50代は外資系で何歳まで働ける?リストラも覚悟?50代が外資系転職で知っておくべきこと

50代は社会実績・経験ともに十分積まれた方々であり、既にある程度の社会的地位もお持ちの方が多いのではないでしょうか。募集をする企業としても、その実力・実績を新しい環境で展開できる可能性を持った方を望んでいます。

外資系に限らずこの年代の転職は、より高い期待に応えられる実力・応用力を客観的に証明することも必要ですが、最終的にはその人物像がその企業の理念に沿っているかがポイントとなります。



50代が外資系転職に期待できるものは?

外資系への転職に対する50代の方の期待はなんでしょうか?既にご自身で築き上げた経験と実績は何物にも代えがたい財産です。その経験を生かせる新天地をお探しになりたいということは非常に勇敢で勇気ある決断といえます。

この年代の募集は比較的少ないですが、それでも就業年代のバランスと経験値を考慮した場合一部の外資系企業では未だポジションに適した人材が育っていないことも多く、常に一定の需要はあります。

ご自身の周辺環境・健康問題なども絡んでくる世代でもありますが、適切な方向性と行動をすることで、より良い条件でのチャンスを見つけたいものです。では、50代の外資系転職事情についてご紹介しましょう。

50代が抱える外資系転職の期待とリストラへの不安

世代に問わず転職は大きな人生の岐路のひとつですが、50代となると転職の意義が他の年代と異なってくるのではないでしょうか。既に実力と実績を兼ね備えた世代なので、ご自分の過去の実績に自信をお持ちの方も多いのではないかと思います。

外資への転職の期待としては、より高いポジション・あるいは同程度のポジションでも責任範囲がより大きな地位で活躍をされたいという方もいれば、ある程度は現在の環境でお仕事をやりきったので、新しい環境でもう一度腕を振るってみたい、また、ご自分の経験を若い方に展開することで仕事に対するやりがいを求めたい、など、多様の期待があるかと思います。

また不安材料としては、おそらくは管理職のポジションになる可能性が高いので、部下や海外の上司・同僚がどのように受け入れてくれるか、また結果が出せないことに対してのリストラへの不安というのが一番の懸念材料となるでしょう。評価基準によっては短期で離職を余儀なくされるケースもあるかも知れません。雇用の継続性についても不安な方がいるかと思います。

外資系企業の雇用の安定性について

さて、外資系にまつわる不安のひとつは雇用の安定性です。現在の日系企業は数年前より雇用の安定性について大きく変わってきており、年功序列・継続的な昇給などの雇用条件も変化しつつあります。日本に進出している外資系企業は、日系企業と競合して人材を確保するため、かつての日系企業の人材運営のよい点に追従した雇用条件・制度を設けているところが多いです。

そのため、ともすれば改悪になる日系企業の雇用条件より外資系企業の日本での雇用条件のほうがよい場合もあります。それはある程度年代の高い方にも同様で、個人の志向と現在の企業の条件によってその評価に差はあると思いますが、先入観なく詳細を比較されてみたらいかがでしょうか。

成績が悪ければ直ぐに解雇される?

さて、もうひとつ、外資系企業は成績が悪ければ直ぐに解雇される、という話をよく聞きます。確かに毎年の査定で立てた目標の達成率が評価のポイントではあるところが多いですが、その個人の評価は目標達成の数値のみで決まる訳ではありません。

本来結果は重要ですが、事業環境が大きく変わることが多い昨今、個人の努力では達成出来なかった事例も数あるでしょう。個人の評価は、結果のみならずその目標を達成しようとした創意工夫の努力をより重要視する企業も多いです。

もちろん30代・40代と比較するとポジションと年収が高い分、50代に求められる結果は、ある程度はシビアに判断されることになると思います。ただし、結局は果敢にチャレンジしていく態度が、より良い結果を導くことになる可能性が高いです。

外資系はどの年代でもチャレンジが可能!

それでも外資系への転職を考えていらっしゃる方は、不安よりチャレンジによる達成感を求められているのではないでしょうか。どのような状況でも常に挑戦していく気概があれば、必ず道は開けます。どの年代となっても、ご自身の強い意志がその後の将来を決めていくことは変わりありません。決してあきらめることなく常にチャンスを狙っていきましょう。



外資系企業で求められる50代とは?

50代の転職の条件として、外資系企業で50代はマネージメント業務が中心となります。その会社をリードしていく立場にいるため、常に厳しい倫理観・迅速な決断・リーダーシップが問われます。他の社員からもお手本となるようなビジネスリーダーを体現される方が採用される年代となっています。

昨今のビジネス環境では、過去の経験・実績も大切ですが、想定外の環境に対してどのように対応していったか、を見られることが多くなっています。場合によっては過去の経験・実績に固執されるようなことがない常に新鮮な視点で業務を見直していくことができるリーダー像がより優先されることもあります。そのため、ご自分のキャリアを出来るだけフレキシブルな発想で見直されることをお勧めします。

現在の自分の市場価値を正しく把握する

50代の転職の条件について、いろいろな面での条件アップを目標にしたいものです。現在の自分の市場価値を正しく把握しておくことが大切ですが、この年代はその「市場価値」を正しく評価する基準が難しいのも事実です。

通常は利害関係のない第三者からの客観的なアドバイスが重要ですが、この年代になると、皆さんが培ってきた個人の経験・判断が重要です。ご自身の家庭環境・現在の就職状況など迷いの生じる情報は多々ありますが、転職のオファーに対する決定はご自身の勘が大きな意味を持ちます。客観的なアドバイスを利用しながら、最終的にはご自分の判断を信じて決断しましょう。

転職エージェントとの付き合い方

どの世代にも言えることですが、長期的な視点で余裕をもった転職活動をオススメします。外資系・日系に関わらず転職活動をする場合、幾つかのエージェントに声をかけておき、先方からのオファーを待つことになります。

外資系企業の50代のポジションは高い役職の求人がメインです。50代の場合リファレンスを求められるケースも多く、エージェント担当者には出来るだけ客観的な実務内容と成果を情報として提供しておくと良いでしょう。直ぐに紹介できる案件が無くても、数ヶ月後に適切な案件が出てきた時に思い出してもらえるようにしておきたいものです。

他の年代の転職と同じく、エージェント担当者は次々出てくる候補者に仕事を紹介・企業とのマッチングをしなければいけないため、現在の手持ちの募集企業を1・2件紹介されても、条件が合わなければそれ以降は具体的な動きがなくなってしまいがちです。

こちら転職希望者としても特定のエージェントに多大な期待は禁物です。短期で決まる場合もあれば長期に待っていてもよい案件が出てこない可能性もあります。他のルート・人脈も活用し、幅広いアンテナを立てておきましょう。

転職エージェントと定期的に連絡を取り続ける

また、余裕をもった前向きな転職活動はよりよい条件を引き出すことが出来ます。何らかの事情により転職を余儀なくされる状況で転職活動をおこなうより、常日頃からご自身の実力・キャリアを見直すことをお勧めします。

その点では、現在の仕事に何も不安・不満がなくても1-2社の転職エージェントと定期的に連絡を取り続けることをお勧めします。定年までの時間が少なくなる中で焦燥感にさいなまれる場合もあるでしょうが、できるだけ長期的な視点で自分の市場価値を常に把握しておくとよいと思います。

外資系企業や海外就職に強い転職エージェントとして、求人件数が圧倒的に多いのは、グローバル&海外就職に強い「ランスタッド」 、国内最大手の「リクルートエージェント」 になるので、この2社は必ず押さえておきましょう。

最後に

50代というとビジネスパーソンとしての終盤のような印象もありますが、皆さんはその想いによっていまからでも運命を変えていくことが出来ると信じています。本当にやりたかったことをもう一度見つめなおし、希望に燃えていたあのころをまた再現できるチャンスかもしれません。人生において後悔しないためにも、皆さんにとって悔いのないチャレンジが出来るよう応援しています。

外資系企業、海外就職、グローバル企業に強い転職エージェント

「外資系企業」「海外勤務がある企業」へ転職したい方の中には、どのようなステップで応募すればいいのか悩まれる方も多いと思います。直接、会社のオフィシャルサイトで採用情報を記載されている企業もたくさんありますが、外資系企業や海外勤務のあるグローバル企業へ転職される方の大半は、「転職エージェント」を利用して転職される方がほとんどです。外資系企業・海外勤務のある企業へ転職する際には、それに特化した転職エージェントがあります。

20代・30代の転職・グローバル・海外就職に強いランスタッド

ランスタッドは、1960年にオランダで創業された世界最大級の総合人材サービス会社です。世界39の国と地域に4,700以上の拠点を持ち、50年以上にわたり培ったノウハウと信頼のある転職エージェントです。

日本国内に136拠点あり、20代〜30代第二新卒の転職サポートに実績があります。グローバル企業、海外勤務、外資系企業の取り扱いも多数。相談は全て無料。

ランスタッド公式サイト

転職者満足度第1位のNo.1のdoda(デューダ)

doda(デューダ)は、転職者満足度第1位のNo.1(電通バスリサーチ調査)。転職のプロ・キャリアアドバイザーが、非公開求人の紹介だけでなく、面接対策やキャリアプランの提示などあなたの転職プランに沿って親身にサポートしてくれます。

面接の指導と転職後のフォローアップも評判が良く、まずは登録しておきたい転職エージェントです。相談は全て無料。

doda(デューダ)公式サイト

非公開求人数・成功実績No.1のリクルートエージェント

リクルートエージェントは、非公開求人数は業界最大級の約10万件。求人の90%は非公開求人 · 転職成功実績No.1 · 年収1000万以上の求人、外資系企業・海外就職・グローバル企業の案件も多数。

日本最大級の求人件数を誇る転職エージェントなので、まずは登録しておきたい転職エージェントです。相談は全て無料。

リクルートエージェント公式サイト

外資系アパレル・ラグジュアリーブランド求人に強いクリーデンス

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス は「DODA」が運営しているファッション専門の転職エージェント。外資アパレルブランドやラグジュアリーブランドに特化した案件も強いので、外資系のファッション業界を目指す方にはおすすめの転職エージェントです。

担当コンサルタントと企業ごとに合わせた面接サポートもあるので、外資ブランドを初めて目指す転職者にとって手厚いサポートです。相談は全て無料。

クリーデンス公式サイト

サポートが充実の外資系企業に強いJACリクルートメント

JACリクルートメントは、リクルートエージェントに次いで、業界大手、イギリス発の外資系エージェント。非公開、独占求人の紹介, 外資系企業の豊富な情報量, 英語面接対策やレジュメチェックなどのサポートも充実。相談は全て無料。

JAC Recruitment 公式サイト

外資系・日系グローバル企業での英語を活かした転職ならロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズは、日本では「グローバル人材」に特化した人材紹介会社。 「英語を活かせる求人」だけを紹介しており、コンサルタントは全員バイリンガルで、満足度93%を誇り、外資系ならではのスピード感をもって選考を進めることができます。

求人は公開求人だけでなく、外資系高収入非公開求人も数千件扱っており、面接アドバイスや履歴書の添削を各コンサルも行います。相談は全て無料。

ロバート・ウォルターズ公式サイト

年収800万円以上のエグゼクティブ求人に強いキャリアカーバー

キャリアカーバー は、年収800万円以上の求人、エグゼクティブ求人・グローバル企業・外資系企業のハイクラス求人が豊富に揃うリクルートが運営するハイクラスの転職エージェントです。

求人は非公開のものが多く会員登録することで、専門のヘッドハンターからスカウトを受け取ることができます。基準として直近の年収650万円以上の方に限定されるため、敷居が高いのが特徴。相談は全て無料。

キャリアカーバー公式サイト



上記は外資系・海外就職・グローバル案件の転職案件に強く、サポートもしっかりあるので、今後、「外資系企業」を目指す方は、登録しておさえておきたい転職エージェントになります。できる限り、1社に限定してしまわずに、2〜3社に登録をしてセカンドオピニオンを持たれることをおすすめいたします。

関連記事

  1. やっぱり東京が多い?外資系企業の本社とその求人案件について

  2. 外資系企業の特徴とは?転職する前に知っておきたい外資系企業と日系企業の違い

  3. 外資系に向いている人の9つの特徴とは?外資系採用担当はここを見ている!

  4. 40代で外資系企業に転職できる?40代が気になる外資系転職事情

  5. 外資系企業に転職してわかった外資系で働くメリット

  6. 女性の外資系企業への転職に年齢や経験は関係ある?

最近の記事

おすすめ記事

  1. 年収800万円以上のハイスペック・エグゼクティブ求人に強い転職エージェント「キャ…
  2. ロバートウォルターズ「英語を活かした転職」で評判の転職エージェント
  3. 女性向け転職案件に実績のある「type転職エージェント」の特徴や評判について
  4. 転職者満足度第1位の「doda(デューダ)」はスカウトが多く転職後のフォローアッ…
  5. 面接対策や英文レジュメ添削などサポートの評判が高くハイクラス案件に強いJAC R…
  6. 「リクルートエージェント」求人の90%は非公開求人 · 転職成功実績No.1
  7. 「ランスタッド」は世界第2位のシェアを誇る海外就職や外資系転職に強い転職エージェ…

人気記事

PAGE TOP