フィリピンで働くには?フィリピン系企業の求人と現地採用の就職事情や転職のポイント

フィリピンで働くためには、就労ビザに加え労働許可証であるワークパミットの2つの取得が必要です。ほかの東南アジア諸国とほぼ同様なので、就職エージェントなどを経て仕事が決まると、受け入れ側の会社からたいてい取得して貰えます。観光ビザや観光目的の90日間滞在できる短期滞在ビザで入国し、求職活動を行ないながら、採用が決まって入社して就労ビザに切り替えることができます。

フィリピンは公用語が英語であり治安が改善されて来ているので、日系企業の進出が今後増えると予測され、必然的に日本の本社採用の現地駐在員の数も増えると言われています。ハイクラス案件に加えて、現地採用として働くことが出来るチャンスも多くなるので、見逃せません。仕事は、セールスやカスタマーサポートと言った海外就職では、定番とされる職種から女性に人気の留学カウンセラーやリゾートホテルでの求人案件を多く見かけます。

そこで、気候や公用語をはじめフィリピンの概要から現地で生活するにあたっての基本情報についてご紹介致します。



フィリピンの基本情報について

日本の工場の外国人労働者の中で最も評価が高い国のひとつに挙げられるのが、フィリピンの人たちと言われています。人口の10%を占める約一千万人の人たちが外国に出稼ぎに行き、明るく逞しく柔軟性のある国民性として、知られています。

日本との時差は僅か1時間、英語圏の中でも物価が安く親しみやすいことで、近年はフィリピン英語留学でも人気を集めています。ここでは、フィリピンの就職について知っておくと役に立つ情報を、まとめてみました。

フィリピンの概要

人口が1億人を上回るフィリピンは、マレー系をはじめとする、多民族国家です。フィリピンの華人の大部分を占める中国福建省南部にルーツを持つ中国系だけでなくスペイン系の人たちも少なくはなく、混血も昔から進んでいて、小数民族も各地に点在しています。総面積は日本の約80%に値する299,404平方キロメートルで、七千を超える島々から構成されています。

フィリピンにおける宗教の割合はカトリックが8割を超し、そのほかのキリスト教が1割、イスラム教が5%です。ローマ市内にあるバチカン市国同様、結婚があっても法的離婚制度がフィリピンにはありません。

フィリピンへ進出している日系企業数は1,500社前後で、毎年数%の微増であるものの経済界の予測では今後上昇率が上がると、言われています。現地の日本大使館へ届け出のある在留邦人数は、約17千人です。

日本とフィリピンの人たちの二国間の往来は昔から活発に行なわれているので、文化的な背景もおおかた想像が出ますが、幅広い世代に多くの親日家が居ます。常夏の国で衣類の準備と言った引越しでのストレスも半減され、物価も安く日本から距離的にも近いので、海外就職で人気の国と言えるでしょう。

語学留学も近年は欧米や豪州から東南アジアの英語圏へ一部シフトしていて、その中でもフィリピンに注目が集まっています。TOEICのハイスコア取得に代表されるように、就職に有利なコースを設けている語学学校があるので、見逃せません。ビーチリゾートの観光の人気が続いていることで、ロングステイで訪れる日本人も多くいます。

フィリピンにとって日本は第1位の輸入相手国で、アメリカに次ぐ第2位の輸出国なので、如何に両国間の経済的な結び付きが深いことが解ります。フィリピンへ日本からの主要輸出品目に挙げられるのが電気機器、輸送用機器、一般機械です。日本への主要輸入品目では、電気機器や一般機械、木製品にフルーツや天然資源など多岐に渡ります。

フィリピンの地理や気候について

フィリピンは熱帯モンスーン気候に属し、乾季に暑季や雨季がありますが、タイやベトナムのように3つの季節ごとの大きな区別がありません。しかしながら南北に細長いフィリピンは緯度が15度以上あるため、マニラと近くに世界遺産の棚田が位置するバギオとでは、10℃近くの気温差があります。

マニラの最高気温は34℃、最低気温は22℃、年間の平均気温は2627℃で推移しています。ショッピングモールでは東南アジア特有の強めの冷房が効いているので、長い時間過ごすことになりそうな場合は、軽めのアウターを準備しておいた方が良いでしょう。

セブ島の最高気温は33℃、最適気温は24℃、年間の平均気温はマニラとそれほど変わりません。ハワイのように一年を通じて気候が安定していますが、35月の暑季は水分補給をこまめに取ることや気になる人は紫外線対策を、おすすめします。

フィリピン滞在中に服装で気を付けておきたいのが、高級レストランではドレスコードを設けているところが、中にはあります。肌の露出の多いノースリープやショートパンツは勿論のこと、Tシャツやサンダルは避けて襟のついたシャツを着用するなどセミフォーマルな服装を心掛けましょう。

カジノのドレスコードは高級レストランより幾分厳しくなり、チノパンやデニムパンツで問題ないとされていますが、上に羽織るジャケットを用意した方が無難です。女性はワンピースやサマージャケットなどちょっとお洒落を楽しむ感覚で、歩きやすい靴でお出かけください。

洗濯はつけおきして濯ぐ現地流で節約派と、ランドリーショップ利用とに分かれます。タイやマレーシアの街中に見られるランドリーショップと比較すると、個人商店の仕上がりはストレートに言えば、大雑把になります。現地採用や留学生に評価が高い、リーズナブルな料金で仕上げも悪くないと評判のチェーン店の「Wash’n dry」が人気のようです。

フィリピンの言語や公用語について

フィリピンの公用語は、タガログ語を標準化した言語のフィリピン語と英語になります。タガログ語と言う言葉をよく耳にしますが、オーストロネシア語族に属し、首都マニラを含むルソン島南部を中心に使われている言語を指します。

タガログ語と日本語の共通点は、「あいうえお」の5つの母音があることで、発音がマレーシア語やインドネシア語同様に容易と言われています。フィリピンで働くことになると、英語を使うことが最も多いと言われているので、タガログ語の位置づけと定義に加え簡単な説明を致しました。

シンガポールにマレーシアやタイはイギリス英語の影響が強いのに対して、フィリピンはアメリカ英語がかなり普及しています。タガログ語が混じったタガリッシュを友人同士で使うマニラの人たちも少なくありませんが、ビジネスやメデイア、大学の理数系ではアメリカ風の英語が使われます。

細かく言えば、句読方や文法はアメリカ英語と少し異なるようですが、それほど大きな違いはありません。英語がある程度出来て留学ぬきにして、現地で就職を考えるのであれば、音域に慣れるためにも日本で、フィリピン人講師とスカイプの英語レッスンもいいかもしれません。

中国語の需要は今後増えそうで、現地採用で仕事を探す上で大きなツールになる可能性もあります。工場やホテル関係の経営者が多い華人に対して、語学学校のオーナーには韓国人が少なくありません。

フィリピンの物価と生活費について

フィリピンの魅力は公用語が英語と南国の太陽に加え、物価の安さが挙げられます。フィリピンの物価は、シンガポールのような先進国を除くほかの東南アジア諸国と同じ感覚で、日本の3分の1程度です。コンドミニアム暮らしで、日本食や高級な西洋料理のレストランでの食事と言った生活をすると、それほど安さを感じません。

地元に密着した生活で現地のローカル食堂や公共の交通機関を利用の場合、驚くほど安く感じることもあります。最近のレートでは1フィリピン・ペソが日本円換算にして、2.2円前後で推移しています。為替動向はさておき、以下の物価に関しては、1フィリピン・ペソ=2.2日本円でイメージしてみてください。宿泊費などではフィリピン・ペソではなくて、大まかに日本円で説明することもありますが、予めご了承ください。

現地で仕事を探す際の宿泊費ですが、ホテル1泊が1,500円~2,000円以上が目安とされ、中には5,000円並みのところを利用する人もいます。先ずはフィリピンの現地の暮らしに慣れることからはじめて安宿に宿泊の場合には、11,000円前後のゲストハウスの利用と言うのも一つの選択肢です。ただ、外国の一人旅に慣れていない人には、安宿はおすすめではなく、ライフスタイルは人それぞれです。

タクシーの初乗り運賃が40フィリピン・ペソ、瓶ビールの料金も同じぐらいです。ミネラル・ウオーターが5フィリピン・ペソで、コーラはその2倍ぐらいになります。休みの日に利用してみたいマッサージは、1時間300フィリピン・ペソ~です。

ローカル食堂で1食あたり40フィリピン・ペソ~、東南アジアの国によく見られるように、鶏肉料理が安いです。日本食に関しては、マニラが300フィリピン・ペソで、セブ島はもう少し高くなります。それでもセブ島は韓国焼肉店が安いので、機会があれば行ってみましょう。

フィリピンの家賃

マニラの近未来都市として注目されているボニファシオ・グローバルシティになると、シンガポールやバンコクの目抜き通りを思わせる出で立ちです。コンドミニアムは現地駐在員が主に対象となり、一般的には単身や現地採用で働く場合は、家賃が月35万円が目安です。

マニラではセキュリティ面で、24時間体制で警備員が常駐しているアパートメントであれば、月45万円ぐらいになります。セブ島とだとコンディションがいい物件で1DKが月3万円~、一軒家で月4万円~あるようです。セブ島でもジムやプール付きでショップが併設されているところだと、マニラ並みに月2万フィリピン・ペソぐらいと、考えた方が良いでしょう。

コンドミニアムだけでなくワンルームのアパートメントもたいてい家具とベッド付きなので、入居したその日から生活できるので、うれしいです。

フィリピンの電気代・水道代・ガス・インターネット

全体的に見て日本の物価の3分の1のフィリピンで、ジプニーと呼ばれる乗り合いタクシーが8フィリピン・ペソと、びっくりするような安さです。そんな中で高いと言われるのが、フィリピンの電気代や水道代で、日本に居るときとそれほど変わりません。特に常夏の国なので、日本の78月の水道光熱費をイメージした方が、いいかもしれません。

現地で働く人たちの一人暮らしの平均の使用電気量は、住むところによって違いますが、おおよそ200kWh/月と言われています。料金にすると月2,500フィリピン・ペソ前後で、場所によっては日本より少し高い地域もあります。

そんなこともあってか、コンドミニアムやアパートメントでは、ゆっくり寛ぐことが出来る共有スペースを下見でチェックする人も少なくはないのでしょう。安心して利用できる、カフェやコーヒーのチェーン店が住居の近くにあるかどうかも物件探しの鍵にもなります。

ガス代も日本と同じぐらい掛かるようですが、外食文化が浸透しているフィリピンでは、ガスが完備されていない物件が多いです。

インターネットに関しては、コンドミニアムやアパートメントによって、契約できるプロバイダーや回線が決まっていると言われています。速度環境によって料金が高くなるので、ポケットWifiを購入する人も多く見かけられます。モデム自体の値段はやや高めですが、ショッピングモールで気軽に購入できるので、うれしいです。

フィリピンの食事(レストラン・スーパー)

現地の食事であれば13040フィリピン・ペソとかなり安く、カレンデリアと呼ばれるローカル食堂では、お腹いっぱい食べてもその2倍ぐらいです。カレンデリアでは、好きなものを何品か選んで食べるスタイルと同じです。栄養バランスが一年を通じて保てる上に、豚肉の甘煮付けや焼きそばに代表されるように、口に合うものも多いです。

スターバックスのコーヒーが120フィリピン・ペソ、コンビニで挽き立ての一杯だと、その6分の1の安さです。日本食レストラン利用の場合は、3001,000フィリピン・ペソで、ローカルのシーフード・レストランもおすすめです。主に外国人を対象にしたお店とリーズナブルな料金で利用できる地元の人向けのシーフードのレストランがあり、後者に口コミやサイトの情報をソースに、行ってみましょう。

元々の物価が安くマニラは東京や大阪よりコンビニが多いと感じるぐらいなので、スーパーをそこまで利用しないかもしれません。それでも現地の生活を肌で感じることが出来るのはスーパーになり、マンゴーが安くて人気です。サンミゲルビールが13050フィリピン・ペソなので、お酒好きの人にはたまらない国です。

フィリピンの治安について

フィリピンの治安が改善されているのを、ニュースでよく耳にするようになりました。これからもどんどん改善されることに期待が寄せられますが、犯罪に巻き込まれるケースが幾つかあります。

フィリピンで海外駐在員や現地採用で働く人たち、英語の語学学校への留学生など、一般的な日本人は巻き込まれる確率が低いと言っていいでしょう。常識のある東南アジアの人たちは距離感を大切にしますが、フレンドリーを通り越した関係や馴れ馴れしく話してくる人には、避けた方が無難です。犯罪に遭うケースは商売がらみや男女間のトラブルなどがほとんどですが、間違っても治安が悪いと言われるエリアには近付かないでください。

旅行のガイドブックに載っているような危険エリアや注意事項は、かなり参考になるので、目を通しておくことをおすすめします。置き引きやスリに気を付けながら危険エリアには行かないなどの基本情報を守っていることで、今でも多くの日本人がフィリピンに住んでいます。

日常の生活の中で気を付けておきたいのがタクシーの利用になり、メーターが動いていることを確認して乗車してください。大きなお札ではおつりを返さない運転手もいるので、予め小さい金額の紙幣を準備しておくと安心です。また、禁煙エリアでの喫煙は罰金の対象になるので、注意が必要です。

フィリピン人の特徴や国民性について

先ずフィリピン人の特徴ですが、ほかの東南アジア諸国の中にも共通点が多く見られます。中でも時間にルーズで噂社会、見栄っ張りで面子を大切にする点などです。一方で出稼ぎ人口が国の総人口の10%を占めることもあって、他国へ行っても上手くやっていける柔軟性と辛抱強さがある点は、世界的に見ても素晴らしい国民性と言えます。

フレンドリーな性格で親切な人も多く、家族や仲間思いであると言えます。子ども好きで大家族のイメージは、数多くの洗濯物が干している光景で見かけられると解るでしょう。フィリピンの女性管理職比率はアジアで最も高く、世界ランキングではアメリカやフランスより上です。



フィリピンの代表的な企業一覧

フィリピンの代表的な企業と言えば、Ayala Corporationなど財閥系企業による寡占状態にあると言えますが、フィリピン経済の基盤を担っていることには間違いありません。

コングロマリット

  • Ayala Corporation

商社

  • San Miguel

小売業

  • SM Investments

銀行

  • BPI
  • Metrobank

航空会社

  • エアアジア・ゼスト
  • エアアジア・フィリピン
  • スピリット・オブ・マニラ航空
  • セブゴー
  • セブパシフィック航空
  • PAL エクスプレス
  • フィリピン航空

食品会社

  • アラスカ・ミルク・コーポレーション
  • ジョリビー
  • ユニバーサル・ロビーナ

鉄道事業者

  • フィリピン国鉄
  • マニラ・メトロレール
  • マニラ・ライトレール

電力会社

  • Meralco

通信会社

  • PLDT
  • GLO:Philippines

フィリピンの就労ビザについて

フィリピンで働くためには、就労ビザと就労許可証であるワークパミットの取得が義務付けられています。最終学歴証明書にあたる自身の卒業証明書のコピーではなくオリジナル(原本)が、必要となりますので、日本出発前に用意しておくと安心です。

フィリピン人ではなくその本人しか出来ない職種や能力を持っている外国人に対しての就労許可と言った概要になります。日本では工事の現場作業員やトラックの運転手などは、熟練で経験を積めばスキルが認められるものが単純労働と見なされ、外国人は原則就業できません。

それでも比較的就労ビザが取りやすい国のひとつに挙げられるのが、フィリピンです。近隣諸国ではやや審査にチェックが入るとされる、新卒や職務経験がなくても就労ビザが下りやすいと言われています。本人の能力を示す書類とされる就職エージェントへ登録した際に提出した、或いはメールで添付した「職務経歴書」の英語の分を、準備しておいてください。

フィリピンの就職事情と求人について

個人での開業以外でフィリピンにて働くことが出来るのは、一般的に海外駐在員として赴任するか、現地採用になります。インターンシップ制度では、就労ビザではなく学校側が特別就労ビザなどの手配を行なうようですが、念のため受け入れ側に確認をしてください。ここでは、フィリピン系や日系企業での就職と現地採用に関わる諸事情について紹介致します。

日本におけるフィリピン系企業

日本支社があり、求人で日本人を募集しているところで先ず挙げられるのが、航空会社になります。1941(昭和16)年創業のフィリピンのナショナル・フラッグ・キャリアと言ったアジアで最も長い歴史を持つ航空会社やLCCなどが、募集を出している時があります。職種はCAや機内通訳、セールスなど、航空会社によって異なります。

フィリピン最大のメディア企業の東京支社があり、ワールドニュース・アジアの一部の放送など、日本のテレビ局と連携事業を行なっています。フィリピンの大手ユニバーサル・バンクも同じく東京に支社があり、総資産と株式時価総額は、日本の地方銀行の上位クラスに匹敵します。ユニバーサル・バンクのグループとしては、日本の大手自動車メーカーや一流商社をはじめとして合弁事業を展開し、マニラでの不動産開発も現在手掛けています。

フィリピンの現地採用

セブ島などで求人案件が出ているフィリピンのコールセンターの日本人の現地採用の求人は月収5万ペソ前後が目安とされています。転職サイトでは、日本円で月収や条件が比較的いいコールセンターの求人が出ていることもあるので、見逃せません。

語学学校の留学カウンセラーは、英語力不問のインターンシップを利用する人もいます。日本からの渡航費や住居費が出るケースもありますが、給与はあまり期待できません。英語力がある人であれば、経験やスキルをアピールして、条件や給与面を確認されてみてください。

マニラの現地採用の平均月収が75,000100,000フィリピン・ペソと言われ、物価指数からすると一見中々いいように見えます。ただ、フィリピンの場合は所得税が高いので、8万貰っても2万引かれる場合があるので、東南アジアの近隣諸国とあまり変わりません。技術系やマーケティング関連などのスキルが高くて経験が豊富で、150,000200,000フィリピン・ペソの月収を貰っている人も少なくありません。

メリットで言えば、英語圏なので生活や仕事をしながらキャリアアップに繋がりやすい環境と言えます。外食文化な上にローカル食堂は安いので、金銭的なストレスもそれほどなくて、上手にやりくりすれば貯金もきちんと出来ます。

就職エージェントや求人情報サイトで探すのが一般的で、職種としてはセールスやカスタマーサポート、エンジニアや工場管理などの求人を多く見かけられます。業種として製造業や通信・IT関連、ホテルや語学学校、コールセンターが代表的で、多岐に渡ります。セブ島はマニラより給料が安めですが、生活環境がいいことで、女性に人気です。

フィリピンの駐在員求人

フィリピンで働くのに特にメリットと感じるのは、日系企業の海外駐在員として赴任することで、給与面の待遇がいいだけでなく家賃が一部か全額負担して貰える場合があります。フィリピンへ進出している日系企業数は1,500社前後、2030代で現地法人の副社長と言うケースも見かけられます。

英語力が高くて日本からの本社採用でフィリピンの語学学校のカウンセラーで働く場合は、月9万ペソ前後以上を目安にすると良いと、言われています。ラーメン店をはじめにそのほかの飲食店やアパレル関連の店長候補として本社採用もありますが、フィリピンを含めた海外進出先のほとんどが、勤務になりうる候補地になります。

全体的に駐在員求人や日本採用で、就職や転職エージェントと求人サイトを活用する場合、フィリピンと東南アジア全般を就職希望地にするのもいいかもしれません。



フィリピンで働くには?就職の進め方について

それではどのようにして、フィリピンでのフィリピン系または外資系企業そして日系企業への現地採用または駐在員としての海外就職への準備を行なっていけばよいのでしょうか。特に、高待遇の多い駐在員求人への競争率は高いのが現状です。

そして、転職活動を進めていくうちに、就職状況が厳しいフィリピンで働くということは、英語のスキルはもちろん経験が重要視され、どうしても待遇があまり良くないものや、メリットが感じられない求人しか見つからないというケースも多いのではないでしょうか?

仮に、一般公開されているフィリピンでの高待遇の求人は、応募倍率が高いだけでなく、すぐに募集を打ち切ってしまうケースも多く、目に触れる機会も少ないのが事実です。

非公開求人の情報を集める

海外就職を進めていく中で、特に東南アジア求人において高待遇の案件を見つけるにはどうすればよいのでしょうか?それは、「転職エージェントから非公開求人の案件をオファーを集める」ことです。一般的な転職サイトでは見つからないような条件の良い求人を優先的に紹介してもらうことがポイントになります。

外資系企業や海外就職に成功された方の例としては、「外資系や海外勤務に強い大手転職エージェント」に登録してオファーを待つことに加えて、「フィリピンの現地採用求人」もチェックしておけば、フィリピンで働く可能性が高まります。

外資系企業や海外就職に強い転職エージェントは、20代・30代の海外就職の転職実績がある「ランスタッド」求人件数が圧倒的に多い国内最大手の「リクルートエージェント」は押さえておきましょう。

フィリピンでの現地密着型の求人サイトとしては、フィリピン掲示板どが有名です。フィリピンでどのような職種の仕事があるのか、また給料の相場などをチェックしても良いでしょう。現地採用求人が多いため、条件的に厳しい部分がありますが、中には今後のキャリアアップを目指す上において魅力的な求人もあるのでチェックしておきたいところです。

海外就職において不安な面もありますが、リクルートエージェントやランスタッドなどの海外就職に強いエージェントを利用して、少しでも自分自身の希望に叶った就職・転職に繋げることをおすすめいたします。

外資系企業、海外就職、グローバル企業に強い転職エージェント

「外資系企業」「海外勤務がある企業」へ転職したい方の中には、どのようなステップで応募すればいいのか悩まれる方も多いと思います。直接、会社のオフィシャルサイトで採用情報を記載されている企業もたくさんありますが、外資系企業や海外勤務のあるグローバル企業へ転職される方の大半は、「転職エージェント」を利用して転職される方がほとんどです。外資系企業・海外勤務のある企業へ転職する際には、それに特化した転職エージェントがあります。

20代・30代の転職・グローバル・海外就職に強いランスタッド

ランスタッドは、1960年にオランダで創業された世界最大級の総合人材サービス会社です。世界39の国と地域に4,700以上の拠点を持ち、50年以上にわたり培ったノウハウと信頼のある転職エージェントです。

日本国内に136拠点あり、20代〜30代第二新卒の転職サポートに実績があります。グローバル企業、海外勤務、外資系企業の取り扱いも多数。相談は全て無料。

ランスタッド公式サイト

非公開求人数・成功実績No.1のリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、非公開求人数は業界最大級の約10万件。求人の90%は非公開求人 · 転職成功実績No.1 · 年収1000万以上の求人、外資系企業・海外就職・グローバル企業の案件も多数。

日本最大級の求人件数を誇る転職エージェントなので、まずは登録しておきたい転職エージェントです。相談は全て無料。

リクルートエージェント公式サイト

年収800万円以上のエグゼクティブ求人に強いキャリアカーバー

キャリアカーバー は、年収800万円以上の求人、エグゼクティブ求人・グローバル企業・外資系企業のハイクラス求人が豊富に揃うリクルートが運営するハイクラスの転職エージェントです。

求人は非公開のものが多く会員登録することで、専門のヘッドハンターからスカウトを受け取ることができます。基準として直近の年収650万円以上の方に限定されるため、敷居が高いのが特徴。相談は全て無料。

キャリアカーバー公式サイト

外資系・日系グローバル企業での英語を活かした転職ならロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ は、日本では「グローバル人材」に特化した人材紹介会社。 「英語を活かせる求人」だけを紹介しており、コンサルタントは全員バイリンガルで、満足度93%を誇り、外資系ならではのスピード感をもって選考を進めることができます。

求人は公開求人だけでなく、外資系高収入非公開求人も数千件扱っており、面接アドバイスや履歴書の添削を各コンサルも行います。相談は全て無料。

ロバート・ウォルターズ公式サイト

サポートが充実の外資系企業に強いJACリクルートメント

JAC Recruitment は、リクルートエージェントに次いで、業界大手、イギリス発の外資系エージェント。非公開、独占求人の紹介, 外資系企業の豊富な情報量, 英語面接対策やレジュメチェックなどのサポートも充実。相談は全て無料。

JAC Recruitment 公式サイト

外資系アパレル・ラグジュアリーブランド求人に強いクリーデンス

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンス は「DODA」が運営しているファッション専門の転職エージェント。外資アパレルブランドやラグジュアリーブランドに特化した案件も強いので、外資系のファッション業界を目指す方にはおすすめの転職エージェントです。

担当コンサルタントと企業ごとに合わせた面接サポートもあるので、外資ブランドを初めて目指す転職者にとって手厚いサポートです。相談は全て無料。

クリーデンス公式サイト



上記は外資系・海外就職・グローバル案件の転職案件に強く、サポートもしっかりあるので、今後、「外資系企業」を目指す方は、登録しておさえておきたい転職エージェントになります。できる限り、1社に限定してしまわずに、2〜3社に登録をしてセカンドオピニオンを持たれることをおすすめいたします。

関連記事

  1. タイで働くには?日系企業の求人と現地採用の就職事情や転職のポイント

  2. マレーシアで働くには?マレーシア系企業の求人と現地採用の就職事情や転職のポイント

  3. シンガポールで働くには?シンガポール系企業の求人と現地採用の就職事情や転職のポイント

最近の記事

おすすめ記事

  1. 女性の外資系企業への転職に年齢や経験は関係ある?
  2. 40代で外資系企業に転職できる?40代が気になる外資系転職事情
  3. 恥をかかない効果的な英文メールの書き方や注意点について
  4. 英語ができない場合は外資系転職や海外就職は無理?狙い目の職種について
  5. LinkedInとは?ビジネスSNSを利用して外資系企業に転職成功
  6. 転職回数が多いのは不利?外資系企業への転職を成功させるコツ
リクルートエージェント

人気記事

PAGE TOP