海外求人はある?海外就職未経験者10人が海外で働きたい理由や職種は?

海外就職を目指している方の中には、海外で働いた経験もなければ語学力もなく、日本での勤務経験が少ない、または全くないという方も多いのではないでしょうか?

今回は、10代から50代の男女10名の「海外で働きたい」と思っている海外就職未経験者の方に、どの国で何がしたいのかという思いを語っていただきました。果たしてみなさんの海外で働く夢は叶うのでしょうか!?



インドで営業職(20代・男性)

語学力について:日常会話レベル(英検2級・TOEIC600)

ずっと日本国内で働いてきて、かつ今日本の田舎で働いているので、閉塞感を感じました。人口減少が進んでおり、かつ少子高齢化が進んでいる日本でこれ以上働いてもキャリアの出口が見えないと感じたので、海外転職をしてみようと思っています。

しかし、ただ海外に出るだけでは意味がないので、働いた国としての希少価値の大きな国で働いてみたいと思い、国を選定してみたところ、東南アジアや香港、シンガポールはもう日本人が行っても大差ない市場であるので、もっと南西エリアの国で働いてみたいと思っています。

特に、インドやベトナムなら日本人もまだ少なく、そして国としての成長潜在性も高く、インドは生産年齢人口の実に半数以上が20代であり、これからの市場性が高く見込めると思っています。さらにインドの場合、優秀なIT人材が多数いることから国としての優秀レベルも高く、自分の成長に寄与することが多いと感じたので、いつかはインドで働いてみたいと希望しています。

タイで貿易関連(30代・男性)

語学力について:TOEIC 750程度

タイは、昔から日本と交流があったことで、日本人そして日本にとても親密な国です。タイを訪れた際に、日本人の多さそして何より日本食に関するお店がたくさんあったことにととも驚きを感じました。

日本とタイの架け橋になれるような仕事をしたいと思ったのは、それ以来ずっと心に秘めています。私は、不動産関係を仕事としており、貿易の仕事は経験がありませんが、今、タイの不動産が急騰していることは把握しています。

タイはインドネシア・マレーシア・ベトナムとともに今後、飛躍的な成長が見込める国です。その際、日本食の需要もたくさんあるでしょう。何より、日本に親密な国であるので、ビジネスがしやすいという点も非常に魅力的だと思います。

日本には外国にはない魅力的な食材がたくさんあります。また、タイは熱帯のため、栽培できる野菜等が限られます。日本の高品質で価値のある食材をタイの人に知ってもらい、本物の日本を感じてほしいと思っています。

中国で貿易関連(30代・女性)

語学力について:英検2級

もともと私はアパレル系の貿易関連の仕事をしていたこともあり、韓国や中国の取引先の方々とのやりとりが頻繁にありました。たくさん中国人の知り合いもいます。

貿易の仕事は奥が深く、やってみると問題も多いのですがやりがいも感じれる仕事だと、年々感じれるようになりました。中国に進出している日本海企業もたくさんありますし、中国は今ものすごく成長している国の一つなので、さまざまな問題はあることだと思いますが、一度は住んで自分のキャリアを積んでみたいなぁと魅力を感じています。

私自身、中国語はまだ本格的には学んでいませんが、簡単な中国語は学んでいます。中国ではまだ可能性を秘めている、日本にあるような企業もまだたくさんあると思います。そういう可能性にかけて挑戦してみる機会がこの先有ればいいのにと思っています。ある程度中国人の特徴や対応の仕方が分かるので、知らない国よりは私にとって身近な国なので、挑戦しやすいかなぁと感じています。

ベトナムで営業(30代・男性)

語学力について:英検準1級

東南アジアの中でこれからますます発展していくことは間違いない国の一つだとみています。その中でも中国や韓国みたいに反日の国ではなく、太平洋戦争でもかなりの被害を与えたにも関わらず、日本に対して、とても好意的な国です。

自分は日本ではモバイルを使った業務効率の改善や新たなシステム構築を支援しておりました。自分の今までに培った知識と能力を活かして、ベトナムという国を発展させていきたいと考えています。

その知識を活かして、ベトナムのモバイル環境の改善と発展をさせていきたいと考えています。ベトナムのモバイルは通話メインでの利用が多く、日本みたいにスマートフォンが普及していません。やはり、日本のスマートフォン(iphoneではなく、android)はこれからのベトナムのモバイル環境変化をもたらすよいツールになると考えます。外出先から仕事用のメールをするのはもちろんだが、勤怠管理やシステムのオンオフなどをベトナムでも普及させたい。

ベトナムでコールセンター(20代・女性)

語学力について:TOEIC680

知り合いも何人かベトナムで働いていますが、色んなことにチャレンジしやすいので、何か新しいことを始めたいと思っている人や、これを機に挑戦してみたい仕事がある人にはとても良い国だと聞いています。

今までに三度ほど観光でベトナムを訪れていますが、国民の平均年齢がとても若く、経済的にも成長しているという、エネルギッシュな印象を受けました。今まで日本の企業でしか働いたことがありませんが、これを機に新たな環境と違う文化の中で働くことは、とても良いチャンスなのではないかと考えています。

その中でもコールセンターでの仕事が始めやすいと思い、転職エージェントなどを利用して探しているところです。現地の言葉だけではなく、駐在している外国人も多いようなので、英語などの語学力を高められそうなところも魅力的です。



シンガポールで金融関係(20代・女性)

語学力について:英検2級

私の母はシンガポール出身なので、私自身はある程度の英会話をすることができます。私が海外就職を希望する理由は、私が母と日常の英会話が出来ても、私が小さい頃から今まで学んで来た学問としての英語と、その実力が現在のグローバル社会の中でどこまで通用するのかをはっきり知りたいと思ったからです。

また私が海外就職を希望するにあたって、この国を選んだ理由は2つあります。1つ目は、自分なりに大学の教授や、参考文献、インターネットを通して調べてみた結果、アジアの中でも近年になって急激な経済成長を遂げているシンガポールでの経済市場にとても興味を持つようになったことです。

大学で経済学について専攻して勉強している私にとって非常に興味深い国でした。そして2つ目は、母の故郷であるシンガポールで、ぜひ挑戦したいと思ったからです。何度か足を運んだことのある国でもあるので、初めての海外就職として思い入れの深いものになると考えました。

アメリカで設備工事関連(40代・男性)

語学力について:全くできない

アメリカのハワイでは、他国の方は沢山いるのですが、日本人の空調設備を携わる人が少なく、約束の時間は守らない、自己主張が強く、相手をお客様として対応しない人が多いみたいです。

工事自体がズサンらしく、良く整備不備が起きるらしいです。ハワイの様に暑い地域で観光地多くの旅行者が利用場所では急ぎ対応を望まれるのに、ズサンな会社が多いとの事で、日本製空調機器と設備工事ができる日本人人材と重宝されるとのことで、お客様の事を考え対応するので真面目さが信頼へ繋がっているとの事です。

ただ、日本人が作業するのが重宝されているのですが人数に限りがあるので中々、日本人を信頼して尋ねて貰っても対応しきれずお断りする事があるらしく、その事態は、お互いにとって勿体無い事だと思いました。

私がハワイに行って行うのは他の日本人の方と同じかもしれませんが、日本で培った技術と経験、お客様への対応を現地の人を使って教えながら進めたいと考えてます。将来的には、仕事を通して弟子の暖簾分けみたいな感じで成長できたらと思っています。

アメリカでメジャーリーガー(10代・男性)

語学力:英検3級

私は野球が大好きで小学生の頃からしていました。小学生の頃から毎日の素振りと柔軟体操だけは欠かさずやってきました。その効果もあり、小学生の頃には私の地区で打率王になることもできました。

そして、中学生になると奈良県にある強豪チームに入りました。やはり強豪というだけあって私より上手い人ばかりでした。しかし、私は毎日1000回の素振りをかかさずにやることにより格上のチームメイトからスタメンを奪い取ることに成功しました。そのときはとても嬉しかったです。

そして、今は大学生となりましたが野球を続けています。このような努力すればいつかは報われることを学びました。だからさらに努力して私は野球の最高峰と私が考えるメジャーリーガーになろうと決意しました。不器用な私ですが努力の量だけは誰にもまけないようにこれからも頑張っていきたいと思います。そのために今の大学野球ではそれなりの成績をだし、メジャーにいくことを馬鹿にされない実力をつけたいと思います。

マレーシアでITエンジニア(50代・男性)

語学力について:7カ月間海外語学留学

東南アジアでもITエンジニアが不足していることを知り、東南アジアの中でも、英語圏で働ける国でチャレンジしてみたいと思っていました。

英語圏といってもどこがよいのか迷いました。インターネットで検索しましたが具体的な国を決められずにいました。留学セミナーなどに行き、エージェントと話していく中で出てきたのがマレーシア、またはフィリピンでした。中でも、マレーシアは多民族で英語、マレーシア語、中国語と使われていることもあり、ここだと思い、まずは語学留学することにしました。

マレーシアでは、衣食住について現地に住んでみないと分からない事もありましたが、マレーシアの英語留学で、現地の暮らしに触れてみて生活するにはどうすればやっていけるかも実体験出来ました。

物価が安く、日本ほど便利ではありませんが、生活するには十分だと思いました。気候は年中暖かく、地震もなく、条件としては問題ありませんし、ストレスを感じさせない環境でした。だから、こんな環境のマレーシアで働いてみたいと思いました。

オーストラリアでカフェスタッフ(20代・女性)

語学力:英会話初心者

オーストラリアに興味を持ち始めたのは、家族で行った海外旅行のことでした。その中でも、ツアーではなく個人でふと立ち寄った個人経営のカフェのサービスがとても良く、コーヒーを何杯でも入れてくれたり、さらには日本人の私たちに対してカタコトの日本語で話してくれたりしました。

きっかけこそ単純ですが、初めての海外旅行で得た経験が忘れられず、海外で働きたいという思いが強くなり始めました。最初はワーキングホリデーから将来的にはオーストラリアで働けるように英語教室に通って英語を習得中です。



日本で海外求人案件を見つけるという選択肢

海外就職にチャレンジしたい!という思いがあれば、英語力や現地の語学力がなくても現地で働くことは可能です。しかしながら、必ずしも希望通りの業種や職種で働ける訳ではありません。

現地での情報収集、現地の求人掲示板や、または海外就職に強いエージェントに登録することが海外就職に近くための一つの手段になりますが、最近では無料で登録できる転職エージェントを利用する方法が海外就職を目指す方にとって主流となってきています。20代・30代の海外就職に強いオランダ発のランスタッド、国内では非公開案件No1の リクルートエージェントを利用してみてはいかがでしょうか?

経験の浅い20代・30代の方から、キャリアアップを目指したい方まで、海外で就職先を見つけるのが不安という方は、日本で海外就職先を見つけることをおすすめ致します。

外資系企業、海外就職、グローバル企業に強い転職エージェント

「外資系企業」「海外勤務がある企業」へ転職したい方の中には、どのようなステップで応募すればいいのか悩まれる方も多いと思います。直接、会社のオフィシャルサイトで採用情報を記載されている企業もたくさんありますが、外資系企業や海外勤務のあるグローバル企業へ転職される方の大半は、「転職エージェント」を利用して転職される方がほとんどです。外資系企業・海外勤務のある企業へ転職する際には、それに特化した転職エージェントがあります。

20代・30代の転職・グローバル・海外就職に強いランスタッド

ランスタッドは、1960年にオランダで創業された世界最大級の総合人材サービス会社です。世界39の国と地域に4,700以上の拠点を持ち、50年以上にわたり培ったノウハウと信頼のある転職エージェントです。

日本国内に136拠点あり、20代〜30代第二新卒の転職サポートに実績があります。グローバル企業、海外勤務、外資系企業の取り扱いも多数。相談は全て無料。

ランスタッド公式サイト

非公開求人数・成功実績No.1のリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、非公開求人数は業界最大級の約10万件。求人の90%は非公開求人 · 転職成功実績No.1 · 年収1000万以上の求人、外資系企業・海外就職・グローバル企業の案件も多数。

日本最大級の求人件数を誇る転職エージェントなので、まずは登録しておきたい転職エージェントです。相談は全て無料。

リクルートエージェント公式サイト

年収800万円以上のエグゼクティブ求人に強いキャリアカーバー

キャリアカーバー は、年収800万円以上の求人、エグゼクティブ求人・グローバル企業・外資系企業のハイクラス求人が豊富に揃うリクルートが運営するハイクラスの転職エージェントです。

求人は非公開のものが多く会員登録することで、専門のヘッドハンターからスカウトを受け取ることができます。基準として直近の年収650万円以上の方に限定されるため、敷居が高いのが特徴。相談は全て無料。

キャリアカーバー公式サイト

外資系・日系グローバル企業での英語を活かした転職ならロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ は、日本では「グローバル人材」に特化した人材紹介会社。 「英語を活かせる求人」だけを紹介しており、コンサルタントは全員バイリンガルで、満足度93%を誇り、外資系ならではのスピード感をもって選考を進めることができます。

求人は公開求人だけでなく、外資系高収入非公開求人も数千件扱っており、面接アドバイスや履歴書の添削を各コンサルも行います。相談は全て無料。

ロバート・ウォルターズ公式サイト

サポートが充実の外資系企業に強いJACリクルートメント

JACリクルートメントは、リクルートエージェントに次いで、業界大手、イギリス発の外資系エージェント。非公開、独占求人の紹介, 外資系企業の豊富な情報量, 英語面接対策やレジュメチェックなどのサポートも充実。相談は全て無料。

JAC Recruitment 公式サイト

外資系アパレル・ラグジュアリーブランド求人に強いクリーデンス

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス は「DODA」が運営しているファッション専門の転職エージェント。外資アパレルブランドやラグジュアリーブランドに特化した案件も強いので、外資系のファッション業界を目指す方にはおすすめの転職エージェントです。

担当コンサルタントと企業ごとに合わせた面接サポートもあるので、外資ブランドを初めて目指す転職者にとって手厚いサポートです。相談は全て無料。

クリーデンス公式サイト



上記は外資系・海外就職・グローバル案件の転職案件に強く、サポートもしっかりあるので、今後、「外資系企業」を目指す方は、登録しておさえておきたい転職エージェントになります。できる限り、1社に限定してしまわずに、2〜3社に登録をしてセカンドオピニオンを持たれることをおすすめいたします。

関連記事

  1. 韓国での海外就職のメリットとデメリット!韓国就職体験者が本音で語る現実とは?

  2. マレーシアでの海外就職体験談!コールセンターでのインターンシップを経て日系企業に就職

  3. アパレル就職体験談アンケート!給料が安くて将来が不安・・・転職を考える販売員の声

  4. 未経験からタイの現地採用で海外就職!タイでの求人探しや面接体験談!

  5. 外資系メーカーの仕事とは?年収1200万円のキャリア女性のアドバイス

  6. 就活生必見!海外で働きたい理由とは?海外就職経験者が語る「海外で働く」志望動機

  7. 海外駐在員は出世しやすい?海外就職における現地採用と駐在員の仕事の違いについて

  8. 海外就職で大失敗!?海外就職経験者10人が語る海外での失敗談とは?

  9. 英語が話せなくても海外で働ける!日本語のみでもOK!語学力不問の求人とは?

最近の記事

おすすめ記事

  1. 英語ができない場合は外資系転職や海外就職は無理?狙い目の職種について
  2. 転職回数が多いのは不利?外資系企業への転職を成功させるコツ
  3. 40代で外資系企業に転職できる?40代が気になる外資系転職事情
  4. 女性の外資系企業への転職に年齢や経験は関係ある?
  5. LinkedInとは?ビジネスSNSを利用して外資系企業に転職成功
  6. 恥をかかない効果的な英文メールの書き方や注意点について
リクルートエージェント

人気記事

PAGE TOP