海外就職における履歴書の写真、LinkedInのプロフィール写真について

海外において、特に、アメリカでは書類選考では多様な人種がいることから、人種差別に繋がると考えられるため、履歴書に写真を貼る必要性がありませんが、これについては、求職者も悩むところで、必要とされない限りは必要なものではありません。

しかし最近では、ビジネスSNSも活発になってきていることで、プロフィール写真を載せるメリットが注目されています。今回はLinkedInにおけるプロフィール写真についてご紹介いたします。



ビジネスSNSに写真を載せるメリット

冒頭でも触れましたが、ビジネスSNS、LinkedInのプロフィール写真を載せるメリットが大きいのは、採用者だけではなく、求職者にとっても同じことが言えます。それは、LinkedInの「コンタクト」の人と初めて対面するとき、お互い確認し、判断することができるからです。

LinkedInでは、既に知っている人につながりリクエストを送れば、あなたの顔を知っているので快く追加してくれるでしょう。写真があれば、あなたのプロフィールはより信頼しやすいものになり、あなたのことも親しみを感じてくれるメリットもあります。

質の良い写真をプロフィールに載せることで、相手に良い印象を与え、かつ、あなたのプロフィールを見る採用担当者や取引先の数も増やすことができます。少しでもチャンスを見つけようとする求職者にとっては、写真の撮り方次第で印象が変わることは間違いないでしょう。

LinkedInのための写真の撮り方

LinkedInにのせるのに最も適した写真の撮り方と選び方のコツをお教えします。

プロのカメラマンに依頼する

余裕があれば、写真館やプロカメラマンに頼めば完璧な写真が簡単に手に入りますが、必ずしもプロを使用する必要があるわけではありません。カメラの使い方がわかる友人や家族に何枚かとってくれるように頼むだけでも大丈夫です。

日本では、無表情で暗くなりがちのプロフィール写真ですが、海外においては、少しくらいの笑顔が良い印象を与えるので、自然に笑わせてくれるような人に依頼するのが理想的です。暖かく優しそうな笑顔の写真は、あなた自身を親しみやすい人物に見せると同時に、写真を見た人たちが、あなたと仕事をしたいという印象を受ける可能性もあります。カメラマンや、家族や友人に撮った写真を見てもらって、どの写真が最もよく映っているか聞いてみるのも良いでしょう。

撮影を依頼できない場合は?

もし他の人に撮影を依頼することができない場合には、パソコンのカメラを使ってウェブショットで撮影する方法もあります。その場合は、照明の位置なども確認して明るいところで撮影するようにしましょう。

しかし、携帯電話やデジタルカメラを使って自分で写真を撮ると、どうしても写りが悪くなってしまうのでおすすめできませんが、最近では綺麗に撮影できるものも多くあるので、その場合は、照明や光を意識して撮影してみましょう。できるだけ自然光で撮影する方法をおすすめいたします。

頭部の写真を撮りましょう

LinkedInにのせるプロフィール写真は非常に小さいサイズなので、写真には頭と首、それに少し肩が入るくらいでよいでしょう。もし全身を写してしまうと、頭が小さくなりすぎて、見た人があなたの顔かどうかがわからない可能性があります。

載せるからには、見えにくい写真ではなく、見やすい好感が持てる写真を掲載することが必要になってきます。

身だしなみを整える

LinkedInはビジネスに特化した、プロフェッショナル指向のSNSです。あなたの携わっている分野にふさわしい服装で写真を撮るように気を付けてください。たいていの場合は、フォーマル仕様のシャツかブラウス、もしくはワイシャツにネクタイ、あるいはスーツが定番です。紺色か黒のような無地の暗い色を選びましょう。女性の場合は、肩ひものないドレスや上着を着るのも避けましょう。写真で肩を見せるなど、露出度が高い服装は、相手に良くない印象を与えてしまいます。

ビジネスのプロらしい服装というのは、清潔感のある質素な服装という意味でもあります。濃いメイクは避け、派手な髪形や装飾品も控えましょう。

背景はシンプルにしましょう

写真は当然、あなたの写真であり、あなただけが映っている写真でなければいけません。Facebookで使用しているようなカジュアルな写真(例えば、物やペット、子供などが写っていている写真など)はビジネスSNSでは使用するべきではありません。背景も無地で明るい背景が望ましいでしょう。

最近撮影した写真を使用する

プロフィール写真を使用する上で、古い写真を使ってはいけません。実際にあなたと会った時に相手が驚くことのないようにできるだけ直近の写真を選んでください。目安としては、だいたい直近3ヶ月以内の写真が好ましいでしょう。



求職期間中は全てのプロフィール画像を統一する

オンライン上であなたが求職活動をしていくときには、あなた自身がブランドになります。ブランドとは、コンセプトがあり、プロフィール画像はブランドロゴのような役割を果たすために、他のSNSでも使用しているプロフィール画像の一貫性が重要になってきます。

LinkedInなど、ビジネス向けに使用している写真は、FacebookやTwitter、InstagramなどのSNS上でのプロフィール写真は、すべて同じ写真を統一して使用するのが良いでしょう。統一したプロフィール画像を使用することで、あなたがどのような人物であるかを理解しやすくなります。



外資系企業、海外就職、グローバル企業に強い転職エージェント

「外資系企業」「海外勤務がある企業」へ転職したい方の中には、どのようなステップで応募すればいいのか悩まれる方も多いと思います。直接、会社のオフィシャルサイトで採用情報を記載されている企業もたくさんありますが、外資系企業や海外勤務のあるグローバル企業へ転職される方の大半は、「転職エージェント」を利用して転職される方がほとんどです。外資系企業・海外勤務のある企業へ転職する際には、それに特化した転職エージェントがあります。

20代・30代の転職・グローバル・海外就職に強いランスタッド

ランスタッドは、1960年にオランダで創業された世界最大級の総合人材サービス会社です。世界39の国と地域に4,700以上の拠点を持ち、50年以上にわたり培ったノウハウと信頼のある転職エージェントです。

日本国内に136拠点あり、20代〜30代第二新卒の転職サポートに実績があります。グローバル企業、海外勤務、外資系企業の取り扱いも多数。相談は全て無料。

ランスタッド公式サイト

非公開求人数・成功実績No.1のリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、非公開求人数は業界最大級の約10万件。求人の90%は非公開求人 · 転職成功実績No.1 · 年収1000万以上の求人、外資系企業・海外就職・グローバル企業の案件も多数。

日本最大級の求人件数を誇る転職エージェントなので、まずは登録しておきたい転職エージェントです。相談は全て無料。

リクルートエージェント公式サイト

年収800万円以上のエグゼクティブ求人に強いキャリアカーバー

キャリアカーバー は、年収800万円以上の求人、エグゼクティブ求人・グローバル企業・外資系企業のハイクラス求人が豊富に揃うリクルートが運営するハイクラスの転職エージェントです。

求人は非公開のものが多く会員登録することで、専門のヘッドハンターからスカウトを受け取ることができます。基準として直近の年収650万円以上の方に限定されるため、敷居が高いのが特徴。相談は全て無料。

キャリアカーバー公式サイト

外資系・日系グローバル企業での英語を活かした転職ならロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ は、日本では「グローバル人材」に特化した人材紹介会社。 「英語を活かせる求人」だけを紹介しており、コンサルタントは全員バイリンガルで、満足度93%を誇り、外資系ならではのスピード感をもって選考を進めることができます。

求人は公開求人だけでなく、外資系高収入非公開求人も数千件扱っており、面接アドバイスや履歴書の添削を各コンサルも行います。相談は全て無料。

ロバート・ウォルターズ公式サイト

サポートが充実の外資系企業に強いJACリクルートメント

JAC Recruitment は、リクルートエージェントに次いで、業界大手、イギリス発の外資系エージェント。非公開、独占求人の紹介, 外資系企業の豊富な情報量, 英語面接対策やレジュメチェックなどのサポートも充実。相談は全て無料。

JAC Recruitment 公式サイト

外資系アパレル・ラグジュアリーブランド求人に強いクリーデンス

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス は「DODA」が運営しているファッション専門の転職エージェント。外資アパレルブランドやラグジュアリーブランドに特化した案件も強いので、外資系のファッション業界を目指す方にはおすすめの転職エージェントです。

担当コンサルタントと企業ごとに合わせた面接サポートもあるので、外資ブランドを初めて目指す転職者にとって手厚いサポートです。相談は全て無料。

クリーデンス公式サイト



上記は外資系・海外就職・グローバル案件の転職案件に強く、サポートもしっかりあるので、今後、「外資系企業」を目指す方は、登録しておさえておきたい転職エージェントになります。できる限り、1社に限定してしまわずに、2〜3社に登録をしてセカンドオピニオンを持たれることをおすすめいたします。

関連記事

  1. IT業界向け英文履歴書作成のポイントとエンジニアのレジュメ記入例

  2. 外資系の転職に必要な英文履歴書、レジュメの書き方

  3. 英文レジュメの書き方の基礎知識と技術的なポイントについて

  4. Curriculum Vitae(CV)とは?英文レジュメとCV(職務経歴書)の違いについて

  5. 英文レジュメをメールで送る時のテンプレートとサンプル例

最近の記事

おすすめ記事

  1. 転職回数が多いのは不利?外資系企業への転職を成功させるコツ
  2. 女性の外資系企業への転職に年齢や経験は関係ある?
  3. 40代で外資系企業に転職できる?40代が気になる外資系転職事情
  4. 英語ができない場合は外資系転職や海外就職は無理?狙い目の職種について
  5. LinkedInとは?ビジネスSNSを利用して外資系企業に転職成功
  6. 恥をかかない効果的な英文メールの書き方や注意点について
リクルートエージェント

人気記事

PAGE TOP