アルゼンチンで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

国土面積が日本の7.5倍のアルゼンチンは、世界で8番目に広い国で、日本ではタンゴやサッカーの強豪国として知られています。ヨーロッパの香りが漂うブエノスアイレスや石造りの建築物が大人の雰囲気に溢れるコルドバをはじめ、アルゼンチンには個性的な街が各地に点在しています。

国民性である感情表現が豊かで、気さくな性格は、外国生活に彩りを加えてくれそうです。ここでは、そんなアルゼンチンで働く際に当たって、知っておくと便利な就労ビザや就職事情と求人について、ご説明致します。



アルゼンチンで働くには?アルゼンチンの就労ビザについて

有効な日本国のパスポートを持っていて、観光等の目的でアルゼンチンに90日間以内の滞在であれば、ビザは必要ありません。また、90日間の有効期限が切れる前に、アルゼンチン国内の移民局で手続きを済ませると、更に1回だけ90日間延長が出来ます。

なお、アルゼンチンで働くには、テンポラリーと言う滞在許可が必要となり、その中に投資家ビザや就労ビザ等が入っていると考えた方が解りやすいと思います。そこで、アルゼンチンの就労ビザについて、以下順を追って、ご説明致します。

アルゼンチンの就労ビザの種類や期間について

アルゼンチンの移民法では、就労ビザに該当するテンポラリーとトランジットの2種類に加え、永久ビザにあたるパーマネントのいずれかの滞在許可の取得が必要となってきます。それに加え、海外にあるアルゼンチン領事館で申請可能な1年間有効の入国許可が必要です。

トランジット

観光や医療処置に加え、投資市場調査とアルゼンチンは農業大国であるため、季節労働等を対象としています。アルゼンチンで働く駐在員や現地採用の人たちは、該当しないと考えて良さそうです。

テンポラリー

専門的活動・投資家・契約を必要とする労働者・年金生活者・学生・宗教と言った幅広い人たちを対象にしています。専門的活動に含まれるのは、ビジネス・商工業・科学・文化・スポーツ等多彩で、詳細は、駐日アルゼンチン共和国大使館や雇用先の管理部門のスタッフに尋ねてみてください。

生産・商業・サービス等が目的の投資家であれば3年の滞在が許可され、そのほか180日間有効の短期滞在用と1年間有効の長期滞在用があります。なお、テンポラリーと言う滞在許可の中の一つに、就労ビザ等が入っていると考えた方が良さそうです。

アルゼンチンの就労ビザの申請について

テンポラリーの滞在許可を得るために必要な書類は、

  • スペイン語の申請書
  • 写真4枚
  • 無罪証明書
  • 健康証明書
  • 身分証明書

になります。そのほか滞在資格を証明する各種書類が必要となり、11ヶ月以上滞在予定の場合は、外務省の認証要の戸籍抄本を用意しください。

観光ビザの延長等では認められませんが、正規の学生ビザを取得して3年以上アルゼンチン国内で暮らした場合に、何と永住権の申請が出来ます。アルゼンチン国籍を擁する人と結婚、既にアルゼンチン国内に親族がいる、或いは出産した場合でも比較的スムーズに永住権が申請出来ます。

アルゼンチンの就労ビザの申請の難易度

アルゼンチンの就労ビザ取得は、駐在員であれば、一般的に雇用先の管理部門のスタッフが行ってくれるでしょう。現地採用であれば、会社によっては、自身で申請することになる場合もあります。申請書はスペイン語での記入となるので、ある程度の読解力とライテイング能力が必要となります。また、アルゼンチンのビザ取得サポートを行っている会社があるようです。

アルゼンチンの就労ビザの申請の難易度は、それほど厳しいとは言えませんが、国にとしては、国内の不法滞在者の正規移住化計画を推進しています。それ故に、滞在許可のテンポラリーを取得して就労するための手続きを取って、正式な形で働きましょう。

アルゼンチンの就労ビザの申請に必要な語学力

アルゼンチンの就労ビザの申請に必要な語学力の定めは、特に存在しません。日系人社会や駐在員同士の間では、日本語で問題なくても現地では、中南米の人たちが使うスペイン語が大なり小なり必要となってきます。

本場のスペインの人たちが使っているスペイン語との違いは、アメリカ英語とイギリス英語ぐらいの違いがあります。また、現地採用で働く場合は、日本語以外に英語ではなくスペイン語の職務経歴書を求められる場合がほとんどです。

駐在員とその家族に対して、勤務先によっては、スペイン語のサポートがあります。また、商社勤務の場合は、輸出入の相手国がある上に、世界で最も国際語として認識されている英語力を求める場合があります。

会社や職種によってどの言語が重要で、どれぐらいのレベルが必要なのか異なってきますので、勤務先や転職エージェントに詳細を確認してみてください。



アルゼンチンの就職事情と求人について


外務省の調べによると、アルゼンチンに進出している日系企業数は約70社となっています。在留邦人数は11,000人を超え、暮らし易く、事実婚を含め国際結婚の割合も高いようです。日系人は約35,000人の人たちが暮らしていて、1968(昭和43)年開校のブエノスアイレス日本人学校があります。そこで、ここではアルゼンチンの駐在員求人や現地採用などついて、ご紹介致します。

日本におけるアルゼンチン系企業

テチント・グループ

テチント・グループは、アルゼンチンとイタリアを拠点とする財閥系企業で、フォーブス誌の世界富豪ランキングで200位内に入ったことがあります。鉄鋼に鋼管や石油、ガスに加え建設業やヘルスケア等多くのの事業を手掛けています。

テチント・グループのテナリスは、欧米や南米の多くの鋼管メーカーを傘下に置く持ち株会社です。ニューヨーク証券取引所に上場していて、本社はタックスヘイブンで知られる世界有数の富裕国のルクセンブルクにあります。日本との関連性では、JFEスチールとシームレス管製造の合弁事業を行っていることで、知られています。

テチント・グループのテルニウムは、アルゼンチンだけでなくメキシコやコロンビア等にも鉄鋼メーカーを傘下にもつ持株会社です。テナリス同様にニューヨーク証券取引所に上場、ヘッドオフィスがルクセンブルクに置かれています。日本との繋がりは、新日鐵住金傘下に入ったブラジル鉄鋼会社のウジミナスにも出資しています。

マフィアバッグ

マフィアバッグは、アルゼンチンで設立されたカバンメーカーで、日本総代理店の株式会社デュマイロジャパンが東京都渋谷区にあります。ウインドサーフィン等のスポーツ仕様の素材でバックや財布などを作り、素材は主に寄付で集められているのが、大きな特徴に挙げられます。

クラウドファンディングやキックスターターで出資金を集め、アメリカ市場への進出を果たしました。集められた素材の一部を使い、持ち主の好みのデザインのカバン等を提供する、次世代の循環型ビジネスのモデル成功例と言えるでしょう。

アルゼンチンの現地採用

日本人にとってアルゼンチンは地球の裏側に位置し、世界で最も遠い国にある親日国家としても知られています。旅情をかきたてられるのと同時に、いっそのことアルゼンチンで働いてみたいと思った人も少なくはないでしょう。

アルゼンチンで日本語教師として、活躍している日本人女性がいます。1級建築施工管理技士資格か1級建築士保有者を取得している人であれば、転職エージェントを活用して、現地採用だけでなく駐在員求人に募集してみるといいでしょう。建築関連に加え、電気工事施工管理技士・電気主任技術者・測量士等の資格も優遇され、中南米から東南アジア諸国でも働くチャンスに恵まれます。

アルゼンチンでの仕事探しでは、情報収集がキーポイントなってきそうです。在アルゼンチン日本国大使館の職員を募集している時もあり、条件としてはスペイン語が一定レベル以上必要とされます。日系人が経営する病院や薬局では、勤勉な日本人をスタッフで採用するケースが多く見かけられます。

働く機会を得るには、スペイン語に語学力が高いと有利とされています。日本語と同じ5つの母音を持ち、発音が難しくないと言うことは聞き取り易さにも繋がるのでうれしいです。

また、在亜日本商工会議所のホームページの法人会員のリストを参照に、直接コンタクトを取ってみるのも一つの方法と言えます。エンジニア関連や会計等の職種に従事していた人は、アルゼンチンでも評価が高いです。

ブエノスアイレス掲示板では長期から単発的な仕事の紹介の情報を得ることが出来るので、見逃せません。ブエノスアイレスで開催される「タンゴダンス世界選手権」のステージ部門で、2年連続日本人が優勝したのは、同じ国民として、誇らしく思えます。ラテン系で明るいノリの国民性のアルゼンチンで、自分らしさを追求するのも悪くありません。

アルゼンチンの駐在員求人

アルゼンチンに進出している日系企業数は約70社ですが、個人商店を入れるとかなりの数になります。理由は日系企業数の数に対して在留邦人数が11,000人を超え、何よりも日系アルゼンチン人が国内に約35,000人もの人たちが暮らしています。ブエノスアイレス日本人学校や在アルゼンチン日本人会は共に、長い歴史を擁しているので安心です。

日本からアルゼンチンへの主要輸出品目で特に多いのが、バイクや自動車関連になります。乗用自動車やモーターサイクルをはじめ、自動車やエンジンの部品および付属品等が輸出されています。そのほか記録用または再生用の機器の部品および附属品、一次製品としてのアクリル重合体も多いです。

アルゼンチンから日本への主要輸出品目は、穀物のグレーンソルガムや飼料と醸造に適した原材料とされる大豆油かす、貴金属鉱や銅鉱等の資源が多く多彩です。スーパーでも見かける天然赤海老に代表されるように甲殻類、果実または野菜のジュースや魚のフィレその他の魚肉等もアルゼンチンから輸入をしています。

アルゼンチンに進出している日系企業

アルゼンチンに進出している日系企業には、トヨタや日産、ヤマハ発動機をはじめ、世界的に有名な会社があります。大手商社の丸紅は、現地で立ち上げた販売会社を通じて、日野自動車の小型トラックを輸入販売しています。三井物産が南米大手穀物会社のビセンティンと長期買い付け契約を結び、三菱商事も現地にオフィスを構えています。

アルゼンチンの駐在員求人は、大手メーカーや商社関連の募集が出ている時があります。技術職では、建築士と電気技師を必要としている企業が結構多いようです。アルゼンチンでないといけないと言うことでなければ、メキシコやブラジルに加え、アメリカやスペインも就職の候補地に挙げるといいでしょう。

アルゼンチンの駐在員求人の仕事を見つけるには、転職エージェントの活用が最も効果的と言えます。メキシコやスペイン等を候補地に含め、選択肢を広くすることで、キャリアコンサルタントとしても仕事を紹介出来る確率が、その分高くなります。

アルゼンチンで働くには?就職の進め方について

それでは、アルゼンチンで働くにはどのような情報を集めて、どのようにして準備を進めていけば良いのでしょうか?

直接現地で自分自身で働き口を見つけることも可能ですが、アルゼンチンである程度、長期的に働こうと考えている場合は、雇用主を見つけて、まずはビザの申請をしなければなりません。アルゼンチンで長期的に働く場合は、アルゼンチンに支店がある日系企業に応募する方法が、もっともメリットが多く、ビザ申請に関してもスムーズに進むのではないでしょうか。

アルゼンチン系企業の求人は、一般公開されている企業は非常に少なく、自分にあった職種を見つけることが難しい状況ですが、海外勤務に関しては非公開案件も多く存在しています。この非公開案件を見つけることで、自分にあった企業を紹介してもらうことが可能です。

非公開求人の情報を集める

海外就職を進めていく中で、よい求人を見つけるには、「転職エージェントから非公開求人の案件をオファーを集める」ことが一番良い方法になります。

転職エージェントでは、一般的な転職サイトでは見つからないような条件の良い求人を、エージェントが集めてきてくれて、優先的に紹介してくれることが最大のメリットです。

転職エージェントに登録することから採用されるには一切費用が発生しないので、外資系企業や海外就職に成功された方の例としては、「外資系や海外勤務に強い大手転職エージェント」に登録する方が、圧倒的に多いのが現状です。採用した企業から手数料をもらうため転職エージェントも、かなり親身になってサポートしてくれます。

外資系企業や海外就職に強い転職エージェントとして、求人件数が圧倒的に多いのは、20代・30代の転職・グローバル&海外就職に強い「ランスタッド」 、国内最大手の「リクルートエージェント」 になるので、この2社は必ず押さえておきましょう。

最後に

日系人が培ってきた信用と言った遺産があることで、日本人に対しての印象がいいのがアルゼンチンも同様です。農業大国であり、牛肉やワインが美味しいことでも知られ、食生活も楽しみです。フレンドリーな性格で、友人を大切にする国民性なので、出会いを大切にしたいものです。そんな魅力的なアルゼンチンで仕事探しを考えている人には、転職エージェントの活用がおすすめです。

外資系企業、海外就職、グローバル企業に強い転職エージェント

「外資系企業」「海外勤務がある企業」へ転職したい方の中には、どのようなステップで応募すればいいのか悩まれる方も多いと思います。直接、会社のオフィシャルサイトで採用情報を記載されている企業もたくさんありますが、外資系企業や海外勤務のあるグローバル企業へ転職される方の大半は、「転職エージェント」を利用して転職される方がほとんどです。外資系企業・海外勤務のある企業へ転職する際には、それに特化した転職エージェントがあります。

20代・30代の転職・グローバル・海外就職に強いランスタッド

ランスタッドは、1960年にオランダで創業された世界最大級の総合人材サービス会社です。世界39の国と地域に4,700以上の拠点を持ち、50年以上にわたり培ったノウハウと信頼のある転職エージェントです。

日本国内に136拠点あり、20代〜30代第二新卒の転職サポートに実績があります。グローバル企業、海外勤務、外資系企業の取り扱いも多数。相談は全て無料。

ランスタッド公式サイト

転職者満足度第1位のNo.1のdoda(デューダ)

doda(デューダ)は、転職者満足度第1位のNo.1(電通バスリサーチ調査)。転職のプロ・キャリアアドバイザーが、非公開求人の紹介だけでなく、面接対策やキャリアプランの提示などあなたの転職プランに沿って親身にサポートしてくれます。

面接の指導と転職後のフォローアップも評判が良く、まずは登録しておきたい転職エージェントです。相談は全て無料。

doda(デューダ)公式サイト

非公開求人数・成功実績No.1のリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、非公開求人数は業界最大級の約10万件。求人の90%は非公開求人 · 転職成功実績No.1 · 年収1000万以上の求人、外資系企業・海外就職・グローバル企業の案件も多数。

日本最大級の求人件数を誇る転職エージェントなので、まずは登録しておきたい転職エージェントです。相談は全て無料。

リクルートエージェント公式サイト

外資系アパレル・ラグジュアリーブランド求人に強いクリーデンス

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス は「DODA」が運営しているファッション専門の転職エージェント。外資アパレルブランドやラグジュアリーブランドに特化した案件も強いので、外資系のファッション業界を目指す方にはおすすめの転職エージェントです。

担当コンサルタントと企業ごとに合わせた面接サポートもあるので、外資ブランドを初めて目指す転職者にとって手厚いサポートです。相談は全て無料。

クリーデンス公式サイト

サポートが充実の外資系企業に強いJACリクルートメント

JACリクルートメントは、リクルートエージェントに次いで、業界大手、イギリス発の外資系エージェント。非公開、独占求人の紹介, 外資系企業の豊富な情報量, 英語面接対策やレジュメチェックなどのサポートも充実。相談は全て無料。

JAC Recruitment 公式サイト

外資系・日系グローバル企業での英語を活かした転職ならロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズは、日本では「グローバル人材」に特化した人材紹介会社。 「英語を活かせる求人」だけを紹介しており、コンサルタントは全員バイリンガルで、満足度93%を誇り、外資系ならではのスピード感をもって選考を進めることができます。

求人は公開求人だけでなく、外資系高収入非公開求人も数千件扱っており、面接アドバイスや履歴書の添削を各コンサルも行います。相談は全て無料。

ロバート・ウォルターズ公式サイト

年収800万円以上のエグゼクティブ求人に強いキャリアカーバー

キャリアカーバー は、年収800万円以上の求人、エグゼクティブ求人・グローバル企業・外資系企業のハイクラス求人が豊富に揃うリクルートが運営するハイクラスの転職エージェントです。

求人は非公開のものが多く会員登録することで、専門のヘッドハンターからスカウトを受け取ることができます。基準として直近の年収650万円以上の方に限定されるため、敷居が高いのが特徴。相談は全て無料。

キャリアカーバー公式サイト



上記は外資系・海外就職・グローバル案件の転職案件に強く、サポートもしっかりあるので、今後、「外資系企業」を目指す方は、登録しておさえておきたい転職エージェントになります。できる限り、1社に限定してしまわずに、2〜3社に登録をしてセカンドオピニオンを持たれることをおすすめいたします。

関連記事

  1. コロンビアで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

  2. ブラジルで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

  3. ペルーで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

  4. メキシコで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

  5. チリで働くには?日系企業の駐在員求人や現地採用の就職事情とビザ申請について

最近の記事

おすすめ記事

  1. 「リクルートエージェント」求人の90%は非公開求人 · 転職成功実績No.1
  2. 転職者満足度第1位の「doda(デューダ)」はスカウトが多く転職後のフォローアッ…
  3. ロバートウォルターズ「英語を活かした転職」で評判の転職エージェント
  4. 女性向け転職案件に実績のある「type転職エージェント」の特徴や評判について
  5. 面接対策や英文レジュメ添削などサポートの評判が高くハイクラス案件に強いJAC R…
  6. 年収800万円以上のハイスペック・エグゼクティブ求人に強い転職エージェント「キャ…
  7. 「ランスタッド」は世界第2位のシェアを誇る海外就職や外資系転職に強い転職エージェ…

人気記事

PAGE TOP