• 最終更新日: 2020.06.5

  • 中近東

イスラエルで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

1948(昭和23)年5月14日に建国されたイスラエルは、中東に位置する先進国です。一人当たりのGDPは、日本をやや上回る41,644USドルで、世界21位に位置しています。面積は日本の四国と同じぐらいの大きさですが、中東のシリコンバレーと呼ばれ、インテルやマイクロソフトをはじめ、世界的に有名な企業の研究所があります。

ここでは、イスラエルで働くに当たって、知っておくと助かる就労ビザや就職事情と求人についてご説明致します。



イスラエルで働くには?イスラエルの就労ビザについて

有効な日本国籍のパスポートを擁してれば、入国後ビザなしで90日間イスラエルに滞在できます。また、外国人がイスラエルで働くには、労働許可証・労働ビザにイノベーション・ビザやキブツと言われるボランティアビザのいずかれに加え、滞在ビザが必要となります。

ここでは、主にイスラエルの就労ビザについて、以下順を追って、ご説明致します。

イスラエルの就労ビザの種類や期間について

イスラエルの就労ビザに該当するのが労働許可証・労働ビザになります。イスラエル国内最大の空港であるベングリオン空港からの出入国のみとなり、45日間以内の滞在であれば、観光ビザで入国可能で、労働ビザは必要ありません。ここでは、以下さらにかみ砕いてご説明致します。

労働許可証・労働査証

年間45日以上滞在の外国人労働者の場合には、労働許可証と労働査証(B/1タイプ)取得が義務付けられています。労働許可証は事前に、入国前に取得していなければならないと言う定めがあります。

日本の厚生労働省に当るイスラエルの労働省より労働許可の推薦書(Recommendation letter)を入手した後に、内務省にて労働ビザ(B1ビザ)を申請することになります。ビザの有効期間は一般的に1年ごとの更新となり、日本国籍を擁していても通算5年(63カ月)以上の滞在はできないことになっています。

イノベーション・ビザ

イノベーション・ビザが設立された目的は、外国人起業家が国内の産業育成のためにイスラエル企業として、技術プロジェクトを開発できるようにするために作られたものです。最大24カ月間の滞在許可が認められ、イノベーション・ビザの対象期間が満了した後、外国起業家はビジネス活動用のビザを最長5年間申請することができることになっています。

キブツ(ボランティアビザ)

キブツでは人種や国籍を問わず、多くの外国人青年の受け入れを行い、起源は1909(明示42)年まで遡ります。生活の全てが無料で保証され、お小遣い程度の給与が支払われます。中にはタバコを支給されるケースもあり、日本人や韓国人にも昔から人気です。

就労場所はリングやオレンジをはじめとした果樹園・鶏舎・牛舎・食堂・工場・洗濯衣料倉庫・子供の世話などです。日中は現地の人達やキブツ仲間と交流し、休みの日は市街地に行って、映画鑑賞などを楽しみます。

キブツでの滞在日数は、2~12カ月間で、参加対象者は18~35歳となっています。新しいボランティアビザは、以前のキブツ・ボランティアを退去してから12カ月後のみの発行となります。詳細は、キブツプログラムを取り扱っているエージェントに問合せてみましょう。

イスラエルの就労ビザの申請について

労働許可証・労働査証

就労ビザに該当する労働許可証・労働査証取得に当って、年間45日間滞在する外国人労働者の就業可能職種が儲けられています。概要は、以下の通りです。

  • 外国企業の代表者・幹部社員・管理職
  • 外国航空会社、あるいは輸送物流会社の幹部職員
  • 医療機関従事者(エキスパート、およびインターンを含む)
  • 高等教育機関の教師、研究関連の業務に携わっている人
  • 特派員
  • 外国人フォトグラファー
  • 外国人アーティスト
  • 公演や一時期的な業務によって、イスラエル国内に90日間、滞在する外国人ワーカー
  • ダイヤモンド商人

年間45日以内滞在の外国人労働者の場合には、就業可能職種のしばりがそれほど厳しくないと思いますが、入国前に念のためにイスラエル大使館にお問い合わせください。なお、イノベーション・ビザやキブツ(ボランテイアビザ)は、職種が上記に記されているため、以下説明を省略する場合もあります。

イスラエルの就労ビザの申請の難易度

イスラエルの就労ビザに該当する労働許可証・労働査証の申請の難易度が高いとも低いとも今までに、耳にしたことがあります。ただ、イスラエル政府はジャンル毎に承認する外国人労働者の雇用枠を設定していますので、ある程度の注意が必要です。一例では農業分野が2万9,200人、建設業分野が8,000人と設定し、国籍ごとに上限が設けられている場合があります。

外国人エキスパートに支払う月給は、最低でもイスラエル人の平均月給の2倍でなければならないとの定めがあります。2019(令和元)年のイスラエル人の平均月給は、1万634新シェケルです。イスラエルの通貨の新シュケル(ILS)は、2020(令和2)年2月28日現在のレートで32ILSです。1万634ILSは、日本円で約34万円×2倍となると68万円です。

イスラエルの就労ビザの申請に必要な語学力

イスラエルの就労ビザに該当する労働許可証・労働査証の申請に必要な語学力の規定があると、今まで聞いたことがありません。公用語として話されているのはヘブライ語ですが、日常生活では英語を用いることが多いと言えます。

イスラエル人が話す英語は、エコライザーで例えると複数階層の音声が重なりあって聞こえるので、最初はやや戸惑うかもしれません。それでもフレンドリーな国民なので、どんどん会話の機会を設けて、積極的に英語を使いましょう。

キブツ(ボランティアビザ)では、一般的な英会話能力が必要となり、1日6~8時間、週6日間の労働が出来ることが条件に挙げられます。公序良俗に反する行為をする恐れのない人が基本条件となり、犯罪行為が発覚した場合は、即キブツのコミュニティを退去となります。



イスラエルの就職事情と求人について

外務省の調べによると、イスラエルの在留邦人数は、997名です。在日イスラエル人は520名で、主に日本の大都市部に暮らし、格闘家や言語学者など職種は多岐に渡ります。現地に日本人学校はなく、日本の外務省はホームページで、ワルワース・バーバー・アメリカン・インターナショナルスクールを紹介しています。

日本におけるイスラエル系企業

科学技術協力や航空協定が結ばれている日本とイスラエルですが、民間レベルでのビジネスは、今から増えると予測されます。早速、下記にて現在日本に進出しているイスラエル系企業を紹介しています。

そのほかカメラ・ビデオカメラ関連の保護ケースやバッグ、キャリングシステムのメーカーであるイスラエルのエルサレムにデザイン本部を置くカタも日本市場に進出しています。

SABON(サボン)

イスラエルに本社を置く化粧品メーカーのSABON(サボン)と言う会社名は、ポルトガル語やスペイン語由来と説がある日本語のシャボンの音とよく似ています。SABON は、70年以上伝わるオーストラリアの伝統製法によってハンドメイドのソープを作り、2007(平成19)年に日本法人「SABON Japan」が東京都渋谷区に設立されました。北海道から南は沖縄まで日本全国に展開し、ホテルのアメニティグッズとして客室などに提供しています。

アラジンナレッジシステムズ

アラジンナレッジシステムズは、1985(昭和60)年に営業を開始し、ヘッドオフィスがイスラエルのテルアビブに置かれています。ソフトウェアのデジタルなパテントの管理とインターネットセキュリティのためのソリューションを提供する企業であり、日本にも進出しています。日本法人である株式会社アラジンジャパンは、東京八王子にオフィスを構えています。

テバ・ファーマシューティカル・インダストリーズ

世界15位の医薬品メーカーであり、後発医薬品メーカーでは世界最大であるテバ・ファーマシューティカル・インダストリーズは、イスラエルの製薬会社です。1901(明治34)年操業で、世界規模で事業を展開し、連結グループ総従業員数は約4万5千人です。日本でのグループ会社はテバファーマスーティカル、武田テバファーマなど4社であり、これら4社をテバ・ジャパンと総称しています。

イスラエルの現地採用

世界銀行がリリースしたイスラエルのビジネス環境ランキングは世界49位で、近隣国のトルコをやや下回ります。それでもスタートアップの数は、2013(平成25)年の6年間で約三千社増え、今後さらに増加が見込まれます。ここでは、イスラエルの現地採用について、以下簡単にご説明致します。

スタートアップ企業

スタートアップ企業が増えている中で、インターンとして先ずイスラエルで働いてみたいと言う人もいます。日本語のサイトでは現地の求人を見かけないので、以下英語のサイトになりますが、ご参照ください。

在イスラエル日本人会

在イスラエル日本人会のホームページを、以下にて確認してみてください。イスラエル在住の日本人900人が登録している、大きなコミュニティになります。各種イベントへの参加や在イスラエル日本人会の事務局へのお問い合わせなども有効な情報を得る手段の一つになりそうです。

キブツ(ボランティアビザ)

キブツでのボランティと言うのもイスラエルで働く、選択肢の中に十分入るでしょう。現地の人達や同じキブツに参加している外国人と積極的にコミュニケーションを図り、イスラエル国内の就職情報を仕入れてみるのも悪くなさそうです。

イスラエルにある日系企業・駐在員求人

2019年(令和元)年の時点で、イスラエル進出の日系企業は約90拠点に上ると言われています。アメリカとの関係が強化される中で、政治情勢が気になる人は、少なくないでしょう。それでも治安面に関しては、安全であることで、駐在員の人達からは現地の生活を懸念する声があまり聞かれません。

SOMPOホールディングス

SOMPOホールディングスは、世界的に有名な米シリコンバレーで生み出される新技術の多くのエッセンスがイスラエルで開発されているとアナライズしています。世界有数のR&D大国と称賛し、SOMOPOホールディングスのサービスや新事業に向けて、最先端テクノロジーを獲得するための現地法人を立ち上げています。

田辺製薬

2017(平成29)年にアメリカが先進と言われるパーキンソン病など中枢神経系治療薬の研究開発を行うイスラエルのベンチャー企業を、田辺三菱製薬が約1,240億円で買収しました。これらのように、イスラエルの海外駐在員の求人情報を探すには、転職エージェントや転職サイトの活用が最も効果的です。

日本に進出しているイスラエル系企業

SABON(サボン)・アラジンナレッジシステムズ・テバ・ファーマシューティカル・インダストリーズのように、日本に進出しているイスラエル系企業も狙い目です。エキスパートとなると、現在のレートで日本円換算にして68万円以上が保証されます。これだけの月収の確約があると、駐在員並みの待遇かそれ以上と言っても良さそうです。

最後に

1993(平成5)年に日本とイスラエルは、交易の活発化を推進するために、両国間の租税条約に調印しました。その数年後には二国間の科学技術協力協定を締結するだけでなく二国間の航空協定にも調印し、次世代型のサイエンス業界に互いに影響力を世界に与えています。

産学官連携に加え、親日家が多いイスラエルでは、個人的に日本旅行を楽しむ人が少なくありません。

外資系企業、海外就職、グローバル企業に強い転職エージェント

「外資系企業」「海外勤務がある企業」へ転職したい方の中には、どのようなステップで応募すればいいのか悩まれる方も多いと思います。直接、会社のオフィシャルサイトで採用情報を記載されている企業もたくさんありますが、外資系企業や海外勤務のあるグローバル企業へ転職される方の大半は、「転職エージェント」を利用して転職される方がほとんどです。外資系企業・海外勤務のある企業へ転職する際には、それに特化した転職エージェントがあります。

下記のエージェントは外資系・海外就職・グローバル案件の転職案件に強く、サポートもしっかりあるので、今後、「外資系企業」を目指す方は、登録しておさえておきたい転職エージェントになります。できる限り、1社に限定してしまわずに、2〜3社に登録をしてセカンドオピニオンを持たれることをおすすめいたします。

20代・30代の転職・グローバル・海外就職に強いランスタッド

ランスタッドは、1960年にオランダで創業された世界最大級の総合人材サービス会社です。世界39の国と地域に4,700以上の拠点を持ち、50年以上にわたり培ったノウハウと信頼のある転職エージェントです。

日本国内に136拠点あり、20代〜30代第二新卒の転職サポートに実績があります。グローバル企業、海外勤務、外資系企業の取り扱いも多数。相談は全て無料。年収1,000万円以上を目指すハイキャリア転職【現在年収800万円以上の方はこちら】」

ランスタッド公式サイト

サポートが充実の外資系企業に強いJACリクルートメント

JACリクルートメントは、リクルートエージェントに次いで、業界大手、イギリス発の外資系エージェント。非公開、独占求人の紹介, 外資系企業の豊富な情報量, 英語面接対策やレジュメチェックなどのサポートも充実。相談は全て無料。

JACリクルートメント公式サイト

非公開求人数・成功実績No.1のリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、非公開求人数は業界最大級の約10万件。求人の90%は非公開求人 · 転職成功実績No.1 · 年収1000万以上の求人、外資系企業・海外就職・グローバル企業の案件も多数。

日本最大級の求人件数を誇る転職エージェントなので、まずは登録しておきたい転職エージェントです。相談は全て無料。

リクルートエージェント公式サイト

外資系・日系グローバル企業での英語を活かした転職ならロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズは、日本では「グローバル人材」に特化した人材紹介会社。 「英語を活かせる求人」だけを紹介しており、コンサルタントは全員バイリンガルで、満足度93%を誇り、外資系ならではのスピード感をもって選考を進めることができます。

求人は公開求人だけでなく、外資系高収入非公開求人も数千件扱っており、面接アドバイスや履歴書の添削を各コンサルも行います。相談は全て無料。

ロバート・ウォルターズ公式サイト

年収800万円以上のエグゼクティブ求人に強いキャリアカーバー

キャリアカーバー は、年収800万円以上の求人、エグゼクティブ求人・グローバル企業・外資系企業のハイクラス求人が豊富に揃うリクルートが運営するハイクラスの転職エージェントです。

求人は非公開のものが多く会員登録することで、専門のヘッドハンターからスカウトを受け取ることができます。基準として直近の年収650万円以上の方に限定されるため、敷居が高いのが特徴。相談は全て無料。

キャリアカーバー公式サイト

転職者満足度第1位のNo.1のdoda(デューダ)

doda(デューダ)は、転職者満足度第1位のNo.1(電通バスリサーチ調査)。転職のプロ・キャリアアドバイザーが、非公開求人の紹介だけでなく、面接対策やキャリアプランの提示などあなたの転職プランに沿って親身にサポートしてくれます。

面接の指導と転職後のフォローアップも評判が良く、まずは登録しておきたい転職エージェントです。相談は全て無料。

doda(デューダ)公式サイト

外資系アパレル・ラグジュアリーブランド求人に強いクリーデンス

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス は「DODA」が運営しているファッション専門の転職エージェント。外資アパレルブランドやラグジュアリーブランドに特化した案件も強いので、外資系のファッション業界を目指す方にはおすすめの転職エージェントです。

担当コンサルタントと企業ごとに合わせた面接サポートもあるので、外資ブランドを初めて目指す転職者にとって手厚いサポートです。相談は全て無料。

クリーデンス公式サイト

関連記事

  1. エジプトで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

  2. アラブ首長国連邦で働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

  3. イランで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

  4. トルコで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

  5. カタールで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

  6. サウジアラビアで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

最近の記事

転職エージェント

  1. 「ランスタッド」は世界第2位のシェアを誇る海外就職や外資系転職に強い転職エージェ…
  2. 面接対策や英文レジュメ添削などサポートの評判が高くハイクラス案件に強いJAC R…
  3. ロバートウォルターズ「英語を活かした転職」で評判の転職エージェント

転職エージェントランキング

おすすめ記事

PAGE TOP