【ドイツ海外就職体験談】事務職から総合職を経て海外へ赴任(20代男性・製薬関連会社)

海外就職を考えられている方にとって、すでに海外就職・海外移住された方の体験談は非常に貴重なものです。今回は、ドイツに海外就職された20代男性・製薬関連会社に勤務している方に、海外就職体験談を語っていただきました。

海外に渡航するまでの日本においての経歴(仕事、経験、学歴など)を教えてください

学歴は商業専門高校卒、そのまま製薬関連の会社に就職をしました。総合職として仕事をしており、営業から事務まで幅広くやっています。最初は事務をしており、経費の計算から利率の計算まで幅広くやっていましたが、どうしても飽きてきますので途中から営業もさせてもらってました。

製薬という仕事柄どうしても海外から輸入しなくてはいけない原材料がありその都合で2年ほど海外で仕事をしてました。また、関連会社が多数ありましたので取引の関係で他の国にもよく行きます。

海外で具体的にどのようなお仕事をされていますか?

きっかけは本社で開発をしていた原材料の取引です。どうしても現地で実際の作り方を把握しないとランニングコストが計算出来ず、深く知るために関係会社に勤務をしていました。

仕事内容としては農地を耕したり、実際に工場へ行って一緒に原材料を作ったりと様々です。どういう過程で作られるのかをしっかり把握しないと行けなかったため、専任の担当者として最初から最後まで順を追いながら働いてました。特に農作業は1日、2日で終わる内容ではなく3ヶ月以上働いてましたので正直キツかったです。

どのようなビザで滞在していましたか?ビザ取得の経緯や難易度は?

永住も考えましたが一般ビザで行きました。期間は4年で取り、申請にすごく時間がかかったことを覚えています。会社経由で外務省宛に書類を用意しましたが、戸籍やら書類がとても多かったです。

2回ほど修正で戻され、電話でのやり取りも何回もしましたので、期間が決まっているのであればもっと短い期間でて手続きをすれば良かったなと思います。

渡航先での1ヶ月の生活費(家賃・光熱費・食費・生活費・貯金など) を教えてください

物価は日本とそれほど変わりませんが、お酒類の物価はとても安かったです。特にビールは日本の半分くらいの値段で飲めるところも中にはありましたのでオススメです。

海外駐在として勤務しており会社負担の為、家賃や光熱費はかかりませんでしたが、食費と生活費で月7万ぐらいは飛んでいきました。ほぼ外食で済ましていたのと、衣服関係が海外は高かったため結構かかりました。

海外就職・海外移住して大変だったことを教えてください

大変だったのは文化の違いと言語です。英会話スクールに通ってから現地に行きましたがほぼ通用しません。日本人の英語は海外だと聞き取りづらいみたいで何度も何をいいたいのか分からないと言われました。

半年ほどすると日常生活では問題ありませんでしたが、会社関係の質問をする時はとても困ったのを今でも覚えています。文化についてはドイツでは自転車専用道路があり、歩行者が歩いてしまうととても怒られます。私はありませんでしたが罰金も中にはあるみたいで、理解するのに時間がかかりました。

海外で働いて良かったと思うことを教えてください

英会話習得が出来た点が非常に良かったと思います。日本で英会話を習うとどうしてもカタコトの英語になってしまいます。最初は気づかなかったのですが外国人からすると丁寧すぎて何を言いたいのか分からないらしいです。

ジェスチャーとかニュアンスで伝えることは出来ますが現地で使えるレベルの英会話を覚えないと生活に困りますので必死になって覚えました。他の国に言った時でも多少なまりはありましたが会話は普通に出来ましたので海外に赴任して便利になったなぁ良かったなぁと思っています。

海外で就職を考えている方にアドバイスをお願いします

英会話スクールに行くことは絶対オススメします。現地で使い物にならないレベルですが、単語と言い回しさえ何となく覚えればとりあえずの話は出来ます。

現地で単語を覚え直すより、早く話せるようになりますので必ず行った方がいいです。また、私はドイツでしたが国によっては日本のように24時間営業のお店がなかったりすることが多々あります。

特にコンビニなどは空港ぐらいにしかどの国でもありませんので生活をするのであればそういった国ごとの違いを事前に調べておくこともオススメします。学べることはとても多いですので就職したい方は是非頑張ってください。

外資系企業、海外就職、グローバル企業に強い転職エージェント

「外資系企業」「海外勤務がある企業」へ転職したい方の中には、どのようなステップで応募すればいいのか悩まれる方も多いと思います。直接、会社のオフィシャルサイトで採用情報を記載されている企業もたくさんありますが、外資系企業や海外勤務のあるグローバル企業へ転職される方の大半は、「転職エージェント」を利用して転職される方がほとんどです。外資系企業・海外勤務のある企業へ転職する際には、それに特化した転職エージェントがあります。

転職エージェントに登録して海外求人・海外勤務案件をチェック

上記のエージェントは外資系・海外就職・グローバル案件の転職案件に強く、サポートもしっかりあるので、今後、「外資系企業」を目指す方は、登録しておさえておきたい転職エージェントになります。できる限り、1社に限定してしまわずに、2〜3社に登録をしてセカンドオピニオンを持たれることをおすすめいたします。

関連記事

  1. 海外で働く人が増ている?経験者が語る海外勤務・海外就職をするメリットや理由

  2. 海外インターンシップ体験談!経験者10名の費用やインターン後の英語力や語学力は?

  3. 20代が海外で働くには何が必要?20代が海外で働くために準備しておくべきこと

  4. 50代が海外で働くには?50代で海外勤務の求人や転職事情について

  5. 海外就職における給与額が高い&働きやすい国ランキング

  6. 30代が海外で働くには何が必要?30代が海外で働くために準備しておくべきこと

  7. アパレル就職体験談アンケート!給料が安くて将来が不安・・・転職を考える販売員の声

  8. 【シンガポール海外就職体験談】広告会社のクリエイティブディレクターとして活躍(60代男性・広告代理店…

  9. カナダの海外就職体験談!就労ビザ取得後、日系企業と現地採用で学んだこと

最近の記事

転職エージェント

  1. 面接対策や英文レジュメ添削などサポートの評判が高くハイクラス案件に強いJAC R…
  2. ロバートウォルターズ「英語を活かした転職」で評判の転職エージェント
  3. 転職者満足度第1位の「doda(デューダ)」はスカウトが多く転職後のフォローアッ…
リクルートエージェント

転職エージェント

人気記事

PAGE TOP