ノルウェーで働くには?ノルウェー系企業の求人と現地採用の就職事情や転職のポイント

今や北欧にはフィンランドのヘルシンキに代表されるように、飛行機の日本路線で欧州最大市場のところがあります。同じく日本からの直行便が多く就航されているドイツにも近いのがノルウェーになります。

北欧と言えば充実した社会福祉制度に加え、近年は家具が日本でもブームとなり、より身近な存在となりました。ノルウェーのイメージからすると、クロスカントリーなど、冬季オリンピックの強豪国として知られています。

ノルウェーの首都のオスロは、毎年確実に人口が1万人ずつ増え続け、海外就職でも注目を集めています。ネット社会になり、現地に行かなくても転職エージェントに登録して、ノルウェーの仕事を探すことが出来る時代となってきました。ここでは、ノルウェーの気候や生活関連と言った、知っておくと便利な情報についてご紹介致します。



ノルウェーの基本情報について

実際の例ではノルウェーの朝8時は、日本の同じ日の16時なので、時差が8時間あります。ノルウェーはサマータイムが適用される3月の最終日曜日の2時00分から10月最終日曜日の3時00分までは、時差が7時間になります。サマータイム期間中はノルウェーの朝8時が、日本では15時になります。

ノルウェーは世界幸福度ランキングで世界1位、スマートグリッド先進国で、何といっても世界有数の石油輸出国です。水資源が豊富で、漁業に林業や鉱業も盛んで、観光ではオーロラが有名です。

ノルウェーの公用語はノルウェー語になりますが、地方の年配の人たち以外は、たいてい英語が通じます。ノルウェーは男女平等が当たり前で、ワークライフバランスの取れた生活が出来ることで、日本の女性も今後増えると予測されます。そこで、ノルウェーの就職について知っておくと便利な耳寄りな情報について、以下まとめてみました。

ノルウェーの概要

人口約520万人のノルウェーは、国土面積は日本とほぼ同じぐらいなので、人口密度自体は低いです。主な民族はゲルマン系のノルウェー人で、国の約8割を占めるマジョリティです。そのほか、1%台のスウェーデン系やデンマーク系、先住民の少数民族のサーミ人がいます。北欧以外の日本で馴染みの国で挙げると、ドイツやトルコ、ベトナムの人たちも比較的多く暮らしています。

ノルウェーにおける宗教の割合は、キリスト教関連が83%です。キリスト教以外の宗教は約3%で、うち8割がイスラム教となっています。

外務省のデータによると、ノルウェー進出の日本企業には大手の石油販売メーカーに海運会社や農業機械で有名な会社などがあります。在留邦人数は1,100人ほどで、首都オスロ一帯は、1人あたりGDPがヨーロッパでは1番高い地域の一つになります。

日本からノルウェーへの主要輸出品目は第1位が乗用車、第2位が鉄鋼です。ノルウェーから日本への主要輸入品目のベスト3を上から順に挙げると、魚介類及び同調製品,石油及び同製品,非鉄金属です。

南フランスのマルセイユと北海道の札幌が同じぐらいの緯度なので、ノルウェーはさぞかしかなり冬は寒いと思ってしまいますが、実はそうでもありません。そこで、ノルウェーの地理や気候についてご紹介致します。

ノルウェーの地理や気候について

北ヨーロッパのスカンディナビア半島西岸にあるノルウェーは高緯度に位置していますが、暖流のメキシコ湾流の影響もあり、北極圏以外の地域では思ったより温暖な気候です。日本と同じく四季が明確に分かれていますが、一年を通じて湿度が低くて梅雨がないのが、何よりもうれしいです。

オスロの最低気温はマイナス7℃、最高気温は22℃なので、札幌と同じぐらいです。旅行のベストシーズンは6~8月で、7月が特に最適と言われています。地球温暖化により夏季は30℃前後になる日も珍しくはないですが、北海道と同じく爽やかな夏と言ってもいいでしょう。

第2の都市のベルゲンの最低気温はマイナス1℃、最高気温は19℃で、ノルウェーの冬の時期はしっかりとした防寒対策が必要となります。オーロラ観光ともなると完全フル装備で、主催先の旅行会社と確認を取りながら、寒さ対策を行ってください。ノルウェーで働くことを考えると、札幌や信州に行くようなイメージでいいと思いますが、年によって多少の差はあります。

ノルウェー滞在中に服装で気を付けておきたい点は、オペラ鑑賞やコンサートでは正装が基本となります。男性はスーツにネクタイ、女性はドレスが望ましく、ドレスコードの規定がなくてもTPOを意識しましょう。高級レストランではノーネクタイでジャケット着用、女性はそれに準ずる服装で出掛ける方が、無難と言えます。

ノルウェーの言語や公用語について

ノルウェーの公用語はノルウェー語になりますが、ビジネスだけでなく都市部で暮らすことに関しては、ほとんど英語で問題ないです。ノルウェー語の9割近くがブークモールと呼ばれる、オスロ界隈の方言がベースのデンマーク語の影響を強く受けた書物の言葉をベースとした、言語が話されています。1割はデンマーク色を除いた新しいノルウェー語に当たるニーノシュクが使われていますが、知識として知っている程度でいいでしょう。

「ノルウェー 英語のニュース インターネット放送」で検索して、放送局のサイトやYouTubeで英語の放送でノルウェー人の発音を聴くことが出来ます。ほかの非英語圏の英語よりもクセが強くない上に聞き取りやすいこともあり、ノルウェーに行くことが決定した場合は、耳慣らしをしておくといいかもしれません。

世界最大級の語学学校が非英語圏向けの人たちにテストを行った結果、ノルウェーは英語能力ランキングで世界第4位です。地方に行くと一部の年配の人たちは、英語が通じない場合もありますが、ノルウェーで働くのに困ることはなさそうです。

ノルウェーの物価と生活費について

ノルウェーは、非EU加盟国になりますが、ほとんど日本では報道されていません。世界有数の石油輸出国で、国の文化や独自性を保持することなどが主な要因です。社会福祉制度の充実のために、ノルウェーの物価はほとんどのものが日本より高めに設定されています。

世界各国の統計調査をベースとした物価の比較では、日本よりもノルウェーの平均的な物価は25%高いと、報告されています。首都オスロ周辺は、ルクセンブルクなどと同じくヨーロッパの中でも1人あたりのGDPが最も高い地域の一つなので、納得出来るでしょう。

ここ数年、1ノルウェー・クローネ(略称NOK、またはkr)は日本円で12円台半ば~17円程度で推移しています。計算のしやすさと直近の1年間の通貨レートの安定度からみて、以下の物価に関しては、1ノルウェー・クローネ(kr)を14円でイメージされてみてください。

オスロ市内の地下鉄にトラムやバスなどの公共交通機関が共通に利用できるチケットが便利で、無料や割引の対象となる博物館や美術館へ行くのもおすすめです。30日間有効なチケットが1ゾーン限定だと736kr、全ゾーン適用で1,874krです。

オスロ市内で財布に優しい宿ではゲストハウスが学生や若い人たちには人気で、ドミトリーで1泊200krのところもありますが、目安として300krはみておいた方がいいでしょう。全体的にオスロはB&Bが少なく、リーズナブルな宿となるとゲストハウスやユースホステルになりますが、日本より少し高めです。

ノルウェーの家賃

ノルウェーでは日本で言う礼金敷金の代わりに、デポジットと言うものがありますが、金額は物件によって異なります。家賃の2~3ヶ月分、或いは1ヶ月プラス1,000krなど、下見の際に契約内容を確認してみてください。

契約時に気を付けておきたいのが、デポジットを支払う際に、借りる方と貸す側の両方のサインが必要となります。領収書だけでなくデポジット返金の際の証明書になるので、借りる側も受け取りを忘れずに、きちんと保管しておくと良いでしょう。

家賃の大まかな目安ですが、オスロ市街地の中心部でひと月の家賃が、1ベッドルームで11,000krです。家族向けのアパートメントだと19,000krになりますが、外資系の多国籍企業での就職では年収が高く、日系企業の駐在員だと家賃補助がある場合がほとんどです。

オスロ郊外の1ベッドルームになるとひと月の家賃が9,000kr、郊外の家族向けの物件だと155,000kr前後です。ノルウェーは、日本の東京都心と地方のような家賃の格差がそれほど顕著ではありません。

現地採用などで家賃負担が少ない場合で、シェアハウスを利用している人も少なくありません。シェアハウスだとトイレバスが共同になりますが、ひと月の家賃の相場が4,000kr~8,000krで、住む場所によって料金が異なってきます。

ノルウェーの電気代・水道代・ガス・インターネット

ノルウェーのシェアハウスの場合だと、水道光熱費に加えインターネット使用料が、契約時に要確認ですが、家賃込みの場合がほとんどです。ノルウェーの家賃についての補足になりますが、オスロ市内の各地に点在する学生寮を利用するのも一つの選択肢と言えます。

学生寮の名称でも単身から家族向けの物件があり、1ベッドルームが月3,000kr前後なのでお得です。ちなみにノルウェーの一人あたりの平均国民所得が、約43,000krなので、日本より結構高めです。

約25坪の3ベッドルームに当たる家族向けのアパートメントのひと月あたりの光熱費の目安が1,300krほどなので、日本と同じぐらいでしょう。地方都市や単身向けのアパートメントだと、日本よりもかなり安く感じる場合があります。水道代やガス代は、家賃込みの場合が多く、契約する前に確認を忘れないようにしてください。

また、インターネットに関しては、大家さん主導や家賃込み、接続は個人で契約と言ったアパートメントによって異なってきます。個人契約の場合だとケーブルテレビとセットになり、月の使用量は800krのところもあります。自宅でそれほど必要でない場合だと、ノルウェーの都市部の多くで提供されているカフェの無料Wifiを使うというのも、いいかもしれません。

ノルウェーの食事(レストラン・スーパー)

食料品には15%、日用品には25%の税金が掛かるのが、ノルウェーのお買い物事情の大きな特徴です。パンが750グラムで25~30kr前後、牛乳1リットルが17kr、卵も日本より少し高くてビールの500ml缶が1本27krです。

チーズはブロックの方が安いので、家でスライスするとお得になります。野菜は気軽に購入できますが、魚は日本の方がノルウェーより安いです。アルコール度数の低いお酒類はスーパーでも購入できますが、高いものだと専門のお店でしか取り扱っていません。週末に安いお酒を買いに、スウェーデンまで出掛ける人も結構多いです。コーヒーはコンビニだと20krで、カフェだと30krちょっとはしますが、その分高品質で美味しいと言われています。

スペインでは有名なタパス型式の飲食店だとランチの一皿が40~80kr、ディナーだと60~150krはみておいた方が良いです。高級店に行くと一皿が250~350kr、一般的なレストランだとランチが150~200kr、スーパーのテイクアウトだと更に安くなります。

ノルウェーの治安について

ノルウェーは世界有数の安全な国で、犯罪が少なく女性にとっても安心して暮らせる国として知られています。男女平等で女性の管理職の登用や出張が頻繁にあると言った、日本とは労働環境も異なります。自然環境にも恵まれアウトドア派の人にはたまらない国で、キャンプにカヌーやスキーなど、さまざまなアクティビティを楽しめます。

ノルウェーは安全な国とは言え、陸の玄関口であるオスロ中央駅周辺や旅行者が多く集まるレストランやカフェでは、置き引きやスリに気を付けてください。グロンランド駅周辺やヴィーゲランズ公園など、移民が多く住むエリアでの暗い時間帯での、一人歩きも避けましょう。

盗難などを防ぐ方法として最も効果的なのが、一般的なノルウェー人と同じような服装をすることです。ジーンズやスニーカー、落ち着きのあるパンツや靴、アウターなど現地の人に合わせた服装を心掛けるのが賢明です。

ノルウェー人の特徴や国民性について

親日国としても知られていますが、ドイツ同様にノルウェーにはゲルマン系の民族が多いです。生活音に関してはドイツと同じくルールを守る必要があるので、夜お酒を飲んで友人と騒ぐ、21~22時ぐらい以降に音楽をかけるなどは遠慮した方が良いでしょう。

スカンディナヴィア諸国の人たちの共通でスウェーデンの人たちなどもそうですが、会話の間合いや雰囲気が日本人に似ていることもあり、それほど違和感がありません。男性がシャイなところもあり、穏やかで親しみやすいのは、スカンディナヴィア諸国の国々とほぼ同じです。

ノルウェーは女性が一人でバーに行ってお酒を飲むことは少数派ではなく、プライベートの会話ではアウトドアネタが好まれます。自立している女性が多く、日本風に言えばさばさばしたタイプになるでしょう。

ノルウェーの代表的な企業一覧

日本に進出して日本人に馴染みのあるノルウェー企業となると、あまりありませんが、ノルウェー・オスロに本社を置くヘリーハンセン(HELLY HANSEN)は、防水・防寒服を中心としたスポーツアパレルメーカーで、世界45カ国で販売されています。それでは業種別にノルウェーの代表的な企業を見ていきましょう。

航空会社

  • ヴィデロー航空
  • スカンジナビア航空
  • ノルウェー・エアシャトル

スポーツ用品メーカー

  • ヘリー・ハンセン

石油関連

  • エクイノール
  • フレッド・オルソン・エナジー

ソフトウェア関連

  • Qt Development Frameworks
  • オペラ・ソフトウェア
  • メルトウォーターグループ

ノルウェーの就労ビザについて

観光目的でノルウェーへ行くのに、日本国籍を有する場合だと、90日間まではビザを取得する必要がありません。ノルウェーのワーキングホリデーだと、申請時に年齢が18~30歳で、日本に居住しているとことが、必須条件になります。また、同じ雇用者の下で6ヶ月以上働くことは出来ませんが、英語が通じやすいので、外国生活の経験を積むのにいいかもしれません。

ノルウェーは学生ビザでも週に20時間までの労働が許可され、一般的に就業する場合は、就労ビザが必要となります。ここでは、ノルウェーの就労ビザについて紹介致します。

ノルウェーの就労ビザの種類や期間について

ワーキングホリデーや学生ビザ以外で、ノルウェーで働くには主に3つの就労許可があります。スキルドワーカーと言われる熟練労働者、海外駐在員などが該当する出向社員に加え、研修生のための滞在許可があります。

先ずは、スキルドワーカーについて、以下説明致します。ノルウェーの会社に雇用され、スキルドワーカーの熟練労働者とみなされた場合は、就労許可証が下ります。給与や勤務条件がノルウェーの水準を上回ることが必要となり、必然的にフルタイム勤務となります。出向社員のための就労ビザは、フルタイム勤務の必要はありませんが、詳細は赴任先の会社にお問い合わせください。

ノルウェーの就労ビザの申請について

スキルドワーカーの就労ビザの申請についてですが、労働許可証は既に就職先が決まり、給料がノルウェーの会社から支払われる場合に限ります。現地のオスロの転職エージェントの活用が効果的ですが、日本人スタッフがいる人材派遣会社を利用することをおすすめします。

就労ビザ申請の審査のための書類はノルウェー語か英語で行われますが、受け入れ側の会社が一般的に行うのは、ほかの国とだいたい同じです。自分で用意しておきたいのが、現地の住居確保証明書と最終学歴証明書になりますが、詳細は転職エージェントに尋ねてみてください。

ノルウェーで永住権取得を目指しているのであれば、取得条件が変わることもあるので、UDIと呼ばれるノルウェー移民局のサイトで確認をしてみてください。また、駐日ノルウェー大使館は東京都港区の南麻布、領事館は札幌と神戸、福岡市内にあります。留学やワーキングホリデーでの期間中はカウントされず、就業などでの滞在許可証が3年以上、ノルウェー語の授業に550時間参加とレベルA1以上のテストに合格などが条件となります。

ノルウェーの就労ビザの申請の難易度

ノルウェーの就労ビザの申請の難易度がやや高くなっていると言われていますが、以前とそこまで変わらないと思います。諸外国同様に、本国以外の外国人で、スキルドワーカーに該当するのが、幾つか直ぐに浮かびます。

寿司職人であれば就労ビザが下りやすいようですが、何せ飲食店はスタッフ間のコミュニケーションが必要なので、最低限日常会話レベルの英語力は欲しいところです。医療系の看護師や通訳コーディネーターの仕事で、英語だけでなくノルウェー語が出来れば、就職先も見つけやすいと言えます。

未経験者だけど介護施設でと考えている場合だと、連携先の語学学校提供の福祉プログラムを受講しながら働いている外国人も少なくありません。就労ビザ取得の求人案件が多い、転職エージェントを通して就業先を探すことが一番安心ではあります。常勤の日本人スタッフがいる、レスポンスが比較的早いと言った2つの優先順位を考えながら、転職エージェントを当たってみるといいでしょう。

ノルウェーの就労ビザの申請に必要な語学力

NAVと言われる日本のハローワークに当たる機関が、ノルウェーにはあります。ノルウェーの就労ビザ申請の際に必要な書類の中に、CV(Curriculum Vitae)と呼ばれる、書式は自由ですが、日本で言う履歴書を準備する必要があります。

就職活動中にCVを英語で書くよりノルウェー語で書いた方が、仕事自体は見つかりやすいです。ただ、ノルウェー語で提出すると、NAVや転職エージェントのスタッフから語学が堪能と見なされます。読み書きは出来ても会話が出来ず、オーラルインタビューがノルウェー語になってしまい、たじたじだったと言う話しもよく耳にします。

かつて出向社員や転職エージェントを通して働く人以外の外国人は、NAVが用意するノルウェー語の学力テストをパスする必要が中には、あったそうです。学力テストに合格すると必ず合格出来ると言った保証はないものの、交通費や日当込で月に6,000krぐらい貰えたようです。高齢化が進み外国人労働者が職種によってかなり必要となるので、ノルウェーの移民政策にも今後目が離せません。

ノルウェーの就職事情と求人について

ノルウェーで働くためには、日本採用で日系か外資系企業で現地へ赴任するか、現地採用になります。ノルウェーでの就職や海外駐在員待遇を目指すのであれば、海外就職やグローバル案件・外資系転職に強い転職エージェントを活用してみましょう。

20代〜30代の海外就職やグローバル案件・外資系案件に強いと言われている『ランスタッド』 は、転職初心者からスキルの高い人に特化したハイクラス案件まで幅広く扱っています。また日系の転職エージェント『リクルートエージェント』を活用してみるのも良いでしょう。転職初心者からハイレベル案件の非公開案件を多く取り扱っているので、まずは登録してご自身の状況を見つめ直してみるのも良いでしょう。

また、外資系企業の案件を多く扱っている『JAC Recruitment』『ロバート・ウォルターズ』 もオススメです。こちらの転職エージェントには英語が堪能なバイリンガル担当者が多いので、英語に自信のある方はハイクラス案件を紹介していただけます。また、英語に自信のない方も、英語レジュメや英語面接などのアドバイスも対応してもらるので、転職エージェントを上手く活用を検討されてみるのもいいでしょう。ここでは、ノルウェース系や日系企業での就職と現地採用の諸事情についてご紹介致します。

日本におけるノルウェー系企業

日本に進出しているノルウェー系企業は、全部で20社ほどです。係船装置で知られるプスネス社をルーツとする船舶用甲板機械の製造販売会社が、山口県の下関市にあります。

水産物を取り扱うレロイ社の日本現地法人が、東京都港区にオフィスを構えています。ノルウェーにある、レロイ・シーフード・グループ生産部門のサーモン養殖会社レロイ・オーロラ社は、日本向けに安全で美味しいオーロラサーモンを生産しています。

東京都台東区にオフィスを置くノルメカエイシアは、ノルウェーにある災害救急用機材を取り扱うノルメカ社の機材やシステムを輸入販売しています。日本郵船は、海運会社のクヌッツェン・オフショア・タンカーズ社へ資本参加をし、同社総株式の半分に当たる50%を取得しています。

ノルウェーの現地採用

ノルウェーの現地採用で最も仕事が見つかりやすいのは、医療関係と寿司職人です。エンジニアやIT関連も有望ですが、日系企業のセールス職の現地求人と言うのは、あまり聞きません。

イギリスには多くのシンガポール人看護師がいますが、ノルウェーだとデンマークとフィンランドから来た人たちが、外国人看護師の大半を占めます。イギリスほど多くはないもののノルウェーにもシンガポール人看護師が各地で働いています。

ノルウェー大使館も頻繁ではないですが、現地採用職員を募集していることがあります。日本語で確認出来る公式サイトやFACEBOOKとツイッターにも内容を掲載している場合があります。「リクルートエージェント」などの転職エージェントでは、日本国内だけでなく海外の現地の行政機関の求人を扱っていますので、お見逃しなく。

そのほか現地のレストランや幼稚園のアシスタントなど、外国人向けの求人情報があり、転職エージェントと同様に現地の口コミも上手く活用しましょう。

ノルウェーの駐在員求人

ノルウェーに進出している日系企業は約30社ですが、ヨーロッパ諸国との経済連携が加速すると予測される中、まだまだ増えそうです。ノルウェーに進出の会社名を挙げると、キャノンに豊田自動織機やクボタ、出光興産や日本郵船,クボタなどです。

人口が多いアジア市場の家電においては、それほど高価でない製品を短いスパンで購入するのが一般的で、北欧や西欧とは大きく異なります。ヨーロッパには、安かろう悪かろうの概念がなく、クオリテイ重視で日本製品に興味を持っている人が少なくありません。特に北欧やドイツではものを大切にする習慣があり、多機能製品が好きな人が多いので、日本のメーカーも大きなチャンスと言えます。

駐在員求人もノルウェーで働くことを最優先にしている場合、ヨーロッパ各地への勤務可能だと、仕事先も見つけやすくなるでしょう。気になる人は、先ずは転職エージェントへの登録と英語のブラッシュアップをおすすめします。駐在員求人だと、年に1回か2回の日本とノルウェー間の航空券支給や現地の家賃補助がある場合がほとんどです。

ノルウェーで働くには?就職の進め方について

それでは、ノルウェーで働くにはどのような情報を集めて、どのようにして準備を進めていけば良いのでしょうか?

日本語によるノルウェーでの求人サイトは現状ほとんどなく、現地の「Finn.no」などのサイトを利用して自分自身で働き口を見つけることも可能ですが、ノルウェーである程度、長期的に働こうと考えている場合は雇用主を見つけて、まずはビザの申請をしなければなりません。

ノルウェーで長期的に働く場合は、ノルウェーに支店がある日系企業に応募する方法が、もっともメリットが多く、ビザ申請に関してもスムーズに進むのではないでしょうか。

ノルウェー系企業の求人は、一般公開されている企業は非常に少なく、自分にあった職種を見つけることが難しい状況ですが、海外勤務に関しては非公開案件も多く存在しています。この非公開案件を見つけることで、自分にあった企業を紹介してもらうことが可能です。

非公開求人の情報を集める

海外就職を進めていく中で、よい求人を見つけるには、「転職エージェントから非公開求人の案件をオファーを集める」ことが一番良い方法になります。

転職エージェントでは、一般的な転職サイトでは見つからないような条件の良い求人を、エージェントが集めてきてくれて、優先的に紹介してくれることが最大のメリットです。

転職エージェントに登録することから採用されるには一切費用が発生しないので、外資系企業や海外就職に成功された方の例としては、「外資系や海外勤務に強い大手転職エージェント」に登録する方が、圧倒的に多いのが現状です。採用した企業から手数料をもらうため転職エージェントも、かなり親身になってサポートしてくれます。

外資系企業や海外就職に強い転職エージェントとして、求人件数が圧倒的に多いのは、20代・30代の転職・グローバル&海外就職に強い「ランスタッド」 、国内最大手の「リクルートエージェント」 になるので、この2社は必ず押さえておきましょう。

現地密着型の求人情報では、ノルウェーの日系企業では、どのような仕事があるのか、また給料の相場などをチェックしても良いでしょう。

最後に

レディーファーストの実現と言うよりも女性の自立度が世界で最も高い国と言われるのがノルウェーなので、新鮮な感覚で生活が出来そうです。男女格差是正のための取り組みが年々増して、成果が上がっている自治体や会社とそうでないところが、日本ではまだまだみられます。

それでもレディーファーストそのものが、浸透し始めているので、ノルウェーで働くのも若い世代の人たちにはそれほど違和感なく溶け込めそうです。北欧がより身近になったことで、ノルウェー生活も現実的となっています。気になる人は、日本でも仕事を探すことが可能なので、外国への就職に強い転職エージェントに先ずは登録をしてみましょう。

外資系企業、海外就職、グローバル企業に強い転職エージェント

「外資系企業」「海外勤務がある企業」へ転職したい方の中には、どのようなステップで応募すればいいのか悩まれる方も多いと思います。直接、会社のオフィシャルサイトで採用情報を記載されている企業もたくさんありますが、外資系企業や海外勤務のあるグローバル企業へ転職される方の大半は、「転職エージェント」を利用して転職される方がほとんどです。外資系企業・海外勤務のある企業へ転職する際には、それに特化した転職エージェントがあります。

20代・30代の転職・グローバル・海外就職に強いランスタッド

ランスタッドは、1960年にオランダで創業された世界最大級の総合人材サービス会社です。世界39の国と地域に4,700以上の拠点を持ち、50年以上にわたり培ったノウハウと信頼のある転職エージェントです。

日本国内に136拠点あり、20代〜30代第二新卒の転職サポートに実績があります。グローバル企業、海外勤務、外資系企業の取り扱いも多数。相談は全て無料。

ランスタッド公式サイト

非公開求人数・成功実績No.1のリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、非公開求人数は業界最大級の約10万件。求人の90%は非公開求人 · 転職成功実績No.1 · 年収1000万以上の求人、外資系企業・海外就職・グローバル企業の案件も多数。

日本最大級の求人件数を誇る転職エージェントなので、まずは登録しておきたい転職エージェントです。相談は全て無料。

リクルートエージェント公式サイト

年収800万円以上のエグゼクティブ求人に強いキャリアカーバー

キャリアカーバー は、年収800万円以上の求人、エグゼクティブ求人・グローバル企業・外資系企業のハイクラス求人が豊富に揃うリクルートが運営するハイクラスの転職エージェントです。

求人は非公開のものが多く会員登録することで、専門のヘッドハンターからスカウトを受け取ることができます。基準として直近の年収650万円以上の方に限定されるため、敷居が高いのが特徴。相談は全て無料。

キャリアカーバー公式サイト

外資系・日系グローバル企業での英語を活かした転職ならロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ は、日本では「グローバル人材」に特化した人材紹介会社。 「英語を活かせる求人」だけを紹介しており、コンサルタントは全員バイリンガルで、満足度93%を誇り、外資系ならではのスピード感をもって選考を進めることができます。

求人は公開求人だけでなく、外資系高収入非公開求人も数千件扱っており、面接アドバイスや履歴書の添削を各コンサルも行います。相談は全て無料。

ロバート・ウォルターズ公式サイト

サポートが充実の外資系企業に強いJACリクルートメント

JAC Recruitment は、リクルートエージェントに次いで、業界大手、イギリス発の外資系エージェント。非公開、独占求人の紹介, 外資系企業の豊富な情報量, 英語面接対策やレジュメチェックなどのサポートも充実。相談は全て無料。

JAC Recruitment 公式サイト

外資系アパレル・ラグジュアリーブランド求人に強いクリーデンス

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス は「DODA」が運営しているファッション専門の転職エージェント。外資アパレルブランドやラグジュアリーブランドに特化した案件も強いので、外資系のファッション業界を目指す方にはおすすめの転職エージェントです。

担当コンサルタントと企業ごとに合わせた面接サポートもあるので、外資ブランドを初めて目指す転職者にとって手厚いサポートです。相談は全て無料。

クリーデンス公式サイト



上記は外資系・海外就職・グローバル案件の転職案件に強く、サポートもしっかりあるので、今後、「外資系企業」を目指す方は、登録しておさえておきたい転職エージェントになります。できる限り、1社に限定してしまわずに、2〜3社に登録をしてセカンドオピニオンを持たれることをおすすめいたします。

関連記事

  1. フランスで働くには?フランス系企業の求人と現地採用の就職事情や転職のポイント

  2. ドイツで働くには?ドイツ系企業の求人と現地採用の就職事情や転職のポイント

  3. スイスで働くには?スイス系企業の求人と現地採用の就職事情や転職のポイント

  4. イギリスで働くには?イギリス系企業の求人と現地採用の就職事情や転職のポイント

最近の記事

おすすめ記事

  1. 英語ができない場合は外資系転職や海外就職は無理?狙い目の職種について
  2. LinkedInとは?ビジネスSNSを利用して外資系企業に転職成功
  3. 恥をかかない効果的な英文メールの書き方や注意点について
  4. 女性の外資系企業への転職に年齢や経験は関係ある?
  5. 転職回数が多いのは不利?外資系企業への転職を成功させるコツ
  6. 40代で外資系企業に転職できる?40代が気になる外資系転職事情
リクルートエージェント

人気記事

PAGE TOP