婚期を逃しても海外駐在を選んだ理由とは?ベルギー駐在で気づいたワークライフバランス

海外就職を考えられている方にとって、すでに海外就職・海外移住された方の体験談は非常に貴重なものです。今回は、ベルギーに駐在員として勤務しているる30代女性の方に、海外就職体験談を語っていただきました。




海外就職前の年収と海外就職後の年収は?

430万円から550万円に年収アップしました。

 海外に渡航するまでの日本においての経歴(仕事、経験、学歴など)を教えてください。

常に英語を使うような海外支店とよくやりとりをする運輸系に9年間勤めており、スーパーバイザーの社内資格まで取得し、一通りの業務は全てできるような状態でした。また、インストラクターの資格も複数取得していたため、海外駐在は、海外現地スタッフの教育も兼ねて派遣されたようなかたちです。

学生の頃には1年間アメリカのウィスコンシン州に留学経験があり、ビジネスレベルまでの英語を習得しています。スペイン語も日常会話レベルです。

海外就職のきっかけと、海外での仕事内容を教えて下さい。

社内公募で海外での駐在が募集されていたため自ら応募し、内示を頂きました。元々、現在の企業に就職したきっかけは海外で働きたいという願望があった為、海外支店が多くあり、若い頃からチャンスのいただけるこの企業に就職し、そのために経験を積んできました。

海外基地では主に空港接客業務と総務業務を担当し、営業も少しやらせていただきました。ベルギーの公用語がオランダ語とフランス語とドイツ語になりますので、言語の壁を感じる場面は多かったですが、基本的に現地社員とは英語で全てやりとりしていました。



海外で働いて良かったと思うことを具体的に教えてください。

日本の労働環境と比較できたことです。同じ業務内容でも日本でのやり方と海外でのやり方は全く違い、海外のほうがメリハリをつけて休むときは休むイメージでした。

日本での業務は細か過ぎる部分がおおく、全てにおいてやり過ぎだなと感じました。また、ミスに対して海外ではみんな寛容で、消費者よりもworker主体であるためだと思います。そして、労働者は強い法律で守られていますので残業は本人同意でなければ一才させることができません。

日本も海外の働き方を真似れば過労死やストレスも軽減するかと思います。

海外で働いて後悔したと思うことを具体的に教えてください。

完全に私的なことですが、婚期が遅れました。やはり女性は結婚、出産において年齢を気にすることが多いと思いますが、まさに20代後半での海外渡航であったため、仕事にうちこむ私に比べて結婚していく友人をみて少し焦った覚えがあります。

その他に後悔したことは、現地スタッフに対して日本のやり方で通そうとしたことです。現地には現地のスタイルがありますので、おしつけるのではなく、宗教や法律や国民性などを加味して、最適な方法をみつけるべきでした。

海外で就職を考えている方にアドバイスをお願いします

日本の働き方があっている(きっちり細かく働く、上下関係もしっかりしている)かたには、少し合わない気がします。緩く、メリハリをつけて「人生を豊かにするために働く」意識で、プライベート重視の方には向いてるのではないかと思います(国にもよるかと思いますが)。

ワークライフバランスがとても取りやすいので、私は断然、海外就職がおすすめです。ご両親や友人や慣れ親しんだ日本を離れるのに不安はあると思いますが、住めば都、なにも問題ありません。

外資系企業、海外就職、グローバル企業に強い転職エージェント

「外資系企業」「海外勤務がある企業」へ転職したい方の中には、どのようなステップで応募すればいいのか悩まれる方も多いと思います。直接、会社のオフィシャルサイトで採用情報を記載されている企業もたくさんありますが、外資系企業や海外勤務のあるグローバル企業へ転職される方の大半は、「転職エージェント」を利用して転職される方がほとんどです。外資系企業・海外勤務のある企業へ転職する際には、それに特化した転職エージェントがあります。

転職エージェントに登録して海外求人・海外勤務案件をチェック

上記のエージェントは外資系・海外就職・グローバル案件の転職案件に強く、サポートもしっかりあるので、今後、「外資系企業」を目指す方は、登録しておさえておきたい転職エージェントになります。できる限り、1社に限定してしまわずに、2〜3社に登録をしてセカンドオピニオンを持たれることをおすすめいたします。

1分で簡単登録・非公開求人多数のヘイズジャパン

Hays Japan 転職エージェント

ヘイズジャパンは、日系企業以外にも転職の人気が高い「外資系企業」と「日系グローバル企業」を得意とする転職エージェントです。

国内では、東京本社、大阪支店、横浜支店、海外には33カ国と地域、256 の拠点を持ち、求人者が求める様々な働き方に応じて求人を紹介しています。1分で簡単登録・非公開求人多数なので、まずはエージェント登録をおすすめ致します。

ヘイズジャパン公式サイト

Web面談可能、20代〜50代の外資系&グローバル転職ならエンワールド

外資系・グローバル転職【エンワールド】

エンワールドは、多国籍企業と国際的な視点を持つグローバルな人材をつなぐ、日本でトップクラスの外資系・グローバル転職の人材紹介会社です。

Web面談も可能で、相談は全て無料。20代〜50代の転職支援を積極的に行なっているので、転職初心者からハイクラス案件を求めている方におすすめです。

エンワールド公式サイト

非公開求人数・成功実績No.1のリクルートエージェント

リクルートエージェントは、非公開求人数は業界最大級の約10万件。求人の90%は非公開求人 · 転職成功実績No.1 · 年収1000万以上の求人、外資系企業・海外就職・グローバル企業の案件も多数。

日本最大級の求人件数を誇る転職エージェントなので、まずは登録しておきたい転職エージェントです。相談は全て無料。

リクルートエージェント公式サイト

20代・30代の転職・グローバル・海外就職に強いランスタッド

ランスタッドは、1960年にオランダで創業された世界最大級の総合人材サービス会社です。世界39の国と地域に4,700以上の拠点を持ち、50年以上にわたり培ったノウハウと信頼のある転職エージェントです。

日本国内に136拠点あり、20代〜30代第二新卒の転職サポートに実績があります。グローバル企業、海外勤務、外資系企業の取り扱いも多数。相談は全て無料。ハイキャリアだけでなく、年収400万円〜の求人も多数。エージェント登録前に履歴書や職務経歴書などを用意して、エージェント登録後は履歴書の登録をすることで、迅速に案件を紹介してもらえるようにしておきましょう。「ランスタッド【現在年収800万円以上の方限定はこちら】」

ランスタッド公式サイト

サポートが充実の外資系企業に強いJACリクルートメント

JACリクルートメントは、リクルートエージェントに次いで、業界大手、イギリス発の外資系エージェント。非公開、独占求人の紹介, 外資系企業の豊富な情報量, 英語面接対策やレジュメチェックなどのサポートも充実。相談は全て無料。

JACリクルートメント公式サイト

外資系・日系グローバル企業での英語を活かした転職ならロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズは、日本では「グローバル人材」に特化した人材紹介会社。 「英語を活かせる求人」だけを紹介しており、コンサルタントは全員バイリンガルで、満足度93%を誇り、外資系ならではのスピード感をもって選考を進めることができます。

求人は公開求人だけでなく、外資系高収入非公開求人も数千件扱っており、面接アドバイスや履歴書の添削を各コンサルも行います。相談は全て無料。

ロバート・ウォルターズ公式サイト

年収800万円以上のエグゼクティブ求人に強いキャリアカーバー

キャリアカーバー は、年収800万円以上の求人、エグゼクティブ求人・グローバル企業・外資系企業のハイクラス求人が豊富に揃うリクルートが運営するハイクラスの転職エージェントです。

求人は非公開のものが多く会員登録することで、専門のヘッドハンターからスカウトを受け取ることができます。基準として直近の年収650万円以上の方に限定されるため、敷居が高いのが特徴。相談は全て無料。

キャリアカーバー公式サイト

転職者満足度第1位のNo.1のdoda(デューダ)

doda(デューダ)は、転職者満足度第1位のNo.1(電通バスリサーチ調査)。転職のプロ・キャリアアドバイザーが、非公開求人の紹介だけでなく、面接対策やキャリアプランの提示などあなたの転職プランに沿って親身にサポートしてくれます。

面接の指導と転職後のフォローアップも評判が良く、まずは登録しておきたい転職エージェントです。相談は全て無料。

doda(デューダ)公式サイト

外資系アパレル・ラグジュアリーブランド求人に強いクリーデンス

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス は「DODA」が運営しているファッション専門の転職エージェント。外資アパレルブランドやラグジュアリーブランドに特化した案件も強いので、外資系のファッション業界を目指す方にはおすすめの転職エージェントです。

担当コンサルタントと企業ごとに合わせた面接サポートもあるので、外資ブランドを初めて目指す転職者にとって手厚いサポートです。相談は全て無料。

クリーデンス公式サイト

関連記事

  1. 【アメリカ・カリフォルニア海外就職体験談】大学院博士課程を経てポスドクへ(30代女性・研究員)

  2. 【オーストラリア・シドニー海外就職体験談】現地大学院の卒業生ビザでインターン入社(30代女性・Web…

  3. システムエンジニアからフランスへ移住、日系企業で秘書を兼ねた通訳翻訳で活躍(50代女性・秘書)

  4. アメリカの就労ビザ取得には学歴や英語力が必要?高卒はOK?

  5. 海外就職のきっかけは?フリーランスからインドネシアの現地社員になった体験談(30代男性・事務)

  6. 【カナダ海外就職体験談】ワーホリを経て飲食店の正社員へ(30代女性・レストラン勤務)

  7. 30代が海外で働くには何が必要?30代が海外で働くために準備しておくべきこと

  8. 【インドネシア海外就職体験談】グローバルに通用する人材になるために(40代男性・エンジニア)

  9. 外資系転職体験談!外資系は女性でも働きやすいメリハリのある環境

最近の記事

転職エージェント

  1. ロバートウォルターズ「英語を活かした転職」で評判の転職エージェント
  2. 「外資系企業」「日系グローバル企業」など語学力を活かす転職ならアージスジャパン
  3. 「ランスタッド」は世界第2位のシェアを誇る海外就職や外資系転職に強い転職エージェ…
リクルートエージェント

転職エージェント

人気記事

PAGE TOP