40代で外資系企業に転職できる?40代が気になる外資系転職事情

外資系に転職したいという方の中には、40代の方も多くおられると思いますが、40代の方の中には結婚して子供もいるというご家庭が多いのではないでしょうか?また、独身の方の場合でも年齢的な面で不安を感じられている方も多いことでしょう。今回は40代の外資系転職事情についてご紹介します。



40歳既婚者が抱える外資系企業への転職の不安

40代の方には妻子持ちの方も多くおられると思いますが、働き盛りの40代男性の方が悩まれている多くのケースが、大企業で終身雇用が保証されている会社から、外資系に転職したいというケースです。

おそらく大企業で勤務されている方で外資系に転職したいという方には、外資系で仕事をしていく自信があるという方が多いようですが、40代から定年まで約20年間にわたって、会社から要求されるパフォーマンスを上げていくことができるか、ということが未知数な為、不安を抱えている方が多いのではないでしょうか?

雇用の不安定さは日系企業も同じ

外資系企業は、雇用の不安定さがあるというネガティブなイメージがありますが、たしかに外資系企業には、日本撤退という可能性がありその不安は拭えません。

ただ最近では、大手の日系企業も同じように雇用の不安定さが浮き彫りになってきています。日系の大企業が大規模な想像できないような人員削減を行なっているケースもここ数年目立ってきています。

日本企業=終身雇用で一生涯安定という時代はもうすでになくなってきています。日本の企業に勤めているから、20年、30年先が安定している、保障されているという気持ちでいるよりも、好条件の仕事があれば、新しいことにチャレンジするという心構えの方が、一生涯働くという意味においては、安定志向なのかもしれません。



外資系企業も一方的な解雇の可能性は低い

先ほど述べたように、日本から撤退するというケースを除いては、一方的な解雇の可能性は、外資系企業でも極めて低く、仮に退職勧告を受けたとしても、出社を伴わずに在職期間中であっても転職期間活動中は給料が支払われるケースや、また退職金の割り増しなど、好条件の退職条件付きの退職のケースが多いのが外資系企業の特徴です。

外資系に勤めている人の多くは、会社から給料が支払われている間に転職ができる方が多く、好条件を選んで新しい道に進む方が多いのが特徴です。

仮に40代、50代であっても、日系企業の40代、50代の転職は極めて困難なケースが多いのが特徴ですが、外資系企業であれば、外資系から外資系企業に転職できるケースも多く、さらに好条件の転職につながることもあります。

5年先のキャリアプランを考える

40代の方の多くが、次は定年まで働くことを考える方が多いようです。ただ、先ほども述べたように、日系企業においても終身雇用が保障されている訳ではありませんし、20年先のキャリアプランは会社に勤めていることが前提のキャリアプランではなく、その年齢、その時期に自分自身の仕事、それに見合った報酬がどうありたいかということに重点を置くべきでしょう。

外資系に転職するということは、その一歩であるともいえます。さらに好条件の転職先が見つかれば、さらに転職するということも十分あるケースです。まずは5年先のキャリアプランを考えることによって、20年先のライフプランも立てやすくなる、とも言えるでしょう。

40代の転職は年収アップが基本

40代ともなれば、知識や経験も豊富な管理職の方の外資系企業転職希望者が多いのが特徴です。それでは、40代の方が外資系企業への転職する理由はなんでしょうか?

転職希望のほとんどの方が「年収アップ」と答えられるでしょう。外資系企業では、20代後半から1000万円プレイヤーがいますが、日系の大企業でも1000万円の年収を目指そうとするには、まだまだ年功序列制度が残っているため、若くても40代以上とも言われています。

外資系企業では、30代後半から40代にもなると、幅は広がりますが、1500万円〜2500万円以上も可能になります。20代であれば、多少年収が下がっても外資系企業への転職する価値はありますが、40代ともなれば基本的には、優先順位度として「年収アップ」を優先順位として考慮されると良いでしょう。



40代は英語力不問の外資系企業も多い

英語力不問の外資系企業に転職する方法とその求人の探し方」でも取り上げておりますが、外資系企業でも、特に英語力が求められない場合があります。

一概には言えませんが、外資の資本の割合や日系企業が外資系企業に買収された場合、外国人スタッフが少ない環境など、英語力不問の外資系企業は求人の中にも多くあります。

即戦力や管理職の人材を求める際に40代が有利になります。日系企業での40代転職も管理職や即戦力という意味では有利ですが、一方では転職は35歳までと言われるくらい難しいのも実情です。

外資系企業が40代に求めるのは「経験と知識」です。実力がある方は外資系への転職にチャレンジする価値は十分あります。

40代女性の転職も外資系企業では有利

日系企業での40代女性の転職事情は非常に厳しいのが現状です。出産や子育てが終わり、仕事に復帰しようとすると、なかなか再就職先が見つからないという現状を目の当たりにする女性も多いのではないでしょうか。

産休や育児休暇での一時的に休暇が取れていた女性に関しても、産休前に比べての年収ダウンや、すでにキャリアアップからの道から逸れた部署異動や配置転換など、様々な苦難に直面することもあるでしょう。

一概には言えませんが、40代の女性でも比較的、転職しやすいと言われているのが、外資系企業への転職です。

40代の外資系企業への転職は長期戦で挑む

40代になると、家族の問題や、今後の人生についても色々と考える時期で、その中の一部として自分のキャリアプランも再度見つめ直す時期になると思います。

がむしゃらに仕事をする20代、余裕が出てきて仕事が楽しくなる30代、そして40代。今後、自分がどうしたいのか疑問が出てくる世代でもあります。ただ、年齢とともに社会的責任が求められる世代です。

家庭でも仕事でも、求められるもののレベルが高くなり、「転職」ましてや、仕事のレベルが高い外資系企業への転職に悩む方もおられるでしょう。そういう意味においても、40代の転職はじっくりと腰を据えて、長期戦で挑んで後悔のないようにしたいものです。

ご自分で企業を研究するのも手ですが、無料の転職エージェントを利用して、第三者の意見やサポートを受けることをお勧め致します。転職エージェントでは非公開案件を多く取り扱っています。公開されている案件では、年収レンジが公開されており、自らの希望が通しにくいという現状があり、また応募者も多くなるので、どうしても無駄が生じてきてしまいます。

効率良く希望の案件を紹介してくれる転職エージェントですが、40代ともなると1つではなく、複数登録してセカンドオピニオンを聞いておくのも、転職のリスクを減らしてくれます。

また業種や職種によってもサポートが異なります。面接や必要な場合は英文レジュメのサポートを行っているエージェントもありますので、今までの経験と、ご自分にあった転職エージェントを利用してキャリアアップを成功させていきましょう。



外資系企業、海外就職、グローバル企業に強い転職エージェント

「外資系企業」「海外勤務がある企業」へ転職したい方の中には、どのようなステップで応募すればいいのか悩まれる方も多いと思います。直接、会社のオフィシャルサイトで採用情報を記載されている企業もたくさんありますが、外資系企業や海外勤務のあるグローバル企業へ転職される方の大半は、「転職エージェント」を利用して転職される方がほとんどです。外資系企業・海外勤務のある企業へ転職する際には、それに特化した転職エージェントがあります。

20代・30代の転職・グローバル・海外就職に強いランスタッド

ランスタッドは、1960年にオランダで創業された世界最大級の総合人材サービス会社です。世界39の国と地域に4,700以上の拠点を持ち、50年以上にわたり培ったノウハウと信頼のある転職エージェントです。

日本国内に136拠点あり、20代〜30代第二新卒の転職サポートに実績があります。グローバル企業、海外勤務、外資系企業の取り扱いも多数。相談は全て無料。

ランスタッド公式サイト

非公開求人数・成功実績No.1のリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、非公開求人数は業界最大級の約10万件。求人の90%は非公開求人 · 転職成功実績No.1 · 年収1000万以上の求人、外資系企業・海外就職・グローバル企業の案件も多数。

日本最大級の求人件数を誇る転職エージェントなので、まずは登録しておきたい転職エージェントです。相談は全て無料。

リクルートエージェント公式サイト

年収800万円以上のエグゼクティブ求人に強いキャリアカーバー

キャリアカーバー は、年収800万円以上の求人、エグゼクティブ求人・グローバル企業・外資系企業のハイクラス求人が豊富に揃うリクルートが運営するハイクラスの転職エージェントです。

求人は非公開のものが多く会員登録することで、専門のヘッドハンターからスカウトを受け取ることができます。基準として直近の年収650万円以上の方に限定されるため、敷居が高いのが特徴。相談は全て無料。

キャリアカーバー公式サイト

外資系・日系グローバル企業での英語を活かした転職ならロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ は、日本では「グローバル人材」に特化した人材紹介会社。 「英語を活かせる求人」だけを紹介しており、コンサルタントは全員バイリンガルで、満足度93%を誇り、外資系ならではのスピード感をもって選考を進めることができます。

求人は公開求人だけでなく、外資系高収入非公開求人も数千件扱っており、面接アドバイスや履歴書の添削を各コンサルも行います。相談は全て無料。

ロバート・ウォルターズ公式サイト

サポートが充実の外資系企業に強いJACリクルートメント

JAC Recruitment は、リクルートエージェントに次いで、業界大手、イギリス発の外資系エージェント。非公開、独占求人の紹介, 外資系企業の豊富な情報量, 英語面接対策やレジュメチェックなどのサポートも充実。相談は全て無料。

JAC Recruitment 公式サイト

外資系アパレル・ラグジュアリーブランド求人に強いクリーデンス

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス は「DODA」が運営しているファッション専門の転職エージェント。外資アパレルブランドやラグジュアリーブランドに特化した案件も強いので、外資系のファッション業界を目指す方にはおすすめの転職エージェントです。

担当コンサルタントと企業ごとに合わせた面接サポートもあるので、外資ブランドを初めて目指す転職者にとって手厚いサポートです。相談は全て無料。

クリーデンス公式サイト



上記は外資系・海外就職・グローバル案件の転職案件に強く、サポートもしっかりあるので、今後、「外資系企業」を目指す方は、登録しておさえておきたい転職エージェントになります。できる限り、1社に限定してしまわずに、2〜3社に登録をしてセカンドオピニオンを持たれることをおすすめいたします。

関連記事

  1. 外資系企業の特徴とは?転職する前に知っておきたい外資系企業と日系企業の違い

  2. 未経験でも転職できる?外資系アパレル企業への転職という選択肢

  3. 気になるあの外資系企業の年収は?転職前に知っておきたい給料事情

  4. どれくらいの英語力があれば外資系企業に転職しやすいのか?

  5. やっぱり東京が多い?外資系企業の本社とその求人案件について

  6. 外資系企業に転職してわかった外資系で働くメリット

  7. 女性の外資系企業への転職に年齢や経験は関係ある?

  8. 外資系コンサルの年収は?気になる平均年収ランキングや有給消化率について

  9. 英語ができない場合は外資系転職や海外就職は無理?狙い目の職種について

最近の記事

おすすめ記事

  1. 恥をかかない効果的な英文メールの書き方や注意点について
  2. LinkedInとは?ビジネスSNSを利用して外資系企業に転職成功
  3. 転職回数が多いのは不利?外資系企業への転職を成功させるコツ
  4. 英語ができない場合は外資系転職や海外就職は無理?狙い目の職種について
  5. 40代で外資系企業に転職できる?40代が気になる外資系転職事情
  6. 女性の外資系企業への転職に年齢や経験は関係ある?
リクルートエージェント

人気記事

PAGE TOP