海外でよくある面接失敗体験談!こんなミスはありえない!?

面接において、特に転職経験があまりない方、初めて外資系や海外勤務での面接を受ける場合は、緊張によるミスもよくあります。英語面接ではなおさらのことです。面接の時にしてはいけないこと、面接中によくあるミスや、思いもしないミス、中には、こんな失敗はありえない…という海外で紹介されている失敗談をご紹介致します。

これは非常識!?面接における失敗談

面接における失敗談の中には、採用担当者曰く、残念なことに、面接中に全く間違いに気づかない志願者もいるとのことで、そうした失敗は、重大なものではなく、ごくありふれた常識的なことでミスをしているとのことです。そうした失敗は、面接前に心の準備をしておくことで、面接後に失敗を悔やむこともなくなります。

これから面接におけるありがちな間違いと、それを防ぐための方法をご紹介致します。当たり前と思わずに、ぜひ注意して面接で同じ失敗をしないようにしましょう。

不適切な服装

就職試験や面接を受けるとき、その仕事やポジションにふさわしい服装であること、好感が持てるイメージを与えることはとても重要です。

特に指定がなければスーツ、IT系のスタートアップであればオフィスカジュアルのような服装をイメージして、おそらくほとんどの人希望している職に適した服装をして面接に臨むと思います。面接を受ける会社がどんな企業であっても、社会人として適切な、清潔感があり、好感が持てる身なりをするということはとても大切です。

面接の時にどんな服装をするべきか、またどんな服装は避けるべきかを考えてみてください。

遅刻

あたりまえのことですが時間通りに面接会場へ行くことです。基本中の基本ですが、この失敗を犯してしまう人が結構います。それは、土地勘のない知らない場所へ面接へ行く場合に、道に迷ったり、途中でハプニングが起こってしまう場合です。

誰もが知っていることだと思いますが、会場に着き、面接での第一印象はとても大切です。しかし、会場に着く前でさえ第一印象を悪くする行為が「遅刻」です。遅刻によって時間管理能力の無さだけでなく、会社、地位、面接官に対する敬意の無さが明らかになります。

遅刻しないように時間に余裕をもって会場に向かいましょう。行ったことない場所であれば、一度、下見をするなど、あらかじめ調べておきましょう。そして、面接の数十分前には会場に着けるように時間を見積もりましょう。そうすることによって予想外の出来事にも対処することが出来ます。

飲み物を持っていく

次は面接に持っていってはいけないものです。面接の前に、コーヒーやジュースを捨てておきましょう。もしのどが渇いているなら、面接の前に飲むようにしましょう。

当たり前のことですが、飲み物を持って面接の部屋に入るのは、不適切であるだけでなく、面接中にどれだけ質問に対して良い印象を与えたとしても、そのような非常識な行動を見てしまうと印象も半減してしまいます。

知り合いを通じてカジュアルな面接だった場合でも、社会人としてのマナーを守り面接に挑むようにしましょう。

面接中の携帯電話の使用

面接の前に携帯電話を切るか、マナーモードにしておきましょう。面接中に電話やメールをすることはもってのほかですが、面接中に電話が鳴ってしまうことは、面接が優先順位の上位に無いということを面接官に示してしまう行為です。

面接中には、携帯電話をチェックする必要がないように、面接の前に携帯電話をカバンの中にしまっておきましょう。

企業についての知識不足

面接を受ける企業についてしっかりと情報を調べていますか?次は、企業の情報や知識不足からくる失敗談です。「弊社について何か知っていることはありますか?」という質問で面接官を落胆させることのないようにしましょう。このような初歩的な質問は、面接前に下調べをしておくだけで完璧にこたえられるとても簡単な質問です。

企業の歴史、沿革、事業内容などの企業の情報は企業のウェブサイトにある「会社概要」という部分で見ることが出来ます。あらかじめこうした情報を確認して印刷しておき、面接の直前に確認して思い出しておきましょう。また、もし企業のLInkedInやFacebookページなどのソーシャルメディアもあればチェックしておきましょう。

曖昧な履歴書

次は、履歴書によくあるミスです。履歴書は正確な情報を記載してきちんと答えられるようにしておきましょう。たとえ、履歴書を提出したとしても、求職申込書を書くように言われることがあり、前職に就いた日付、退職日、雇用主の連絡先など、その書類に必要な情報を確実に頭にいれておくようにしましょう。

仮に、履歴書の中では、正確に記載していても、口頭で答えなければ意味がありません。面接の前には思い出して正確に答えられるようにしておきましょう。たとえ、面接で聞かれることがなかった場合にも、面接中に履歴書をコピーとっておくと助かるかもしれません。

もちろん、履歴書の情報を偽ることはあってはなりません。履歴書を確認して正直に答えられる準備をしておくことで、過去の経験をより詳しく話すことが出来るでしょう。

集中力がない

面接中には緊張してしまうと、つい注意が散漫になってしまいがちです。それでは次に、面接でありがちな間違いをみていきましょう。

面接の前日はしっかりと休み、準備万端で面接に臨めるようにしましょう。寝不足のまま面接に行くと、気が散り、質問を聞き逃す可能性もあります。もし集中力が切れたと、面接官が判断した場合、仕事でも同じように集中力がないと思われてしまいます。

もし集中力が切れそうだと感じたら、集中力を保てるように努力をしましょう。面接官と話すときはアイコンタクトを取りながら、少し前かがみになり、積極的に聞いているような姿勢をして努力をしましょう。

話し過ぎる

オフィスでの一対一の面接では集中力を保つことが出来ても、スタートアップ企業などに関しては、社外で面接官と合うこともあります。その場合は、社内の面接よりも心境的には難しいものです。

面接などストレスの多い状況下においては、人はしゃべりすぎてしまう傾向にあります。これが次の避けるべき間違いです。どんどんと話をし続ける人は積極性を見せるということには繋がりません。

面接官はあなたの人生のすべてを知ろうとしているわけではありません。答えは簡潔に、的を射た、焦点のあった話を心掛け、そしてダラダラ話し続けずに、質問に対して的確に答えるようにしましょう。

話が横道にそれること、個人的な日々の生活について話し始めることもよくあるミスです。自分の身内についての話をするべきではありません。どれだけ面接官があなたを温かく迎え入れ、明るく優しい人であったとしても、プライベートではありません。

質問への答えの準備をしていない

面接官はおそらくあなたがいつどこで働いていたか、といった基本的なこと以外も質問をしてくるでしょう。募集しているポジションにおける才能があるかどうかを確認するため、面接官は面接の時間内で、知っておかなければいけないことをできる限り質問してきます。

予想される質問を確認して、それらにどのように答えるかを考えておきましょう。

もし面接官に対して聞きたいことがあるならば事前に準備しておきましょう。しかし、面接中に聞くべきでないことを質問することの無いようにしましょう。これこそが最も避けなくてはいけない間違いです。

前職のネガティブ発言

前職に対してネガティブな発言をしないことは、とても大切です。企業、上司、同僚についてネガティブな発言をすることが、どうしてタブーなのかをこれからお話します。

上司や同僚のネガティブな発言をしないようにしましょう。あなたが思っているより世間は狭く、面接官はあなたが悪口を言った上司を含め、あなたには分からない知り合いがいるかもしれません。

さらに、あなたがその会社を辞めた後に同じように悪口を言うのではないかという印象を面接官に与えることになりかねません。

面接のとき、あなたがどれだけ他人の悪口や欠点について話すかということ以上に、どれだけ仕事ができ、問題を解決することができるかということを面接官に知ってもらいたいはずです。

もし「上司と今までうまくいかなかったことはありますか?結果どうなりましたか?その結果をどのように変えましたか?」のような難しい質問をされた時でも、他人の悪口は言わないようにしましょう。その代わり、そうした難しい質問にどのように答えるかをきちんと確認しておきましょう。

面接の前にできるだけたくさんの予想される質問を洗い出しておきましょう。

どのようにして再びチャンスをもらうか

もし面接に失敗してしまったとき、採用担当者に、選考を考え直してもらうためにはどうしたらよいかを見ていきましょう。

もしかしたら面接でミスをしてしまうかもしれませんが、状況によっては考え直してもらえる可能性もあります。すべての雇用主に考え直す時間と力があるわけではありませんが、中にはそうした機会を得た人もいるのです。

もし面接で失敗したと思ったら、面接官に状況を説明し、面接の機会を与えてくれたことへの感謝のメールをしましょう。

外資系企業、海外就職、グローバル企業に強い転職エージェント

「外資系企業」「海外勤務がある企業」へ転職したい方の中には、どのようなステップで応募すればいいのか悩まれる方も多いと思います。直接、会社のオフィシャルサイトで採用情報を記載されている企業もたくさんありますが、外資系企業や海外勤務のあるグローバル企業へ転職される方の大半は、「転職エージェント」を利用して転職される方がほとんどです。外資系企業・海外勤務のある企業へ転職する際には、それに特化した転職エージェントがあります。

転職エージェントに登録して海外求人・海外勤務案件をチェック

上記のエージェントは外資系・海外就職・グローバル案件の転職案件に強く、サポートもしっかりあるので、今後、「外資系企業」を目指す方は、登録しておさえておきたい転職エージェントになります。できる限り、1社に限定してしまわずに、2〜3社に登録をしてセカンドオピニオンを持たれることをおすすめいたします。

関連記事

  1. 【アメリカ・ハワイ海外就職体験談】日本で転職を繰り返しハワイでウェディング業界へ(40代女性・ウェデ…

  2. 【ドイツ海外就職体験談】旅行会社勤務後、国際結婚でドイツへ移住(40代女性・レストランスタッフ)

  3. タイの現地採用で失敗したと感じた事|タイで働く現地採用体験ブログ vol.5

  4. 【インドネシア海外就職体験談】グローバルに通用する人材になるために(40代男性・エンジニア)

  5. 商社勤務後にイギリス留学を経て趣味を活かしたガーデニングを仕事に(50代女性・造園業)

  6. 【シンガポール海外就職体験談】広告会社のクリエイティブディレクターとして活躍(60代男性・広告代理店…

  7. 英語が話せなくても海外で働ける!日本語のみでもOK!語学力不問の求人とは?

  8. 【アメリカ・ニューヨーク海外就職体験談】高校卒業後に留学、そして在学中にアパレル企業で実地研修(20…

  9. 【ニュージーランド海外就職体験談】持ち前の行動力で念願のカフェ勤務(20代女性・カフェスタッフ)

最近の記事

転職エージェント

  1. 「ランスタッド」は世界第2位のシェアを誇る海外就職や外資系転職に強い転職エージェ…
  2. 「リクルートエージェント」求人の90%は非公開求人 · 転職成功実績No.1
  3. 年収800万円以上のハイスペック・エグゼクティブ求人に強い転職エージェント「キャ…
リクルートエージェント

転職エージェント

人気記事

PAGE TOP