セクハラ、モラハラによる退職や面接に対する対処法

従業員が職場で受ける嫌がらせ(以下、ハラスメント)には様々なものがあります。性的嫌がらせ(以下、セクシャルハラスメント)が良く知られていますが、職場ではそれ以外の非性的嫌がらせ(以下、非セクシャルハラスメント)も存在します。

職場でのハラスメントは、あなたのキャリアに影響を与える可能性がある為、十分理解しておく必要があります。ハラスメントとは何かを知っておくことにより、自分自身に起こった時の対処法や、事前に防ぐことも可能でしょう。ここでは、ハラスメントとはどのようなものか、ハラスメントの申し立て方法、そしてハラスメントにより失業した場合の対処法をご紹介いたします。

外資系企業や、海外での例をもとに、職場でのハラスメントの種類、概要、例、そして対処法をご説明します。



ハラスメントの種類

嫌がっているように見える女性社員に触れる男性社員。また、最近では、男性と女性の立場が逆転する場合もあります。

職場では色々な種類のハラスメントが存在し、口頭または身体的なもの、性別、宗教、人種による差別が含まれます。

ハラスメントの定義は国や、アメリカにおいても各州により異なります。アメリカフロリダ州裁判所は「大げさな冗談」を挑発的とみなし、ウィスコンシン州とニューヨーク州では犯罪記録に基づくハラスメントとして違法になります。

以上の例にもわかるように、ハラスメントの定義は、とても広く、また個人間においても認識の違いも出てくるため、とても難しく扱いにくい問題です。

セクシャルハラスメント

職場でのセクシャルハラスメントは性交渉、性別または性的指向に関する不適切な発言、行い、または振る舞いに該当し差別の一種でもあります。

セクシャルハラスメントは、異性の同僚間に限ったことではなく、また接触や発言によるものだけではありません。卑猥な画像、ビデオ、E-mail、そして思わせぶりな態度も挑発的な行為とみなされます。

非セクシャルハラスメント

職場と雇用におけるハラスメントは、セクシャルハラスメントに限ったことではありません。宗教、人種、年齢、性別、皮膚の色による職場での昇進の妨げや、敵対的な態度もハラスメントに含まれます。

また、上司から部下に対してのパワーハラスメント「パワハラ」、また同僚間など様々な場面においての不適切な発言に値するモラルハラスメント「モラハラ」などが存在します。

その例として、個人の身体的または精神的な障害や、人との違いに関する挑発的な発言も含まれます。人に対し「太りすぎ」「年上すぎる」または「頭が悪すぎる」と言ったり、絶えず繰り返したりすることはハラスメントとみなされます。また、非友好的な職場環境もハラスメントの一部です。

ハラスメントの申し出

もしあなたが職場で、ハラスメントの被害者と感じている場合は、雇用機会均等委員会[Employment Opportunity Commission (EEOC)]に申し出をすることが重要です。申し出をする前に、自分が受けたハラスメントに対して、それが実際にハラスメントである事を自分自身で調べることが必要です。

さまざまな理由から、多数の虚偽のハラスメントの申告がある為、事実を知る事と正しい順序で申し出を行う必要があります。これにより、合理的に事を進め、安心して申告を終える事が出来るでしょう。



面接での違法または不適切な質問への対応方法

ハラスメントは職場に限ったことではありません。求人面接の際にも、法的に面接官が聞いてはいけない事柄がある事を知っていますか?人種、性別、宗教及びその他の個人的側面を聞くことは、アメリカにおいては、州と連邦法により禁止されています。また最近では、日本でも面接官による質問に対して問題視されることがあります。

潜在するハラスメントから自分自身を守るため、求職中の際はこれらの違法または不適切な質問内容を知っておきましょう。またこれらは、法に違反しているだけではなく、自分自身がその会社に合っていないという判断材料になるでしょう。

退職方法

ハラスメントを受けた際も、社会人らしく退職する事が重要です。ハラスメントの申し出中は、法的な影響がある可能性がある為、退職は注意深く計画しましょう。

退職届を提出する前に適切な通知を雇用主に提示し、正式な退職届を書き、次に進む準備をしましょう。これらを適切に行うことにより、成功へのカギとなり、この困難な時期を乗り越えることができるでしょう。

一時的な解雇への対応

一時的な解雇への対応として最も重要で簡単なのは、現在就業中の会社の一時的な解雇に関する待遇を調べることです。

同時に、労働法を基に自身の立場と解雇期間を知らされるべきです。多くの人が知っているように、雇用の確保は確実ではない為、同時に次の計画を立てることも重要です。

解雇への対処法

ハラスメントを申し出たことにより解雇された場合、あなたはとても精神的に疲れ、次に何をすべきかとても悩むでしょう。

解雇された場合または解雇されそうな場合は、労働法を調べることが重要です。もし不当に解雇された場合は、適切なステップに従い、救済処置や他の処置を探しましょう。



次の求職に備え

もしハラスメントにより退職または解雇に至った場合、次の求人面接で聞かれるであろう、退職理由を準備しておく必要があります。

面接の際の答え方により、面接官にも印象が良く映るでしょう。ハラスメントに対しての質問や退職理由に関する質問は最も難しいと思いますが、他の人がどのように答えているかを調べると良いでしょう。

外資系企業、海外就職、グローバル企業に強い転職エージェント

「外資系企業」「海外勤務がある企業」へ転職したい方の中には、どのようなステップで応募すればいいのか悩まれる方も多いと思います。直接、会社のオフィシャルサイトで採用情報を記載されている企業もたくさんありますが、外資系企業や海外勤務のあるグローバル企業へ転職される方の大半は、「転職エージェント」を利用して転職される方がほとんどです。外資系企業・海外勤務のある企業へ転職する際には、それに特化した転職エージェントがあります。

20代・30代の転職・グローバル・海外就職に強いランスタッド

ランスタッドは、1960年にオランダで創業された世界最大級の総合人材サービス会社です。世界39の国と地域に4,700以上の拠点を持ち、50年以上にわたり培ったノウハウと信頼のある転職エージェントです。

日本国内に136拠点あり、20代〜30代第二新卒の転職サポートに実績があります。グローバル企業、海外勤務、外資系企業の取り扱いも多数。相談は全て無料。

ランスタッド公式サイト

非公開求人数・成功実績No.1のリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、非公開求人数は業界最大級の約10万件。求人の90%は非公開求人 · 転職成功実績No.1 · 年収1000万以上の求人、外資系企業・海外就職・グローバル企業の案件も多数。

日本最大級の求人件数を誇る転職エージェントなので、まずは登録しておきたい転職エージェントです。相談は全て無料。

リクルートエージェント公式サイト

年収800万円以上のエグゼクティブ求人に強いキャリアカーバー

キャリアカーバー は、年収800万円以上の求人、エグゼクティブ求人・グローバル企業・外資系企業のハイクラス求人が豊富に揃うリクルートが運営するハイクラスの転職エージェントです。

求人は非公開のものが多く会員登録することで、専門のヘッドハンターからスカウトを受け取ることができます。基準として直近の年収650万円以上の方に限定されるため、敷居が高いのが特徴。相談は全て無料。

キャリアカーバー公式サイト

外資系・日系グローバル企業での英語を活かした転職ならロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ は、日本では「グローバル人材」に特化した人材紹介会社。 「英語を活かせる求人」だけを紹介しており、コンサルタントは全員バイリンガルで、満足度93%を誇り、外資系ならではのスピード感をもって選考を進めることができます。

求人は公開求人だけでなく、外資系高収入非公開求人も数千件扱っており、面接アドバイスや履歴書の添削を各コンサルも行います。相談は全て無料。

ロバート・ウォルターズ公式サイト

サポートが充実の外資系企業に強いJACリクルートメント

JAC Recruitment は、リクルートエージェントに次いで、業界大手、イギリス発の外資系エージェント。非公開、独占求人の紹介, 外資系企業の豊富な情報量, 英語面接対策やレジュメチェックなどのサポートも充実。相談は全て無料。

JAC Recruitment 公式サイト

外資系アパレル・ラグジュアリーブランド求人に強いクリーデンス

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス は「DODA」が運営しているファッション専門の転職エージェント。外資アパレルブランドやラグジュアリーブランドに特化した案件も強いので、外資系のファッション業界を目指す方にはおすすめの転職エージェントです。

担当コンサルタントと企業ごとに合わせた面接サポートもあるので、外資ブランドを初めて目指す転職者にとって手厚いサポートです。相談は全て無料。

クリーデンス公式サイト



上記は外資系・海外就職・グローバル案件の転職案件に強く、サポートもしっかりあるので、今後、「外資系企業」を目指す方は、登録しておさえておきたい転職エージェントになります。できる限り、1社に限定してしまわずに、2〜3社に登録をしてセカンドオピニオンを持たれることをおすすめいたします。

関連記事

  1. 外資系の電話面接マナー術!面接後のお礼メールについて

  2. 外資系企業の英語面接で即答力が求められる質問サンプル例10選

  3. 外資系の採用プロセスと英語面接で聞かれる質問の傾向と対策について

  4. 電話面接を成功させる対策やマナーについて

  5. 面接や仕事でアピールしたい7つのソフトスキルとは?

  6. 外資系・海外転職における退職から内定までポイントについて

  7. 外資系・海外企業における退職願(resignation letter)の書き方

  8. 外資系の面接回数は?最終面接の質問とは?転職者必見!元採用担当のアドバイス

  9. 外資系企業に転職する時の面接で気を付けたい10のこと

最近の記事

おすすめ記事

  1. 英語ができない場合は外資系転職や海外就職は無理?狙い目の職種について
  2. 恥をかかない効果的な英文メールの書き方や注意点について
  3. 転職回数が多いのは不利?外資系企業への転職を成功させるコツ
  4. LinkedInとは?ビジネスSNSを利用して外資系企業に転職成功
  5. 40代で外資系企業に転職できる?40代が気になる外資系転職事情
  6. 女性の外資系企業への転職に年齢や経験は関係ある?
リクルートエージェント

人気記事

PAGE TOP