50代が海外就職するメリットは?海外で働きたい人におすすめの転職求人エージェント

日本経済が一時はアメリカを超えそうになったバブルと言われる時代に青春期を迎えながらも争いごとを好まないのが、日本の50代です。SNS好きでITにも強い人も多く、メディアの影響を大きく受けて、その時代の感覚を読み取るのが上手い世代とも言えそうです。海外就職では、知的好奇心を満たすライフバランスを考えながら自身の技術を世界に還元するような仕事ぶりが、海外での就職事情において、評価の高いところです。

後輩を可愛がる一方で、目上の人にはわきまえた態度で臨むことで、海外の現地法人からしても受け入れやすい世代でもあります。そこで、「50代の海外の就職事情について」実際の成功例を交えながら知っておくと役に立つ情報をご紹介致します。


50代で海外就職・海外転職する理由を考える

1990年代から日本の企業の多くが、海外へ工場をシフトし始め、多かれ少なかれ時代に合わせた人事配置が必要とされました。21世紀に入ると、人員整理にあった日本の工場の責任者クラスの人が、大阪や神戸から上海までの国際航路に乗る姿をちらほら見かけるようになりました。

ほとんどの人が、「給料は日本で働いている時よりやや下がるものの会社までの送迎やアパートメントと言った住居の支給があり、生活自体は中国の方がいい。」と言う意見でした。住居の支給や手当は会社によって幾分異なりますが、同様のケースがタイでも見られ、今ではベトナムで働く50代のエンジニアの人たちが少なくありません。

今後は、カンボジアやミャンマーも日本人の50代の海外就職が増加すると予測されます。海外駐在員や外資系企業での50代の海外就職では、CEOやCFOと言った、最高レベルの地位に就く人も珍しくありません。

50代で海外就職をしたい主な理由で挙げられる中で、特筆すべきは、定年を過ぎたら海外に移住をしたいと言うことです。ご子息が全寮制のボーディングスクールに通い将来永住を見越してからの欧米での就職もあります。

一般的に移住で多いのが、生活環境が良いオーストラリアやニュージーランドと言ったオセアニア地域です。

もしくは、物価が安く暮らしやすいマレーシアやタイなどの東南アジアです。50代での海外就職は、自身の生き甲斐のため或いは家族を思ってのバックグラウンドになることが、大きな理由のようです。

50代の海外就職経験で得るものとは?

50代の海外就職では、外資系企業に就職ともなると、一般的にかなり高い位置のポジションと給料を得ることが出来るでしょう。海外駐在員であれば、同じレベルの人たちと付き合うことで、日本では体験出来ないその国特有の文化に触れることが出来ます。海外の現地採用待遇であれば、今まで培ってきた技術や人脈を活かすことが出来、その後の人生にも繋がります。中には、海外生活に慣れ手応えを感じて、そのまま継続して暮らす人も少なくありません。

50代に海外で働くメリットとデメリット

50代の海外就職の理由で多いのが、定年後に海外で過ごすため、現地を知りたいと言うことです。外国の中には日本より暮らしやすい国も少なくなく、ほんの一部の地域を除き、冬のない東南アジアであれば、荷物の準備もあまり困りません。メリットやデメリットがある中、海外就職をする50代の人たちの数は、20代に次いで多いと言われています。そこで、50代に海外で働くにあたってのメリットとデメリットを、以下まとめてみました。

50代に海外で働くメリット

現在お勤めの会社から海外駐在員としての辞令が下りると、国によっては通貨や物価の関係もありますが、駐在員手当だけではなく、住居や車などが支給されることがあるので、日本以上豊かな生活をすることが出来ます。

それでも50代の海外就職で多いのは現地採用で、早く仕事が見つかる人の特徴で特に多いのが、条件をあまり高く設定していないと言うことです。50代の海外就職は企業にとってもメリットが多く、駐在員手当なしで、現役世代を現地採用待遇で雇用することができれば、企業にとってはリスクも少ないので、採用されやすいという傾向もあります。

50代に海外で働くメリットとしてよく聞かれるのが、定年後の生活に繋がると言うことです。生活に慣れると海外の方が精神的にも健康的な生活を送れると言った意見を、よく聞きます。また、向上心や勉強熱心な人たちが多い国で働くと、教えることによって人の成長を感じ、自分の生き甲斐を感じる事が出来るでしょう。

50代に海外で働くデメリット

50代に海外でやっていけるかどうかの大きなポイントは、外国語能力よりも適度な順応性にあると言えそうです。国が違うと言葉に文化や習慣が違うので、日本のようなきちんとしたタイムスケジュールで動くわけではありません。50代に海外で働く上で、デメリットと感じる人は、日本でやって来たことを、そのままダイレクトに持ち込んでしまいがちです。

味付けや味覚が違うように、その国の料理を楽しむ、もっと知ると言った姿勢の方が、いいかもしれません。当然中には苦手なものもあるので、対人関係も食べものと同じで、業務上避けても問題なければ、時にはスルーしても構わないでしょう。

一部の国を除けば、レスポンスやリアクションは、相対的に打てば響くと言う感じではありません。やる気がないように感じてもよくみるとそんなスタッフをまとめる30代の若い女性が外国ではいるので、ストレスも少なくてすみます。キーパーソンを抑えることで、50代に海外で働く、デメリットを減らすことが出来ます。

50代ともなると、見かけも落ち着いているので信頼感がありますが、外国でも同じように見られます。はじめて行く外国で人懐っこい態度で接してくれる現地の人をみると、ついつい食事をおごってしまう人も中にはいるかもしれません。知り合って間もない人におごって貰うことは、日本でも通常はほとんどないので、気分がいい時こそ、気を付けましょう。

50代が海外で働くには?

50代が海外で働くには、海外赴任・現地採用・海外駐在の3つに大きく分かれています。新たに仕事を探す場合は、転職エージェントの登録か、自身の人脈を辿っての職探しになるのが一般的です。中にはハローワークでも海外就職の求人案件が出ていることもあるので、お見逃しなく。


そこで、50代が海外で働くのに、準備しておくと役に立つ情報を、以下まとめてみました。

50代が海外就職で準備しておくべきこと

50代の海外就職では、商社マンとして、現地採用で働く人たちを見かけることがあります。北米や中国、或いは東南アジアを重点的な市場と見做すなど、商社によって戦略が異なります。中でも1990年代から21世紀に入っても依然中国市場に力を入れている大手商社は、「中国語人材1000人育成プロジェクト」を掲げています。

主に新卒や若年層を対象にした施策と見られがちですが、50代も十分該当します。発音自体は決して容易とは言えませんが、何せ日本と同じ漢字で、儒教文化が残っているので、年上の発言には耳を傾けてくれる傾向が強いです。中国語を少しかじった人であれば、本格的に勉強をしてみるのもいいかもしれません。

また、技術面は工業系だけでなくサービス業分野でも日本の技術やおもてなしに興味を持っている外国人が少なくは、ありません。言わば西郷隆盛が居た頃の薩摩藩のように、人に教えることで自身の修行にもなり得を積む、教学相長の心を持って外国で働くのも悪くはありません。

ただ、日本の何が好きなのかは、外国によってかなり違い、学習の密度の濃さや薄さも異なります。中国やベトナムのようなエネルギッシュな国民は、吸収したいモノが多く、一般的な東南アジアでは、あっさりとした関係が望ましいです。

海外就職で準備しておくべきことは、やはり言葉になります。転職エージェントや求人サイトで内容を確認して、必要とされる言語のレベルをチェックしてみましょう。技術職関連で、国や会社によっては、日本語の通訳が付く場合もあります。どうしても働きたい国があるのでしたら、現地でアパートメントを借りて、語学学校へ通うのも一つの選択肢です。外国では日本と違って語学学校の受講者の年齢層は、幅が広いので、安心です。

50代の海外赴任について

50代の海外赴任は、行政関連の出向・海外駐在員・外資系企業での現地へ赴任などになります。行政も国レベルの出向になり、赴任先の政治事情をきちんと把握しておく必要があります。

JICAのシニア ボランティアは40~69歳が対象で、長期派遣となると、ほとんどの場合2年ほどの滞在になります。日本語教師が職種としては人気ですが、工業系や農業の技術だけでなく、スポーツを教える仕事もあります。気になる求められる英語のレベルでは、職種にも依りますが、一般的にそんなに高いとは思えません。募集で採用されるとなると、何より健康が一番なので、日頃から健康には気をつけて体力を付けておきましょう。

50代に海外で働くにあたって、海外赴任だけでなくいろんなカテゴリーの人たちが、タイやマレーシアで、不動産購入を考えたりします。職場こそ違うものの子どもが現地で一緒に働く、或いはシンガポールなどで留学や就職することもあります。そこで、日本の家やマンションと言った不動産を売却するのは、ある程度先がしっかり見えてからの方がいいでしょう。

50代の現地採用について

現地採用で工場長出身やエンジニアともなると、50代どころか70代まで海外就職が可能です。給料は30代や40代とそれほど変わりませんが、何せ技術者となると一般職より月収のベースが高いです。きれいなホテルやサービスアパートメントを用意して貰えることもありますが、会社によって全く異なります。

30~40代と違う点は、待遇面だけでなく経営者や管理職の人たちの接し方が違います。前職と現職の会社の親密度や自身の業界での知名度によっては、中には昼ご飯が、日本食の出前やまかない付きと言うのもあります。

現在の中国はエンジニアや工場の製造責任者だけでなく、営業職やサービス業で活躍した40~50代の日本人を欲しがっている会社が多くあります。日本のハイレベルな技術には追い付けなくても工業国として中国は知られ、今後はサービス業の底上げを考えていると言っても良さそうです。

東南アジア全体でも幅広い職種や業種で求人が出ていて、高い給料や働きたいエリアをそこまで強く望まなければ、比較的早く仕事が見つかるでしょう。

50代の海外駐在について

一般的に海外駐在員は現地法の社長や部長、工場長クラスといったハイレベルのポジションになります。ベンチャー企業での50代での海外駐在員はそれほど多くないので、歴史のある会社になります。一般的な目安と同じなので、ほとんどの場合が、全額なのか一部なのか会社によって異なりますが、住宅手当の支給があります。

工業団地勤務であれば確実ですが、会社によっては、近距離でも現地法人の社長クラスになると、運転手付きの送迎がある場合が多いです。職種や会社によっては英語など外国語の習得が随意のところもありますが、前もって少しでも学習をしておくと、現地の生活の楽しさが違ってきます。

海外転職エージェントの利用

転職エージェントの利用では、お蔵入りしている自分の経歴をピックアップしてみるのもいいでしょう。中小企業でも会社の規模が比較的大きければ、総務や経理部門で、働いていた事があるひともいると思います。管理部門での経験があると言うことは、人事面や経理関連に明るいだけではなく、性格的にきちんとした人だと一般的に見なされます。

自身としては思いがけない意外な経歴が、目を引くことがあります。随分と時間が経っていれば経理や人事に直接関わることが多くはないにしても、採用面で有利に働くことも少なくありません。

日本人利用客が多い海外のゴルフ場の支配人やマネージャーをはじめ、人間としての大らかさが滲み出ている50代だからこそ必要とされるポジションの仕事があります。輸送機器や外国の穀物の取引に詳しく、スコアこそ求められないもののTOEICで700点以上あれば、その道に長けたセールス・マーケティングの職を得ることが出来そうです。特に商社では同僚や気の合うお得意様を懐かしむ人が少ないわけではなく、今まで培ってきた人脈を整理してみるのもいいでしょう。

そんな中でも50代の海外就職で最も効果的なのが、転職エージェントの利用で、評判や口コミを参照しながら自分に合ったところに登録をしてみてください。


50代で海外就職に挑戦しよう!

新興国の発展に協力したい、そう思う50代の人たちが少なくないのは、潜在的な理由から来るモノだと感じます。経済の成長スピードが自身の青春時代やサラリーマン勤めのはじめの頃の日本と良く似ていて、懐かしく感じながらもエネルギーに変えることが出来ます。

欧米や東南アジアをはじめ現地で働く日本人の多くが、実際の年齢よりわかく見えるのは、気になるところです。50代で海外就職にチャレンジして、まだまだいろんな事を吸収したいと考えている人も少なくありません。

グローバル時代に向けて

かつての海外移住はアメリカが多く、文化的なモノに興味がある人がヨーロッパと言った感じでした。近年の移住先ランキングの常に上位に位置するのが、オーストラリア・マレーシア・タイで、住みやすさや食べものの美味しさとなると台湾も入ると言われています。

グローバル時代は進化を続け、今では50代で働きながらやがて本格的な移住と結び付ける人も少なくありません。日本食レストランの看板や日本語のフリーペーパーも世界のいろんなところで見かけ、以前と比べても随分と外国生活が便利になりました。

より良い充実した外国生活を楽しむには、英語か現地の言葉を覚えることでしょう。自身の価値観を拡がると同時に、軽快なエッセンスを取り入れた、ライフスタイルを好む女性も今後増えていくと予測されます。

50代女性が海外就職で活躍する時代

日本人の50代女性の特徴で挙げられるのが、コミュニケーション能力の高さと言われています。外国でも日系だけでなく現地の会社も安心感があるので、受け入れられやすくなります。また、50代の女性で英語をはじめ外国語が流暢な人は、一般的に文化的な趣味を持ち教養が高い社交性に富んでいるタイプが多いです。

一方で仲間思いの人たちも多くいて、50代女性が海外就職するフィールドは、企業の経営者や幹部として活躍、或いはアパレル関連のショップに料理教室やレストランなどを経営するなど多岐に渡ります。

教えることを生き甲斐として日本語教師として頑張り、若い人たちの将来設計において、大きな役割を果たしている人も多いです。50代は人との繋がりを大切にしている世代であり、まして女性であれば、職場や地元の人から慕われることも少なくありません。

転職エージェントや転職サイトの中でも、それぞれ得意な分野があります。中でも50代女性の転職に強いところが幾つかあるのでお見逃しなく。


最後に

50代の人たちがまだ子どもの頃は昔遊びをしていた時代でもあり、それほど便利ではなかった時期も経験しています。学生時代から社会人に入ると急激な時代変化の中での成長を肌で感じていることもあり、いろんな国で対応出来ると言っても良さそうです。何せ社会人経験や人生経験が上積みされているので、場面に応じた行動が出来るでしょう。

かつての外国と言えば、一部の限られた人が多く、海外就職ともなると情報をいろんなところからかき集めたものです。今ではそれが身近な存在となってきて、日本で働きなら海外での就職活動が出来る時代になりました。人脈を整理しながら転職エージェントを活用するのが最も効果的と言われているので、自分に合ったところを見つけて先ずは登録をしてみてください。

外資系企業、海外就職、グローバル企業に強い転職エージェント

「外資系企業」「海外勤務がある企業」へ転職したい方の中には、どのようなステップで応募すればいいのか悩まれる方も多いと思います。直接、会社のオフィシャルサイトで採用情報を記載されている企業もたくさんありますが、外資系企業や海外勤務のあるグローバル企業へ転職される方の大半は、「転職エージェント」を利用して転職される方がほとんどです。外資系企業・海外勤務のある企業へ転職する際には、それに特化した転職エージェントがあります。

20代・30代の転職・グローバル・海外就職に強いランスタッド

ランスタッドは、1960年にオランダで創業された世界最大級の総合人材サービス会社です。世界39の国と地域に4,700以上の拠点を持ち、50年以上にわたり培ったノウハウと信頼のある転職エージェントです。

日本国内に136拠点あり、20代〜30代第二新卒の転職サポートに実績があります。グローバル企業、海外勤務、外資系企業の取り扱いも多数。相談は全て無料。

ランスタッド公式サイト

非公開求人数・成功実績No.1のリクルートエージェント

リクルートエージェントは、非公開求人数は業界最大級の約10万件。求人の90%は非公開求人 · 転職成功実績No.1 · 年収1000万以上の求人、外資系企業・海外就職・グローバル企業の案件も多数。

日本最大級の求人件数を誇る転職エージェントなので、まずは登録しておきたい転職エージェントです。相談は全て無料。

リクルートエージェント公式サイト

外資系アパレル・ラグジュアリーブランド求人に強いクリーデンス

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス は「DODA」が運営しているファッション専門の転職エージェント。外資アパレルブランドやラグジュアリーブランドに特化した案件も強いので、外資系のファッション業界を目指す方にはおすすめの転職エージェントです。

担当コンサルタントと企業ごとに合わせた面接サポートもあるので、外資ブランドを初めて目指す転職者にとって手厚いサポートです。相談は全て無料。

クリーデンス公式サイト

サポートが充実の外資系企業に強いJACリクルートメント

JACリクルートメントは、リクルートエージェントに次いで、業界大手、イギリス発の外資系エージェント。非公開、独占求人の紹介, 外資系企業の豊富な情報量, 英語面接対策やレジュメチェックなどのサポートも充実。相談は全て無料。

JAC Recruitment 公式サイト

外資系・日系グローバル企業での英語を活かした転職ならロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズは、日本では「グローバル人材」に特化した人材紹介会社。 「英語を活かせる求人」だけを紹介しており、コンサルタントは全員バイリンガルで、満足度93%を誇り、外資系ならではのスピード感をもって選考を進めることができます。

求人は公開求人だけでなく、外資系高収入非公開求人も数千件扱っており、面接アドバイスや履歴書の添削を各コンサルも行います。相談は全て無料。

ロバート・ウォルターズ公式サイト

年収800万円以上のエグゼクティブ求人に強いキャリアカーバー

キャリアカーバー は、年収800万円以上の求人、エグゼクティブ求人・グローバル企業・外資系企業のハイクラス求人が豊富に揃うリクルートが運営するハイクラスの転職エージェントです。

求人は非公開のものが多く会員登録することで、専門のヘッドハンターからスカウトを受け取ることができます。基準として直近の年収650万円以上の方に限定されるため、敷居が高いのが特徴。相談は全て無料。

キャリアカーバー公式サイト



上記は外資系・海外就職・グローバル案件の転職案件に強く、サポートもしっかりあるので、今後、「外資系企業」を目指す方は、登録しておさえておきたい転職エージェントになります。できる限り、1社に限定してしまわずに、2〜3社に登録をしてセカンドオピニオンを持たれることをおすすめいたします。

関連記事

  1. 韓国で日本語教師として海外就職へ!韓国で働く女性の海外就職体験談!

  2. アメリカの就労ビザ取得には学歴や英語力が必要?高卒はOK?

  3. 海外駐在や海外赴任のチャンスを掴むには?語学力以外に求められる能力とは?

  4. アパレル就職体験談アンケート!給料が安くて将来が不安・・・転職を考える販売員の声

  5. 40代が海外就職するメリットは?海外で働きたい人におすすめの転職求人エージェント

  6. タイの現地採用で失敗したと感じた事|タイで働く現地採用体験ブログ vol.5

  7. 海外就職で大失敗!?海外就職経験者10人が語る海外での失敗談とは?

  8. 海外の勤務で感じた海外就職のメリット体験談!将来に繋がる決断を!

  9. 未経験からタイの現地採用で海外就職!タイでの求人探しや面接体験談!

最近の記事

おすすめ記事

  1. 恥をかかない効果的な英文メールの書き方や注意点について
  2. 転職回数が多いのは不利?外資系企業への転職を成功させるコツ
  3. LinkedInとは?ビジネスSNSを利用して外資系企業に転職成功
  4. 英語ができない場合は外資系転職や海外就職は無理?狙い目の職種について
  5. 女性の外資系企業への転職に年齢や経験は関係ある?
  6. 40代で外資系企業に転職できる?40代が気になる外資系転職事情

人気記事

PAGE TOP