• 最終更新日: 2020.02.6

  • 職種別

海外で料理人や飲食業界で働くには?海外の料理人(飲食業界)の平均年収や求められる資格や語学力など就職事情について

かつて華南地方出身者をはじめとした華僑が多く従事した仕事の中に、三把刀と言う例えがありましたが、現在和僑と呼ばれる人達も同様の共通点が見かけられます。三把刀とは、料理人に理髪師と仕立屋の三つの職業のことを指しますが、現在、世界各地で寿司職人や美容師として活躍する日本人が年々増加の傾向になります。

中でも日本料理やお寿司、ラーメン関連の飲食業界に関しては、在留邦人数が多いエリアでは、仕事を見つけるのがそれほど難しくありません。そこで、料理人(飲食業界)の待遇と海外で働くためのポイント等について、以下ご紹介致します。



海外における料理人(飲食業界)の需要

在留邦人数が多い国や都市では、必然的に和食やラーメン店の料理人(飲食業界)の需要が高いと言っても過言ではありません。

2019(令和元)年10月1日現在の在留邦人数都市別ランキングを上から順に並べると、ロサンゼルス都市圏・バンコク・ニューヨーク都市圏・上海・シンガポールになります。

カナダを含む北米や東南アジアの首都、オーストラリアの主要都市が特に料理人(飲食業界)の求人が多く出ています。一方で、新規日本食レストランの開店も各国で見かけられ、世界全体がフィールドとなっています。

海外における料理人(飲食業界)の平均年収について

海外で料理人として働いてみたいと考えている人が増えてきていますが、平均年収が気になるところです。以下日本人が多く暮らす人気の国について、各国の和食の料理人の年収動向について、以下ご説明致します。

日本:331万円(2019年)

日本の調理師の平均年収は322~341万円*あたりで、推移していると言われています。調理師見習いの平均年収は263万円、一流ホテルになると350万円~中には1千万以上を貰っている人も少なくありません。*参照サイト

料理人の平均年収は、各都道府県によって金額の開きが若干あります。最も高いのが東京都の490万円、次ぎに大阪府の420万円です。また、ホテルや旅館で年収1千万人を超えている料理人の人たちの中には、取締役を兼任している場合もあります。

北米エリア(アメリカ):400~900万円(2020年)

和食の世界各国の下記求人(Washokujob)サイトのアメリカでの募集を見ていると、400万~900万円*が相場となっているので、日本よりやや高めです。*参照サイト

経験や実績によって待遇が異なり、料理長クラスになると、給料がいいのはアメリカも同じです。ラスベガスだと上のクラスの料理人で年収が600~900万円と言われ、お金が多く動くエリアは収入も比較的恵まれています。

カナダも同じぐらいで推移していますが、未経験応募可能で、年収360万円以上と言った求人案件があります。

オセアニア(オーストラリア):375万円(2020年現在)

オーストラリアの調理師の平均年収が470万円*となっていますが、2020年のレートでは、375万円になります。ちなみに、1オーストラリアドルが日本円で約75円です。*参照サイト

料理長クラスになると、約600万円と言う求人が出ています。

アジア(シンガポール):480万~800万円以上(2020年現在)

本物志向のシンガポール人にとって、本格的な和食であれば、お金を使うことをそれほど惜しみません。年収800万円以上の求人案件の中には、日本等からの転居費用応相談も可能と言うケースがあるようです。

アジア(タイ):月収5万~10万バーツ(2020年現在)

なお、2020(令和)年1月6日現在のレートでは、1タイバーツが日本円で約3.6円です。経験によって、給料が異なりますが、経験が浅いと5万バーツぐらいからのスタートになるでしょう。ボーナスはお店によって、金額が変わってきますので、年収計算では上記の金額に12か14カ月を掛けてみてください。216万~504万円が、平均年収になります。

給料的には、ほかのタイの現地採用の職種とおおむね同じぐらいになります。住居や食事手当があるのか等、詳細は面接時に確認をしてみてください。なお、和食の世界各国の求人(Washokujob)サイトによると、高級寿司店の新店舗オープン・すし料理長募集にて、年収が456~800万円と掲載されていました。

物価が日本の2分の1~3分の1であるタイのバンコクでは、結構いい給料の部類に入ります。タイの地域性からみても新店舗に加え、新しいオフィスや工場がオープンする際には、好待遇で迎え入れられることが少なくありません。

ヨーロッパ(フランス)300万円:(2019年)

2020(令和2)年の1月6日現在のレートで1ユーロ約121円なので、日本円で約300万円*です。料理クラスになると、430万~725万円で、オーナーになって儲けている人もいます。*参照サイト

フランス料理界の巨匠と言われるゴードン・ラムゼイ氏の年収は5400万ドル、ジョエル・ロブション氏も年収が5800万ユーロと言われ、桁違いに稼いでいます。フランスに関しては、和食でなくフランス料理の料理人の給料について、ご紹介致しました。

料理人(飲食業界)の年収は、総体的に日本より外国の方が全体的にやや高めのようです。将来的にホテルや旅館の料理長か独立を目指すのであれば、日本で見習いからはじめサード(三番手)やセカンド(二番手)とへとステップアップして、腕を磨くのもいいでしょう。

同時に、外国で一から料理人へチャレンジする人も今後増えると言って良さそうです。また、お客様から見える位置で調理場を取り仕切る花板やサード以上の現在地であれば、海外でチャンレジしてみるのも悪くありません。

海外で料理人(飲食業界)になるために必要な語学力や資格は?

海外で料理人になるために必要な語学力の定め自体は、ほとんどの国でありません。就労ビザ取得のために一定以上の公用語のレベルを設けているところも国によってはありますが稀です。ここでは、語学力に加え必要な資格についてご説明致します。

海外で料理人(飲食業界)になるために必要な語学力

和食の調理人の求人案件では、語学力不問とよく見かけますが、実際外国語能力を問われないケースが多いです。それでもせめて英語か就業先の国の公用語で、必要最低限のコミュニケーションを赴任までに図れるようになっておきたいものです。

実際口より手を動かしていることが多いので、語学力が最も重視されるわけではありません。ただ、一日一つの単語でも覚えて、蓄積すると2~3年後には、かなりのボキャブラリー数になります。店舗のマネージメントや独立ともなると、会話力に加え、書類関連の関係もあって、読み書きが出来るに越したことはありません。

イタリアやフランス等ヨーロッパで現地の料理を学ぶために、修行をしに行く場合には、せめて中級レベル以上の語学力が欲しいです。

海外で料理人(飲食業界)になるために必要な資格

おおむねほとんどの国で外国人が働くには、就労ビザの取得が義務付けられています。就労ビザ取得がスムーズに行くのに、日本の調理師免許があると助かる場合があります。必須ではないにしても、あるとステイタスとして存在感を発揮出来るでしょう。

日本人が外国の料理を習得するのに人気なのが、イタリアやフランス、香港です。料理留学をすると、レジュメに学校名を書いていることで、現地の生活を体験したというアピール材料にも繋がります。ただ、現地の言葉で授業が行われるため、事前に語学学校へ行くことを考えると、かなりの金銭的負担が生じます。

金銭的な負担を減らすには、まずは飲食業界で働き、経験を積んでから転職を考える、海外での展開を視野に入れている飲食業界を狙って就職・転職するのも良いでしょう。

海外で料理人(飲食業界)になるために必要な経験や向いている人の特徴は?

料理人や飲食業界は典型的な縦社会と言われていますが、最近ではシステム化されてきて、ややそのような風潮は薄れてきていますが、それでも職場によっては、上司や親方などの意見に逆らえないと言った保守的な考えが残っている飲食業界も少なくありません。

それが、外国に行くと、国によって全く習慣が異なるので、むしろ柔軟性がある人が向いていると言えます。

海外で料理人(飲食業界)に必要なスキルや経験

一番確実なのは、まずは飲食業界で働く、料理人であれば日本で料理の基礎から学ぶ、いわゆる見習いからはじめることです。ご存じの人も多いと思いますが、日本の技術職の多くは、目で見て覚えると言った風習が強いです。人との繋がりがタイトなので、上の人達から可愛がられることも大切です。人間的に不器用でも誠実で、努力を惜しまない人が将来的に活躍出来るのは、今も昔も変わりません。

ただ最近では、飲食業界に特化した転職エージェントもあり、コネやツテがなくても、海外展開を視野に入れている企業先を斡旋してくれるなど、海外での仕事探しをフォローしてくれます。同様に料理人であれば、海外では見習いから採用されるケースも珍しくはないので、強い意志を持って望みましょう。

もちろんホテルや旅館等でサード(三番手)やお店の花板以上になるぐらいの経験やスキルがあれば、海外でも活躍出来る道が大きく開かれます。なお、ラーメン店をはじめ、海外にフランチャイズを展開しているところでは、未経験でも働くことが出来そうです。

海外勤務における料理人(飲食業界)に向いている人の特徴

調理人に限らず、先ず気が長いことが、海外勤務で必要なことになりそうです。上の立場に立つ人であれば、外国ではミスを起こしたときは、叱るのではなく理性的に教えることが必要な能力となります。

また、日本でも同じことが言えますが、体力が必要な上に健康であることが大切です。繁忙期は特に回転が速く忙しいので、体力がものを言います。なるべく食欲が落ちないように、現地の食事が合わない場合は、まかないで対応して貰えると良さそうです。

また、外国で働く事になるので、現地の職場や生活に柔軟に対応出来るかも大きな鍵となってきます。言葉うんぬんよりもコミュニケーション能力や問題解決能力が高い人が向いています。外国によっては、日本の調味料が中々手に入らないことがあるので、より和食に近い味付けを考えると言った臨機応変さも必要でしょう。



海外の料理人(飲食業界)と求人について

海外の料理人(飲食業界)と求人は、和食や調理人に特化した求人サイトで探すのが最も効果的と言えます。そのほか転職エージェントやフリーペーパーでの求人募集を、活用している人も少なくありません。見逃せないのが、お店に貼り出されている求人や現地で暮らす日本人からの紹介です。

海外における料理人(飲食業界)の現地採用について

なお、外務省のホームページでは、「都市別在留邦人数推計上位50位推移」が紹介されていますので、仕事や移住先探しのヒントになりそうです。

和食や調理人に特化した求人サイトを活用するのであれば、日本にいながらにして仕事を探すことが出来ます。また、現地の転職エージェントへ登録をしにオフィスへ行く、またはお店を直接尋ねてみると、比較的早く仕事が見つかりそうです。労働契約面で確実なのは、求人サイト転職エージェントになるでしょう。

海外における料理人(飲食業界)の駐在員求人について

一般社団法人 国際交流サービス協会では、世界220箇所にある日本国大使館や総領事館の公邸料理人の求人募集をしています。

駐在員求人の求人案件のカテゴリーとそのほか見なされるのが、日本が本店で現地にお店を構える和食レストランやラーメン店等です。駐在員求人に該当する日本本社採用であれば、平均的に待遇や条件も良く、求人サイトや転職エージェントの活用が最も有効的です。

最後に

海外就職だけでなく、海外永住でもチャンスがあるのが、料理人です。幸いにも日本人が多く暮らす外国のほとんどの都市で、和食のレストランがあるので、仕事探しもそれほど困ることがなさそうです。

加えてインバウンドブームなので、一旦外国で見習いからはじめて、その後日本に帰国してホテルや旅館で働く事も可能です。外国で飲食業界に携わると、現地の言葉や習慣を覚えるので、より味わい深い人生を送ることになります。

外資系企業、海外就職、グローバル企業に強い転職エージェント

「外資系企業」「海外勤務がある企業」へ転職したい方の中には、どのようなステップで応募すればいいのか悩まれる方も多いと思います。直接、会社のオフィシャルサイトで採用情報を記載されている企業もたくさんありますが、外資系企業や海外勤務のあるグローバル企業へ転職される方の大半は、「転職エージェント」を利用して転職される方がほとんどです。外資系企業・海外勤務のある企業へ転職する際には、それに特化した転職エージェントがあります。

下記のエージェントは外資系・海外就職・グローバル案件の転職案件に強く、サポートもしっかりあるので、今後、「外資系企業」を目指す方は、登録しておさえておきたい転職エージェントになります。できる限り、1社に限定してしまわずに、2〜3社に登録をしてセカンドオピニオンを持たれることをおすすめいたします。

20代・30代の転職・グローバル・海外就職に強いランスタッド

ランスタッドは、1960年にオランダで創業された世界最大級の総合人材サービス会社です。世界39の国と地域に4,700以上の拠点を持ち、50年以上にわたり培ったノウハウと信頼のある転職エージェントです。

日本国内に136拠点あり、20代〜30代第二新卒の転職サポートに実績があります。グローバル企業、海外勤務、外資系企業の取り扱いも多数。相談は全て無料。年収1,000万円以上を目指すハイキャリア転職【現在年収800万円以上の方はこちら】」

ランスタッド公式サイト

サポートが充実の外資系企業に強いJACリクルートメント

JACリクルートメントは、リクルートエージェントに次いで、業界大手、イギリス発の外資系エージェント。非公開、独占求人の紹介, 外資系企業の豊富な情報量, 英語面接対策やレジュメチェックなどのサポートも充実。相談は全て無料。

JACリクルートメント公式サイト

非公開求人数・成功実績No.1のリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、非公開求人数は業界最大級の約10万件。求人の90%は非公開求人 · 転職成功実績No.1 · 年収1000万以上の求人、外資系企業・海外就職・グローバル企業の案件も多数。

日本最大級の求人件数を誇る転職エージェントなので、まずは登録しておきたい転職エージェントです。相談は全て無料。

リクルートエージェント公式サイト

外資系・日系グローバル企業での英語を活かした転職ならロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズは、日本では「グローバル人材」に特化した人材紹介会社。 「英語を活かせる求人」だけを紹介しており、コンサルタントは全員バイリンガルで、満足度93%を誇り、外資系ならではのスピード感をもって選考を進めることができます。

求人は公開求人だけでなく、外資系高収入非公開求人も数千件扱っており、面接アドバイスや履歴書の添削を各コンサルも行います。相談は全て無料。

ロバート・ウォルターズ公式サイト

年収800万円以上のエグゼクティブ求人に強いキャリアカーバー

キャリアカーバー は、年収800万円以上の求人、エグゼクティブ求人・グローバル企業・外資系企業のハイクラス求人が豊富に揃うリクルートが運営するハイクラスの転職エージェントです。

求人は非公開のものが多く会員登録することで、専門のヘッドハンターからスカウトを受け取ることができます。基準として直近の年収650万円以上の方に限定されるため、敷居が高いのが特徴。相談は全て無料。

キャリアカーバー公式サイト

転職者満足度第1位のNo.1のdoda(デューダ)

doda(デューダ)は、転職者満足度第1位のNo.1(電通バスリサーチ調査)。転職のプロ・キャリアアドバイザーが、非公開求人の紹介だけでなく、面接対策やキャリアプランの提示などあなたの転職プランに沿って親身にサポートしてくれます。

面接の指導と転職後のフォローアップも評判が良く、まずは登録しておきたい転職エージェントです。相談は全て無料。

doda(デューダ)公式サイト

外資系アパレル・ラグジュアリーブランド求人に強いクリーデンス

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス は「DODA」が運営しているファッション専門の転職エージェント。外資アパレルブランドやラグジュアリーブランドに特化した案件も強いので、外資系のファッション業界を目指す方にはおすすめの転職エージェントです。

担当コンサルタントと企業ごとに合わせた面接サポートもあるので、外資ブランドを初めて目指す転職者にとって手厚いサポートです。相談は全て無料。

クリーデンス公式サイト

関連記事

  1. 海外でコールセンターとして働くには?海外におけるコールセンターの平均年収や求められる資格や語学力など…

  2. 海外で日本語教師として働くには?日本語教師の平均年収や求められる資格や語学力など就職事情について

  3. 海外で美容師として働くには?海外における美容師の平均年収や求められる資格や語学力など就職事情について…

  4. 海外でツアーガイドとして働くには?海外ツアーガイドの平均年収や求められる資格や語学力など就職事情につ…

  5. 海外で看護師として働くには?海外における看護師の平均年収や求められる資格や語学力など就職事情について…

  6. 海外で保育士・幼稚園教師として働くには?海外における保育士・幼稚園教師の平均年収や求められる資格や語…

  7. 海外で塾講師として働くには?海外における塾講師の平均年収や求められる資格や語学力など就職事情について…

  8. 海外でITエンジニアとして働くには?ITエンジニアの平均年収や求められる資格や語学力など就職事情につ…

  9. 海外で留学エージェントとして働くには?海外における留学エージェントの平均年収や求められる資格や語学力…

最近の記事

転職エージェント

  1. 年収800万円以上のハイスペック・エグゼクティブ求人に強い転職エージェント「キャ…
  2. 女性向け転職案件に実績のある「type転職エージェント」の特徴や評判について
  3. 面接対策や英文レジュメ添削などサポートの評判が高くハイクラス案件に強いJAC R…

転職エージェントランキング

おすすめ記事

PAGE TOP