インドで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

日系企業進出数ランキングが世界第3位のインドは、人口世界第2位の13億を擁する大国です。近い将来中国を抜いて世界第1位の人口になると言われ、大きな市場はとても魅力に溢れています。インド式数学が有名で、数字やソフトウェア産業に強く、英語も堪能な国民性です。

潜在能力や相性を考えると日本が将来的にも特に関係を強化したいのがインドです。ここでは、そんなインドで働く際に当たって、知っておくと役に立つ就労ビザや就職事情と求人についてご説明致します。



インドで働くには?インドの就労ビザについて

旅行目的でもインドに入国する場合は観光ビザの取得が必要となってきますが、それほど複雑ではありません。事前申請の必要とせずに、現地の空港で発行されるのがアライバルビザで、60日間有効の2回入国可能なダブルエントリービザになります。インターネットで必要事項を入力し、空港到着時に発行されるのがeツーリストビザになります。

また、日本で取得する一般的な観光ビザは発給日から6ヵ月有効で、入国回数制限のないマルチビザになります。いずれにしてもインドで働くとなると、就労ビザが必要となります。そこで、ここでは主にインドの就労ビザについて、以下順を追って、ご紹介致します。

インドの就労ビザの種類や期間について

インドで働くには、一般的な就労ビザに当たるEMPLOYMENT VISAに加え、インターンビザ(INTERN VIZA)があります。以下二つのビザの違いをはじめ、主に就労ビザに関して、ご説明致します。また、オンライン申請が出来ますが、スペル間違い等のイージーミスで、アウトになる場合もありますので、重ねて注意点に目を通しておいてください。

一般的な就労ビザ(EMPLOYMENT VISA)

インドの就労ビザは、原則として初回に限っては、2年間の数次ビザが発給されるので安心です。次回以降の就労ビザの更新については1年単位となり、最大3年、合計で5年間が有効となります。更に5年を超えて延長を希望する場合においては、日本に一旦戻って就労ビザを取り直しするようにとのことなので、問題は特にありません。

気を付けたいのが、180日以上の就労ビザを有して、インドに入国した場合なので、ほとんどの人が該当する注意事項があります。14日以内に、インド外国人地域登録局外国人登録事務所に登録する必要があり、外国人の就業を制限する業種は特にありません。ビザ有効期間中のインドの入出国回数は、回数制限なしのマルチプ、或いは3回までのトリプルになるのが一般的です。

インターンビザ(INTERN VIZA)

インドにおいて、インターンシップを通じて就労を希望している大学生等を対象に、発給されるビザとなります。対象とされる申請者の所得が年間78万ルピー(1ルピーを日本円で1.6円換算では、約125万)以上であることを、保証する必要があります。180日以上のインターンビザを取得して、インドに入国した後14日以内に、インド外国人地域登録局(FRRO)に登録してください。

インドの就労ビザの申請について

インドの就労ビザ取得において、自分自身で用意するモノは、以下の通りになります。

  • 英文履歴書
  • 就労先からの推薦状(仮にそれがなければ自己推薦状)
  • パスポート
  • ビザ用の証明写真

が必要で、オンライン申請の場合は、印刷した後に署名を記入してください。

就労先や受け入れ先の会社から用意して貰うものもありますが、たいてい管理部門のスタッフがハンドリングを行うので、ここでは内容について、目を通しておきましょう。

先ず必要とされるのが、

  • 雇用契約書
  • 会社紹介資料
  • 就業規則とそのコピー
  • 会社登記証明書

になります。加えて、就労先からの誓約書が身元保証書と見なされ、就労先の雇用理由が書かれた技能証明書、ホテルの予約書でも可のインドの住居証明書が必要です。

インドの就労ビザの申請の難易度

インドは、タイに中国やカンボジアよりももっとアジアで一番就労ビザが取得しやすい国と言われています。新卒や社会人経験3年未満の20代に加え、高卒や60歳以上のシニアの人たちにも就労のチャンスがあるのがインドです。

そこで、インドの就労ビザについて、注意しておきたい要件が一つありますので、ご案内致します。過去にインド内で就業経験がある場合は、前職の会社から「納税証明書」と「退職証明書か雇用解約通知書に当たるTermination Letter 」の取り寄せが必要です。

オンライン申請では、スペルミスをしないことが、絶対条件となります。また、空欄もアウトの対象になるので、書くことがない場合には、「なし」に該当するNAと入力してください。

申請に必要する書類をプリントアウトする際には、PDFファイルによって出力されます。1ページ目の下にあるバーコードの途切れやインクが薄くかすれていると、受理されないこともあるのでお気を付けください。両面印刷は不可で、別々に2枚にする必要があり、日本同様インドも行政がしっかりしています。重ねて、プリントした後は、パスポートと同じサインを2ヶ所することを忘れないようにしましょう。

インドの就労ビザの申請に必要な語学力

インドの就労ビザ取得に関しては、学歴や就業経験に加え、英語力の定めも特にありません。就労ビザの年齢制限も特になく、幅広く門戸が開放されているのでうれしいです。インドの公用語はヒンディー語になりますが、準公用語の英語をほとんどの人が話しています

インド特有の巻き舌訛に慣れるのが大変だと言う人もいますが、いざ働いてみると、毎日耳にするので、そこまで苦労はなさそうです。また、知っている英語を使いこなす国際人としてのインド人のコミュニケーション能力は、外国語を習得するのに役立つ生きたサンプルとも言えます。

インドでの就労のハードルがそこまで高くなく、仕事を探す際での最も効果的な転職エージェントの活用です。キャリアコンサルタントの人たちとのやり取りでは、しっかり向き合いながら自分の出来る事を整理することで、より良い求人案件に出会えるでしょう。



インドの就職事情と求人について

ジェトロ(日本貿易振興機構)の調べによると、インドには約1,400社、4,840ほどの拠点に日系企業が進出しています。インド在留邦人数は九千人を上回り、ニューデリーとムンバイに日本人学校、バンガロールとチェンナイに日本人補習学校があります。

また、インドはITに医療や科学をはじめいろんな分野で非常に優れた人材を多く育てているので、質の高いインターナショナルスクールに通う日本人の子ども達も少なくありません。ここでは、そんなインドの駐在員求人や現地採用などついて、順を追ってご説明致します。

日本におけるインド系企業

エア・インディア

インドのナショナル・フラッグ・キャリアのエア・インディアは、日本でもお馴染みの会社です。日本発着路線は1950年代に乗り入れを開始し、1960年代と言った世界各国の航空会社の中では最も早い時期から日本人客室乗務員を採用しているほど、昔から結び付きが深いです。成田とデリー線、関空からは香港経由でデリーとの間で、国際線が運航されています。

インフォシス・リミテッド

インドのカルナータカ州バンガロールに本社機能を構えるのが、世界有数のIT企業であるインフォシス・リミテッドです。日本では、東京に大阪や名古屋にオフィスがあり、求人も出ているので、お見逃しなく。日本においては、グローバル企業向けITコンサルティングやプロジェクト・マネジメント・ソリューション等のビジネスを展開しています。

タタ・コンサルタンシー・サービシズ

マハーラーシュトラ州ムンバイに本社がある、インド最大手のITサービス企業のタタ・コンサルタンシー・サービシズは、世界46カ国にオフィスを構えています。全体で40万人を越える社員を抱え、うち10万人以上の女性が活躍しています。日本の現地法人は、東京都港区に位置し、事業の拡大を続けています。

エイチシーエル

エイチシーエルは、現在世界30カ国を越える拠点を擁するインドのIT企業で、1976(昭和51)年創立、インド国内でコンピュータのハードウェア事業を開始しました。日本の現地法人の本社を東京都千代田区に構え、ソフトウェアの設計・開発・保守にインフラやアウトソーシング等を手掛けています。

ジェンパクト

アメリカのゼネラルエレクトリックから独立したIT企業なのが、ジェンパクトです。現在世界17カ国でアウトソーシングサービスを提供し、日本現地法人の本社が東京都千代田区永田町に置かれています。インドやアメリカをはじめ各地に、オペレーション等を行うデリバリー・センターがあります。

インドの現地採用

インドには、日本人の最低賃金があり130,000ルピー(1ルピー1.6日本円換算で計算すると、208,000円)になります。ここから税金を4万ほど引かれ、手取りが約17万円ぐらいなので、インドの物価からすると中々のものです。外国人を雇う際に日本で言えば厚生労働省に当たる機関が就労ビザ申請の際に、東南アジアのタイ等と同じように、最低賃金を定めています。

実際はタイの例とよく似ていて、最低賃金と言うよりもセールスやカスタマーサポートに代表されるように、ホワイトカラーの平均月収と考えた方が良さそうです。つまり、130,000ルピーより2割ほど月収が安い会社も中には存在します。

そんな中で、一定以上の月収の仕事を紹介して貰えるのが、転職エージェントになります。平均給与より若干低めの月収の求人案件もありますが、それより安いものはほとんどありませんので安心です。家賃込みで月10万円もあれば十分な生活が出来るので、やはり転職エージェントは頼りになります。

日常会話レベルの英語力があると、インドの現地採用での仕事探しが有利となります。現地採用の募集が多く出ている職種では、製造業に流通業やサービス業、通信関連になります。職種では、何と言ってもインドなので、ITエンジニアが多く、加えて営業やカスタマーサポートも同様です。

職種別の平均給与ですが、営業スタッフにカスタマーサポートや事務系で130,000~150,000ルピー、マネージャーは200,000ルピー以上が相場です。技術者が150,000ルピー以上で、経験によっては、かなりの月収が見込めます。企業によって全く異なるので確認は必要ですが、通勤関連では、送迎があるか、車が支給されるケースが多く見られます。

インドの駐在員求人

インドには約1,400社、4,840ほどの拠点に日系企業が進出して、在留邦人数は九千人を上回ります。ニューデリーをはじめ、日本人駐在員が多く暮らす大都市では、日本人学校や日本人補習学校があります。

加えて、多分野で世界に非常に優秀な人材を多く輩出している教育の質が高いインド国内のインターナショナルスクールも見逃せません。教育環境が良くて、世界的に見ても最も有望なマーケットの一つであるインドでの駐在員に注目が必然的に集まります。

日本への主要輸出品目で最も多いのが機械で、電気機器に鉄鋼、プラスチックおよびその製品、自動車および部品と以下続きます。インドから日本への主要輸入品目で第1位が石油製品、第2位が有機化合品をはじめ貴金属に加え、鉱石等の天然資源が多いのも特徴に挙げられます。

インドはほかのアジア諸国同様、何年か働いた現職の就労先の日本の会社から辞令を貰って、駐在員として現地に赴任するケースもあります。中途採用で現地駐在員として採用されることも同等かそれ以上に多いのが、インドです。中途採用の求人案件をゲットするのに、最も効果的なのが、転職エージェントの活用になります。まだの人は、自分に合った転職エージェントに登録して、積極的に活用をしてみましょう。

インドで働くには?就職の進め方について

それでは、インドで働くにはどのような情報を集めて、どのようにして準備を進めていけば良いのでしょうか?

直接現地で自分自身で働き口を見つけることも可能ですが、インドである程度、長期的に働こうと考えている場合は、雇用主を見つけて、まずはビザの申請をしなければなりません。インドで長期的に働く場合は、インドに支店がある日系企業に応募する方法が、もっともメリットが多く、ビザ申請に関してもスムーズに進むのではないでしょうか。

インド系企業の求人は、一般公開されている企業は非常に少なく、自分にあった職種を見つけることが難しい状況ですが、海外勤務に関しては非公開案件も多く存在しています。この非公開案件を見つけることで、自分にあった企業を紹介してもらうことが可能です。

非公開求人の情報を集める

海外就職を進めていく中で、よい求人を見つけるには、「転職エージェントから非公開求人の案件をオファーを集める」ことが一番良い方法になります。

転職エージェントでは、一般的な転職サイトでは見つからないような条件の良い求人を、エージェントが集めてきてくれて、優先的に紹介してくれることが最大のメリットです。

転職エージェントに登録することから採用されるには一切費用が発生しないので、外資系企業や海外就職に成功された方の例としては、「外資系や海外勤務に強い大手転職エージェント」に登録する方が、圧倒的に多いのが現状です。採用した企業から手数料をもらうため転職エージェントも、かなり親身になってサポートしてくれます。

外資系企業や海外就職に強い転職エージェントとして、求人件数が圧倒的に多いのは、20代・30代の転職・グローバル&海外就職に強い「ランスタッド」 、国内最大手の「リクルートエージェント」 になるので、この2社は必ず押さえておきましょう。

現地密着型の求人情報では、インドの日系企業では、どのような仕事があるのか、また給料の相場などをチェックしても良いでしょう。

最後に

アジアだけでなく世界的に見ても日本人が就労ビザを最も取得しやすい国の一つに挙げられるのが、インドです。年齢や学歴の縛りもなく、日常英会話レベル以上の語学力があれば、仕事も比較的早く見つかると言われています。

給料も中々いい上に、将来的にも有望な市場なので、魅力が尽きません。そんなインドでの就職を考えているのであれば、最も効果的なのが、転職エージェントの活用になりますので、まだの方は先ずは登録をしてみましょう。

外資系企業、海外就職、グローバル企業に強い転職エージェント

「外資系企業」「海外勤務がある企業」へ転職したい方の中には、どのようなステップで応募すればいいのか悩まれる方も多いと思います。直接、会社のオフィシャルサイトで採用情報を記載されている企業もたくさんありますが、外資系企業や海外勤務のあるグローバル企業へ転職される方の大半は、「転職エージェント」を利用して転職される方がほとんどです。外資系企業・海外勤務のある企業へ転職する際には、それに特化した転職エージェントがあります。

20代・30代の転職・グローバル・海外就職に強いランスタッド

ランスタッドは、1960年にオランダで創業された世界最大級の総合人材サービス会社です。世界39の国と地域に4,700以上の拠点を持ち、50年以上にわたり培ったノウハウと信頼のある転職エージェントです。

日本国内に136拠点あり、20代〜30代第二新卒の転職サポートに実績があります。グローバル企業、海外勤務、外資系企業の取り扱いも多数。相談は全て無料。

ランスタッド公式サイト

非公開求人数・成功実績No.1のリクルートエージェント

リクルートエージェントは、非公開求人数は業界最大級の約10万件。求人の90%は非公開求人 · 転職成功実績No.1 · 年収1000万以上の求人、外資系企業・海外就職・グローバル企業の案件も多数。

日本最大級の求人件数を誇る転職エージェントなので、まずは登録しておきたい転職エージェントです。相談は全て無料。

リクルートエージェント公式サイト

外資系アパレル・ラグジュアリーブランド求人に強いクリーデンス

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス は「DODA」が運営しているファッション専門の転職エージェント。外資アパレルブランドやラグジュアリーブランドに特化した案件も強いので、外資系のファッション業界を目指す方にはおすすめの転職エージェントです。

担当コンサルタントと企業ごとに合わせた面接サポートもあるので、外資ブランドを初めて目指す転職者にとって手厚いサポートです。相談は全て無料。

クリーデンス公式サイト

サポートが充実の外資系企業に強いJACリクルートメント

JACリクルートメントは、リクルートエージェントに次いで、業界大手、イギリス発の外資系エージェント。非公開、独占求人の紹介, 外資系企業の豊富な情報量, 英語面接対策やレジュメチェックなどのサポートも充実。相談は全て無料。

JAC Recruitment 公式サイト

外資系・日系グローバル企業での英語を活かした転職ならロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズは、日本では「グローバル人材」に特化した人材紹介会社。 「英語を活かせる求人」だけを紹介しており、コンサルタントは全員バイリンガルで、満足度93%を誇り、外資系ならではのスピード感をもって選考を進めることができます。

求人は公開求人だけでなく、外資系高収入非公開求人も数千件扱っており、面接アドバイスや履歴書の添削を各コンサルも行います。相談は全て無料。

ロバート・ウォルターズ公式サイト

年収800万円以上のエグゼクティブ求人に強いキャリアカーバー

キャリアカーバー は、年収800万円以上の求人、エグゼクティブ求人・グローバル企業・外資系企業のハイクラス求人が豊富に揃うリクルートが運営するハイクラスの転職エージェントです。

求人は非公開のものが多く会員登録することで、専門のヘッドハンターからスカウトを受け取ることができます。基準として直近の年収650万円以上の方に限定されるため、敷居が高いのが特徴。相談は全て無料。

キャリアカーバー公式サイト



上記は外資系・海外就職・グローバル案件の転職案件に強く、サポートもしっかりあるので、今後、「外資系企業」を目指す方は、登録しておさえておきたい転職エージェントになります。できる限り、1社に限定してしまわずに、2〜3社に登録をしてセカンドオピニオンを持たれることをおすすめいたします。

関連記事

  1. ネパールで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

  2. バングラデシュで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

  3. スリランカで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

最近の記事

おすすめ記事

  1. 40代で外資系企業に転職できる?40代が気になる外資系転職事情
  2. LinkedInとは?ビジネスSNSを利用して外資系企業に転職成功
  3. 転職回数が多いのは不利?外資系企業への転職を成功させるコツ
  4. 英語ができない場合は外資系転職や海外就職は無理?狙い目の職種について
  5. 恥をかかない効果的な英文メールの書き方や注意点について
  6. 女性の外資系企業への転職に年齢や経験は関係ある?

人気記事

PAGE TOP