マレーシアで働くには?マレーシア系企業の求人と現地採用の就職事情や転職のポイント

マレーシアで働くにはビザを取得しなければなりません。マレーシアにおける就労ビザは職業や雇用形態によって様々な種類に分類されています。日本での就労経験が数年あれば比較的取得しやすいものから、学歴や技術力、資格が必要なものまで色々あります。マレーシアで働いてみたいという方にとって、その一歩を踏み出すには、そこまで難しいことではありません。

最近では日系の飲食店や美容関係のお店も増えてきたため、さらに働くことができる可能性が増えてきていると思われます。ここでは、マレーシアに関する基本情報から、マレーシア系企業の就職や、マレーシアで働くための進め方についてご紹介したいと思います。


マレーシアの基本情報について

マレーシアで働きたいと考えている方たちに、企業で働く上で知っておきたいマレーシアの基本情報についてご紹介していきます。

マレーシアの概要

マレーシアは東南アジアの中心に位置し、アジア大陸にあるマレーシア半島、ボルネオ島の北部の東マレーシアから成り立っています。

連邦立憲君主制国家で、ポルトガル、イギリス、日本の植民地となっていましたが1963年に独立しました。1965年にはシンガポールがマレーシアから独立して、現在の体制となりました。

「ビジョン2020」という長期計画を基に、2020年の先進国入りを目指していましたが、リーマンショックで一時的に経済が落ち込んだものの、経済成長率は上昇傾向にはあるといえる状況です。

マレーシアの首都はクアラルンプールです。「泥の川が交わるところ」という意味があります。マレーシアは13の州と3つの連邦特別区によって成立しています。ペナン、マラッカ、サバ、サラワク州以外の州にスルタン(州の王)がいて、5年ごとに持ち回り制で国王に就任します。

マレーシアの国土面積は約33万平方キロメートルで日本の約0.9倍です。人口は約3,200万人(2016年マレーシア統計局)です。マレーシアは他民族国家で主に3民族から成り立っていて、マレー系約67%、中国系約25%、インド系約7%から成り立っています(マレー系には中国系とインド系を除く他民族を含む)。

そのため、国教はイスラム教ですが、信仰の自由を認めています。宗教の割合はイスラム教61%、仏教20%、儒教・道教1.0%、ヒンドゥー教6.0%、キリスト教9.0%、シーク教などその他の宗教を信仰する国民もいます。

マレーシアの主な輸出入国は、シンガポール、中国、アメリカ、日本、タイとなっています。マレーシアにとって輸入において中国、シンガポールについで日本は3番目の国となっており(2016年)、経済関係でも重要な関係を築いています。日本への輸出品は鉱物性燃料(LNG等)、電気・電子機器、化学製品等、輸入品は電気・電子機器、機械類、自動車、輸送用機器等となっています。

マレーシアの地理や気候について

マレーシアの国土は日本の面積の9割弱の大きさになります。国土の60%が熱帯雨林で覆われています。マレーシアは赤道に近く熱帯雨林気候に属しているため、1年を通じて常夏の気候で、年間の日中平均気候は2733℃ですが、マレー半島のほぼ中央に位置するキャメロンハイランドなどの高原地帯は2223℃で涼しくすごしやすい気候です。

  • クアラルンプール最高気温は約34℃、最低気温は約25℃
  • ペナン島最高気温は約32℃、最低気温は約25℃
  • コタバル最高気温は約32℃、最低気温は約24℃
  • キャメロンハイランド最高気温は約23℃、最低気温は約15℃
  • コタキナバル最高気温は約33℃、最低気温は約24℃
  • クチン最高気温は約34℃、最低気温は約23℃

マレーシアと日本の時差は-1時間で日本より1時間遅い時間になります。

マレーシアの言語や公用語について

マレーシアの公用語はマレーシア語で、準公用語は英語となっています。クアラルンプールの都市部や近郊、地方都市ではほとんどの場所で英語が通じます。東海岸やボルネオ島の地方ではマレーシア語しか通じないこともあります。

さらにマレーシア人は民族によって英語以外の言葉に精通している人が多いです。中国系マレーシア人はマンダリン、広東語、福建語、潮州語を話したり、インド系マレーシア人はタミール語を話したり、それぞれの民族によって話すことができる言語の種類が異なります。

マレーシアの物価と生活費について

マレーシアの物価は日本の約3分の1と言われています。しかしながら食料品も輸入品は比較的高く物価の上昇もあり、物によっては日本よりも割高なものもありますが、ガソリンなどは産油国のため日本より安いです。

・家賃

日本と同様に、住む場所や物件によって家賃が異なります。日本人は安全面を考えてほとんどの人がコンドミニアムに住んでいます。

たいていのコンドミニアムには警備員がいてプールやジムなどが完備されています。マレーシアではあまり一人用の部屋がなく、基本的に2LDKより大きな部屋が多いです。家賃はクアラルンプール郊外だと家具つきで最低1,200マレーシアリンギットくらいからです。

家具がなければもっと安く700マレーシアリンギットくらいから借りることができます。さらに安くしたい場合は、シェアハウスを探すといいですが、一緒に暮らす人たちはマレーシア人や他国の人たちになる可能性が高いです。

・電気代・水道代・ガス・インターネット

水道代はたいていコンドミニアムの管理事務所に支払うようになっています。月々最低16リンギットくらいから、使用した量に応じて払う金額が高くなっていきます。一人暮らしであれば、最低料金で済むことが多いです。

電気代は電気会社に直接支払います。電気代は特にクーラーの使用時間によってかなり金額が異なってきます。暑い日が続いて毎晩クーラーをつけたまま寝ると通常1か月100マレーシアリンギットくらいだった電気代も倍の200マレーシアリンギット近くまでなることもあります。

ガスは、たいていプロパンガスを使用します。ガスが切れた場合はガス屋さんに電話をして配達してもらいます。前に住んでいた人が使っていたガス屋さんの電話番号が家に張ってあったり、マネージメントオフィスに近所のガス屋さんを確認すると教えてくれたりします。プロパンガス1本の値段は約30マレーシアリンギットくらいです。

インターネットを繋げる場合はプロバイダーと契約します。店舗型の窓口かショッピングモールに出ているキャンペーンデスクで申し込みができます。ただし、最近は携帯電話やタブレットのモバイル通信だけでも安いパッケージがたくさん出ているので、一人暮らしの人はインターネットを繋いでいない人も多いです。

シェアハウスの場合は、すべての料金をシェアメイトの人数で割って支払いをします。

・食事(レストラン・スーパー)

マレーシアで外食をして安く食事代をすませたい場合、ローカルフードをフードコートで食べれば1食512マレーシアリンギットくらいで食べることができます。レストランで日本食を食べると、日本の値段とあまり変わらない料金になります。またマレーシアはイスラム教が国教のため、お酒の関税が高く、日本より高くつくことも多いです。

自炊をする場合、スーパーで買い物をすることが多いですが、クアラルンプールには日本人が多く住むエリアにわざわざ買いに行かなくても、日本の食材を置くスーパーが増えてきました。

日本の食材は、日本で買うよりはやや高いですが、高くて買えないほどではありません。昼食はお弁当を持参するかローカルフードを食べて、夜は自炊をするかローカルフードを食べると食費を抑えることができます。

マレーシアは他民族国家、また観光都市でもあり様々な種類のレストランがあります。ローカルフードだけでもマレー系、中華系、インド系があり、さらにマレーと中華が融合したニョニャ料理やインド系ムスリムのママー料理などがあります。他にもイタリア、韓国、タイ、中近東系のレストランもたくさんあります。

日本食レストランも数年前までは日本食まがいのものしかありませんでしたが、近年日本からどんどん日本の企業が進出してきたため、本物の日本食を食べることができるようになりました。

マレーシアの治安について

マレーシアは東南アジアでは比較的治安が良いというイメージとされていますが、犯罪発生率は日本より高いです。マレーシアの殺人事件は日本の約2倍、強盗事件は役25倍、強姦事件は日本の7倍発生しているとのことです(2016年)。

またイスラム国家のためテロ関連事件の発生や、東マレーシアでは誘拐事件も多発していてエリアによっては外務省が危険レベル2を発表している場所もあります。日本大使館の注意連絡に注意をして、行く場所や時期に気をつける必要があります。

また、住む場所もある程度生活レベルの安定している人たちが住んでいる場所にするほうが安全ですので、あまり安い家賃のコンドミニアムに住むことはお勧めしません。

マレーシア人の特徴や国民性について

マレーシア人といっても、多民族国家のためひとくくりにはできません。マレー系マレーシア人は、よくも悪くも大らかな人が多いようです。

中国系マレーシア人は本土中国人とは違うという意識が強く、自己主張が強くはっきりしている人が多いようです。インド系マレーシア人は自己主張が強く、よくも悪くも自分に自信を持っている人が多いように思います。

皆がかなり個性的なため、一緒に働く民族によって接し方を考えなければなりません。またマレー系の場合は、宗教上夕方のお祈りや金曜日の午後のお祈りの時間を考慮しなければなりません。皆に共通しているのは家族が一番の優先事項であることです。

マレーシアの代表的な企業一覧

マレーシアは、電気機器や農林業、鉱業などといった製造業が主要産業となっております。マレーシアにおける代表的な企業をご紹介致します。

銀行

  • EON銀行
  • AM銀行
  • CIMB
  • パブリック銀行
  • ホンリョン銀行
  • メイバンク

工業製品メーカー

  • フジエアー
  • モデナス

自動車メーカー

  • イノコム
  • ナザ
  • ブフォーリ
  • プロドゥア
  • プロトン (自動車)

航空会社

  • エアアジア
  • マレーシア航空
  • エアアジア
  • エアアジア X
  • ファイアフライ (航空会社)
  • ベルジャヤ航空
  • マリンド・エア

マレーシアの就労ビザについて

マレーシアでは様々な種類のビザがありますが、一般的にマレーシアで働く場合はワークパミット(就労ビザ)を取得する必要です。就職する企業が決まったら、自分自身でマレーシア入国前にワークパミットを取得するための、シングルエントリービザを取得して、入国後、会社がワークパミットを申請します。

日本での就労経験が数年あるとビザの取得はしやすいですが、新卒の場合は企業側が採用を決めてもビザがおりないこともあります。年齢が若くても、調理師免許やシステムエンジニアなどの特殊な職種の場合はビザを取得しやすいようです。

またキーポストという日本人雇用枠を持っている会社の場合も、もともと雇用枠があるためビザが取得しやすいようです。現地採用でも日系企業の駐在でもビザの取得方法は一緒です。

マレーシアの就職事情と求人について

マレーシア企業への転職、日系企業への転職、そして駐在員採用についてご紹介したいと思います。

マレーシアにおけるマレーシア系現地企業

マレーシア系現地企業の採用については、日本人の採用はあまりないのが現状です。実際に新しく日本人を採用しようとしても、ビザの申請の経験がない会社では、ビザをとるのが難しいようです。

マレーシアにおける日系企業のの現地採用

マレーシアでの現地採用は、マレーシアにある日系人材派遣会社を通して就職する人が多いです。そのため、ほとんどが日系の会社になっています。

直接会社に連絡をして面接の約束をしたり、紹介で入社したりする人もいます。ただし人材派遣会社を通さない場合、会社側は手数料を払わずに採用できるメリットがありますが、会社側と採用条件などでトラブルになったときには、自己責任となります。人材派遣会社を通したほうが、様々な面で相談にのってもらえたり、アドバイスをしてもらえたりするのでお勧めです。

待遇については、ローカルスタッフと同様の内容が多いので、特に保険や健康診断などの日本で当たり前に保障されている内容については、しっかり確認が必要です。昇給は賞与についても会社によってかなり違います。日系の企業だからといっても、マレーシアの会社などで何事もしっかり確認することが、現地採用で長く働いていくために必要で重要なことです。

マレーシアの駐在員求人

外資系企業や日系企業のマレーシア駐在員として働くほうが、一番安心でコストもかからない方法です。駐在員として働く場合は住宅費が全額出るところも多く、給料の額も日本が基準になるため、現地採用とは愕然の差になります。保険や保証についても日本の基準となりますので安心です。

転職でも日本の駐在員としての求人を出している企業もありますので、日本で探してみるのもひとつの手段となります。

マレーシアで働くには?就職の進め方について

それではどのようにして、マレーシアでのマレーシア系または外資系企業そして日系企業への現地採用または駐在員としての海外就職への準備を行なっていけばよいのでしょうか。特に、高待遇の多い駐在員求人への競争率は高いのが現状です。

そして、転職活動を進めていくうちに、東南アジアという物価の低い国で働くということは、日本円換算で考えると、どうしても待遇があまり良くないものや、メリットが感じられない求人しか見つからないというケースも多いのではないでしょうか?

仮に、一般公開されているマレーシアでの高待遇の求人は、応募倍率が高いだけでなく、すぐに募集を打ち切ってしまうケースも多く、目に触れる機会も少ないのが事実です。

非公開求人の情報を集める

海外就職を進めていく中で、特に東南アジア求人において高待遇の案件を見つけるにはどうすればよいのでしょうか?それは、「転職エージェントから非公開求人の案件をオファーを集める」ことです。一般的な転職サイトでは見つからないような条件の良い求人を優先的に紹介してもらうことがポイントになります。

外資系企業や海外就職に成功された方の例としては、「外資系や海外勤務に強い大手転職エージェント」に登録してオファーを待つことに加えて、「マレーシアの現地採用求人」もチェックしておけば、マレーシアで働く可能性が高まります。

外資系企業や海外就職に強い転職エージェントは、20代・30代の海外就職の転職実績がある「ランスタッド」求人件数が圧倒的に多い国内最大手の「リクルートエージェント」は押さえておきましょう。

マレーシアでの現地密着型の求人サイトとしては、マレーシア掲示板が有名です。マレーシアでどのような職種の仕事があるのか、また給料の相場などをチェックしても良いでしょう。現地採用求人が多いため、条件的に厳しい部分がありますが、中には今後のキャリアアップを目指す上において魅力的な求人もあるのでチェックしておきたいところです。

海外就職において不安な面もありますが、リクルートエージェントやランスタッドなどの海外就職に強いエージェントを利用して、少しでも自分自身の希望に叶った就職・転職に繋げることをおすすめいたします。

外資系企業、海外就職、グローバル企業に強い転職エージェント

「外資系企業」「海外勤務がある企業」へ転職したい方の中には、どのようなステップで応募すればいいのか悩まれる方も多いと思います。直接、会社のオフィシャルサイトで採用情報を記載されている企業もたくさんありますが、外資系企業や海外勤務のあるグローバル企業へ転職される方の大半は、「転職エージェント」を利用して転職される方がほとんどです。外資系企業・海外勤務のある企業へ転職する際には、それに特化した転職エージェントがあります。

20代・30代の転職・グローバル・海外就職に強いランスタッド

ランスタッドは、1960年にオランダで創業された世界最大級の総合人材サービス会社です。世界39の国と地域に4,700以上の拠点を持ち、50年以上にわたり培ったノウハウと信頼のある転職エージェントです。

日本国内に136拠点あり、20代〜30代第二新卒の転職サポートに実績があります。グローバル企業、海外勤務、外資系企業の取り扱いも多数。相談は全て無料。

ランスタッド公式サイト

非公開求人数・成功実績No.1のリクルートエージェント

リクルートエージェントは、非公開求人数は業界最大級の約10万件。求人の90%は非公開求人 · 転職成功実績No.1 · 年収1000万以上の求人、外資系企業・海外就職・グローバル企業の案件も多数。

日本最大級の求人件数を誇る転職エージェントなので、まずは登録しておきたい転職エージェントです。相談は全て無料。

リクルートエージェント公式サイト

外資系アパレル・ラグジュアリーブランド求人に強いクリーデンス

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス は「DODA」が運営しているファッション専門の転職エージェント。外資アパレルブランドやラグジュアリーブランドに特化した案件も強いので、外資系のファッション業界を目指す方にはおすすめの転職エージェントです。

担当コンサルタントと企業ごとに合わせた面接サポートもあるので、外資ブランドを初めて目指す転職者にとって手厚いサポートです。相談は全て無料。

クリーデンス公式サイト

サポートが充実の外資系企業に強いJACリクルートメント

JACリクルートメントは、リクルートエージェントに次いで、業界大手、イギリス発の外資系エージェント。非公開、独占求人の紹介, 外資系企業の豊富な情報量, 英語面接対策やレジュメチェックなどのサポートも充実。相談は全て無料。

JAC Recruitment 公式サイト

外資系・日系グローバル企業での英語を活かした転職ならロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズは、日本では「グローバル人材」に特化した人材紹介会社。 「英語を活かせる求人」だけを紹介しており、コンサルタントは全員バイリンガルで、満足度93%を誇り、外資系ならではのスピード感をもって選考を進めることができます。

求人は公開求人だけでなく、外資系高収入非公開求人も数千件扱っており、面接アドバイスや履歴書の添削を各コンサルも行います。相談は全て無料。

ロバート・ウォルターズ公式サイト

年収800万円以上のエグゼクティブ求人に強いキャリアカーバー

キャリアカーバー は、年収800万円以上の求人、エグゼクティブ求人・グローバル企業・外資系企業のハイクラス求人が豊富に揃うリクルートが運営するハイクラスの転職エージェントです。

求人は非公開のものが多く会員登録することで、専門のヘッドハンターからスカウトを受け取ることができます。基準として直近の年収650万円以上の方に限定されるため、敷居が高いのが特徴。相談は全て無料。

キャリアカーバー公式サイト



上記は外資系・海外就職・グローバル案件の転職案件に強く、サポートもしっかりあるので、今後、「外資系企業」を目指す方は、登録しておさえておきたい転職エージェントになります。できる限り、1社に限定してしまわずに、2〜3社に登録をしてセカンドオピニオンを持たれることをおすすめいたします。

関連記事

  1. ラオスで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

  2. タイで働くには?日系企業の求人と現地採用の就職事情や転職のポイント

  3. ベトナムで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

  4. インドネシアで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

  5. カンボジアで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

  6. フィリピンで働くには?フィリピン系企業の求人と現地採用の就職事情や転職のポイント

  7. シンガポールで働くには?シンガポール系企業の求人と現地採用の就職事情や転職のポイント

  8. ミャンマーで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

最近の記事

おすすめ記事

  1. 女性の外資系企業への転職に年齢や経験は関係ある?
  2. 恥をかかない効果的な英文メールの書き方や注意点について
  3. 転職回数が多いのは不利?外資系企業への転職を成功させるコツ
  4. LinkedInとは?ビジネスSNSを利用して外資系企業に転職成功
  5. 英語ができない場合は外資系転職や海外就職は無理?狙い目の職種について
  6. 40代で外資系企業に転職できる?40代が気になる外資系転職事情

人気記事

PAGE TOP