20代が海外就職するメリットは?20代で海外で働きたい人におすすめの転職求人エージェント

かつての海外就職と言うのは、職種も行き先も比較的限られていて、特に若い20代の人たちにチャンスが少ないものでした。日本人の海外旅行や海外移住が身近になるにつれて、旅行業やホテル関連をはじめ、今ではサービス業における分野での仕事が、増加の傾向にあります。

フットワークの良さと柔軟性を擁する国際的なバランス感覚が取れた20代に、海外駐在員としての赴任の辞令が下りることも、珍しくない時代となってきました。同様に、留学やワーキングホリデーで現地の生活を体験したことで自信に繋がり、外国で就職する20代の人も少なくありません。ここでは、「20代の海外の就職事情について」知っておくとためになる情報をご紹介致します。


20代で海外就職・海外転職する理由を考える

20代で海外へ就職や転職をする場合に、個人差はそれなりにありますが、各々の理由があります。漠然と外国に行って就職をしたいと言うのでは、面接の際にも決していい印象には映らないかもしれません。ただ、意外なことに気楽に構えて転職をした、海外で暮らす日本人もそれほど少なくはありません。

留学先で英語やスペイン語と言った欧米を中心とした外国語だけでなく、今では中国語や東南アジア方面の各国の言語を選ぶ人たちもいて、まさに多様化しています。その国や土地を好きになる、感受性が豊かな20代では、感じるものがまた違います。人生も旅と同じで、ある程度の指針やポイントが必要で、自身の気持ちの持ち方で、チャンスや出会いの活かし方も変わって来ます。

30代や40代の時に振り返ってみて海外に就職や転職して良かったと思えるような理由や目標を、定めて置いた方が、その後の人生も充実した時間を送ることが出来ると言えます。欧米諸国などにおける転職のスパンの短さは、日本人からすると賛否両論ですが、国内外のグローバル企業などの同世代の人たちからヒントを得ることもありそうです。

20代の海外就職経験で得るものとは?

社会人の中で、最も吸収力が高いのは、20代だと言われ、海外勤務では尚更です。仕事で使う外国語を覚えるのにも頭が柔らかいので、現地で必要とされる言語を覚えるのに、適した時期と言えます。

エンジニア関連では段階的に仕事を覚えることが出来ますが、製造業ともなると、マネージメントにも直接携わってきます。また、国によっては民族性や商習慣が違うので、ほとんどの職種で日本では味わえない経験を積むことが出来ます。

就活生必見!海外で働きたい理由とは?海外就職経験者が語る「海外で働く」志望動機

20代の若いうちに海外で働くメリットとデメリット

どの世代にも海外で働くメリットとデメリットが存在しますが、20代ならではのモノも幾つかあります。ここでは、そんな20代で海外勤務をする際に当っての、メリットとデメリットについて、以下まとめてみました。

若いうちに海外で働くメリット

年代が若くなるほどITに強いと言うのが一般的な見方で、何かと海外勤務でも頼りにされることが、少なくありません。日本人=メカやコンピューターに強いと言うイメージを持っている国が多いので、少しでも詳しいと勤務先のその国の同僚の見る目も違います。実際の海外就職や転職市場ではIT関連で、20代を積極的に採用する会社を多く見かけられます。

英語かその国の言葉が話せなくもまだ若ければ東南アジア方面では、馬鹿にされるどころか、気にかけて貰えることもあります。ほかの国でも親日国であれば、同様の傾向がありますが、欧米ではかなりアウトです。

あまりにも短い周期ではおすすめしませんが、転職も2030代であれば売り手市場と言えるでしょう。世界各国の発展をメデイアで見ている世代なので、日本を中心と考えるよりも客観的に判断出来る世代なので、偏見なくいろんなことを吸収出来そうです。

若いうちに海外で働くデメリット

韓国や中国のように儒教社会が幾分残っているところであれば、どうしても年長者に重きを置く態度になる人がいます。欧米でも若いとどうしてもちょっと下に見られる場合もありますが、共通して言えることは、仕事で見返す事が出来ます。ビジネス・ミーテイングやプレゼンテーションでは、外資系こそ自分の力を発揮することが出来ると言えるでしょう。

日系企業であればベンチャー企業を除くと、一部ではなくなったとは言え、まだまだ多くが年功序列のシステムを取っています。特に大きな会社では年齢に応じて昇給や昇進の目安が付きやすいので、安心感がとてもあります。仕事で海外に行くと、リスクを避ける傾向にあり、若いと感度がいいので、少々ストレスに感じる人も少なくありません。


20代が海外で働くには?

20代が海外で働くには、先ずは転職エージェントへの登録をおすすめします。新卒で海外に支店がある会社であれば、国内勤務を永続して希望以外、何年かあとに駐在員として勤務をするのが一般的です。ここでは、20代が海外で働く際に当って、準備しておくべきことなど参考になる情報を、以下ご紹介致します。

海外就職で準備しておくべきこと

20代がほかの世代と比較すると足りないのが経験になるのでしょうが、実際その点を考慮して海外での採用になるので、問題は通常ありません。海外駐在員であれば、欧米や職種では金融関連など以外、語学力をそこまで求められないこともあります。ただ、全般的に国際人を育てる風潮がある、日本の会社が増えているように感じます。若い人には、英語などの外国語能力をブラッシュアップ出来る人を好む傾向に、今後今以上になってくるでしょう。

スマホ中心でパソコンが苦手であれば、海外就職前に仕事で使える最低限のレベルを習得しておきましょう。カスタマーサポートだけでなく営業職でもパソコンを使っての業務連絡になることが海外では多く、ある程度エクセルとワードの操作も出来るようにしておいた方が良いです。

希望する国によって習得しておいた方が良い言語が異なり、レベルは現地採用と駐在員では全く異なってきます。そこで、20代の海外赴任や現地駐在などカテゴリー別について、以下ご参照下さい。

20代の海外赴任について

IT関連に加えフードビジネスやアパレルのチェーン店での海外赴任は、20代に多いと言えます。旅行会社や現地手配を行うランドオペレーターの会社でも同様に、新卒でいきなり海外勤務と言うこともあります。上記の職種の会社以外でも、20代を積極的に海外赴任させてみたいと言う会社も今後増えていくでしょう。

会社説明会や企業のサイトに海外の現地法人やお店が記載されている内容があると、極端に言えば、自分も海外赴任の候補に入っていると思った方がいいかもしれません。大学時代に友達とひと月などの比較的長めの旅行や中長期留学経験も、面接で目に止まる可能性があります。一般的には、企業の求める語学力に加え、国際人としてやっていけそうなタフさや柔軟性と言った人物を重視することの方が多いでしょう。

20代の現地採用について

会社の中での現地採用の大きな役割の中に挙げられるのが、駐在員と現地のスタッフの橋渡し役になることです。採用側の会社によって、何語を重視するかは、応募の際に転職エージェントに確認をしてみてください。現地のスタッフと外国語を使ってコミュニケーションが出来る会話力は必須で、職種によって求められるレベルが異なります。

会話以上にある程度のオフィスワークのスキルが求められ、英語がメインであれば、読解力とライテイング能力が必要です。英語圏でなければ、中学英語プラスアルファのスキルでいい場合も多いです。中国や華僑系であれば、簡体字か繁体字でピンイン変換入力出来ると、会社での存在感を発揮出来ます。また、ビジネス英語だけでなく日本語のビジネスマナーに関する本やサイトを、現地採用後でもいいので、しっかり目を通しておいた方が良いでしょう。

20代の海外駐在について

商社に金融マンやメーカーに加え、いろんな職種で20代の若いうちに、海外駐在員の門戸を拡げている会社があります。海外駐在員の大きなメリットは、月給以外に海外赴任手当に加え、アパートメントやコンドミニアムと言った、家賃の補助が出るケースが一般的です。工業団地などの勤務であれば、住居と会社間の送迎をして貰える、お抱え運転手付きと言った、いわゆるVIP待遇の場合も中にはあります。

もちろんアメリカなどの大学を出て、現地の外資系企業就職というのもありで、今後更に増えていくと予測されます。20代の海外駐在員と言うことは、言い換えると期待の現れでもありますが、居心地が良すぎる国もあります。国内外にいる同僚の同期や先輩達もライバルになるので、海外駐在員として赴任する場合は、日本にいる時と同様に勉強などを継続していくことをおすすめします。

海外で働きたい20代にオススメの転職エージェント

企業の経理責任者をCFO(最高財務責任者)と言いますが、海外の企業の中には、経理が出来る人を探している会社が多くあります。一般的に日系企業だと技術職や営業職が花形と言われる時代が続きましたが、時代とともに変化しつつあります。

中小の会社で経理と言えば、外国勤務とあまり結び付かなかった時代からみると、随分変わってきました。転職エージェントでは、自分では気付かなかった経験が、直接海外で働くことに繋げてくれます。

20代と言っても外国では23年で会社を変える、ジョブホップスタイルを取る人たちも多いので、気になる人は転職エージェントを上手く利用しましょう。中でも2030代に強い、或いは日本で良く聞く名前の転職エージェントの活用が、おすすめです。

いろんな職種に対応しているので、先ずは登録をして、面接で効果的な履歴書や職務経歴書を、アドバイスを得ながら作成してみてください。人と人との繋がりになるので、キャリアコンサルタントの人たちとのより良い信頼関係を構築することが、転職活動の成功に結び付きます。

20 代で海外就職に挑戦しよう!

海外就職は50代までであれば、どの年代でも挑戦出来ますが、特に20代が適しています。海外勤務では、日本では通常会えないような大会社の社長や幹部の人たちと、知り合うことが出来ます。若いときから人脈作りをしておくと、自身の大きな財産になります。

加えて世界を知ることで、人生観が変わり、視野が拡がることで、人間力が高まります。国際人としての資質で必要とされる、決断力や判断力が身に付きます。

グローバル時代に向けて

海外駐在員はちょっと現状では厳しいので、現地採用から働いてみると言う人もいます。10年以上前と違って、現地採用で海外での経験を積んだことで、日系企業に本社採用されるケースも珍しくない時代となってきました。

また、現地採用で長く働く日本人も昔から多く、その国が気に入って永住権を取得している人も少なくありません。人にはいろんな選択肢があるので、ライフワークバランスの取れた生活やストレスをあまり好まないのであれば、それに見合った国が世界には幾らでもあります。

一方で、実力会社に飛び込む人にとっては、グローバルな時代になった現在は、チャンスが数多くあります。固定概念にとらわれない自分らしい生き方を出来るのが、まさに外国生活と言っても決して過言ではありません。

海外転職する20代女性も増加

一昔前までは海外転職に有利なのは金融マンやエンジニアなど、限られた職種の人たちでしたが、日本人女性は世界のいろんなところで活躍しています。20代向けの求人案件を多く取り扱っている転職エージェントも増えていて、女性の転職サポートも行っているので、うれしいです。

日本人女性の評価はどこの国に言っても高く、語学の習得度や現地生活の柔軟性を見ていると、まさにそれが頷けます。海外転職する20代女性も年々増加し、いろんな職場で働いています。

一般的に今まで多かったホテルにカスタマーサポートや日本語教師などだけではなく、職種は多岐に渡ります。何と言っても20代の日本人女性のポテンシャルの高さに目を付けている企業も多く、セールスマーケティングや管理職として、転職後早い時期に活躍している人も少なくありません。

海外では男女平等の国が多く、女性にとっては外国こそが自分を活かせるチャンスだと思うのも何の不思議もありません。自分の実力や努力に合った収入やポストを狙う、或いはその国自体を好きになった、いろんな理由やきっかけによって、海外で働く人がいます。今後更に世界で羽ばたく日本人は男性だけでなく女性も多いと言うのを、実感することになるでしょう。

最後に

外国で働くと、旅行では体験出来ないいろんな出会いや発見があり、自身を大きく成長させてくれます。特に、自身の人生設計を考え構築するのに、20代での海外就職はおすすめです。海外では時には文化や習慣の違いで戸惑うこともありますが、許す優しさやコンセンサスの取り方を覚え、人間として磨かれていく自分を知ることも出来ます。

人生設計や道標となるポイントは、年齢によって幾分異なって来ます。これが若いときの海外就職や生活体験、外国語の習得は、その後の人生にもプラスの影響を与えてくれます。世界にはいろんなチャンスや自分の理想を叶えてくれることがあるので、先ずは海外就職に興味がある人は、自分に合った転職エージェントに登録してみましょう。

外資系企業、海外就職、グローバル企業に強い転職エージェント

「外資系企業」「海外勤務がある企業」へ転職したい方の中には、どのようなステップで応募すればいいのか悩まれる方も多いと思います。直接、会社のオフィシャルサイトで採用情報を記載されている企業もたくさんありますが、外資系企業や海外勤務のあるグローバル企業へ転職される方の大半は、「転職エージェント」を利用して転職される方がほとんどです。外資系企業・海外勤務のある企業へ転職する際には、それに特化した転職エージェントがあります。

20代・30代の転職・グローバル・海外就職に強いランスタッド

ランスタッドは、1960年にオランダで創業された世界最大級の総合人材サービス会社です。世界39の国と地域に4,700以上の拠点を持ち、50年以上にわたり培ったノウハウと信頼のある転職エージェントです。

日本国内に136拠点あり、20代〜30代第二新卒の転職サポートに実績があります。グローバル企業、海外勤務、外資系企業の取り扱いも多数。相談は全て無料。

ランスタッド公式サイト

非公開求人数・成功実績No.1のリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、非公開求人数は業界最大級の約10万件。求人の90%は非公開求人 · 転職成功実績No.1 · 年収1000万以上の求人、外資系企業・海外就職・グローバル企業の案件も多数。

日本最大級の求人件数を誇る転職エージェントなので、まずは登録しておきたい転職エージェントです。相談は全て無料。

リクルートエージェント公式サイト

年収800万円以上のエグゼクティブ求人に強いキャリアカーバー

キャリアカーバー は、年収800万円以上の求人、エグゼクティブ求人・グローバル企業・外資系企業のハイクラス求人が豊富に揃うリクルートが運営するハイクラスの転職エージェントです。

求人は非公開のものが多く会員登録することで、専門のヘッドハンターからスカウトを受け取ることができます。基準として直近の年収650万円以上の方に限定されるため、敷居が高いのが特徴。相談は全て無料。

キャリアカーバー公式サイト

外資系・日系グローバル企業での英語を活かした転職ならロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズは、日本では「グローバル人材」に特化した人材紹介会社。 「英語を活かせる求人」だけを紹介しており、コンサルタントは全員バイリンガルで、満足度93%を誇り、外資系ならではのスピード感をもって選考を進めることができます。

求人は公開求人だけでなく、外資系高収入非公開求人も数千件扱っており、面接アドバイスや履歴書の添削を各コンサルも行います。相談は全て無料。

ロバート・ウォルターズ公式サイト

サポートが充実の外資系企業に強いJACリクルートメント

JACリクルートメントは、リクルートエージェントに次いで、業界大手、イギリス発の外資系エージェント。非公開、独占求人の紹介, 外資系企業の豊富な情報量, 英語面接対策やレジュメチェックなどのサポートも充実。相談は全て無料。

JAC Recruitment 公式サイト

外資系アパレル・ラグジュアリーブランド求人に強いクリーデンス

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス は「DODA」が運営しているファッション専門の転職エージェント。外資アパレルブランドやラグジュアリーブランドに特化した案件も強いので、外資系のファッション業界を目指す方にはおすすめの転職エージェントです。

担当コンサルタントと企業ごとに合わせた面接サポートもあるので、外資ブランドを初めて目指す転職者にとって手厚いサポートです。相談は全て無料。

クリーデンス公式サイト



上記は外資系・海外就職・グローバル案件の転職案件に強く、サポートもしっかりあるので、今後、「外資系企業」を目指す方は、登録しておさえておきたい転職エージェントになります。できる限り、1社に限定してしまわずに、2〜3社に登録をしてセカンドオピニオンを持たれることをおすすめいたします。

関連記事

  1. 海外就職における給与額が高い&働きやすい国ランキング

  2. 外資系転職で失敗!転職失敗の体験談と外資系で学んだ事

  3. 海外駐在員は出世しやすい?海外就職における現地採用と駐在員の仕事の違いについて

  4. 外資系に転職したい20代が知っておくべきこと・20代の外資系求人に強い転職エージェント

  5. 海外において主要な7部門のマネージャー業務と仕事内容について

  6. 20代や30代で海外駐在員になるには?英語以外の条件や海外駐在員のメリット

  7. 海外駐在や海外赴任のチャンスを掴むには?語学力以外に求められる能力とは?

  8. 海外でよくある面接失敗体験談!こんなミスはありえない!?

  9. アメリカで働く日本人女性!海外就職ではなくフリーランスを選んだ理由とは?

最近の記事

おすすめ記事

  1. LinkedInとは?ビジネスSNSを利用して外資系企業に転職成功
  2. 40代で外資系企業に転職できる?40代が気になる外資系転職事情
  3. 女性の外資系企業への転職に年齢や経験は関係ある?
  4. 転職回数が多いのは不利?外資系企業への転職を成功させるコツ
  5. 英語ができない場合は外資系転職や海外就職は無理?狙い目の職種について
  6. 恥をかかない効果的な英文メールの書き方や注意点について
リクルートエージェント

人気記事

PAGE TOP