転機は現地の旅行関係の人との出会い、ニュージーランドへ(50代男性・旅行業)

海外就職を考えられている方にとって、すでに海外就職・海外移住された方の体験談は非常に貴重なものです。今回は、ニュージーランドに海外就職された経験のある50代男性・旅行業の方に、海外就職体験談を語っていただきました。

海外に渡航するまでの日本においての経歴(仕事、経験、学歴など)を教えてください

大学で英語を専攻し、一年休学し学生時代にパン屋でアルバイトしたお金でオーストラリアへ語学留学しました。ビザが学生ビザでしたが、海外で住みたい気持ちが湧いてきたのと、また自分の腕を為そうそれに運よくば仕事できるのではと思い、現地のパン屋へ飛び込み営業をし、運良く一件採用に辿り着着ましたが、技術の高さそれに自分の技術のなさを思い知らされ3日で解雇となりました。

帰国後、就職は旅行会社。海外専門の旅行会社で主に添乗、それに企画業務を担当していました。

海外就職のきっかけと、海外での仕事内容を教えて下さい。

転機は海外添乗の際に現地の旅行関係の人との出会いでした。海外の夢が忘れられず添乗の際にいつも自分を営業アピールしていました。特にオセアニア地域の添乗の場合はかなり力を入れていました。

運良く話が日本に帰った際にあり、新たにニュージーランド・オークランドに旅行社を設立というので人材を募集しており、日本に支社があった為、面接を受けました。日本支社では不採用の予定でしたが、ニュージーランド側の担当が私をかなりプッシュ推薦してくれて採用となりました。仕事内容は日本からくる旅行者の為に現地の車、ガイド、食事等の手配業務となります。

どのようなビザで滞在していましたか?ビザ取得の経緯や難易度は?

最初は会社からのサポートのビジネスビザでした。ビジネスビザは会社のサポートがないとかなり取得は難しいと思います。そのサポートしてくれる会社を探すのが特に困難です。

特に最初からビジネスビザを取得は稀であるからです。ほとんどワーキングホリデイーで行って現地でサポートできる雇用主を探してそこから一度日本へ帰って新たにビジネスビザをとって行くパターンが多いようです。私の場合は、その後不可能と言われるぐらい難易度の高い永住権を取得。ただこれも現地の会社のサポート、推薦人、そして運も必要です。

渡航先での1ヶ月の生活費(家賃・光熱費・食費・生活費・貯金など) を教えてください

家賃に関してはかなり高いです。一人でアパートを借りて住むと家賃だけでその頃ですが約8−9万円ぐらいです。ほとんどが誰かと一件の家または広いアパートを借りてシェアーしないとやっていけません。

食費も種類があまり多くなく日本食料品などは日本の3倍の値段。光熱費は覚えてないですが、ガスではなくほとんどが電気。また冬とかは暖炉をよく使ってます。

貯金に関してはニュージーランドではほとんど期待できません。給料のほとんどが生活費で使われる為、残るお金はごくわずかです。ですから若いニュージーランド人はイギリスやオーストラリアへ出稼ぎに行って、年をとったら帰国するようです。それだけお金がたまらない国です。

海外就職・海外移住して大変だったことを教えてください

語学は慣れていきますのでそれほど感じませんでしたが、やはり現地での生活や、それに仕事する上での現地の習慣や、物事の考え方などが違うところでしょう。日本での常識を持ち込むと現地では疲れることが多々あります。

また個人主義の為、一緒に何かを行う時にまとめたり、それに説得したりするところが難しく感じました。またパーテイーとか家でする習慣が多く、周りの迷惑を考えず騒音に悩まされたりしたこともありました。あとは若干アジアに対しての差別的な習慣もまだ残っている感じでした。

海外で働いて良かったと思うことを教えてください

色々な人との出会いそれに習慣等を学べたことです。また個々に責任を任せるという考え方が主流なので、日本では味わえないような責任感や独立心が養われました。

一つのことだけではなく、色々なタスクを経験させられ、また年齢に関わらず責任ある仕事を任された事です。自分の視野が広がり、健康的それに精神的にも楽しく、日本でいた時よりも性格も明るくなりました。

チャレンジ精神というのも学べて、それプラスロジスティックな考え方も学べたと思います。また違った観点で日本を観れるという点もありかと思います。

海外で就職を考えている方にアドバイスをお願いします

なんでもやってみないと事は起きません。また日本にいると時と違って、色々な経験をされると思いますが、それが自分にとって必ず財産になります。

良いことばかりではないと思いますが、嫌な事苦しいことでも考え方によっては意外に心地良く感じます。現地で嫌な経験をしても、これがこの国のやり方なんだという柔軟に考えることで、何事にもすぐに吸収し順応できると思います。海外では適応力がポイントです。少しでも海外に魅力を感じているのでしたらまずチャレンジすることでしょう。

外資系企業、海外就職、グローバル企業に強い転職エージェント

「外資系企業」「海外勤務がある企業」へ転職したい方の中には、どのようなステップで応募すればいいのか悩まれる方も多いと思います。直接、会社のオフィシャルサイトで採用情報を記載されている企業もたくさんありますが、外資系企業や海外勤務のあるグローバル企業へ転職される方の大半は、「転職エージェント」を利用して転職される方がほとんどです。外資系企業・海外勤務のある企業へ転職する際には、それに特化した転職エージェントがあります。

転職エージェントに登録して海外求人・海外勤務案件をチェック

上記のエージェントは外資系・海外就職・グローバル案件の転職案件に強く、サポートもしっかりあるので、今後、「外資系企業」を目指す方は、登録しておさえておきたい転職エージェントになります。できる限り、1社に限定してしまわずに、2〜3社に登録をしてセカンドオピニオンを持たれることをおすすめいたします。

関連記事

  1. 外資系企業を経てオランダへ結婚移住、日系企業で転職(30代女性・経理総務)

  2. 韓国で日本語教師として海外就職へ!韓国で働く女性の海外就職体験談!

  3. 海外就職のきっかけは?フリーランスからインドネシアの現地社員になった体験談(30代男性・事務)

  4. 海外でよくある面接失敗体験談!こんなミスはありえない!?

  5. 【オーストラリア・シドニー海外就職体験談】現地大学院の卒業生ビザでインターン入社(30代女性・Web…

  6. 【シンガポール海外就職体験談】広告会社のクリエイティブディレクターとして活躍(60代男性・広告代理店…

  7. 海外の勤務で感じた海外就職のデメリット体験談!海外で働くことについて考えよう!

  8. タイ現地採用の現実とは?経験者が語るメリットとデメリット|タイで働く現地採用体験ブログ vol.6

  9. 就活生必見!海外で働きたい理由とは?海外就職経験者が語る「海外で働く」志望動機

最近の記事

転職エージェント

  1. ロバートウォルターズ「英語を活かした転職」で評判の転職エージェント
  2. 転職者満足度第1位の「doda(デューダ)」はスカウトが多く転職後のフォローアッ…
  3. 女性向け転職案件に実績のある「type転職エージェント」の特徴や評判について
リクルートエージェント

転職エージェント

人気記事

PAGE TOP