30代が海外就職するメリットは?海外で働きたい人におすすめの転職求人エージェント

日本の30代は、国内だけでなく海外からも注目されている世代です。歩きながら、或いは時には走りながら考えて、仕事を遂行出来る年代でもあります。海外就職では、国や地域によって、就職ビザ取得のための要綱を満たす必要があります。中でも良く見かけられるのが、実務経験者同様に管理職以上という要件を定めている場合があります。

細かく言えば、就労ビザ取得において便宜上、受け入れ側の会社が20代も管理職で申請する場合が少なくありません。その中で実務面でもポスト面でも実際に部署のリーダーの一人として、仕事をこなすことに30代はなるでしょう。そこで、「30代の海外の就職事情について」知っておくと役に立つ情報をご紹介致します。


30代で海外就職・海外転職する理由を考える

1980年代半ばから現在に至るまで、30代の海外就職・海外転職の変遷について、歴史を追って紹介いたしますので、以下ご参照ください。

1985(昭和60)年頃までは、1ドル240円の時代があったので、海外での就職はアメリカが特に人気がありました。海外勤務と言えば欧米が中心となり、行政関連の国の機関からの出向に加え、金融関連や大手メーカーの海外駐在員など限られた職種の人たちが対象でした。

ただ、何せドルが高いとなると現地採用で働いて多く貯金が出来るので、そのままアメリカを目指す人が見かけられるようになりました。今ではオーストラリアなどが稼げると言われ、職種によっては、好待遇を狙える国が世界には点在しています。

東南アジアや中南米の中には、比較的いい月給で物価が日本の3分の1程度の国があり、生活のしやすさを考え、今では欧米諸国に匹敵するほど人気です。1980年代~2000年代には、日本のメーカーの工場進出ラッシュが続きます。日本人が増加するにつれて、付帯するサービス業関連の現地法人のオフィスも年々増えています。

大きな夢を持って行っていた海外が身近に感じる時代となったのです。現在も世界各地で活躍していますが、2000年前後には30代の日本人が年齢層でとりわけ多く海外に進出しましたが、いろんな思いを持っていたでしょう。「自分の存在感を発揮出来る」「よりよく生きる」「自身に付加価値を付ける」、中には独立志向の人もいます。

現在ではIT関連に加えアパレルや日本食レストランのチェーン店に至るまで職種も多様化していて、30代に海外で働くチャンスに恵まれてきました。30代は新しいことにまだまだチャレンジ出来る時代であり、同様に将来の設計図の確認、或いは描きながら構築していく時でもあります。今は日本にいながらにしても仕事を探すことが出来るので、前向きに海外就職を考えるのもいいかもしれません。

30代の海外就職経験で得るものとは?

30代になると社会人経験だけではなく、企業の中でも重要な仕事やポジションを与えられる世代でもあります。企業内でも世代的なバランスの良さから海外就職の求人案件も多いです。海外で働きながら現地で生活するに当って、いろんな経験を得ながら多くのことを吸収できるでしょう。

今まで培ってきた社会人経験、中には新しい分野にチャレンジする人もいますが、海外就職では一つ一つが自身の大きな財産となります。

30代に海外で働くメリットとデメリット

30代に海外で働くには、社会人としての経験が20代よりもあるので、面接に限らす就職後も求められる分が、幾らか上乗せされます。デメリットよりもメリットが特に多いのが、30代ですが、中には気を付けて置かなければならない点が幾つかあります。ここでは、30代で海外勤務をするにあたってのメリットとデメリットを、以下まとめてみました。

30代に海外で働くメリット

20代同様に海外の転職で売り手市場なのが、30代と言っても過言ではなく、職種によっては求人の多さに驚くことも少なくないでしょう。実際海外で働くにはIT関連の専門職など以外にも、営業経験などを重視したものから、事務職であってもカスタマーサービスなど幅広い職種があり選択肢も多いと言えます。

さて、30代の海外での立ち位置は、海外駐在員と現地採用では幾分異なりますが、いずれにしてもメリットがあります。海外駐在員では、日々の業務を積み重ねて任期を全うすることで、その後はほかの外国への赴任か日本への帰国になります。ポスト的にはワンランクより上に上がるか、或いは待遇が少し良くなる可能性が高くなります。

グローバル企業の外資系の中には、日系企業よりも自身を活かせるところが多く、日系企業よりも待遇のいい会社に移ることを望む、ジョブホップを考えている人に向いています。一般的な現地採用では、スキルを磨くことが出来る上に、日々英語や現地の言葉をブラッシュアップ出来る環境にあります。いずれにしてもスキルの上積みに加え、商習慣の違いを体感出来、人脈作りにも適しているのが30代です。

30代に海外で働くデメリット

海外で働くことになると、会社によってはそれほど厳しくない会社も中には実際あります。どうしても楽しく居心地が良くなると、努力を怠りがちになるのは不思議な事ではありません。プライベートはメリハリを付ける意味でも遊びに行くのは自然な流れだとしても、仕事やアフターファイブでの少しの努力が、数年後実になることは言うまでもありません。

一方で忙しいところになると、仕事を任せられる比重が高くなることもあります。そんな時は、上司や同僚の現地の外国人のマネージャーのライフスタイルを参考にしてみると良いでしょう。ちょっと個性的な人もいますが、お得意様の中で現地に長く暮らす日本人の方がいますので、海外生活のコツやおすすめのレストランなどを、尋ねてみるのも悪くありません。


30代が海外で働くには?

30代が海外で働くには、英字新聞や英語のサイトに現地のフリーペーパーなどで探す方法もありますが、転職エージェントへの登録をおすすめします。海外で働く上でカテゴリーが大きく、海外赴任・現地採用・海外駐在の3つに分れています。

ここでは、30代が海外で働くのに、準備しておくべきことなど参考になる情報を、以下まとめてみました。


海外就職で準備することや注意すべきこと

30代の海外就職で準備しておくべきことは、どの立場で外国へ行くとしても、仕事で使えるレベルのパソコンのスキルと必要最低限の日常会話程度の英語力です。英語は日本では外国語ですが、海外では国際語とみなしている国も少なくなく、現地の管理職の多くの人が話します。日本人が多く暮らす都市に住んでいる海外駐在員の中には、ほとんど日本語だけで通している人もいますが、少しでも英語や現地の言葉が話せると外国生活が楽しくなります。

海外駐在員や現地採用でお客様の大半が日本人になる場合は、日本の企業に準じる営業カレンダーになります。日中でも当日までに日本側に回答を返さなければならない点が、ある一定時の時間に集中し、特に金曜日と月曜日が該当します。海外にいるとはいえ、日本の感覚を持ち合わせて仕事のスケジュール管理ができることも必要です。

また、通常の勤務では何せ国際社会なのでスピードよりも正確さを求められる場合があり、急いでいる時でも英単語のスペルの間違えがないようにしたいものです。セールスコントラクトなど重要な種類以外では大事に至ることはないにしても、スペルの間違いは仕事が出来ないと見られがちです。自信がない単語の場合は、一旦ワードにコピーしてスペルチェックをするかサイトで確認を行うなど、基本的な業務における注意力も必要となります。


30代の海外赴任について

30代の海外赴任と言えば、外資系企業や国の行政機関が一般的です。今では県庁職員や市役所と言った地方自治体でも、観光推進などのために、現地に出向する場合があります。公務員であれば、転職エージェントなどで仕事を探すのではなく、自治体自体からの辞令と言うことになります。

ただ、民間企業経験者を積極的に採用している自治体も少なくはなく、就職に有利なのが中国語や韓国語に加え、東南アジア方面の言語のスピーキングや読み書きが上級レベルです。いずれもどれか一つの言語の能力が高く、東南アジアではタイ語など、日本海側の自治体では経済連携の関係で、ロシア語が出来る人を対象としているところがあります。仕事的には国際観光と地場産品の販路拡大と言った経済面に加え、文化交流面の推進になります。

海外赴任で家族も一緒の場合に、準備しておきたいのは現地の情報になります。30代ともなると子どもがまだ小さいため、日本人学校かインナーナショナルスクールの有無、居住地の近くに安心して利用できる病院やスーパーがあるかどうか等です。

30代の現地採用について

30代の現地採用では、商社や貿易物流などは英語がメインとなりますが、多くの会社が大なり小なり現地の言葉を出来る人を求める傾向にあります。駐在員と現地のスタッフとの通訳や橋渡しを兼ねることがあるので、詳細は転職エージェントの担当者と連絡、或いは募集内容を確認してみてください。

営業職やカスタマーサポートでは、シッピングに関連するメールのやり取りが行われるため、英語力は必要となります。ただ、その際には中学レベルの文法力でほぼ問題ないので、英語が苦手な人は基礎レベルのモノをもう一度読み直してみましょう。備えあれば憂いなしで、ビジネスeメールの本を手元に1,2冊用意しておくと安心です。

現地採用で実績を積んで仕事の態度が認められる、海外駐在として採用されるチャンスが、今は以前と比べて多くなりました。国によっては現地に慣れてきてある程度緩くなるのもいいですが、きちんとレスポンスが出来て日本と同じモチベーションで、仕事をしていると、お客様からの評価も高くなります。加えて外国語や業界についての勉強を一日の空いた時間にちょっとでも勉強していけば、大きな財産となります。

給与自体はそれほど悪くないにしても現地採用でどうしても貯金を考えるとなると、多少のやりくりが必要となってきますが、現地のソウルフードと手頃な料金で食事を楽しめるローカルレストランや屋台情報を、ネットで調べておくのも海外で働くことを考える上で、いいモチベーションに繋がります。


30代の海外駐在について

会社の規模にもよりますが、30代は一般的な企業での海外駐在員のポジションは、課長や次長などの役職クラスが一般的です。中小企業やIT関連では、現地法人の支社長と言うのも珍しい話ではありません。アパレルや日本食レストランのチェーン店や現地事業本部では、店長や副店長、運営関連に携わるマネージャーになります。

30代の海外駐在で、準備しておくべきことは前任や現職で現地法人に居る先輩達から詳細を聞くのが一番です。ただ、現地にオフィスがなく駐在事務所を立ち上げる場合は、ジェトロや海外駐在経験者の方から情報を集めることをおすすめします。

海外駐在のチャンスを得るための転職であれば、転職エージェントに相談することも可能でしょう。転職エージェントでは、希望年収や待遇のような相談以外にも、様々な点についても相談に乗ってもらえます。

海外で働きたい30代にオススメの転職エージェント

30代に海外で働くのに最も効果的な方法が、まさに転職エージェントの利用になります。30代を対象とした求人案件は特に多く、IT関連に加えアパレルや日本食レストランのチェーン店の店舗運営が近年増加の傾向にあります。

営業職やカスタマーサポートは多くの人が対象となりますが、英語や外国語のレベルが高いほど、有利になります。生産管理マネージャーやエンジニア関連は日系企業、ファイナンシャルの分野では外資系から評価が高いですが、大差はそれほどありません。

レアな仕事以外は、転職エージェントや海外求人を取り扱う就職サイトで探す事が、出来る時代となってきました。転職エージェントでは、履歴書や職務経歴書の作成方法や成功するための面接の臨み方等、効果的なアドバイスをしてくれます。登録がまだの人は、30代の人たちが多く利用している、或いは自身の専門の分野に強い転職エージェントを活用しましょう。

30代で海外就職に挑戦しよう!

30代は、心身共に充実している時期で、組織全体を考えることが出来る世代に突入します。また、好奇心がまだ強い時期でもあるので、いろんなことを吸収出来ると言えます。30代の海外の就職では加えて、幅広い視野を身に付けられると当時に、商習慣や考え方の違いを学ぶことが出来ます。

グローバル時代に向けて

和僑と言う言葉が聞かれるようになったのは、そんなに昔の話ではなく、中でも30代の日本人が世界各地で活躍しています。欧米にオセアニアや東南アジアが一般的には人気ですが、グローバル時代も多様化する中、今後は更に裾野が拡がっていくと予測されます。

英語圏だけでなく世界のそれぞれの地域で現地の言葉を話す人たちを見ると、外国語が苦手と自己評価していた日本人像が懐かしくなる日もそんな遠い先のことではなさそうです。海外駐在員や現地採用の人たちの中には、現地を気に入り永住や起業した人も少なくはなく、欧米だけでなく東南アジア各地でも見られます。また、ストレスのない生き方を求めて、外国で暮らす日本人も少なく、まさに十人十色です。

日本国内もどんどんグルーバル化が進み、海外で経験してきた事が、帰国してからも活かせる場面が多くなったのは、うれしいです。金融や製造業に代表される国や地域間の交易は、更にサービス業にまで波及し、第三次産業を含むグローバル時代の今後が益々楽しみです。

30代女性が海外就職で活躍する時代

30代の日本人女性は世界各地で活躍していますが、20代と比較すると職種の幅が経験がある分、広くなります。カスタマーサポートに留学カウンセラーやリゾートホテルの各種マネージャー職などに加え、文化芸術やアパレル関連にも多く、20代の経験を上手く活かしていると言えます。

女性は外国語の習得能力が高い人が多く、男性との大きな違いは現地採用でも日系企業優先と言ったこだわりが少ないことです。現地人のオーナーの元で働くともなると、その国や地域の言葉が流暢で読み書きも出来、中には会社の管理職どころか重要なポジションに就く女性も少なくありません。勤勉さに加え現代的で明るく社交性のある日本人の女性は海外での評価も高く期待されています。

そこで、30代女性が海外就職するのにおすすめは、女性に特化したサポートを行っている、或いは自身が働きたい国や地域に強い求人案件を取り扱っている転職エージェントです。世界には女性が活躍出来る国が多く、今後更に海外で働く日本人女性が増加すると予測されます。


最後に

欧米やオセアニアになると高い英語力を求められる傾向にありますが、英語圏を除くと東南アジアでは、それほどでもないところが多いです。時代の一歩先を行く最先端の分野での学術研究やセールスマーケティング、寛容性や人間関係を重視すると言った、海外での就職は国や地域それぞれに魅力が詰まっています。

今では、日本にいながらにしても海外の就職活動が出来、その中でも転職エージェントの存在は大きいです。30代は特に求人案件が多いので、先ずは自分に合った転職エージェントに登録して、今の自分に付加価値を付けることを考えてみましょう。海外で働くことは、異文化体験では最も密度の高い時間を過ごす事が出来、人としての幅が広がります。

外資系企業、海外就職、グローバル企業に強い転職エージェント

「外資系企業」「海外勤務がある企業」へ転職したい方の中には、どのようなステップで応募すればいいのか悩まれる方も多いと思います。直接、会社のオフィシャルサイトで採用情報を記載されている企業もたくさんありますが、外資系企業や海外勤務のあるグローバル企業へ転職される方の大半は、「転職エージェント」を利用して転職される方がほとんどです。外資系企業・海外勤務のある企業へ転職する際には、それに特化した転職エージェントがあります。

20代・30代の転職・グローバル・海外就職に強いランスタッド

ランスタッドは、1960年にオランダで創業された世界最大級の総合人材サービス会社です。世界39の国と地域に4,700以上の拠点を持ち、50年以上にわたり培ったノウハウと信頼のある転職エージェントです。

日本国内に136拠点あり、20代〜30代第二新卒の転職サポートに実績があります。グローバル企業、海外勤務、外資系企業の取り扱いも多数。相談は全て無料。

ランスタッド公式サイト

非公開求人数・成功実績No.1のリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、非公開求人数は業界最大級の約10万件。求人の90%は非公開求人 · 転職成功実績No.1 · 年収1000万以上の求人、外資系企業・海外就職・グローバル企業の案件も多数。

日本最大級の求人件数を誇る転職エージェントなので、まずは登録しておきたい転職エージェントです。相談は全て無料。

リクルートエージェント公式サイト

年収800万円以上のエグゼクティブ求人に強いキャリアカーバー

キャリアカーバー は、年収800万円以上の求人、エグゼクティブ求人・グローバル企業・外資系企業のハイクラス求人が豊富に揃うリクルートが運営するハイクラスの転職エージェントです。

求人は非公開のものが多く会員登録することで、専門のヘッドハンターからスカウトを受け取ることができます。基準として直近の年収650万円以上の方に限定されるため、敷居が高いのが特徴。相談は全て無料。

キャリアカーバー公式サイト

外資系・日系グローバル企業での英語を活かした転職ならロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズは、日本では「グローバル人材」に特化した人材紹介会社。 「英語を活かせる求人」だけを紹介しており、コンサルタントは全員バイリンガルで、満足度93%を誇り、外資系ならではのスピード感をもって選考を進めることができます。

求人は公開求人だけでなく、外資系高収入非公開求人も数千件扱っており、面接アドバイスや履歴書の添削を各コンサルも行います。相談は全て無料。

ロバート・ウォルターズ公式サイト

サポートが充実の外資系企業に強いJACリクルートメント

JACリクルートメントは、リクルートエージェントに次いで、業界大手、イギリス発の外資系エージェント。非公開、独占求人の紹介, 外資系企業の豊富な情報量, 英語面接対策やレジュメチェックなどのサポートも充実。相談は全て無料。

JAC Recruitment 公式サイト

外資系アパレル・ラグジュアリーブランド求人に強いクリーデンス

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス は「DODA」が運営しているファッション専門の転職エージェント。外資アパレルブランドやラグジュアリーブランドに特化した案件も強いので、外資系のファッション業界を目指す方にはおすすめの転職エージェントです。

担当コンサルタントと企業ごとに合わせた面接サポートもあるので、外資ブランドを初めて目指す転職者にとって手厚いサポートです。相談は全て無料。

クリーデンス公式サイト



上記は外資系・海外就職・グローバル案件の転職案件に強く、サポートもしっかりあるので、今後、「外資系企業」を目指す方は、登録しておさえておきたい転職エージェントになります。できる限り、1社に限定してしまわずに、2〜3社に登録をしてセカンドオピニオンを持たれることをおすすめいたします。

関連記事

  1. 20代や30代で海外駐在員になるには?英語以外の条件や海外駐在員のメリット

  2. 韓国での海外就職のメリットとデメリット!韓国就職体験者が本音で語る現実とは?

  3. 英語が話せなくても海外で働ける!日本語のみでもOK!語学力不問の求人とは?

  4. 外資系メーカーの仕事とは?年収1200万円のキャリア女性のアドバイス

  5. アパレル就職体験談アンケート!給料が安くて将来が不安・・・転職を考える販売員の声

  6. マレーシアでの海外就職体験談!コールセンターでのインターンシップを経て日系企業に就職

  7. 外資系に転職したい20代が知っておくべきこと・20代の外資系求人に強い転職エージェント

  8. タイ現地採用の給料や生活費について|タイで働く現地採用体験ブログ vol.2

  9. 海外就職における給与額が高い&働きやすい国ランキング

最近の記事

おすすめ記事

  1. 恥をかかない効果的な英文メールの書き方や注意点について
  2. 40代で外資系企業に転職できる?40代が気になる外資系転職事情
  3. 転職回数が多いのは不利?外資系企業への転職を成功させるコツ
  4. LinkedInとは?ビジネスSNSを利用して外資系企業に転職成功
  5. 女性の外資系企業への転職に年齢や経験は関係ある?
  6. 英語ができない場合は外資系転職や海外就職は無理?狙い目の職種について
リクルートエージェント

人気記事

PAGE TOP