【メキシコ海外就職体験談】公務員から一大決心でメキシコ移住(30代女性・旅行業)

海外就職を考えられている方にとって、すでに海外就職・海外移住された方の体験談は非常に貴重なものです。今回は、メキシコに海外就職された30代女性・旅行業の方に、海外就職体験談を語っていただきました。

海外に渡航するまでの日本においての経歴(仕事、経験、学歴など)を教えてください

4年制大学を卒業して、新卒で公務員として働き始めました。13年公務員として働きましたが、年に1回しか海外旅行する機会がなく、働き詰めでした。研修で行ったメキシコでの生活が忘れられず、一大決心で公務員を辞め、メキシコに移住して働き始めました。

大学では語学は英語しかしていなかったので、研修に行った時に一からスペイン語を勉強し、今は生活には困らない程度には話せています。なにがどこで活きるかわかりません。

海外で具体的にどのようなお仕事をされていますか?

旅行会社に勤務していて、ガイドと手配業のどちらもしていました。ガイドというのは、お客様を空港送迎したり、ツアーにご案内する係で、自分が施設の説明、着くまでの段取りなど全て行います。手配というのは、日本から依頼の来た分に対して、ホテルや食事などの手配を行う業務です。

どちらもするのに時間の配分が難しかったですが、ずっとオフィスにいる仕事でもないので、気分転換になり本当によかったです。今は転職してメーカーでビジネスプランナーをしています。

渡航先での1ヶ月の生活費(家賃・光熱費・食費・生活費・貯金など) を教えてください

家賃は、住む場所や環境によってかなり違いますが、3000ペソ〜かそれ以上です。家賃に光熱費や水道代が含まれていることが多いです。私は3000ペソの家賃でした。インターネット、ガス、電気、水道代込みです。

食費はほとんど自炊をしていたので、2000ペソくらいだったでしょうか。日用品は日本より安く手に入るので心配いりません。

海外就職・海外移住して大変だったことを教えてください

特に大変なことはないです。毎日刺激があってとても楽しいと感じています。メキシコの多くの家はシェアハウスの形式ですが、他の同居人と生活習慣の違いがあるので、その点は要注意です。大家さんと揉める人もいます。借りる前に条件をよく確認しておいて、できれば書類なんかを交わす方がいいと思います。

他の同居人とは、分かり合うしかないですね。シェアが嫌な方は、大きい間取りを借り切る(いわゆる一人暮らし)のをお勧めします。

海外で働く為には語学力は必要だと思いますか?

ある程度必要だと思います。そんなにネイティブみたいに話せる必要はないと思いますが、全く話せないのでは意思疎通もできませんし、何のためにその国で生活しているのかわかりません。

最低でも英語が少しわかっておかないと、言いたいことも言えずにストレスが溜まると思います。あと話せる方がなんでも有利だと思います。

海外で働いて良かったと思うことを教えてください

日本ではできないような経験がたくさんできるし、残業が当たり前、勤務時間パンパンに働くのが当たり前という価値観を覆されます。最初は戸惑うことも多いですが、それよりも楽しみの方が多いと思います。

あと、やはり交友関係も広がりますし、日本では知らなかった遊び方や勉強の仕方をまなぶことができます。ビジネスパートナーという枠を超えて、色んな人と仲良くなれること間違いなしです。自分の幅を広げるためにも、海外は最適です。

海外で就職を考えている方にアドバイスをお願いします

私の経験からいうと、最初は日本で働いたほうがいいと思います。なぜなら、厳しいところから楽しいところに出るのはいつでもできるからです。海外では、自分は日本人の代表として見られているので、日本人らしいふるまいを求められます。

外国人にはできない気配りや、上下関係などを日本で身に着けたうえで、それを持って海外に出ると、とても重宝されます。海外ではそのうえで自分のやりたいような働き方を目指すのがいいのではないでしょうか。

外資系企業、海外就職、グローバル企業に強い転職エージェント

「外資系企業」「海外勤務がある企業」へ転職したい方の中には、どのようなステップで応募すればいいのか悩まれる方も多いと思います。直接、会社のオフィシャルサイトで採用情報を記載されている企業もたくさんありますが、外資系企業や海外勤務のあるグローバル企業へ転職される方の大半は、「転職エージェント」を利用して転職される方がほとんどです。外資系企業・海外勤務のある企業へ転職する際には、それに特化した転職エージェントがあります。

転職エージェントに登録して海外求人・海外勤務案件をチェック

上記のエージェントは外資系・海外就職・グローバル案件の転職案件に強く、サポートもしっかりあるので、今後、「外資系企業」を目指す方は、登録しておさえておきたい転職エージェントになります。できる限り、1社に限定してしまわずに、2〜3社に登録をしてセカンドオピニオンを持たれることをおすすめいたします。

関連記事

  1. 【ドイツ海外就職体験談】旅行会社勤務後、国際結婚でドイツへ移住(40代女性・レストランスタッフ)

  2. 海外の勤務で感じた海外就職のデメリット体験談!海外で働くことについて考えよう!

  3. タイ現地採用の求人について|タイで働く現地採用体験ブログ vol.1

  4. 【フィリピン海外就職体験談】日本語教育を専攻し海外で日本語教師へ(30代女性・日本語教師)

  5. 中国へ海外駐在、家族を残し単身赴任でも得たものとは?(40代男性・製造業)

  6. 【アメリカ・カリフォルニア海外就職体験談】日本で一般事務経験後に、アメリカ留学を経て現地就職(30代…

  7. 【ニュージーランド海外就職体験談】ワーホリ終了後にホテルスタッフで就労ビザ取得(30代女性・ホテル勤…

  8. 40代が海外で働くには?40代で海外勤務の求人や転職事情について

  9. 30代が海外で働くには何が必要?30代が海外で働くために準備しておくべきこと

最近の記事

転職エージェント

  1. 面接対策や英文レジュメ添削などサポートの評判が高くハイクラス案件に強いJAC R…
  2. 「リクルートエージェント」求人の90%は非公開求人 · 転職成功実績No.1
  3. 転職者満足度第1位の「doda(デューダ)」はスカウトが多く転職後のフォローアッ…
リクルートエージェント

転職エージェント

人気記事

PAGE TOP