【韓国海外就職体験談】貿易事務に携わり、一から国際物流を学び転職(30代女性・物流業)

海外就職を考えられている方にとって、すでに海外就職・海外移住された方の体験談は非常に貴重なものです。今回は、韓国に海外就職された30代女性・物流業の方に、海外就職体験談を語っていただきました。

海外に渡航するまでの日本においての経歴(仕事、経験、学歴など)を教えてください

中国語学科卒業後、韓国系フォワーダーに新卒で入社。元々高校生時代から韓国の食に興味があり、料理番組やドラマをみたり北京留学時代にできた韓国の友人とのコミュニケーションで世間話程度の韓国語会話能力はありました。

入社後3年は航空輸出チームにて貿易事務に携わり、一から国際物流を学び倉庫・税関及び航空会社上屋へ見学へ行ったり、IATAの基礎コースと危険品の資格を取得。その後、部署移動により航空輸入の貿易事務に携わっていました。

海外で具体的にどのようなお仕事をされていますか?

韓国本社以外に日本、中国、東南アジア、オセアニア、ロシア、ヨーロッパ、北米南米に支社があります。それぞれの国に各々物流にも特徴がありますが、全ての支社で統一されたシステムを使えるようにシステムを開発するプロジェクトに携わりました。

韓国本社で作られたベースとなるシステムを航空輸出と輸入業務の経験をもとに、日本の物流ルールにも適応されるような業務や精算処理をする画面を新しく作成したり、改善したり、データを作成したりしました。

渡航先での1ヶ月の生活費(家賃・光熱費・食費・生活費・貯金など) を教えてください

寮が会社から提供されましたので家賃と光熱費は発生しませんでした。食費に関しては平日の昼食は食堂で提供されていたので、朝・夕は自費でした。

外食費が日本に比べ安いのと、韓国は文化的に誰かと食事を必ず一緒にとり、先輩が奢ったてくれることが多いので、安い時は1万円、多い時で3万円弱で快適に過ごせました。

カフェやショッピングが楽しくて娯楽は3〜4万円使いました。

海外就職・海外移住して大変だったことを教えてください

やはり言葉の壁です。日時会話は問題ありませんでしたが、韓製英語やIT用語はやはり難しく、仕事が終わってからも復習や勉強を重ねたので初めの数日は微熱が出ました。

今思えば知恵熱だったと思います。また、ずっと韓国語で資料を作るので疲れが出てくると突然ハングルが記号に見え出したり、慣れ親しんだ韓国語が聞き取れなかったり口から出てこなかったり、あんなに大好きな韓国語ですらやはり自分にとっては母国語ではないのだと思い知らされました。

海外で働く為には語学力は必要だと思いますか?

言うまでもなく必要です。今は便利な時代で翻訳機や同時通訳ができる機械があります。しかし特に人と人が仕事をする際は業務としての仕事だけではなく、コミュニケーションも大切です。

同じ言語を使いコミュニケーションをとることで、義理や愛情が芽生え困ったときはお互いに助け助けられ仕事での場面も大切な思い出に変わります。

海外で働いて良かったと思うことを教えてください

まず第一に、海外で外国人と働く事で日本に帰ってきてからも、仕事がスムーズに行かない、人とのコミュニケーションがとりづらいなどのストレスが無くなりました。

相手は育った環境も考え方も違う外国人ですので合わなくて当然です。と考えると、同じ日本人同士でも育った環境や考え方が同じ人なんていないのです。仕事をする上で、違和感や難しさを感じて当然だという事です。もはや馬が合う人や仕事をしやすいと感じられる人に出会えることを感謝できるようになりました。

海外で就職を考えている方にアドバイスをお願いします

まずは食事が自分に合うか、生活が苦しくないかを考え、生活環境だけでもなるべくストレスフリーの環境になるように努力することも大切だと思います。

成人になると起きている時間のほとんどの時間を仕事に費やすことになります。やらなくて後悔するより、やって後悔をした方が自分の生き方に納得がいくし経験値にもなりますが、健康な体なくしてはやりたい事もできません。

生活環境を整えることに努力を惜しまずに楽しく充実した海外生活を送ってください。

外資系企業、海外就職、グローバル企業に強い転職エージェント

「外資系企業」「海外勤務がある企業」へ転職したい方の中には、どのようなステップで応募すればいいのか悩まれる方も多いと思います。直接、会社のオフィシャルサイトで採用情報を記載されている企業もたくさんありますが、外資系企業や海外勤務のあるグローバル企業へ転職される方の大半は、「転職エージェント」を利用して転職される方がほとんどです。外資系企業・海外勤務のある企業へ転職する際には、それに特化した転職エージェントがあります。

転職エージェントに登録して海外求人・海外勤務案件をチェック

上記のエージェントは外資系・海外就職・グローバル案件の転職案件に強く、サポートもしっかりあるので、今後、「外資系企業」を目指す方は、登録しておさえておきたい転職エージェントになります。できる限り、1社に限定してしまわずに、2〜3社に登録をしてセカンドオピニオンを持たれることをおすすめいたします。

関連記事

  1. 海外でよくある面接失敗体験談!こんなミスはありえない!?

  2. 20代が海外で働くには何が必要?20代が海外で働くために準備しておくべきこと

  3. 20代や30代で海外駐在員になるには?英語以外の条件や海外駐在員のメリット

  4. タイの現地採用で失敗したと感じた事|タイで働く現地採用体験ブログ vol.5

  5. 【カナダ海外就職体験談】ワーホリを経て飲食店の正社員へ(30代女性・レストラン勤務)

  6. 【アメリカ・ニューヨーク海外就職体験談】奇跡的に永住権を取得し、ワークライフバランスも充実(30代女…

  7. 外資系に転職したい20代が知っておくべきこと・20代の外資系求人に強い転職エージェント

  8. 【インドネシア・バリ島海外就職体験談】海外で起業を夢に移住(30代女性・旅行会社勤務)

  9. 40代が海外で働くには?40代で海外勤務の求人や転職事情について

最近の記事

転職エージェント

  1. 面接対策や英文レジュメ添削などサポートの評判が高くハイクラス案件に強いJAC R…
  2. 転職者満足度第1位の「doda(デューダ)」はスカウトが多く転職後のフォローアッ…
  3. ロバートウォルターズ「英語を活かした転職」で評判の転職エージェント
リクルートエージェント

転職エージェント

人気記事

PAGE TOP