• 最終更新日: 2020.04.20

  • 職種別

海外で生産管理として働くには?海外における生産管理の平均年収や求められる資格や語学力など就職事情について

日本は言わずと知れた世界屈指の技術大国であり、その中でも生産管理の仕事抜きに語るわけにはいきません。製品化率を図る用語で歩留まりと言う言葉があり、ベトナムやタイに代表されるように東南アジアの堅実な国民性の国々では、コスト管理面でも魅力があります。

ここでは、そんな生産管理業務の待遇と海外で働くためのポイント等についてご紹介致します。



海外における生産管理の需要

海外における生産管理の需要は、日系企業が進出している、世界の多くの国々にあると言っても良さそうです。特に日系企業が多いアメリカやメキシコと言った北米に加え、東南アジア全域が生産管理での就業のチャンスがありますが、それ以外の国も需要が見込まれています。

海外における生産管理の平均年収について

生産管理の仕事に携わっている人達の平均年収は、国内外問わずほかの職種よりもやや高めと言われています。1990年代から日系企業の海外進出が加速する中で、諸外国での生産管理の求人も見かけられます。物価の安い国では、転職して現地に移り住み、日本よりも良い生活をしている人が多いのが現状です。

海外勤務の中で最も年収が高い職種の一つに数えられるのが、エンジニア同様生産管理も同じことが言えます。海外駐在員だけでなく現地採用でも工場長クラス、あるいはそれに準じるポストだと住居手当に加え、一部運転手付きで車が滞在中に支給されることもあります。

よりハイレベルだと欧米では高収入に恵まれ、日本の物価の2~3分の1のアジアや中南米などになると、年収以上に高水準の生活ができます。多くの生産管理に携わる日本人が、現地で良い生活をしていると言う話しをよく聞きます。

参照サイト:転職会議

日本:447万円

日本における生産管理の平均年収は、447万円と紹介されています。ほかの職種と比較するとやや高めであり、最も高いのが愛知県の497万円です。全体的な給与からみると約300~790万円とやや幅広く、就業先や経験スキルによって異なってきます。

北米エリア(アメリカ):670万~1,200万円

アメリカの工場生産管理者の平均年収は、110,580USドルとなっています。2020(令和2)年4月7日現在のレートによると、1USドルは約110円です。年収を算出すると、12,163,800万円になりますが、ハイクラスの人達が年収を押し上げていると言っても良さそうです。そこで、全体的なアメリカでの生産管理の平均年収は670万~1,200万円になります。

日系企業のアメリカ現地法人の求人を見ると、年収が500万~1,100万円ぐらいが相場のようです。ビジネスレベルの英語力があれば、むしろ日系よりもアメリカに拠点を構える外資系企業の生産管理の仕事が狙い目かもしれません。

ヨーロッパエリア(ドイツ):500万~700万円

ドイツへ生産管理の仕事で海外駐在員として赴任した場合、年収500万~700万円が相場のようです。ドイツ人の平均年収が700万円と言われているので、悪くはありません。駐在員で現地の立ち上げともなると、年収が1千万円を越すことも珍しい話しではありません。

アジアエリア(ベトナム):約277万~1,000万円

日本人の現地採用の製造関連の年収は月収1,800~4,000USドルと紹介されています。1USドル=約110円×月収14カ月(1年12カ月プラス年1カ月×2回のボーナスとして想定)で計算すると、2,772,000~6,160,000円の年収になります。日系の大手メーカーの海外駐在員であれば、年収600万~1,000万円貰っている人もいるでしょう。

アジアエリア(タイ): 約260万~1,000万円

以下のサイトによると、タイの現地採用の管理職クラスの年収が月8~10万バーツとのことです。大手自動車メーカーをモデルにしているようですが、現実的にもう少し幅を持たせて6万5千~10万バーツとして、以下年収を算出します。

2020(令和2)年4月7日現在のレートをみると、1タイ・バーツ(THB)は約3.3円となっています。月収14カ月(1年12カ月プラス年1カ月×2回のボーナスとして想定)で計算し、上記の月収と掛け合わせると、2,574,000~4,620,000円の年収になります。ベトナムと同じく海外駐在員は更に年収が高いので、260万~1,000万円が平均年収と言って良さそうです。

海外で生産管理の仕事のために必要な語学力や資格は?

海外で生産管理業務に就くために必要な語学力は、企業によっても様々です。欧米で現地工場の立ち上げでコンプライアンスなどが関わってくると、最低でもTOEIC800点以上は求められそうです。しかしながら、東南アジア圏では、それほど高いスコアを求められる訳ではありません。

一般的にはアメリカやヨーロッパでは、TOEIC600~700点以上あった方が望ましく、詳細は転職エージェントのキャリアコンサルタントの人達に確認をとってみてください。ここでは、必要な語学力と資格について、合わせてご説明致します。

海外で生産管理の仕事のために必要な語学力

海外で生産管理の業務就くための必要な語学力は、就業先とその国の人件費などによって全く異なります。欧米の先進諸国では、ここ10年の間に年収が高くなっていて、日本と開きが生じています。敢えて生産管理のスタッフのために通訳をつける概念はなく、現地の言葉以外で、最低でも日常会話レベルの英語力があって当然と思われます。

欧米の非英語圏で生産管理業務に携わる場合、管理職レベルではたいてい英語でコミュニケーションが図れると言っても良さそうです。一般の工場のワーカーへの指示、つまりインストラクションになると、日本語ではなく英語を介しての通訳スタッフがいることが先ず考えられます。

全く欧米と違う展開を見せるのがアジア各国になり、英語や言質の言葉できなくても経験重視の傾向にあります。ただ、あくまでも目安のレベルになりますがTOEIC500点以上の英語力と生産管理経験があれば、現採用の仕事が早く見つかるでしょう。また、日本の大手企業勤務の経験や現地資本の会社が求めていた人物であれば、語学力を求められない場合がほとんどです。

東南アジアや中国では、日本語のみで採用される場合がありますが、出来れば赴任後、現地の簡単な言葉は覚えましょう。また、アジアだと一定以上の年齢であればほぼ問題なくても40代以下だと主導権の関係があるので、あるいて程度英語が話せた方がいいと言えます。

海外で生産管理の仕事のために必要な資格

国内外で、生産管理の仕事に就くために必要な資格は特にないと、言われています。ただ、商品のクオリティやコスト、スケジュール通りに納品ができているか管理する必要があるので、幅広い知識が求められます。

そんな中で生産管理業務に携わっている人達の中で、有効的な資格とされているのが、

  • ビジネス・キャリア検定
  • 中小企業診断士

です。中央職業能力開発協会が実施している民間の試験のビジネス・キャリア検定は、生産管理を含む8分野4レベルから構成され、43試験の中からご自身のレベルや普段の仕事内容に合った試験が受験できます。

特にビジネス・キャリア検定において、生産管理に役立つのが「生産管理プランニング」と「生産管理オペレーション」なので、チャレンジしてみる価値があります。

ロジスティクス(物流)業務に関する検定の生産管理オペレーションは、製造業の一連の動きを管理するために必要な知識を理解でき、転職や就職に有利です。

海外で生産管理の仕事に必要な経験や向いている人の特徴は?

海外で生産管理の業務を遂行するにあたって特に重要なのは、その国の文化や国民性を理解することです。

そこで、生産管理の仕事をするために必要なスキルや経験、外国で生産管理に向いている人の特徴を以下ご紹介致します。

海外で生産管理の仕事に必要なスキルや経験

海外の生産管理の仕事に未経験で就くには、ハードルが高いと言われています。ただ、原材料の購入や商品開発の経験に加え、就業先が求める外国語能力が高ければ、就業のチャンスがあります。

経験者であれば説明するまでもないですが、マネージメントや予測能力を含む対応力、情報分析に長けている人が優秀な生産管理者と言われています。

就業先の長所や短所を見極めながら過少生産にならずに、異物混入の恐れがないかなどあらゆる状況をチェックでき、どんな状況でも冷静に判断できることが大切です。40歳以上でも転職が可能などころか60歳を過ぎて生産管理の仕事に就いている、現地で活躍している日本人が少なくありません。

海外勤務における生産管理の仕事に向いている人の特徴

東南アジアと日本のGDPを比較してしまいがちですが、現地の人達にはプライドがあり、まして子どもの頃から叱られると言った習慣がほとんどありません。人前で怒鳴るのは最も仕事上でタブーとされていて、注意ではなく解りやすく個別で説明することが大切となってきます。

つまりその国に合った指導が必要となり、丁寧さと根気強さに加え、柔軟性が必要です。クライアントが日系企業の場合、制服姿で出勤することが好ましくないと指摘を受けることがあります。制服での出勤は大手企業の工場勤務と言う自尊心の表れとも言われています。

そんな中で、外国勤務の特徴の一つと言えるのが、日系企業同士の従業員であれば、情報交換を頻繁にやっているケースが多く見かけられます。

日本本社サイドのヒアリング内容の要求と外国の工場では、開きが幾分あるため、他社の対処方法を教えて貰うのも一つの方法となります。工場生産は人との繋がりがあるため社交性があり、アジアだけでなくそのほかの地域で働くに当ってもいろんな情報を応用できるひとが向いていると言えます。



海外の生産管理の就職事情と求人について

日本で生産管理経験の経験が一定以上の期間があれば、海外で仕事を探すのはほかの職種よりそれほど難しくないと言えます。また、給与面や福利厚生も比較的恵まれていて、仕事を見つけやすいのは日系企業が多く進出している国や地域になります。語学力があり、経験豊富で高いマネージメント能力があれば、ハイクラス案件も狙えます。

海外における生産管理の現地採用について

一般的には海外における生産管理の現地採用については、各主要都市にオフィスを構える転職エージェントを活用することをおすすめします。思い入れのある土地や気になる国で働いてみたいと思う場合は、現地の日本商工会議所のようなビジネス関連の団体のホームページを参照してみるのも一つの方法になります。

物価が安く治安が安定している東南アジア諸国では、現地の転職エージェントに直接登録後、仕事を見つけるのが早いと言えそうです。治安が気になる国や物価が高い欧米諸国では、事前に日本にいる間に現地の生活情報を確認しながら予め仕事が決まって現地へ行くのが賢明です。

求人を見つけやすい地域となると、主に多い順から

  1. 東南アジア
  2. 中国
  3. 北米
  4. ヨーロッパ

になります。東南アジアでは、ベトナム・タイ・インドネシアが多く、3カ国に次ぐのがフィリピンやマレーシアです。

今後、ミャンマーやカンボジア、ラオスにも需要が高まると予測されています。欧米ではアメリカにドイツやメキシコで求人が見かけられますが、働いてみたい国があれば、転職エージェントのキャリアコンサルタントの人達に相談をしてみてください。

海外における生産管理の日系企業求人について

生産管理の仕事で海外駐在員として働くには、何と言っても転職エージェントの活用が最も効果的です。英語が堪能で実績経験が豊富であれば、年収800万~1,000万円以上のハイクラス案件を狙ってみるのも悪くありません。

月収や年収以外で確認したい点を挙げるとすれば、住居手当と送迎車、或いは現地で移動の際の車の有無です。語学が苦手な人であれば、日本語の通訳が付くのかどうか、先ずは求人概要に目を通してみましょう。

最後に

世界に認められる日本の技術の中で、生産管理は間違いなく重要な仕事と言えます。日本人の生産管理者の中で度々出て来る製品化率を表す歩留まりは、コスト管理の面においても特に重視されます。待遇面でもほかの職種より優遇されるケースが多く、現地資本の会社から大事にされることも珍しくなく、福利厚生においてもほかのスタッフより優遇されることは珍しくありません。

外資系企業、海外就職、グローバル企業に強い転職エージェント

「外資系企業」「海外勤務がある企業」へ転職したい方の中には、どのようなステップで応募すればいいのか悩まれる方も多いと思います。直接、会社のオフィシャルサイトで採用情報を記載されている企業もたくさんありますが、外資系企業や海外勤務のあるグローバル企業へ転職される方の大半は、「転職エージェント」を利用して転職される方がほとんどです。外資系企業・海外勤務のある企業へ転職する際には、それに特化した転職エージェントがあります。

下記のエージェントは外資系・海外就職・グローバル案件の転職案件に強く、サポートもしっかりあるので、今後、「外資系企業」を目指す方は、登録しておさえておきたい転職エージェントになります。できる限り、1社に限定してしまわずに、2〜3社に登録をしてセカンドオピニオンを持たれることをおすすめいたします。

20代・30代の転職・グローバル・海外就職に強いランスタッド

ランスタッドは、1960年にオランダで創業された世界最大級の総合人材サービス会社です。世界39の国と地域に4,700以上の拠点を持ち、50年以上にわたり培ったノウハウと信頼のある転職エージェントです。

日本国内に136拠点あり、20代〜30代第二新卒の転職サポートに実績があります。グローバル企業、海外勤務、外資系企業の取り扱いも多数。相談は全て無料。

ランスタッド公式サイト

サポートが充実の外資系企業に強いJACリクルートメント

JACリクルートメントは、リクルートエージェントに次いで、業界大手、イギリス発の外資系エージェント。非公開、独占求人の紹介, 外資系企業の豊富な情報量, 英語面接対策やレジュメチェックなどのサポートも充実。相談は全て無料。

JACリクルートメント公式サイト

非公開求人数・成功実績No.1のリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、非公開求人数は業界最大級の約10万件。求人の90%は非公開求人 · 転職成功実績No.1 · 年収1000万以上の求人、外資系企業・海外就職・グローバル企業の案件も多数。

日本最大級の求人件数を誇る転職エージェントなので、まずは登録しておきたい転職エージェントです。相談は全て無料。

リクルートエージェント公式サイト

外資系・日系グローバル企業での英語を活かした転職ならロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズは、日本では「グローバル人材」に特化した人材紹介会社。 「英語を活かせる求人」だけを紹介しており、コンサルタントは全員バイリンガルで、満足度93%を誇り、外資系ならではのスピード感をもって選考を進めることができます。

求人は公開求人だけでなく、外資系高収入非公開求人も数千件扱っており、面接アドバイスや履歴書の添削を各コンサルも行います。相談は全て無料。

ロバート・ウォルターズ公式サイト

年収800万円以上のエグゼクティブ求人に強いキャリアカーバー

キャリアカーバー は、年収800万円以上の求人、エグゼクティブ求人・グローバル企業・外資系企業のハイクラス求人が豊富に揃うリクルートが運営するハイクラスの転職エージェントです。

求人は非公開のものが多く会員登録することで、専門のヘッドハンターからスカウトを受け取ることができます。基準として直近の年収650万円以上の方に限定されるため、敷居が高いのが特徴。相談は全て無料。

キャリアカーバー公式サイト

転職者満足度第1位のNo.1のdoda(デューダ)

doda(デューダ)は、転職者満足度第1位のNo.1(電通バスリサーチ調査)。転職のプロ・キャリアアドバイザーが、非公開求人の紹介だけでなく、面接対策やキャリアプランの提示などあなたの転職プランに沿って親身にサポートしてくれます。

面接の指導と転職後のフォローアップも評判が良く、まずは登録しておきたい転職エージェントです。相談は全て無料。

doda(デューダ)公式サイト

外資系アパレル・ラグジュアリーブランド求人に強いクリーデンス

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス は「DODA」が運営しているファッション専門の転職エージェント。外資アパレルブランドやラグジュアリーブランドに特化した案件も強いので、外資系のファッション業界を目指す方にはおすすめの転職エージェントです。

担当コンサルタントと企業ごとに合わせた面接サポートもあるので、外資ブランドを初めて目指す転職者にとって手厚いサポートです。相談は全て無料。

クリーデンス公式サイト

関連記事

  1. 海外で通訳・翻訳家として働くには?海外における通訳・翻訳家の平均年収や求められる資格や語学力など就職…

  2. 海外で保育士・幼稚園教師として働くには?海外における保育士・幼稚園教師の平均年収や求められる資格や語…

  3. 海外で看護師として働くには?海外における看護師の平均年収や求められる資格や語学力など就職事情について…

  4. 海外で塾講師として働くには?海外における塾講師の平均年収や求められる資格や語学力など就職事情について…

  5. 海外でコールセンターとして働くには?海外におけるコールセンターの平均年収や求められる資格や語学力など…

  6. 海外で留学エージェントとして働くには?海外における留学エージェントの平均年収や求められる資格や語学力…

  7. 海外で料理人や飲食業界で働くには?海外の料理人(飲食業界)の平均年収や求められる資格や語学力など就職…

  8. 海外で営業職として働くには?営業職の平均年収や求められる資格や語学力など就職事情について

  9. 海外で経理・財務・会計職として働くには?経理・財務・会計職の平均年収や求められる資格や語学力など就職…

最近の記事

転職エージェント

  1. 年収800万円以上のハイスペック・エグゼクティブ求人に強い転職エージェント「キャ…
  2. 面接対策や英文レジュメ添削などサポートの評判が高くハイクラス案件に強いJAC R…
  3. 「ランスタッド」は世界第2位のシェアを誇る海外就職や外資系転職に強い転職エージェ…

転職エージェントランキング

おすすめ記事

PAGE TOP