人が事前に準備しておくと助かるモノがあります。

  • 就労ビザ申請者の履歴書
  • 最終学歴証明書
  • 申請者の直近6か月の銀行明細

等になります。

就労ビザ発給に関わる政府機関へ必要とあれば出向かなければいけない場合もあり、その際には面談が行われるので、公用語の一つである英語での対応になりそうです。

配偶者ビザ

配偶者ビザを取得していると、現地人価格で観光地等の入場料を支払うことになるので、お得感があります。どう言うことかと言えば、発展著しいタイやマレーシアでさえも外国人価格とローカル価格の二重価格を設けている場合が多いので、現地人の料金に該当することになります。配偶者ビザの申請は、配偶者のスリランカ人同伴可なので、うれしいです。

スリランカの就労ビザの申請の難易度

世界的にも重宝がられる職種の医師やエンジニアでさえもスリランカの就労ビザの申請が難しいと言われるのは、満更大袈裟ではないと言えます。就労ビザより投資家ビザが取得しやすいこともあり、資産がある企業では後者を活用しているところがあるかもしれません。

駐在員で現地赴任する場合は、今までの実績と現地の行政とのパイプがあるので、それほど難しいと言えません。多くの日系企業がスリランカに進出しているので、現地採用の求人もありますが、安全な方法としては信用のある転職エージェントを活用するのが一番です。

スリランカの就労ビザの申請に必要な語学力

スリランカの就労ビザの申請に必要な語学力の規定があると、今まで聞いたことがありません。それでも就労ビザ申請の際には、該当する行政機関での面接が行われることもあるので、英語が話せる方が良いでしょう。

1948(昭和23)年にイギリスから独立したスリランカの公用語は、シンハラ語やタミル語に加え、英語になります。ほとんどのスリランカ人が、英語を話せますので、就職の際に最も必要な外国語が自ずと解ります。会社だけでもなく生活面でも英語は必要不可欠となりますが、求められるレベルは、会社や職種によって大きく異なります。



スリランカの就職事情と求人について


ジェトロ・コロンボ事務所の調査によると、スリランカ進出の日系企業数は130社だそうです。外務省の調べによると、在留邦人数が約770人なので、想像以上に多いと感じます。首都にあるコロンボ日本人学校は、体験入学が出来るので安心です。スリランカ日本人会は、婦人部をはじめ合計9つの部門によって、構成されています。そこで、そんなスリランカの駐在員求人や現地採用などついて、ご紹介致します。

日本におけるスリランカ系企業

敗戦後日本が国際社会で生きる道筋を作ったのがスリランカであり、1951(昭和26)年に開催されたサンフランシスコ講和会議では、日賠償請求権の放棄を明らかにしました。当時のスリランカの大統領の演説がなければ、今の日本の領土は戦勝国によって分断されていたと、言われています。世界有数の親日国であり、今もなお政治経済面において、深い結び付きがあります。ここでは、日本におけるスリランカ系企業について、ご紹介致します。

スリランカ航空

スリランカのナショナル・フラッグ・キャリアのスリランカ航空は、コロンボのバンダラナイケ国際空港をハブ空港としています。ヨーロッパやアジア方面等、22カ国30を超える都市との間に、国際線が就航しています。コロンボと成田間の直行便は、週4便運航され、東京都中央区日本橋界隈にスリランカ航空の日本支社があります。

OpenArc

スリランカのソフトウェア企業としては、初となる日本進出を遂げたのが、OpenArcです。教育機関としての役割も果たす企業であり、160名を超える専門家を揃え、ソフトウェアアプリケーションを開発し、銀行をはじめとした金融業等にサービスの提供を行っています。日本にある子会社のオープンアルクシステムズジャパンのオフィスは、東京都中央区日本橋界茅場町に位置しています。

HUJEY GROUP

首都コロンボにヘッド・オフィスを構えるのが、総合商社のHUJEY GROUPです。東京都中野区に日本支社が置かれ、食品会社やスーパーマーケットを中心に取引を行っています。本格的なスリランカ料理店を日本で開店し、紅茶にココナッツや香辛料と言った食品の売買をはじめ、手広く業務を展開しています。

スリランカの現地採用

スリランカは就労ビザの取得が結構大変だと言われ、政府とのコネクションや今までの実績のある会社に採用されると、それらの不安が解消されます。効果的なのは、そんな会社と取引のある転職エージェントの活用になりますので、まだの人はなるべく早く登録しましょう。また、求人サイトの情報も小まめにチェックしておくと良い案件が出ていることもあり、ここでは職種別に現地採用の求人をご紹介致します。

旅行会社

東京都千代田区神田神保町に本社を構える西遊旅行は、個性的なスタッフが多く、魅力的なツアーを催行している事で、業界では有名です。コロンボオフィスは、ネイチャー・エクスプローラ・ランカと言う名称の現地法人で、通年スタッフを募集しています。HISもコロンボに支店があり、旅行会社全体としては、いつも求人を出しているわけではないようです。

日本語教師

就労ビザの取得や現地の住居を提供して貰える等福利厚生全般を考えると、青年海外協力隊として、現地に赴任する方が良さそうです。大らかであまり気にしないスリランカ人相手なので、仕事もマイペースになり、現地の生活を気に入る人が多いと言われています。スリランカでの日本語教師の求人は、比較的多く出ているので、条件がそれほど悪くなければ前向きに考えても良さそうです。

ホテル

各国でゲストリレーションやセールスで活躍する日本人女性を見かけますが、ここスリランカも例外ではありません。スリランカ観光・生活情報サイトの「Spice Up(スパイスアップ)」では、ホテルや日本語教師の求人募集を掲載していることがあるので、お見逃しなく。

スリランカの駐在員求人

スリランカ進出の日系企業数は130社、在留邦人数が約770人です。スリランカから日本への主要輸出品目で挙げられるのが、コーヒー・茶・ココア・香辛料類に衣類および同付属品や魚介類および同調製品になります。

日本からスリランカへの主要輸入品目だと、輸送用機器に加え一般機械や電気機器、ゴム製品が代表的です。日本はスリランカにとって第5位の輸入相手国で、第10位の輸出相手国なので、経済的に強い結び付きがあります。そこで、スリランカに進出する日系企業を数社ご紹介致します。

佐川急便

佐川急便を傘下に置くSG ホールディングスが、スリランカの物流会社であったエクスポランカを買収したのは、記憶に新しいです。佐川急便は国際貨物の取扱実績が豊富で、南アジアからアフリカにかけて、広く事業展開しています。佐川急便は日本の運送物流関連の中では、特に海外駐在員として、現地に赴任するチャンスが多い会社として有名です。

尾道造船

国営造船所の民営化と国際競争力強化のために、スリランカ政府の要請によって、尾道造船はその国営企業の51%の株式を取得しました。取締役会に日本人が複数派遣され、幹部候補者は日本で研修を行うと言った、社内体制を確立しています。ターゲットは海外で、インドを重要なマーケットとして位置付けています。

新日本空調

観光産業が国の基幹産業の一つである、スリランカは大型から中型のホテルの建設ラッシュで沸き,空調需要が拡大しています。バングラデシュの工事を受注し、出張ベースで南アジアや中東方面へ行くこともあります。営業戦略の面においてもエンジニアに加え、英語が話せる営業マンが必要になるので、駐在員求人が出ていることもあるでしょう。

YKK

YKK は縫製業等,ジッパーの納入先の進出に合わせる形で,インドやスリランカに工場を構えています。南アジアでは縫製業が盛んですが、仕事の丁寧さと勤勉な国民性のスリランカは、より高度な技能を要する上着やランジェリー等を得意としています。

そのほかアクセサリー用チェーンメーカーの中川装身具工業や高級洋食器メーカーのノリタケ、神戸の画筆メーカーの薄井興産と言った特長のある技術を擁する企業が多いです。

スリランカで働くには?就職の進め方について

それでは、スリランカで働くにはどのような情報を集めて、どのようにして準備を進めていけば良いのでしょうか?

直接現地で自分自身で働き口を見つけることも可能ですが、スリランカである程度、長期的に働こうと考えている場合は、雇用主を見つけて、まずはビザの申請をしなければなりません。スリランカで長期的に働く場合は、スリランカに支店がある日系企業に応募する方法が、もっともメリットが多く、ビザ申請に関してもスムーズに進むのではないでしょうか。

スリランカ系企業の求人は、一般公開されている企業は非常に少なく、自分にあった職種を見つけることが難しい状況ですが、海外勤務に関しては非公開案件も多く存在しています。この非公開案件を見つけることで、自分にあった企業を紹介してもらうことが可能です。

非公開求人の情報を集める

海外就職を進めていく中で、よい求人を見つけるには、「転職エージェントから非公開求人の案件をオファーを集める」ことが一番良い方法になります。

転職エージェントでは、一般的な転職サイトでは見つからないような条件の良い求人を、エージェントが集めてきてくれて、優先的に紹介してくれることが最大のメリットです。

転職エージェントに登録することから採用されるには一切費用が発生しないので、外資系企業や海外就職に成功された方の例としては、「外資系や海外勤務に強い大手転職エージェント」に登録する方が、圧倒的に多いのが現状です。採用した企業から手数料をもらうため転職エージェントも、かなり親身になってサポートしてくれます。

外資系企業や海外就職に強い転職エージェントとして、求人件数が圧倒的に多いのは、20代・30代の転職・グローバル&海外就職に強い「ランスタッド」 、国内最大手の「リクルートエージェント」 になるので、この2社は必ず押さえておきましょう。

最後に

スリランカには数々の世界遺産だけでなく、美しいビーチから雄大なサファリまであります。スリランカの中央にある標高千メートル級の紅茶畑が広がる風景は、心が癒されるものです。仏教徒が多い国であり、日本人との相性も良いと言われています。そんな素敵なスリランカで働くには、転職エージェントの活用をおすすめします。

外資系企業、海外就職、グローバル企業に強い転職エージェント

「外資系企業」「海外勤務がある企業」へ転職したい方の中には、どのようなステップで応募すればいいのか悩まれる方も多いと思います。直接、会社のオフィシャルサイトで採用情報を記載されている企業もたくさんありますが、外資系企業や海外勤務のあるグローバル企業へ転職される方の大半は、「転職エージェント」を利用して転職される方がほとんどです。外資系企業・海外勤務のある企業へ転職する際には、それに特化した転職エージェントがあります。

20代・30代の転職・グローバル・海外就職に強いランスタッド

ランスタッドは、1960年にオランダで創業された世界最大級の総合人材サービス会社です。世界39の国と地域に4,700以上の拠点を持ち、50年以上にわたり培ったノウハウと信頼のある転職エージェントです。

日本国内に136拠点あり、20代〜30代第二新卒の転職サポートに実績があります。グローバル企業、海外勤務、外資系企業の取り扱いも多数。相談は全て無料。

ランスタッド公式サイト

非公開求人数・成功実績No.1のリクルートエージェント

リクルートエージェントは、非公開求人数は業界最大級の約10万件。求人の90%は非公開求人 · 転職成功実績No.1 · 年収1000万以上の求人、外資系企業・海外就職・グローバル企業の案件も多数。

日本最大級の求人件数を誇る転職エージェントなので、まずは登録しておきたい転職エージェントです。相談は全て無料。

リクルートエージェント公式サイト

外資系アパレル・ラグジュアリーブランド求人に強いクリーデンス

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス は「DODA」が運営しているファッション専門の転職エージェント。外資アパレルブランドやラグジュアリーブランドに特化した案件も強いので、外資系のファッション業界を目指す方にはおすすめの転職エージェントです。

担当コンサルタントと企業ごとに合わせた面接サポートもあるので、外資ブランドを初めて目指す転職者にとって手厚いサポートです。相談は全て無料。

クリーデンス公式サイト

サポートが充実の外資系企業に強いJACリクルートメント

JACリクルートメントは、リクルートエージェントに次いで、業界大手、イギリス発の外資系エージェント。非公開、独占求人の紹介, 外資系企業の豊富な情報量, 英語面接対策やレジュメチェックなどのサポートも充実。相談は全て無料。

JAC Recruitment 公式サイト

外資系・日系グローバル企業での英語を活かした転職ならロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズは、日本では「グローバル人材」に特化した人材紹介会社。 「英語を活かせる求人」だけを紹介しており、コンサルタントは全員バイリンガルで、満足度93%を誇り、外資系ならではのスピード感をもって選考を進めることができます。

求人は公開求人だけでなく、外資系高収入非公開求人も数千件扱っており、面接アドバイスや履歴書の添削を各コンサルも行います。相談は全て無料。

ロバート・ウォルターズ公式サイト

年収800万円以上のエグゼクティブ求人に強いキャリアカーバー

キャリアカーバー は、年収800万円以上の求人、エグゼクティブ求人・グローバル企業・外資系企業のハイクラス求人が豊富に揃うリクルートが運営するハイクラスの転職エージェントです。

求人は非公開のものが多く会員登録することで、専門のヘッドハンターからスカウトを受け取ることができます。基準として直近の年収650万円以上の方に限定されるため、敷居が高いのが特徴。相談は全て無料。

キャリアカーバー公式サイト



上記は外資系・海外就職・グローバル案件の転職案件に強く、サポートもしっかりあるので、今後、「外資系企業」を目指す方は、登録しておさえておきたい転職エージェントになります。できる限り、1社に限定してしまわずに、2〜3社に登録をしてセカンドオピニオンを持たれることをおすすめいたします。

関連記事

  1. ネパールで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

  2. バングラデシュで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

  3. インドで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

最近の記事

おすすめ記事

  1. ロバートウォルターズ「英語を活かした転職」で評判の転職エージェント
  2. 「リクルートエージェント」求人の90%は非公開求人 · 転職成功実績No.1
  3. 「ランスタッド」は世界第2位のシェアを誇る海外就職や外資系転職に強い転職エージェ…
  4. 女性向け転職案件に実績のある「type転職エージェント」の特徴や評判について
  5. 面接対策や英文レジュメ添削などサポートの評判が高くハイクラス案件に強いJAC R…
  6. 年収800万円以上のハイスペック・エグゼクティブ求人に強い転職エージェント「キャ…

人気記事

PAGE TOP